Qpf6gj9xeryjvzpj46c5

パーカー

CATEGORY | パーカー

デニムジャケットとパーカーで着回しコーデ!ポイントとオススメ〇〇選

2018.07.24

デニムジャケットとパーカーの着回しコーデをするときに何を基準にデニムやパーカーを選んでいますか?デニムジャケットとパーカーという組み合わせはおしゃれで着回しやすいアイテムですが、子供っぽく見えてしまいます。そこでメンズコーデのコツや基本の選び方をご紹介します。

  1. デニムジャケットとパーカーの基本の着回しメンズおしゃれコーデ
  2. デニムジャケットとパーカーの基本の着回しメンズおしゃれコーデのポイント①子供っぽいイメージを無くす
  3. デニムジャケットとパーカーの基本の着回しメンズおしゃれコーデのポイント②カラーに注意
  4. デニムジャケットとパーカーの基本の着回しメンズおしゃれコーデのポイント③サイズ
  5. デニムジャケットとパーカーの基本の着回しメンズおしゃれコーデ方法
  6. デニムジャケットとパーカーの基本の着回しメンズおしゃれコーデ方法①デニムジャケットからパーカーを出さない
  7. デニムジャケットとパーカーの基本の着回しメンズおしゃれコーデ方法②着膨れに注意
  8. デニムジャケットとパーカーの基本の着回しメンズおしゃれコーデ方法③スキニーパンツ
  9. デニムジャケットとパーカーの基本の着回しメンズおしゃれコーデ方法④スラックス
  10. デニムジャケットはインナーにも使える
  11. デニムジャケットとパーカーの避けたいコーデ①ビックシルエット
  12. デニムジャケットとパーカーの避けたいコーデ②スウェットパンツ
  13. デニムジャケットとパーカーの避けたいコーデ③かわいいを求めない
  14. まとめ
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/wcblo5/20180321141910263/20180321141910263_500.jpg
デニムジャケットとパーカーの基本の着こなし方法をご紹介します。デニムジャケットとパーカーの組み合わせは春や秋といった少し寒い時期には欠かせないファッションコーディネートですが、デニムジャケットとパーカーの組み合わせは少し間違えると子供っぽいイメージのあるコーディネートとなってしまうため気を付けなくてはいけません。そこで、子供っぽいイメージにならないデニムジャケットの選び方やパーカーの選び方をご紹介します。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/1g3s5v/20180502190012480/20180502190012480_500.jpg

関連記事

引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/d59gh6/20170320212412390/20170320212412390_500.jpg
デニムジャケットとパーカーのおしゃれコーデを楽しむには「子供っぽいイメージを無くす」ことです。デニムジャケットとパーカーのコーディネートは少し子供っぽさが残ってしまう組み合わせで子供っぽいイメージを残すようなコーデは避けましょう。子供っぽいイメージにするのは着こなしにあります。子供っぽいイメージを作るのはデニムジャケットのカラーやパーカーのカラーです。その他にもサイズ感などが子供っぽいイメージを作り上げてしまいます。デニムジャケットとパーカーの組み合わせをするときは大人らしいアイテムを選びましょう。
引用: https://i7.wimg.jp/coordinate/5f9ait/20160223215958378/20160223215958378_500.jpg
引用: https://i7.wimg.jp/coordinate/pptmqd/20160403081917903/20160403081917903_500.jpg
子供っぽいイメージを無くすには色選びが重要です。デニムジャケットには定番カラーのネイビー、ブラック、ブルー、薄いブルー、ダメージデニムなどがあり珍しいカラーとなるとホワイトやレッド、グレーンやイエローといった奇抜なカラーなどもあります。子供っぽく見えるカラーは薄いブルーやホワイトやレッドグリーンといった奇抜なカラーです。奇抜ならカラーはおしゃれでいいデザインカラーですが、着こなしが難しいのでおすすめは出来ません。また、パーカーと組み合わせる場合は特に避けることをおすすめします。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/0t38jd/20170403122748878/20170403122748878_500.jpg
引用: https://i7.wimg.jp/coordinate/e5msqb/20160210090057076/20160210090057076_500.jpg
おしゃれにデニムジャケットとパーカーの組み合わせ楽しむにはサイズを重視しなければいけません。近年の流行りでビックシルエットです。ビックシルエットで着こなすと似合うファッションアイテムはありますが、デニムジャケットとパーカーは別物です。サイズを変えるとダボダボの見た目となってしまいます。ダボダボにも見た目は子供っぽく見えます。また、ダル着のようにも感じますので、しっかりとおしゃれを楽しみたい方は身体のサイズにあった大きさのものを選びましょう。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/om74t0/20171112193121715/20171112193121715_500.jpg
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/n7e510/20171204180211652/20171204180211652_500.jpg
デニムジャケットとパーカーのコーデを上手く着こなすにはコツがあります。そのコツを知っているかどうかでおしゃれなコーデかダサいコーデかが分かれます。上記では選び方をご紹介しましたが続いては着こなしをご紹介します。
引用: https://i7.wimg.jp/coordinate/am4iin/20160929000722896/20160929000722896_500.jpg
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/0ncmu2/20170403215941803/20170403215941803_500.jpg
おしゃれにデニムジャケットとパーカーを着こなすにはデニムジャケットからパーカーを出さないようにしましょう。デニムジャケットからパーカーを出すコーデねーとが流行っていますが、パーカーを出すことによってダル着感をさらにアップさせます。逆に出さないことでカジュアルなおしゃれメンズとなることができますのでデニムジャケットやパーカーを選ぶときは同じ丈のものを選びましょう。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/i5ogcv/20180312010222768/20180312010222768_500.jpg
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/vjpwrj/20170205212203968/20170205212203968_500.jpg
デニムジャケットとパーカーを組み合わせることで起こってしまう着膨れに注意しましょう。デニムジャケットとパーカーどちらも分厚い生地で出来ているため着膨れしやすくなっていますが、着膨れしてしまうとダサいシルエットになってしまします。今のカッコいいといわれているスタイルはIラインシルエットです。デニムジャケットとパーカーを合わせる時はデニムは薄いものはあまり無いのでパーカーの生地を薄いデザインのものにしましょう。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/g4jj24/20180410162141260/20180410162141260_500.jpg
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/szl73j/20180114173329086/20180114173329086_500.jpg
おしゃれな着こなしをするにはIラインシルエットが重要とご紹介しましたが、そのIラインシルエットを簡単に作り出せる最適なアイテムはスキニーパンツです。スキニーパンツはスッキリとしたシルエットを作り上げることが出来ます。スキニーパンツはジャケットとパーカーの組み合わせ以外にもどのカジュアルなファッションにも似合うデザインのボトムスとなっていますのでいくつか持っていても損はないアイテムとなっています。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/w1jlds/20180314205626738/20180314205626738_500.jpg
スキニーパンツの次におすすめするパンツはスラックスです。スラックスはビジネスマンが履くスーツアイテムと思われがちですが、デニムジャケットとパーカーの組み合わせに合わせるとかなりいい見た目となります。スラックスパンツ自体スッキリとしたデザインで綺麗系のアイテムとなっています。カジュアルなデニムジャケットとパーカーの組み見合わせにコーデしてみてはいかがでしょうか。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/kduyro/20171103174957295/20171103174957295_500.jpg
引用: https://i7.wimg.jp/coordinate/w1ykh7/20160210123127219/20160210123127219_500.jpg
デニムジャケットはパーカーに合わせるアウターのようなある会ですが、実はインナーとしても着ることができます。インナーとして着ることができるおすすめのコーデはコートに合わせるインナーとしても役立ちます。また、ブルゾンに合わせるのもおすすめコーデです。ブルゾンといってもいろいろ種類がありますが、スカジャンやスタジャン、MA-1との組み合わせがおすすめです。デニムジャケットはアウターとして使えインナーとして使える優れたジャケットなっています。色々組み合わせてデニムジャケットの新しい可能性を広げましょう。
引用: https://i7.wimg.jp/coordinate/yxx2s5/20160305111136684/20160305111136684_500.jpg
デニムジャケットとパーカーのおすすめしないコーデをご紹介いします。ビックシルエットです。魚籠シルエットの着こなしの特徴はぴったしのサイズよりも1つ2つ上のサイズを着ることです。ビックシルエットのデニムジャケットやパーカーを着ることで大人らしいメンズコーデとは言えませんの注意しましょう。
デニムジャケットとパーカーのコーデで避けたいパンツはスウェットパンツです。スウェットパンツは近年流行りのパンツで色々なコーデに合うとされているパンツですが、デニムジャケットとパーカーのコーデに合わせることでダル着感が半端ないので絶対に避けましょう。また、スウェットパンツにはフィットタイプのデザインとゆったりとしたシルエットのものがありますが、どちらともおすすめは出来ません。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/kbp4ah/20170325190745002/20170325190745002_500.jpg
デニムジャケットとパーカーのコーデはかわいい組み合わせとされていますが、基本レディースが行った場合の話でメンズが行うと勘違いしたファッションとなってしまうので、可愛いを目指すよりもかっこいいを目指してコーディネートしましょう。

関連記事

デニムジャケットとパーカーのメンズらしいおしゃれコーデは参考になったでしょうか。デニムジャケットとパーカーのコーデはカジュアルなおしゃれファッショコーデですが着方や組み合わせを間違えると子供っぽいイメージになってしまったりダル着となってしまいますので、デニムジャケットやパーカーを選ぶときは十分に注意が必要です。春や秋のシーズンにおすすめのファッションです。