Uejhoc0knr9snyieqs1o

健康

CATEGORY | 健康

1日の歩数の目安は?健康的に痩せるために必要な距離なども紹介!

2018.07.20

ウォーキングをすることは健康を維持するのに効果的ですし、痩せるためにも効果が期待できますが、そのためには1日の歩数、消費カロリーなども重要です。なのでここでは痩せるための目安となる1日の歩数や距離などを説明します。ぜひ参考にしてみてください。

  1. 健康のためには1日に1万歩を歩くのが効果的と言われている
  2. 1日の歩数の目安は?健康的に痩せるために必要な距離なども紹介!① ウォーキングダイエットをするメリット
  3. 1日の歩数の目安は?健康的に痩せるために必要な距離なども紹介!② ウォーキングの歩数を増やすには歩数計を使うことが重要
  4. 1日の歩数の目安は?健康的に痩せるために必要な距離なども紹介!③ ウォーキングダイエットには活動量計を使うのがおすすめ
  5. 1日の歩数の目安は?健康的に痩せるために必要な距離なども紹介!④ ウォーキングでの消費カロリー
  6. 1日の歩数の目安は?健康的に痩せるために必要な距離なども紹介!⑤ ダイエット効果が期待できる1日の距離や時間
  7. 1日の歩数の目安は?健康的に痩せるために必要な距離なども紹介!⑥ ウォーキングは午前中にするのが効果的
  8. 1日の歩数の目安は?健康的に痩せるために必要な距離なども紹介!⑦ ウォーキングをするとセロトニンが分泌される
  9. 1日の歩数の目安は?健康的に痩せるために必要な距離なども紹介!⑧ ウォーキングダイエットをするデメリット
  10. 1日の歩数の目安は?健康的に痩せるために必要な距離なども紹介!⑨ 効率よく痩せるためにウォーキングダイエットだけでは効率が悪い
  11. 1日の歩数の目安は?健康的に痩せるために必要な距離なども紹介!⑩ 効率よく痩せるには食事制限や筋トレをすることも重要
  12. 1日の歩数の目安は?健康的に痩せるために必要な距離なども紹介!のまとめ
Dxuwpyh8m7eflooqurln
目安として1日に1万歩を歩くのが健康には効果的と言われていますが、健康的に痩せるのにも歩くことはカロリーを消費することができるので、痩せるためには歩くことも重要です。前提として痩せるためには、歩くだけではなく完食をしないことも重要になりますが、毎日1万歩を早歩きすることで、すぐには効果がでませんが一ヶ月で数キロは痩せることができることが期待できるので、健康的に痩せることができる目安になります。

関連記事

Sz8b7jdwwm3wk1txqyie
Uvhkpjdj4bwjsetgyswu
ウォーキングダイエットをすることは簡単にすることができますし、ジムに行ったりするよりも金銭的な負担が少ないことや、体への負担が比較的少ないことや、前向きな気持ちになれる効果も期待できます。万歩計はスマホアプリにもあるので、スマホを持っていれば無料で入手できますし、ウェアやシューズはできればウォーキングをするためには新しく購入したほうがいいですが、それでも1万円ほどあれば揃えられます。夜間にウォーキングをしたい場合には蛍光タスキやライトも用意しておいたほうが安全です。
Hdpruwynojawajgv6kfz
I6nzw46t3dzumvtzlw8j
ウォーキングをするだけなら歩数計はなくてもできることはできるのですが、実験データとして歩数計を使わなかったグループよりも、歩数計を使ったグループのほうが歩く歩数が多くなるという結果があります。歩数計を使うことでどのくらいの歩数を歩いてるのかわかるようになることが、モチベーションを上げることに繋がります。なので毎日のウォーキングの歩数を増やすことができるので、カロリーの消費もしやすくなります。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61JOc73TU9L._SL1000_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61J-KtL3cJL._SL1500_.jpg
スマホアプリでも歩数計は使えるので、それでもいいのですが、より効果的にウォーキングをするためには活動量計を使うことがおすすめです。活動量計は歩数だけではなく消費カロリーや移動距離などの日々の活動量だったり、睡眠状態や睡眠時間などの様々なデートを計測することができるタイプもあり、スマホと連携させて歩数や移動距離や睡眠状態などもグラフとして記録しておくこともできるので、日々のウォーキングの歩数の目安にも使いやすいですし、自分の健康管理をするための目安にもなるので、活動量計は非常に便利です。
Fj41b9rrjpsdtkmhoo7z
A4cb8nveq4phc0gilgdz
ウォーキングで痩せるためには、消費カロリーはどのくらいなのかは気になるところです。1時間ウォーキングした場合だと、約150~350キロカロリーを消費することが可能です。ウォーキングの場合は歩いてる人の体重や歩く速度や時間によっても消費カロリーは変わります。
Cgiax3y909aocwltwyma
Xekttstb7o6ayqvrklpm
ウォーキングでカロリーを消費して痩せるためには、距離だと5~10キロメートル、時間だと最低でも20分以上で可能であれば30分~1時間が痩せるための目安となります。そして歩くスピードなども重要になります。個人差はあるのですが、歩くスピードは脈拍が少し上がって汗ばむくらいが目安になります。活動量計を使える場合には、脈拍をみて1分間で110~140メートルくらいのスピードで歩くようにするのが効果的です。ウォーキングに慣れてきたら脈拍も落ち着いてきますので、そうしたらスピードを上げていっても大丈夫です。
Wn7qh4br9q3lx2md09gr
朝にウォーキングをすれば、日中の代謝をあげることもできますし、午前中の運動は人間のバイオリズムにも合っていますので、効率が良くなります。しかし午前中に運動するのは難しい人も多いです。夜遅くに運動をしてしまうと、交感神経が優位になってしまうので、個人差がありますが寝れなくなってしまうこともあります。しかし朝に運動をする時間がない場合には夕方や夜にウォーキングはしたほうが健康や痩せるためには効果があるので、朝にできないのであれば夜にするのがおすすめです。ウォーキングをしない理由を見つけて、ウォーキングをしなくなるといつまでもウォーキングをする習慣が身につきません。
Go8vtmso1k2dna15duzn
C6bbzhjawmsxii2iwjnp
人はウォーキングをすることで、セロトニンと呼ばれる物質が分泌されて、これは幸福ホルモンとも言われますが、ウォーキングを始めるのが面倒だからしたくないなあと思っていても、ウォーキングをしているとセロトニンが分泌されることで楽しくなってくるので、気持ちが沈んでいるようなときにもウォーキングをすることは効果があります。
X4k7b9b8vyygntiannxr
Njeooswlpemjbpwrrtcm
デメリットとしては毎日ウォーキングをしていると退屈を感じてしまうことがあったり、筋肉はあまりつかないのでウォーキングをやめてしまい、だらけてしまうとすぐに太ってしまったり、寒かったり暑かったりすると歩くのが難しくなることがあること等です。
ウォーキングをするのが厳しく感じてきても、やめてしまうとすぐに太ってしまうので、そうならないためにはウォーキングを続けるか、生活の中で歩く歩数を増やしたりして対策をしたりする必要があります。わざと遠くの駐車場に車を止めたり、電車だと一駅前で降りたりした歩けば歩く歩数を増やすことができます。またスマホアプリなどで歩数の記録を管理することもモチベーションを上げることができるので、使用するのもおすすめです。
Jgvrwqiq192vfn5pvlza
ウォーキングだけではどうしても筋肉はあまりつかないので、健康の維持には効果があるのですが、ダイエットのためにウォーキングをするのは、それだけではあまり効率が良くはありません。まずウォーキングで痩せようとすると1万歩以上を毎日歩くことが目安となりますが、これは時間にすると1時間半以上は歩くことが必要になりますし、ウォーキングをするためには事前に準備をすることや着替えも当然必要になってしまい、更に時間が必要になってしまうので、1日でそれだけの時間を歩くことができる時間を作れるかが重要です。
Yhfd0zp9qykbrek7hpdt
B3ob0vbqalumdofnqfir
痩せるためには食事制限をすることも重要ですが、筋肉をつけるために筋トレをするのが効率的に痩せるためには不可欠です。痩せるためにおすすめの筋トレはスクワットです。スクワットは腹筋や太ももや大胸筋などを効果的に鍛えることができますし、短時間でもすることができるので、まずはスクワットをして筋トレをすることがおすすめです。

関連記事

Sioopml6fipwgykzah0z
食事制限をして毎日しっかりとウォーキングをすることができれば、健康的に痩せていくことができますが、筋トレをすることも効率的に痩せるためには重要です。なのでウォーキングと筋トレを併用することが効率よく痩せるためには重要になってきます。なのでまずはウォーキングをしてみて、ウォーキングをすることに慣れてきたら筋トレもしていくのが、健康的に効率よく痩せるためにおすすめの方法です。少しでもウォーキングをする参考になれば幸いです。