// FourM
L81mxujhfjbaffayyj9e

趣味・ライフスタイル

CATEGORY | 趣味・ライフスタイル

ベースのおすすめは?初心者用安いベースやエフェクター|教則本紹介

2018.07.18

ベース初心者にも購入しやすい安い価格のおすすめベースや選び方をご紹介します。安い価格で選ぶかブランドで選ぶかベースの種類で選ぶかなど選び方も様々。またエフェクターやコンプレッサーなどの上達するために購入したいものや、初心者向けのおすすめ教則本もご紹介します。

  1. [安い]初心者におすすめベースの選び方①種類
  2. [安い]初心者におすすめベースの選び方②メーカー
  3. [安い]初心者におすすめベースの選び方③価格で選ぶ
  4. [安い]初心者におすすめベースの選び方と注意点
  5. 安いベースの注意する点
  6. [安い]ベース初心者におすすめのエフェクターの選び方①価格
  7. [安い]ベース初心者におすすめのエフェクターの選び方②ブランド
  8. ベースにおすすめエフェクター:コンプレッサー
  9. [安い]ベース初心者におすすめの上達できる教則本①これからはじめる!! エレキ・ベース入門 Evolution
  10. [安い]ベース初心者におすすめの上達できる教則本②ベース基礎トレ365日!
  11. まとめ
Qgihgygk40m4trgjywer
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1531697765/qgihgygk40m4trgjywer.jpg
初心者におすすめのベースの選び方をご紹介します。初心者におすすめのベースの選び方は種類です。ベースにはジャズベース、アクティブベース、プレシジョンベースです。大きく分けて3つの種類があります。ジャズベースは名前はジャズと付いていますが、実はジャズだけでなく色々な幅のジャンルで多く使われているベースの種類となっています。主に日本で活躍するプロアーティスともジャズベースを使用している方が多くいます。ジャズベースはプレシジョンベースを改良され幅広いジャンルで使われるようになったとお終えておくと簡単です。アクティブベースは見た目はジャズベースですがつまみが3つ以上あり電池を入れることができるところがあります。電池を入れることによって音が鳴るようになります。
アクティブベースは本格的なバンド活動ではあまり本格的に使われる種類ではありません。プレシジョンベースはジャズベース同様ジャンルを問わず活躍していたベースですが、力ず良い音などが魅力的でその魅力にパンクロックの方たちが目を付けプレシジョンベースは主にパンクロックで使用されるようになり今ではプレシジョンベースはパンクロックバンドが持つデザインというイメージが付くようになりました。種類は種類ありますが本格的にベースを始めたいという方はジャズベースが無難におすすめです。
Zs9vjtbtg49u3di4vhmq
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1531697776/zs9vjtbtg49u3di4vhmq.jpg

関連記事

Pdspvj6w1cffevrami2b
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1531697782/pdspvj6w1cffevrami2b.jpg
初心者がベースを選ぶのにおすすめの選び方は「メーカー」です。初心者が購入しやすいメーカーはARIA proⅡ、PLAYTECH、Photogenic、Historyです。この4つのメーカーはどれも1万円から5万円ほどで購入できるメーカーとなっております。この4つのARIA proⅡ、PLAYTECH、Photogenic、Historyは安く購入できるベースですが、やすいからといって性能が悪い訳ではありません。この4つのメーカーがどうして初心者メーカーと言われるかといいますと、安い価格で購入できるため初心者が入門ベースとして購入することから初心者の持つベースとしてのイメージが付いてしまったメーカーです。このメーカーを持っていると今からベースを始めるのかと勝手なイメージがもたれてしまうのがメーカーとしてのデメリットかもしれません。
Vskh1e4deld1gihlbsdv
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1531697786/vskh1e4deld1gihlbsdv.jpg
G4xv1tktzjg0thz5zdmb
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1531697789/g4xv1tktzjg0thz5zdmb.jpg
ベースを選ぶのに価格があります。ベースは安い物だと1万円以下から購入可能で高額になると50万円以上するベースがあります。ベース初心者におすすめするベースの購入価格は1万円から5万円がベストですが、遊びではなく真剣にベースをしたいという方は10万円以上のベースがおすすめです。価格は少し高額ですが真剣に始めるにはこの価格が妥当だといえます。まずは真剣に始めるとした場合モチベーションが大切です。高額な商品を購入したというイメージを付けることによって続けようという意思が生まれます。そして、高額なベースとなると扱いう安くなるので初心者の内からしっかりした性能のベースに慣れることで上達が早くなります。
Cndvk0vceqsqxtpqmtej
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1531697791/cndvk0vceqsqxtpqmtej.jpg
Akbp3flovdqhzovcrbio
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1531697795/akbp3flovdqhzovcrbio.jpg
初心者がベースを選ぶときの注意点をご紹介します。ベースは品質のいいものを購入しようとすると高額となってしまいます。安い物を購入すると性能としてあまり良くないので上達するのに壁となります。なので真剣に始めたい場合は少し高額な10万円ほどのベースがおすすめです。ここで問題になって来るのが新品か中古を買うかです。意外と中古を選ぶ方が多いのですが当たりはずれが激しく前所有者の癖の付いたベースや挽くことができるがどこか壊れてるジャンクベースなどありますので、購入の際は十分に注意しましょう。
Hqxryphpbgifdvhiebjv
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1531697798/hqxryphpbgifdvhiebjv.jpg
Hqxryphpbgifdvhiebjv
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1531697798/hqxryphpbgifdvhiebjv.jpg
安いベースには注意が必要です。安いベースは近年の技術が上がり性能が良くなっていますが、やはり作りが悪いのか壊れやすくなっていることがあります。安く購入してすぐ壊れてしまっては意味がありません。また、安いベースといっても1万円以上と高額となっていますので、壊れてしまったから買い直そうというのにはなかなか慣れないものです。なのでベースはなんでもいいという考えでは購入するのはやめましょう。その製品のことをしっかりと調べるなどしましょう。
V0rtfplckjdc8fqbxi5h
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1531697802/v0rtfplckjdc8fqbxi5h.jpg
Ngfjiegjc8ogu185zbor
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1531697809/ngfjiegjc8ogu185zbor.png
初心者におすすめのエフェクターの選び方をご紹介します。エフェクターの選び方は価格です。エフェクターは3,000円から30,000万円もする購入金額の幅が大きいものです。初心者が購入するおすすめのエフェクターは最安値の3,000円のエフェクターがおすすめです。なぜ安い物がおすすめかといいますと初めは日着慣れることが目的です。上達するのには練習することが第一なので高額なエフェクターよりも価格の安い購入しやすいアイテムがおすすめです。
Cyl0ecrpxu3uugqj8f4o
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1531697814/cyl0ecrpxu3uugqj8f4o.jpg
Zzwwnl9opyzbduvtgim4
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1531697815/zzwwnl9opyzbduvtgim4.jpg
エフェクターを選び方はブランドがあります。エフェクターには色々ブランドがあります。ブランドによって性能や特徴が違うため楽器ショップなどでエフェクターをブランドごと試してみることをおすすめします。価格ではなくブランド重視しで購入するのもおすすめします。
Exeudagn5zdboi0fyxvk
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1531697818/exeudagn5zdboi0fyxvk.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/814KbGupgwL._SL1500_.jpg
初心者でも必ず追っておきたいのがコンプレッサーです。コンプレッサーがなくては上達できないといっているベーシストもいるほどです。コンプレッサーは音を調節する機械です。おすすめのコンプレッサーはEBSのMultiComp Studio Editionです。MultiComp Studio Editionは3万円ほど購入できるアイテムで少し高額と思う方もいますが、MultiComp Studio Editionがあれば初心者から中級者まで使用できるアイテムです。コンプレッサーは上級者になっても使うアイテムなのでしっかりとしたコンプレッサーをはじめのうちに購入しましょう。一度に買い集めれない場合はコンプレッサーは後でもいいですが必ず手に入れましょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31uGghOvSQL.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51LdCvJFCWL.jpg
初心者が上達できるおすすめ教則本は「これからはじめる!! エレキ・ベース入門 Evolution」です。この教則本は本だけでなくDVD+CDの付いたおすすめのアイテムとなっています。価格も2,000円と購入しやすい価格です。これからはじめる!! エレキ・ベース入門 Evolutionで勉強し上達しましょう。初心者におすすめの教則本です。
Xjetkaaiux4kcpgohg23
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1531697825/xjetkaaiux4kcpgohg23.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51QGkzMZA4L.jpg
初心者が上達できるおすすめ教則本は「ベース基礎トレ365日!」です。ベース基礎トレ365日!は基礎を勉強できる教則本となっており初心者におすすめの1冊となっています。真剣にベースを上手くなりたい方はこれからはじめる!! エレキ・ベース入門 Evolutionとベース基礎トレ365日!を同時に購入してみてはいかがでしょうか。
Ea0y4b2o0ht1peeacwin
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1531697833/ea0y4b2o0ht1peeacwin.jpg

関連記事

初心者におすすめのベース選び方やエフェクターの選び方は参考になったでしょうか。ベースは安いもので良いという適当な選び方ではなくしっかりと検討していいものを選びましょう。そして、真剣にベースを上手くなりたいなら基礎の基礎を勉強しましょう。