// FourM
Yompsphgymr5xcshiwej

趣味・ライフスタイル

CATEGORY | 趣味・ライフスタイル

ベースの弦交換の頻度や失敗しない方は?チューニング法や値段解説

2019.01.29

ベースの弦交換のやり方や頻度はご存知でしょうか。ベースの弦交換を行わないと音に異常が出たりチューニングが合わないということが出てきます。そこで適正の交換頻度ややり方、」弦高の方法や弦の値段をご紹介します。また併せて弦の張替え失敗原因も併せて解説!

  1. 【やり方】ベースの弦交換頻度は?
  2. 【やり方】ベースの弦交換頻度①1ヶ月に1度
  3. 【やり方】ベースの弦交換頻度②1ヶ月から3ヶ月に1度
  4. 【やり方】ベースの弦交換頻度③半年に1度
  5. 【やり方】ベースの弦交換頻度④ライブ前に交換
  6. 【やり方】ベースの弦交換頻度⑤交換しない
  7. 【やり方】ベースの弦交換頻度とタイミング①チューニングが合わない
  8. 【やり方】ベースの弦交換頻度とタイミング②汚れ
  9. 死んだ弦、死に弦の音の特徴
  10. 死んだ弦、死に弦の音には味がある
  11. 死んだ弦、死に弦を復活させる方法
  12. 弦高の調整は?
  13. 弦の値段は
  14. 張替えに失敗するとどうなる?原因は?
  15. 長く使いたいならベース弦の交換頻度をしっておこう!
Sdru5nyi8umvfazlokm9
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1531697488/sdru5nyi8umvfazlokm9.jpg
ベースの弦の交換頻度はかなり個人差があり、交換する頻度が違ってきます。交換頻度は音の加減によって行う人や音の聞こえなどは気にせず一定の周期で交換するという方など色々います。また、交換後の新品の弦の音が嫌いという方もいます。そういった方たちは基本弦の交換は半年に1度などです。弦の交換といっても広それぞれでありますのでもし、弦の交換を悩んでいる方は周りの方やネットの情報に惑わされずに自分のタイミングで行ってみてはいかがでしょうか。では弦の交換頻度をご紹介します。
Mzm840fp9ynu3zeqaaqb
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1531697490/mzm840fp9ynu3zeqaaqb.png
Mzm840fp9ynu3zeqaaqb
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1531697490/mzm840fp9ynu3zeqaaqb.png
源の交換頻度を1ヶ月に1度行っている方がいます。交換頻度を1ヶ月に1度行うとどういった効果が有るのかと言いますと新品の弦というのは2ヶ月から半年など使い込んでいる弦とは音が全く違ったものです。張り替えたての弦の音は特徴的で「ビシビシ」「バキバキ」などという新品の弦らしい音が出ます。この音が好きなベーシストはアマチュアからプロの方まで多くいます。1ヶ月に1回交換するという方は新品の音が好きで変えるという方がほとんどです。初心者の方でたまに1ヶ月に1度がいいといわれたことを守っている方や見よう見まねで行っているだけという方がいますが弦の交換は個人の自由です。
L33x2ifbwll9gnmiswle
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1531697495/l33x2ifbwll9gnmiswle.jpg
Pr4e1ozydo6anbn8amgm
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1531697497/pr4e1ozydo6anbn8amgm.jpg
弦の交換を1ヶ月から3ヶ月の交換頻度にしている方は意外と多くいると思います。弦の交換頻度は1ヶ月から2ヶ月の期間が現にとっても1番ベストな交換時期だと言えます。1ヶ月目ほどではまだまだ新品の「ビシビシ」や「バキバキ」といった音がきこえまっすが、1ヶ月以降は音が馴染み綺麗な安定した音が出せるようになります。3ヶ月以降になるとこもったような音となりますのでほとんどの方はこの音になると交換します。ベースの弦は適切な交換時期などはありませんがいい音をならすならこもった音にならない1ヶ月から3ヶ月の間がベストです。
Hii8ndqo4tqcqrblt3wq
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1531697508/hii8ndqo4tqcqrblt3wq.jpg
Sow4emuikephmuovy3r0
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1531697531/sow4emuikephmuovy3r0.jpg
半年に1回という方は新品の音も古くなった音も両方好きという方は半年に1回というペースで変更します。半年に1回でも弦が傷むわけでも弦が影響してベース本体を傷つけるわけではないので音にこわだりのある方やベース弦が高額で頻繁に交換出来ないという方は半年に1回でも大丈夫です。
Dx5avy5c5iy4yfy1dw4g
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1531697533/dx5avy5c5iy4yfy1dw4g.png
Hhqtaoogzlw1mdp2lohq
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1531697535/hhqtaoogzlw1mdp2lohq.jpg
練習時期だけでなくライブ前に交換するという方がいます。弦の劣化期間は1週間から4週間といわれていますので、ライブなど本番前に綺麗な状態にし音のいいベースでライブなどに挑むという方たちです。やはりライブなどで新品の減を使用して演奏すると違いが出るものです。ライブなどの本番前にしっかりと整えるという方はライブ前となっています。また、ライブだけでなくレコーディング前にも変えるという方もいます。
Vhgawivfm5rnuksu5lxp
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1531697537/vhgawivfm5rnuksu5lxp.jpg
Ctzins5qfx7uc5lbiexj
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1531697543/ctzins5qfx7uc5lbiexj.jpg
交換頻度とは全く関係ないのですがベース弦は錆びたり、切れることが無い以上交換はしないというか互います。その方たちのこだわりは劣化した弦の音が好きというこだわりを持っています。音楽というのは個性がありこだわりが生きる世界です。劣化した弦も楽しむ1つとなっています。交換しないとこもった音になりますが、そこの音がこだわりという方がいます。
Ctzins5qfx7uc5lbiexj
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1531697543/ctzins5qfx7uc5lbiexj.jpg
Uk0tqkeoysjzlxxc2ko1
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1531697551/uk0tqkeoysjzlxxc2ko1.jpg
ベースの弦の交換頻度ですが、1番多い交換頻度はチェーニングが合わなくなったらです。チューニングは楽器にとって大切なことです。チューニングをあわせることによっていい響きの演奏が出来ます。ベース初心者で弦の交換を行ったことがなくいつ換えていいかわからないという方はチューニングが合わなくなったときに交換するのがおすすめです。
Xenp0ywioxn5zxztwtv7
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1531697552/xenp0ywioxn5zxztwtv7.jpg
Mikqwf4go8gpjf9rnle2
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1531697555/mikqwf4go8gpjf9rnle2.jpg
源の交換頻度は時期ではなく汚れたときのタイミングで交換するというのがあります。弦というのは意外と汚れるもので、埃汚れや人が¥触ることで付く皮脂汚れなど汚れといっても色々あります。好感していないと良く見てみると実は汚れが溜まっている可能性があるのでそうなった場合は交換のサインとして考えておくのもいいかも知れません。ベースの弦が汚れることで音やチューニングに影響はしませんが汚れた楽器を触るのは少しモチベーションが下がってしまいます。
Vc7pq9ca59qzpch37ol9
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1531697557/vc7pq9ca59qzpch37ol9.jpg
Fpul5gk5ywhgwxx177id
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1531697559/fpul5gk5ywhgwxx177id.jpg
死んだ弦、死に弦といった言葉は聞いたことが無いでしょうか。死んだ弦、死に弦とよばれる弦は劣化した弦のことを言います。れ価k親しんだ弦の特徴はチューニングが合わなかったり、弦自体が伸びている状態なので柔らかい音楽となります。なので、テンポの速い楽曲には向かない弦となります。また、柔らかい音だけではなく子もタ音にもなってしまいます。こういった特徴がありますので、もしあなたのお使いのベース弦がこもったような音、弦にハリが無い、チューニングが合わないとどれかでも当てはまればその弦は交換時期の死んだ弦ということとなります。
Hsv1sdffal37r4rd1x6g
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1531697639/hsv1sdffal37r4rd1x6g.jpg
Timswuh3i7w5pehfcxlh
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1531697629/timswuh3i7w5pehfcxlh.jpg
死んだ弦を長い間込んで使い込む方たちが意外と多くいます。その人たちのこだわりは高音が出ないベースを渋く使うかです。または、長い間同じ弦を使用しメンテンスを行い使い続けるという方です。古い死んだ弦は新品のような音は出ませんが、出ないからこそ愛着が湧き好きになって行きます。味を楽しむのも1つのベーシストとしてのこだわりかもしれません。
Timswuh3i7w5pehfcxlh
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1531697629/timswuh3i7w5pehfcxlh.jpg
死んだ弦を復活させる方法が実はあります。復活させる方法は熱湯で10分間ほど煮込むことで新品とまでの復活はしませんが、死んだ弦のような音にはなりません。どうして熱湯で煮ることで復活するのかは分かっていませんが死んだ弦も復活させることが出来ます。ですが、復活させた弦の注意店があります。その注意点は復活した弦の寿命は1日しか持たないことです。1日たってしまうと死んだ弦になってしまいますので、復活させるには再び同じ工程を繰り返すことになります。
O5h1rooek7nmrpuekkc7
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1531697478/o5h1rooek7nmrpuekkc7.jpg
交換後の弦高の調整はしていますか。弦高というのはネックの曲がっていないところから弦の高さのことを弦高と言います。弦高には標準位置があり、標準位置にしないと高すぎた場合は弦が抑えづらくなってしまったり音が弱くなってしまうことがあります。そこで標準の弦高をご紹介します。弦高の標準は高めの弦高の場合は2.5mmから3mmが標準のとなっています。弦高が低めにセッティングしたいときは1.5mmから2mmとなっています。
ベース弦の値段はご存知でしょうか。ベース弦の値段は最安値で500円から購入可能となっており最高額で8,000円となっています。値段でベース弦の質は変わってきますのでベース弦を購入するなら平均値段の1,800円程度がおすすめです。安い値段のものもいいですが、交換頻度が多くなりますので注意しましょう。1ヶ月に1回ペースで交換を考えている方は500円程度のベース弦でもいいかも知れません。
ベース弦の張替えに失敗したときはどうなるかご存知でしょうか。失敗原因を知ることで失敗をなくせるかもしれません。ベース弦の張替え失敗原因は弦の張りすぎで切れてしまいます。初心者に多い失敗がチューニング途中に音を合わせようとしすぎて切れてしまいます。弦が切れるとかなり危険なので失敗しないようにしましょう。

関連記事

ベース弦の交換頻度やベース弦の値段などは参考になったでしょうか。ベース弦のおすすめの交換頻度は1ヶ月から3ヶ月です。ベース弦の交換頻度は好みによって分かれますので初心者の方はまだ好みなどあまり無いと思いますので標準の交換時期にして置きましょう。