// FourM
Hnkjw3l2zlrmhostpezq

DIY

CATEGORY | DIY

物置の設置にはDIY?業者?費用や向き、アンカー工事について解説

2018.07.18

物置の設置の費用はご存知ですか?物置の設置は業者に頼むと費用がかかってしまいますよね。またアンカー工事を行うことで設置費用がかさみます。実は設置はDIYでアンカー工事もできDIYで費用が抑えられます。自分で設置する時の砂利やブロックの向きなどの詳細までご紹介!

  1. 【DIY】物置の設置に業者に委託した場合は費用は
  2. 物置の設置は費用を抑えDIYでできる?
  3. 物置の設置は費用を押さえDIYでできる条件
  4. 物置の設置は費用を抑えDIYでアンカー工事はできる?
  5. アンカー工事とは
  6. 物置の設置は費用を抑えDIYでアンカー工事するには
  7. 物置の設置は費用を抑えDIYでアンカー工事に必要な道具
  8. 物置の設置は費用を抑えたいDIYでもアンカー工事はおすすめしない
  9. アンカー工事は必要な時とそうでない時
  10. 物置の設置は費用を抑えDIYで出来ることは
  11. まとめ
引用: https://i.pinimg.com/564x/f6/58/34/f65834f1729a6539c51af5d329f9156c.jpg
物置というとイナバ物置やクボタ物置など色々なメーカーがありますが、物置というのは大きさもありますがかなりの高額な金額となっています。そこに設置するために業者にお願いしたときにかかる費用は正直目を疑う金額となってしまいます。業者にお願いするときの基本的な金額ですが物置のサイズによって金額が異なりますが、平均的に見ますと1万円から5万円ほどの費用がかかってきます。そして、費用も業者によって金額が違ってきますので施工業者を金額でじっくりと選ぶことをおすすめします。業者によって金額が全く違った金額となります。基本的にホームセンターの業者にお願いするのがやすいといわれていますが、業者もホームセンターよりも安い企業がありますので、施工費用だけでも聞きに行くことをおすすめします。
引用: https://i.pinimg.com/564x/20/b5/83/20b583e553f323c6ddd25148b0b4e0f6.jpg

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/6c/eb/76/6ceb7652218647c6b685130ae95925db.jpg
物置の設置費用を抑えるためにDIYで設置することが出来ます。DIYで行うとなると費用は物置の費用と+運搬代だけとなって行きます。お店や住んでいる地域によって運搬代を出さなくても自分で運ぶことが出来るという方はこの運搬代を言うのもなくなります。DIYで物置の設置が出来るのですが、実は条件があります。条件によってはDIYで行うと危険な場合があります。DIYで物置を設置する場合は注意が必要です。
引用: https://i.pinimg.com/564x/07/9c/78/079c78638aefed1b9515223085f32990.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/4c/46/cf/4c46cf816917bc932f257730d50ac78b.jpg
上記でご紹介したとおりDIYで物置を設置するのには条件があります。条件というのは物置を起きたい場所が本当においても問題がないかです。物置をDIYでも業者でも設置するときにはブロックを使用すると思います。ブロックを置いて物置をその上に乗せますが、物置を乗せるとブロックがその重さに耐えることが耐えることが出来るのかやブロックを敷く下は何で出来ているかです。ブロックを置く下は砂利の場合砂利に圧がかかって物置が転倒しないかコンクリートにおく場合、そのコンクリートは平行かなどいろいろ条件があります。そこを見極めないと物置が転倒してしまう危険性があるので、DIYするときは注意しましょう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/98/44/6a/98446ad0fb0ab1465679c36bd69cfb15.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81AAWIrIUlL._SL1500_.jpg
DIYで物置を設置する場合に転倒防止の工事が必要です。転倒防止に行う工事がアンカー工事です。アンカー工事は一般的に知られる転倒防止工事ですが、DIYで出来るのかということです。DIYでアンカー工事は出来ますが気をつけなくてはいけないことがあります。アンカー工事のというものを理解し工事するために必要なものを集めることになります。知識と道具さえあればアンカー工事も問題なく簡単に行えます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41uqwCiYrsL.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71L4JYNmqCL._SL1500_.jpg
アンカー工事と色々ご紹介してきましたが、そもそもアンカー工事というのもはどういった工事なのかということですが、アンカー工事は転倒防止や落下防止に行う工事で主に建設現場で用いられる工事です。アンカー工事は主に電気工事や空調設備のお仕事、排水缶などの仕事で使用されます。そして、アンカー工事をするには基本資格があり日本建築あと施工アンカー協会という協会が定めた「あと施工アンカー技術管理士」という資格が必要となってきます。この資格が無くては施工が基本で基本出来ませんがDIYという自宅で使うものに対してなら資格は必要ありません。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71anODLOSFL._SL1500_.jpg
アンカー工事をするにはアンカー工事のことを良く知る必要があります。アンカー工事は転倒防止や落下防止に使う工事なので知識が無くてはせっかく打ったアンカーの効力が発揮できず転倒してしまうことがあります。なので、アンカー工事をするには見よう見真似ではなく知識を入れて工事を行いましょう。DIYで費用を抑えることが出来ますが、費用を抑えるにはそのほかの努力が必要となってきます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/517sTAGck8L.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31CeGh74zRL.jpg
アンカー工事にはかなり専門的な道具が必要となっています。アンカー工事をするのに必要な工具や道具は設置地面が砂利かコンクリートかによって変わってきます。物置の設置場所が砂利の場合は穴掘りスコップ、セメント、砂、セメント用バケツ、セメント用スコップなど必要です。セメント用バケツやスコップというのはセメントを一回作ってしまうとバケツやスコップにセメントが付き他の作業には使えなくなるため専用に必要です。設置場所がコンクリートの場合は振動ドリル、コンクリートドリルビット、ハンマー、オールアンカーなどです。振動ドリルはコンクリートに穴を開けオールアンカーを入れるために必要となってきます。ハンマーはゴムハンマーではなく鉄のハンマーにしましょう。ゴムや木のハンマーだとアンカーを上手くコンクリートに打ち込むことが出来ません。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31O3k6XExRL.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/d3/61/24/d36124eda009d2ea1dbd7d33262cd36e.jpg
費用を抑えたいということでDIYでアンカー工事をしたいと考えている方がいるかもしれませんが、本当はあまりおすすめできません。というのも上記でご紹介したとおり資格があるほど難しいことで安全にもかかわってくることですアンカー工事というのは転倒防止に行うことで素人の方が見よう見真似で打ったアンカーが本当に災害時に対応できるのかという問題があります。また、災害時だけでなくブロックを積み上げ物置をおきますが、本当にブロックは適正なのか、適性でないブロックを使用することで転倒などのリスクも増えます。やはり安全面のことを考えるとおすすめは出来ませんアンカー工事は手間がかかり業者の方にしてもらうと高額な金額を取られそうですが実際は5,000円から10,000円程度の費用で出来ますので、危険を選ぶよりも安全を選びましょう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/03/7f/af/037faf9377374ec7afd8ff2f1afa92b9.jpg

アンカー工事は業者向き

引用: https://i.pinimg.com/564x/fc/2e/1b/fc2e1b4c7d87c8c766a92b8e572e18d1.jpg
なぜ業者向きなのかと言いますと上記で説明したとおり転倒の恐れがあるということもありますが、アンカーというのは真っ直ぐに打たなければ行けません。そしてミスは許されない1発勝負です。ミスしてしまうと用度も弱まります。なので素人向きのDIY作業ではありません。アンカー工事は専門業者向きの工事となっています。
引用: https://i.pinimg.com/564x/54/4d/d4/544dd4ac9d86941c26563f856fa30204.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/53/68/85/5368855ed6304a195e44e1e97013c9dd.jpg
アンカー工事が必要な時と必要でないときをご紹介します。アンカー工事が不必要なところはガレージなどの風の無い災害時も転倒の恐れの無い場所です。ガレージはアンカー工事の必要のあまり無い場所です。アンカー工事が必要なのはブロックを積み上げてその上に物置を置く場合や砂利の上に設置する場合です。特に砂利の場合は安定性がなく長年おいている間に砂利が重たさに耐え切れず物置が傾いてしまったり転倒の恐れがあるので砂利は必ず行いましょう。また、風向きにも注意です。風向きが基本的に物置に当たらない場所ならいいのですが、風が当たることで倒れることもあります。特に台風のときは注意が必要です。
引用: https://i.pinimg.com/564x/f2/6b/15/f26b15699ad841449f0e4e4980796f17.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/ef/e6/c9/efe6c9688ad4805954fa217ba891e416.jpg
物置の設置は費用を抑えDIYで出来ることは場所を考えてから購入することです。物置が欲しいと考えても転倒などの恐れがあるところに置かないなど考えることで設置費用を抑えることが出来ます。業者向きの作業はあまり無理してDIYでするのはおすすめできませんので費用を抑えたい場合は設置場所を考えることです。
物置の設置場所や設置にかかる費用など参考になったでしょうか。物置の設置はサイズによって設置費用が違ってきます。また、業者によって設置費用が違ってきますのでその辺も考えて行うとやすく抑えることが出来ます。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81AAWIrIUlL._SL1500_.jpg