Yq4ibjvptmti83uvi1vu

趣味・ライフスタイル

CATEGORY | 趣味・ライフスタイル

寝る時間はどれくらいがベスト?サイクルは?長いほうがいいの…?

2018.07.16

寝る時間は皆さんどのくらいがベストかご存知ですか?普段何気なく寝ていると思いますが、寝る時間・睡眠時間はとても大切です。長い時間や早い時間・一瞬と様々な時間がありますが、睡眠には適した時間が存在します。今回はそのような寝る時間についてご紹介します。

  1. 寝る時間はどのくらいがベストなの?
  2. 寝る・睡眠は人間の三大欲求の一つでもあるので重要
  3. 寝る時間にはおすすめの時間・サイクルが存在
  4. 短時間の睡眠の人は「ショートスリーパー」と呼ばれる
  5. 寝る時間が一瞬・短い人のメリットは?
  6. 寝る時間が一瞬・短い人のデメリットは?
  7. 長時間の睡眠の人は「ロングスリーパー」と呼ばれる
  8. 寝る時間が長い人のメリットは?
  9. 寝る時間が長い人のデメリットは?
  10. レム睡眠とノンレム睡眠のサイクルを知るのが理想の睡眠時間の「鍵」
  11. 理想の寝る時間のベストなサイクルは?
  12. 寝る時間だけでなく睡眠の質も大切
  13. 寝具で睡眠の質を調整するのもおすすめ!
  14. 睡眠時間を計測してくれるアプリもおすすめ!
  15. 【まとめ】寝る時間を意識して生活リズムを!
引用: http://sleep-apnea-syndrome.net/img/92811474d46372e23bb9af2037f.jpg
睡眠と言えば人間にとって必要な行動ですが、どのくらい普段寝ていますか?寝ている時間は日常生活を大きく左右するとともに、その人の体調なども大きく左右します。寝る時間が長い人もいれば寝ても起きる時間が早い一瞬しか寝ない人などもいるのですが、どちらが理想的なのかご存じない方も多いです。今回はそのような寝る時間のベストはどのくらいなのかについてご紹介していきたいと思います。
引用: https://imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/3/8/4/7/6/5/201708251322/sleep011.jpg
睡眠は人間の三大欲求の一つと言われています。人間の三大欲求は一般的に食欲・睡眠欲・性欲と言われているのですが、睡眠は人の生活サイクルには欠かせない部分だと思います。一日の4分の1以上を占めていることが多いこの睡眠ですが、睡眠の時間を快適にすることによって体にいい影響を与えることができます。
引用: https://fuminners.jp/wp-content/uploads/2016/04/160427_miniku_main.jpg
寝る時間にはおすすめのサイクルが存在するのはご存知ですか?サイクルを守った睡眠時間にすることによって快適な睡眠にすることが可能です。この睡眠時間を知っているか知っていないかによって睡眠の質は大きく変わるので、睡眠の質を変えるためにも理想的な睡眠サイクルを知ることは重要と言えます。
引用: https://image.myrepi.com/Assets/Modules/male/article/lifestyle/2017/300013/img_3.jpg
睡眠時間が短い人もいると思います。中には睡眠時間が1時間から3時間程度しかない一瞬しか寝ない人もいます。このような方はショートスリーパーと言われます。さらに、本来は疲れているから寝たいのにも関わらず、起きるのが早い人などもこのショートスリーパーにあたります。次は実際に起きるのが早い、寝る時間が短い人のメリット・デメリットについてご紹介していきたいと思います。
引用: https://media.selfturn.jp/sites/default/files/styles/1200x640/public/images/1911_%20main.jpg?itok=ShXuSrQJ
まず最初は寝る時間が一瞬・起きるのが早い人のメリットについてご紹介していきたいと思います。まず最初に挙げられる起きる時間が早い、一瞬しか寝ない人のメリットは時間を長く過ごすことができるという点です。時間を最大限に有効活用できるのですが、大きなメリットとして挙げられやすいです。
引用: https://image.myrepi.com/Assets/Modules/male/article/lifestyle/2017/300013/img_1.jpg
寝る時間が一瞬・起きるのが早い人のメリットについてご紹介しましたが、次はデメリットについてご紹介したいと思います。デメリットとして挙げられやすいのが体調が崩れやすいという点です。やはり寝る時間が短いと体調管理が必須になってきます。長い時間起きていると集中力もきれやすくなってしまうので、細心の注意を払う必要があります。
引用: https://nnir.jp/wp-content/uploads/2017/07/%E7%9D%A1%E7%9C%A0%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA2.jpg
起きるのが早い人・寝る時間が一瞬だけの人についてご紹介しましたが、寝る時間が一瞬の人もいればその反対の長時間睡眠の人もいます。長時間睡眠の人はロングスリーパーと呼ばれるのですが、ロングスリーパーは主に一度寝て10時間以上寝る人の事を指します。次は寝る時間が長いロングスリーパーの人のメリットデメリットについてご紹介していきたいと思います。
引用: http://www.ssmapemg.jp/img/suimin.jpg
寝る時間が長い人のメリットをまずはご紹介したいと思います。寝る時間が長いロングスリーパーのメリットとしてあげるのは睡眠不測の解消ができます。寝る時間が短い人などは睡眠不足になりやすく、集中力がきれやすいのですが、長い時間寝る人は睡眠不足にはなりにくいので、集中力をいざという時に高める・持続しやすいです。
引用: https://nnir.jp/wp-content/uploads/2017/07/%E7%9D%A1%E7%9C%A0%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA12.jpg
寝る時間が長い人のメリットについてご紹介しましたが、次はデメリットについてご紹介します。デメリットとして挙げられるのは老化が早くなったり、体に負担をかけやすいという点です。睡眠は普段の疲れをとる行為にもなるのですが、長時間の睡眠は逆に疲れを引き起こす場合が多いです。寝ることも体力を使う行為の一つなので、寝すぎた場合は普段よりも疲れを感じてしまうことが多いです。
引用: http://nemuri.info/wp-content/uploads/030102.png
睡眠時間の理想的なサイクルを知る場合はレム睡眠とノンレム睡眠の関係を知ることが鍵です。ノンレム睡眠とレム睡眠を繰り返しながら寝るように人は構成されているのですが、90分間隔で繰り返されます。レム睡眠は眠りが浅いときとあらわされることが多いのですが、脳の休憩をしている時間になります。一方、ノンレム睡眠は深い眠りとあらわされることが多いのですが、こちらは体をメンテナンスしている時間になります。
引用: http://www.wgc-paris2015.com/images/suimindaiji_riyuu.jpg
理想の寝る時間は先ほどもご紹介したようにレム睡眠やノンレム睡眠を把握して決めるのが好ましいのですが、ベストな睡眠時間は3時間周期と言われています。3時間だけではさすがに寝る時間が短いので、一般的にはこのことから一日6時間寝るのがベストと言えます。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcT5Bl3PpB0ic8JPSNn8aYD7R4JxHj-wTixy3ViwBJm2yaG05sFUaw
ベストな睡眠時間は6時間という事をご紹介しましたが、睡眠時間だけでなく睡眠の質もできれば意識するのが好ましいです。睡眠の質は睡眠時間同様に大切とされ、睡眠時間が理想的でも質が悪ければ疲れがたまってしまうことが多いです。そのため、睡眠時間と共に睡眠の質は意識するようにしましょう。
引用: http://benesse.jp/kosodate/201606/img/LP_20160622_01.jpg
快適な睡眠の質にするのには朝起きた際に朝日・日光を浴びるのが好ましいです。日光を浴びることによって目や脳が冷めるのももちろんあるのですが、日光を浴びることを習慣にすると生活リズムができます。生活リズムができると体の調子が整いやすいので、おすすめです。
引用: https://fuminners.jp/wp-content/uploads/2016/07/0727_shingu_main.jpg
さらに、日光を浴びることもおすすめなのですが、睡眠の質を向上させるのは寝具もおすすめです。寝具と言えば普段皆さんが愛用していると思うのですが、この寝具にこだわる人とこだわらない人によっても大きく睡眠の質が異なると言われています。より良い睡眠を求めたい方は寝具も意識するようにしましょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61aLQtbX3UL._SL1100_.jpg
寝具で寝返りがうちづらいと感じている人などは上記の高反発タイプのマットレスを使うとより快適な睡眠を送ることができやすいです。高反発タイプのマットレスはしっかりと身体を支えてくれるので、沈んでしまいがちな体をきれいな姿勢で維持してくれます。ベッドの上にマットレスを敷いて寝るだけでもいいので、寝返りがうちたい方は高反発タイプのマットレスを使うのがおすすめです。
タンスのゲン ポケットコイルマットレス シングル 高反発 30D ウレタン入り 圧縮梱包 ホワイト 17800014 K1
価格 ¥ 9,980
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31EGvjllJBL.jpg
最近では高反発タイプのマットレスだけでなく、上記の画像のような低反発タイプのマットレスも存在します。低反発はしっかりと身体を沈めてくれることができ、包まれているような感覚で寝ることができます。寝返りがうちにくい状態にはなるのですが、包まれるような質感は高いリラックス効果が期待できると言われています。そのため、気持ちがいい睡眠を取りたい方には低反発タイプのマットレスがおすすめです。
低反発マットレス スウィートスリーパーマットレス シングル
価格
引用: https://egao-lab.com/wp-content/uploads/2017/02/20170218.jpg
最近では上記の画像のような睡眠アプリも人気です。特に世界中でも注目されている女性渡辺直美さんがテレビで紹介したスリープマイスターというiPhoneアプリは睡眠時間もしっかりと図ってくれるのでどのような睡眠を行っているのかアプリで確認できます。スリープマイスター以外にも人気の睡眠アプリがたくさん登場していますので、ぜひ皆さんもアプリをチェックしていただけたらと思います。
引用: https://nnir.jp/wp-content/uploads/2017/07/%E7%9D%A1%E7%9C%A0%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AAEC.jpg
今回はおすすめの睡眠時間についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。睡眠と一言で言ってもひとの生活にとっては外せないものです。快適な睡眠を送ることによって健康にも大きな影響を与えることができますので、ぜひ皆さんも睡眠時間や睡眠の質を意識していただけたらと思います。