// FourM
Qv615ijnbnjp0vjilphh

インテリア・雑貨

CATEGORY | インテリア・雑貨

フルサイズとAPS-C徹底比較!差は?使い分ける?どっちが買い?

2018.07.16

一眼レフカメラはフルサイズ、APS-Cどっちを使うのが正しいのか?という疑問をお持ちの方に両者を比較してまとめました。明るさや性能など差はあるのか、はたまたどっちも所有して使い分けるのがいいのか、フルサイズ、APS-Cの違いを知ろう。

  1. フルサイズとAPS-Cのカメラについて
  2. フルサイズとAPS-Cの差は?どっちがいい?使い分ける?➀【APS-C】焦点距離の変化
  3. フルサイズとAPS-Cの差は?どっちがいい?使い分ける?➁【APS-C】価格が安い
  4. フルサイズとAPS-Cの差は?どっちがいい?使い分ける?➂【APS-C】携帯性
  5. フルサイズとAPS-Cの差は?どっちがいい?使い分ける?➃【フルサイズ】高画質
  6. フルサイズとAPS-Cの差は?どっちがいい?使い分ける?⑤【フルサイズ】ボケの質
  7. フルサイズとAPS-Cの差は?どっちがいい?使い分ける?➅プロ仕様を求めるならフルサイズ!でも…
  8. カメラレンズの種類
  9. APS-Cでおすすめの一眼レフカメラ【Canon】EOS Kiss X8i
  10. フルサイズでおすすめの一眼レフカメラ【Canon】EOS 5D MarkIV
  11. フルサイズとAPS-Cの比較まとめ
引用: https://i.pinimg.com/564x/c8/f4/58/c8f45893bbb7467f9571be86d9a29b3e.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/36/61/a9/3661a965de92e7caac0c2550247b3716.jpg
カメラデビューの方やリーズナブルな価格を求む方に人気のAPS-C。対して、プロ仕様とまで言われる機能性を持つフルサイズ。どっちもメリットがあればデメリットもあります。選ぶにしてもどんな用途で使いたいのかなどで変わってきます。その点を把握した上でこれからフルサイズとAPS-Cの比較結果を見ていきたいと思います。

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/236x/aa/65/33/aa65336d4f791350d4a8ba047cf9a1c2.jpg
APS-Cはフルサイズのレンズを使うことができるタイプになり、焦点距離が長くなる分、望遠に強みがでた特徴を持ちます。数値はフルサイズ比に置き換えることになり、その数値を1.5倍にした状態になります。
引用: https://i.pinimg.com/564x/b1/ee/68/b1ee6868143814ae0555351fc5aebe75.jpg
そのため、同じ位置でフルサイズで撮影した場合と比較したとき、APS-Cは遠くから眺めているような望遠仕様になるのです。これは場所やものにもよりますが、フルサイズで実現できる撮影をAPS-Cでも可能にします。
引用: https://i.pinimg.com/564x/b5/1d/92/b51d92ecd33cbe5411f5f2a75d462089.jpg
APS-Cは5万円または10万円もあれば一台買えてしまうリーズナブルな価格が持ち味でもあります。後に紹介しますがフルサイズだと20万円、30万円は超えてきます。
引用: https://i.pinimg.com/564x/63/7e/79/637e79d22db40a54f162d87c9b36f3fd.jpg
また、レンズもフルサイズと比較して安いものが多く、初めて一眼レフカメラを持つ方のエントリーとして人気でもあります。フルサイズのレンズも使えるので、用途に合わせて使い分けることも容易にできてしまいます。レンズの種類については後に紹介します。
引用: https://i.pinimg.com/564x/89/3e/61/893e617bc5fa86efef366aa02421a739.jpg
センサーサイズが小さい仕様なので、ボディやレンズも同様に小さめに作られている。そのため、APS-Cのカメラ全体が軽量でコンパクトになり、持ち運びに便利。
引用: https://i.pinimg.com/236x/75/68/1c/75681c7b9ab9066e2bc7a7cb89821978.jpg
アウトドアや旅行では着替えや飲料、財布など、カバンを持つとすでに重いと感じることは少なくないと思います。そんなときに軽量仕様のAPS-Cを用いると、山登りの道中や街の景観を楽しむ観光などの際にストレスなく持ち運べるでしょう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/f9/36/1f/f9361f853c9450ca5ae0d18eb5a122c5.jpg
APS-Cと比較するとセンサーサイズが大きいので、同じ条件で撮影した場合ディテールの細かな部分や色味を映し出してくれます。また、画角が広いため空や山などの風景をワイドに撮影できます。
引用: https://i.pinimg.com/564x/f8/71/85/f8718518112dd1feaca0112989a04d17.jpg

明るさ調整のいる場所でも綺麗に映す

さらに、APS-Cでは難しい撮影も可能にするのです。暗がりな場所での撮影をするとき、キレイな画像にするにはISO感度を上げて対処すると思います。このISO感度は明るさを自動的に適正な状態にしてくれる機能を持ちますが、明るさが足りない場合は自分で調節します。
引用: https://i.pinimg.com/564x/4a/f0/5b/4af05b262e50259a8783b65e8806ea28.jpg
ただ、APS-Cはノイズが発生して上手く撮れないこともあるのです。そんなときに活躍するのがフルサイズ。センサーサイズが大きい分、APS-Cよりも低いISO感度で明るさを残した上でノイズを抑えた仕上がりに導いてくれます。
引用: https://i.pinimg.com/564x/47/75/94/47759474dc6117a070cc261a8d82a907.jpg
センサーサイズが大きいことでAPS-Cと比較するとボケのかかった仕上がりにできる。写真を撮るとき、バックグラウンドがごちゃごちゃした中で被写体を撮ると何が主役かわからなくなりますよね。そのときにフルサイズを使うと主役にしたい被写体以外をぼかすことができます。
引用: https://i.pinimg.com/564x/69/89/de/6989debf7d46e4b444f11670bb16afc1.jpg
画質の高さやボケに優れたフルサイズは、機能性の高さからより美しい写真を撮りたい方におすすめです。特にカメラ全体に防塵防滴加工を施したタイプが多く、耐久面に関してもクオリティの高さが出ています。また、ディテールまで鮮明に映し出された写真は、大画面スクリーンで見ると美しさが倍増するでしょう。
ただ、そんなフルサイズにも欠点があります。それは価格が高価で、カメラやレンズが重いこと。また、レンズはフルサイズ専用なので、APS-Cに移行しても使えません。
引用: https://i.pinimg.com/236x/32/c9/ed/32c9eda3a33ca2a02a21f0b3785abc90.jpg

こんな方はAPS-C

APS-Cがリーズナブルな価格でレンズもいろいろと使用でき、旅行などに携帯してもそこまで重さを感じにくい。なので、安価で万能なカメラを選ぶならAPS-Cの方がいいでしょう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/3b/15/3b/3b153ba42b8d5d978b1f44d866ca17c0.jpg
上の方でチラッと触れていたレンズについて、主な種類をまとめました。

➀標準レンズ(焦点距離:18~55mm)

人間と同じような目線で見た場合の距離感で撮影できるレンズ。カメラを購入したときのスターターセットとしてに一緒に入っていることが多い。

➁広角レンズ(焦点距離:10~35mm)

一室を広大に演出したいときやサッカーなど対象範囲の広いシーンを撮影するのに相応しい。また、遠近感を反映した特徴を持つので、臨場感の出た仕上がりに繋がる。

➂望遠レンズ(焦点距離:70~300mm)

まるでズームしたかのような距離感になるレンズ。縦の広がりを意識した仕様で奥行きが出て、対象物が遠くにあっても近くで撮影したかのような出来になる。

➃魚眼レンズ(12mm以下)

魚が水中から上を見上げる時の見方を取り入れたレンズ。丸みを帯びた空間に導く特徴を持ち、建物内での撮影に使うと周囲を歪ませ奥行きを出し、真ん中に定めた対象物を映える仕上がりに。フラットな風景もこれでユニークな一枚になりますよ。

⑤単焦点レンズ(焦点距離:設定値のみ)

絞り値が小さいことからボケの効いた写真を撮れます。ボケを上手く取り入れた仕上げにしたいときに有効。ただ、ズーム機能などはなくレンズに定められた焦点距離でしか撮影できないので、頻繁に動きを伴うことも。
引用: https://i.pinimg.com/564x/77/ca/39/77ca3942b4a0cb7afc870f4d45fc6aac.jpg
約2420万画素の高画質CMOSセンサーを搭載したモデル。「かんたん撮影ゾーン」は明るさや被写体へのピントを合わし、操作に慣れない初心者の撮影をサポートします。
液晶モニターはアングルを変えられるバリアングルモニターで好きな方向からの撮影が可能に。Wi-Fi 、 NFCに対応しているので、スマホやパソコンと連携させて写真や動画をスマートに管理したいですね。
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X8i レンズキット EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM 付属 KISSX8I-1855ISSTMLK
価格 ¥ 56,900
こちらもCanon製で約3040万画素CMOSセンサー搭載のカメラになります。DIGIC6+で高画質画像処理が可能に。さらに、ISO感度が32,000までと明るさなどを調整しやすく、ノイズやブレの少ない美しい一枚に仕上がります。外部機能はWi-Fi/NFCだけでなく、これから続々普及していくであろう4Kにも対応。
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 5D MarkIV ボディー EOS5DMK4
価格 ¥ 293,215

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/06/45/40/06454083f1fe66b3cba4df498220135e.jpg
カメラで人や風景などいろいろなものを写真に収めたい方にとって気になるフルサイズとAPS-Cの比較をしてきましたが、いかがでしたか。どちらも長所があり、使用したいシーンによって使い方も変わってきます。最後にフルサイズとAPS-Cの良さをサラッとまとめます。
引用: https://i.pinimg.com/236x/d4/8b/e0/d48be03018590a9ca437d9f92da08c72.jpg
フルサイズは広角で明るさを出したいときでも高画質に映し出し、ボケの効いた仕上がりが得意。対してAPS-Cは望遠で価格の安さからいろいろと試しやすい特徴がありましたね。両方使い分けるのも面白いですが、まずは一つに絞って使い続けてみてはいかがでしょうか。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/236x/32/c9/ed/32c9eda3a33ca2a02a21f0b3785abc90.jpg