Ymjpirxjgxsd6xnbjhn8

音楽

CATEGORY | 音楽

車で音楽を楽しむ便利グッズおすすめ|アプリ/bluetooth/AUX/USBなど!

2018.07.13

車でのドライブといえば音楽。最近では、音楽を聴くためのおすすめの便利グッズなどが人気だ。幅広い音楽を聴くためにもbluetoothやAUX入力、USB入力を使って、アプリを使った音楽再生方法などを知っておきたい。車で聞く音楽のおすすめ便利グッズをご紹介しよう!

  1. 車でのドライブに必須の音楽を聞くためのおすすめ便利グッズとは?
  2. 車で聞く音楽のおすすめ便利グッズを使う。カーオーディオの外部入力!bluetoothとAUX、USBを解説!
  3. 車でおすすめ音楽便利グッズを使おう!オーディオ入力の種類その1:bluetooth
  4. 車でおすすめ音楽便利グッズを使おう!オーディオ入力の種類その2:AUX
  5. 車でおすすめ音楽便利グッズを使おう!オーディオ入力の種類その3:USB
  6. 車でおすすめ音楽便利グッズを使おう!オーディオ入力の種類その4:FMトランスミッター
  7. 車で音楽を聴くためのおすすめ便利グッズ。その有線接続と無線接続のメリットとデメリットとは?
  8. 【有線接続】のメリット
  9. 【有線接続】のデメリット
  10. 【無線接続】のメリット
  11. 【無線接続】のデメリット
  12. 車で楽しめる便利グッズに合わせて。音楽を再生できるアプリとは?
  13. 再生方法も簡単!おすすめ音楽再生アプリその1:Amazon Prime Music
  14. 再生方法も簡単!おすすめ音楽再生アプリその2:Google Play Music
  15. 再生方法も簡単!おすすめ音楽再生アプリその3:Apple Music
  16. 使い勝手のいい再生アプリと便利グッズを駆使して、車内での音楽を楽しもう!
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41h9rAVsZLL._SX355_.jpg
車で彼女や友達とドライブに出かけるのであれば、用意しておきたい音楽。CDやDVDはもちろんのこと、bluetoothやAUX入力やUSB入力を使った音楽再生は、幅広い音源を車で聞くには欠かせない機能となっている。また、スマートフォンからアプリを使った音楽再生方法も便利で使いやすい。同乗者が再生する音楽など、ドライブにはたくさんの音楽をもっていきたい。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/717FT4F0FiL._SX355_.jpg
ドライブ中に楽しむことができる音楽だが、スマートフォンをつかった音楽再生アプリには、どんなラインナップがあるのだろうか。また、音楽再生にあたり、いろんなインターフェースが使える中、bluetoothやAUX、USB入力といったものはどのように活用することができるのか。その方法とおすすめ便利グッズなどをチェックしよう!
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61SgF9utg-L._SX355_.jpg
カーオーディオで音楽を楽しむにあたり、いくつかのキーワードが浮かんでくる。これらを駆使することで、様々なユーザーインターフェースから音楽取り込んで、車内でドライブ中に音楽を聴くことができる。まずは、その入り口となるbluetoothとAUX、USBを解説しよう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/c8/1c/95/c81c95590a4163a2d3022b93c2da374a.jpg
カーオーディオにbluetoothと呼ばれる無線機能がついている場合は、持っているスマートフォンやタブレットとのペアリングが可能になる。カーオーディオを操作しなくとも、スマートフォンから無線を使ってスピーカーから音を出すことができる。また、性能のいいカーオーディオなら、スマートフォンの内容をディスプレイ上で操作することも可能だ。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71UasqXF9%2BL._SY355_.jpg
また、bluetoothによるペアリングは1台のみ可能となっているので、他のスマホやユーザーインターフェースがあったとしても、混線したりする心配はない。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/5166mnQFUdL._SY355_.jpg
AUX端子(エーユーエックスたんし、オックスたんし、オークスたんし)とは、外部機器を接続し音声信号を出入力する端子のこと。「 補助」「予備」などの意味の英語 auxiliary(オグジリアリ) の略で、一般に入力端子をAUX IN、出力端子をAUX OUTと表記する。

AUX端子は、通称オークス端子ともいい、外部入力ができる端子のひとつ。この入力へは、外部の音楽再生機器を接続したり、bluetoothレシーバーなどを接続することによって、bluetooth機能の付いていないカーオーディオでも、bluetooth機能のついたユーザーインターフェースを使えば無線で音楽を楽しむことができる。

エレコム ブルートゥース レシーバー

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61LkiatGfzL._SL1500_.jpg
エレコム ブルートゥース レシーバー 車載用 2.1A出力 USBポート×1 【AUX端子でワイヤレスで使える】 LBT-ACR11BK
価格 ¥ 2,778

ブルートゥース受信機

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51sFqD4HHvL._SL1000_.jpg
ブルートゥース受信機 車用 Bluetoothレシーバー ワイヤレス オーディオ ハンズフリー通話対応・AUXポート搭載 3.5mmオーディオデバイスに対応 超小型
価格 ¥ 2,499
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61MkQQ3r2LL._SX355_.jpg
現在では、USB端子を使うことができるカーオーディオがほとんど。こちらもAUX端子同様、USBケーブルを使ったユーザーインターフェースとの接続が可能だ。もし、カーオーディオが古くて、USB端子がついていない場合は、USB端子をつける必要がある。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61CWJNtjsEL._SX355_.jpg
車にはほぼついているであろうFMラジオの電波を使って、音楽を再生する方法もある。必要なのはFMトランスミッターと呼ばれるアイテム。シガーソケットにこのFMトランスミッターを接続。トランスミッターとスマホなどのインターフェースを接続する。トランスミッターに支持のあるFMラジオチャンネルに合わせてから音楽を再生すれば、FMの電波を使った再生が可能になる。

JAPAN AVE.® FMトランスミッター Bluetooth 4.2

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61a4JXM%2BVYL._SL1200_.jpg
JAPAN AVE.® FMトランスミッター Bluetooth 4.2 高音質 (ATSチップ搭載) 特許工場製造 JA996 [メーカー1年保証]
価格

TC FMトランスミッター Bluetooth

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61jn6bACphL._SL1001_.jpg
FMトランスミッター TC Bluetooth ワイヤレス 発信機 無線 レシーバー 高音質 TFカード & USBメモリー対応 急速充電USBポート搭載 ハンズフリー通話 カーチャージャー 有線接続「AUX-IN」採用 超大ディスプレイ搭載 日本語説明書付き 一年メーカー質量保証
価格

関連記事

引用: https://image.freepik.com/free-vector/man-holding-ringing-smart-phone_1325-436.jpg
オーディオとスマートフォンなどの再生機器を接続するのには、ケーブルを使った有線接続と、ケーブルを使わない無線接続の2つのパターンがあるのがわかる。この両者のメリットとデメリットはどんなところにあるのだろうか?
引用: https://i.pinimg.com/564x/8a/e8/18/8ae818a658e776bbed7d3279e3f1ab75.jpg
有線接続でオーディオとインターフェースをつなぐメリットとしては、良い音質を確保できる点が挙げられる。通常、インターフェースは音楽データ電気信号を送信してオーディオ機器で再生する仕組みになっているが、この場合有線で直接接続しているので、電気信号の混線もなく、きれいな音質を確保できる。
引用: https://i.pinimg.com/564x/d2/8f/11/d28f112cc3ef915c61baa5222b9ad20c.jpg
有線接続のデメリットは、なんといっても配線の引き回しだろう。カーオーディオとインターフェースが線でつながっているので、他に絡まってしまったり、その絡まりを取り外すのに少し面倒がかかる。また、線が長いゆえに配線の取り回しが面倒な場合も多々ある。また、スマホを操作する面倒がある。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/hands-with-application-icons_1134-253.jpg
無線接続は、手軽に接続機器とペアリングすることによって使用できるbluetoothが代表的。やはり、ややこしい線の接続などが皆無な点は大きなメリット。また、携帯電話をカバンに入れながらでも、接続さえしておけばカーオーディオでの再生ができるので便利だ。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/hand-holding-a-smartphone-with-blank-screen_1232-1091.jpg
無線接続のデメリットとしては、スマホなどのインターフェースから無線による電気信号の送信となるので、データに欠損が生まれやすい。それゆえ、音質が若干落ちてしまうケースもある。しかしながら、通常通り再生していても耳障りなほどの音質の劣化はない。しかし、トランスミッターを使う場合は、街中などになると電波に混線が生じるので、雑音が入る。
引用: https://i.pinimg.com/564x/af/d2/7b/afd27ba58259c1a52f319d90fbbf1331.jpg
近年では、音楽再生アプリも充実してきた。様々な音楽ジャンルのチャンネルのある音楽再生アプリをご紹介。季節や環境、状況などで使い分けることも可能なので、好きなジャンルの音楽を思う存分楽しもう!
引用: http://media.corporate-ir.net/media_files/IROL/17/176060/prime_RGB.png
月額325円で使うことができるアマゾンプライム。その中のサービスであるアマゾンプライム・ミュージックを利用すれば、音楽のダウンロードも可能になるので便利。4000万曲以上の楽曲の中から、好きな音楽を選んで再生することができる。それ以外にもプライム会員特典が豊富なので、入って損はないかもしれない。
引用: https://cdn.vox-cdn.com/thumbor/W2Q87M0jYxaRHZecydL6yvFQP68=/13x0:517x336/1200x800/filters:focal(13x0:517x336)/cdn.vox-cdn.com/assets/1107026/google-play-logo1.jpg
google playをメインに使っている人なら、安く便利に使うことができるgoogole play music。3500万曲から好きな音楽を楽しむことができる。また、月額は980円となっており、家族で使うなど、使う人数が多いほどお得になるメリットもある。
引用: http://www.patentlyapple.com/.a/6a0120a5580826970c01b8d12a91e5970c-pi
Apple Musicなら、月額980円で約4,500万曲の楽曲が聴き放題になります。Apple Musicは曲数が多いだけでなく、Appleらしい直感的な操作が可能です。さらに、新しい楽曲との出会いも提供してくれるので、重宝しています。

無料トライアル期間が、業界でも最長の3か月を数えるアップルミュージック。その使い勝手には定評があり、多くの人が利用している。学生のプランは月額500円以下で利用することができるので、ぜひ利用したいところ。

関連記事

引用: https://image.freepik.com/free-photo/young-woman-driving-a-man-sitting-near-in-the-car_1163-2669.jpg
音楽を楽しむなら、やはり曲数も多く、快適に聞くことができるほうがいい。ドライブ中の車内で、何万曲ものラインナップから音楽を選ぶことができれば、季節やシーンに困らない。また、便利な音楽再生グッズを使う方法も理解しておけば、さらに音楽を聴くのが楽しくなる。使い勝手のいい再生アプリと便利グッズを駆使して、車内での音楽を楽しもう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61A3GI8l02L._SL1001_.jpg