A5ifvnvqf7hc1dt8pjzf

セットアップ

CATEGORY | セットアップ

【ETC】オートバックスVSイエローハット|セットアップのおすすめは?

2018.07.20

ETC車載器を購入して取付の作業をしてもらう場合は、オートバックスとイエローハットでは違いがあるのか、オートバックスとイエローハットではETCのセットアップには、時間はどのくらい必要なのかや、持ち込みは可能なのか、即日ではできるのか。コミコミキャンペーンとは?

  1. 店舗でETCの取付やセットアップをしてもらう方法
  2. そもそもETCとはどういう意味があるのか?
  3. オートバックスで取付などをしてもらう場合
  4. ETC車載器を購入した場合はオートバックスではどのくらいの金額が必要になる?
  5. オートバックスの場合はどのくらい時間がかかる?
  6. 車種による違いはオートバックスの場合はある?
  7. ETC2.0車載器の場合でもオートバックスの場合は取付にかかる費用は変わらない
  8. ETC車載器の再セットアップをオートバックスでしてもらうことはできる?
  9. ETC車載器をオートバックスに持ち込みしたら取付をしてもらうことは可能?
  10. オートバックスではセットアップ普及促進キャンペーンはつかうこともできる
  11. オートバックスで覚えておきたいのがコミコミキャンペーン
  12. ETC車載器の取付などをイエローハットでしてもらう場合
  13. ETC取付費用やセットアップ料金 イエローハットの場合
  14. イエローハットで取付などをしてもらうとどのくらいの時間が必要になる?
  15. 車種による金額の違いはイエローハットの場合はある?
  16. イエローハットでETC車載器の取り外しをしてもらった場合の金額はいくら?
  17. ETCの再セットアップはイエローハットはできる?
  18. ETC車載器の持ち込みはイエローハットの場合はできる?
  19. 普及促進キャンペーンはイエローハットは利用できる?
  20. どちらの店舗でも即日にしてもらえることもあるが確実に即日でしてもらいたいのなら予約しておいたほうがいい
  21. ETCの取付は自分ですることもできる
  22. 【ETC】オートバックスVSイエローハット|セットアップのおすすめは?のまとめ
Gqqizdwnf31qiwbkcehi
オートバックスでもイエローハットでもしてもらえるのですが、どうしても気になってくるのが、取付などにはどのくらいの金額が必要になるのかや、時間はどのくらいを見ておけばいいのかなどの情報です。ここではその気になる両店舗の金額や時間のことを中心に紹介していきます!

関連記事

引用: http://t-cube-tachikawa.com/wp-content/uploads/IMG_2938-0-1030x773.jpg
ETCがどういう役割があるのか知っている人は多いかもしれませんが、ETCは有料道路を利用するときに、料金所で停止をしないでも通過できるシステムのことです。正式名称は電子料金収受システムで英語表記の場合の、Electronic Toll Collection System(エレクトロニック・トール・コレクション・システム)の頭文字を取った略称がETCの名前の意味です。
引用: https://www.autobacs.co.jp/images/data/news/2013/10/16/kpZgVb.JPG
オートバックスは全国各地に店舗がありますし、ETC車載器の取付などもしていますので、まずはオートバックスの場合の料金や時間について紹介してします。
Qfu9xctwngt3qwl9gjjj
ETCの購入費用とは別に自分で取付などをしないで、店舗でしてもらう場合には、取付にかかる金額は5400円でセットアップにかかる金額はETCだと3000円がかかります。ETC2.0だと少し高くなってしまい、3500円が必要になります。
Zrypdxlot2rbalchmsft
目安としては、軽自動車やコンパクトカーでは一時間ほどで、ミニバンやスポーツカーやSUVの場合は一時間から一時間15分ほどが必要になることが多いです。セットアップは20分ほどなので、両方合わせると一時間30分から二時間くらいはかかることになります。
Wjwv90vjanoh7g2aolft
車種によっての違いはありません。国産車ならどの車種でも同じです。
Ewwgjsz4x4judqfg8bfb
ETC2.0のほうが新しいからといっても高いということはありませんので、高いかもという心配は必要ありません。
引用: https://www.autobacs.co.jp/images/data/news/2013/02/26/Wr3hC1.JPG
再セットアップをしてもらくことはできますし、費用も新規のときと金額は変わりません。国産車であれば車種によっての違いもありませんが、例外として特殊車両の場合や改造をした車両の場合は金額が変わってしまうことがあるので注意が必要になります。
引用: https://pbs.twimg.com/profile_images/898398595002417154/CgR8Rgjd_400x400.jpg
持ち込みでもしてもらうことはできますが、気をつけなければいけないのが、取付費用が8100円になってしまいます。
引用: https://www.its-tea.or.jp/users/img/etc_campaign_two.png
オートバックスではキャンペーンを使うことができるので、少しでも費用を安くしたい場合には使うことをおすすめします。
Zfoanlqvi7fzxlaqiocq
コミコミキャンペーンはETC車載器とETC取付費用とETCセットアップ費用を含めていて、コミコミキャンペーンを利用することで、購入費用などを安くすることができます。なのでコミコミキャンペーンは型落ち品やメーカーや機能などにこだわりがない場合には、コミコミキャンペーンを利用することで安く購入することが可能です。コミコミキャンペーン対象商品を購入して、取付などの全てをオートバックスにしてもらうときに、おすすめなのがコミコミキャンペーンです。
引用: http://www.yellowhat.jp/images/like_img.gif
ここからはイエローハットでETC車載器の取付などをしてもらう場合を説明していきます。
引用: https://www.hatalike.jp/h/n_rqmt/img_rqmt/180611/hat/03/P7363012.jpg
ETC取付費用(分離型)は5000円かかります。ETC取付費用(一体型)は4000円です。セットアップ料金は2500円が必要になります。これはETC車載器を購入をして、取付やセットアップをした場合です。全てコミコミの場合での金額ですので注意が必要です。
引用: https://www.picars.jp/files/tenpopic/shop774/tenpoimg.jpg
約一時間ほどかかりますが、しかしこれは軽自動車やコンパクトカーの場合なので、SUVやミニバンだと、更に15分から20分ほどかかります。セットアップでも20分ほどかかりますので、合わせると一時間30分ほど、かかることになります。また特殊車両の場合や改造をした車両の場合だと更に時間が必要になることもあります。
引用: https://img.job-gear.jp/jobgear/picture/c/31c5b92a56761b34afaa597223f24947/p/20170524068698.JPG/cid/42600803000
車種による違いは基本的にはありません。例外として特殊車両や改造をして車両の場合は変わることがあるので、そのような場合は注意が必要です。
引用: https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/e/ef/Yellow_Hat_Haramachi_Shop.jpg/1200px-Yellow_Hat_Haramachi_Shop.jpg
ETC車載器を取り外す必要がある場合には別途2500円が必要になります。また取り外しにかかる時間も30分から40分くらい必要になります。
引用: https://picture1.goo-net.com/shop/012/0125958/I/0125958_Pit_Pnt_06.jpg
イエローハットはしてくれるので、例えば中古車を購入したときに、やっぱりしておくべきだったというときにも金額や時間も変わらないので安心です。
Wodnad3df4lgrxbtxzim
できることはできるのですが、持ち込みでの問題は金額が通常は分離型で5000円で一体型だと4000円ですが、それが一万円になってしまいますので、持ち込みの場合には取付金額が変わってしまうことには気をつけなければいけません。
引用: https://www.gurutto-mazar.com/db_img/cl_img/1065/main.jpg
イエローハットでも使えるので、少しでも費用を安くしたい場合には利用するのがおすすめです。
Vh9mmhbhsbymgvg1mvwj
即日でしてもらいたい場合は予約をしないでも、即日に対応してもらえることもありますが、ピット状況によっては即日ではできないこともあり、そのようなときには即日ではなく、後日での対応になってしまいます。なので即日で確実にしてもらいたいのであれば、予約をちゃんとしておくのが、即日にしてもらうには確実な方法です!
引用: https://cdn.snsimg.carview.co.jp/carlife/images/UserCarNote/484106/p1.jpg?ct=d81059239f86
ETCの取付をするのは自分でもすることができます。特に持ち込みの場合は取付にかかる費用が高くなってしまいますので、自分で取付作業をすることで節約することが可能です。やり方もそれほど難しくはなくて、車に電装品を取付できるような人であれば、わりと簡単に取付することができるので、節約をしたい場合には自分で取付をするのもおすすめの方法です。

関連記事

D9csmwxqkl0qfh67o2id
オートバックスもイエローハットもETC取付料金やセットアップにかかる時間はほとんど同じです。ETC持ち込みの場合もどちらもできるのですが、イエローハットは持ち込みを受け付けていない店舗もあるので、オートバックスのほうが受け付けてもらえる可能性は高いですが、どちらの場合でも持ち込みの場合には事前に店舗に相談するのがおすすめです。基本的にはどちらでもあまり変わりはありませんので、ETC車載器を安く購入したい場合にはキャンペーンなどをチェックする必要がありますが、そうではない場合にはどちらでも差はほとんどありませんので、それほど気にする必要はありません。