// FourM
Bfkn95fwxq055d97mbdq

ファッション

CATEGORY | ファッション

すね毛を抜くのはNG?ブツブツにならず痛くないけど薄くなる方法は?

2019.07.19

女性はもちろん、男性でも最近はすね毛処理をする人が増えています。でも、毛を抜く処理したら肌が白い感じになりブツブツでかゆいなんて経験はありませんか。それは“毛を抜く”という処理の仕方が間違っているのかも。痛くないのにすね毛が薄くなる処理の方法をお教えしましょう。

この記事に登場する専門家

Hpn67jv87l5idzftwyvc

First Stlyle専属ライター

自称・頭脳派筋肉系男子

女ウケする頭脳派筋肉目指してます!

  1. すね毛の処理、抜くのはダメなの?
  2. すね毛を抜くのはどうしてNG? ① 《抜くと毛穴が汚れてブツブツに》
  3. すね毛を抜くのはどうしてNG? ② 《抜くと毛が埋没する》
  4. すね毛を抜くのはどうしてNG? ③ 《抜くと炎症やかゆい肌になるかも》
  5. すね毛を抜くのはどうしてNG? ④ 《抜くとシミがブツブツできることも》
  6. 痛くないすね毛の処理方法ってあるの? ① 《除毛クリームなら抜くよりも痛くない》
  7. 痛くないすね毛の処理方法ってあるの? ② 《脱色クリームで抜くよりも薄くなる》
  8. 痛くないすね毛の処理方法ってあるの? ③ 《梳きばさみなら抜くよりも安心》
  9. 痛くないすね毛の処理方法ってあるの? ④ 《梳きカミソリも薄くなるよ》
  10. すね毛の悩みは「濃い」だけじゃない! 白い毛が生えてきたら?
  11. メンズだってすね毛処理しよう!
引用: http://datsumo-men.com/wp-content/uploads/2017/09/3738ec8ee7b57c3356f9f82266da5c21_s-400x267.jpg

濃いすね毛は男らしさの象徴。でも最近は、そんな濃いすね毛をイヤがる人も多いとか。女性からも嫌われる原因にもなりかねない、すね毛。日々脱毛に励むメンズも少なくないのではないでしょうか。

引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2018/03/21/16/24/in-the-water-3247275__340.jpg

そんな“すね毛脱毛派”の多くは、毛を抜いています。毛抜きはもちろん、脱毛ワックスや脱毛テープで一気にベリベリッ!とはがせば、ブツブツッ!と大量に毛が抜ける。爽快感もあり、その時は気持ちよく感じるかもしれませんね。中には黒い毛だけでなく、白いゼリー状の「毛根鞘」まで抜けて、スッキリした……なんて人もいるのではないでしょうか。

引用: https://datsumo-chan.com/wp-content/uploads/2017/01/shutterstock_517973164.jpg

でも、そうやって毛を抜くのは、あまりおすすめできません。その理由を一つ一つ見ていきましょう。

引用: http://menscream.net/wp-content/uploads/IMG_6060-300x225.jpg

すね毛を抜くと、毛穴がぽっかりと空いてしまいます。1度だけならともかく、何度も頻繁に抜いていると、毛穴は広がったままになります。そうすると、その毛穴に皮脂や汚れがたまってしまいます。これは「黒ずみ」の原因となってしまうのです。

引用: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kebukai/20170107/20170107232804.jpg

また、毛はないのに毛穴のブツブツ感だけが残り、「毛はないけど、すねが汚く見える…」なんてことにも。それはすね毛を抜くために起こった、ブツブツの黒ずみのせいかもしれません。

引用: https://iwiz-chie.c.yimg.jp/im_siggp.Ve6mOTNzHvLypomWSJ4g---x320-y320-exp5m-n1/d/iwiz-chie/que-11172132911

毛穴がふさがったり傷つくと、毛が肌から出てこなくなることがあります。「埋没毛」と呼ばれるこのような毛は、ふつうならば肌のターンオーバーにより埋没から解放されるのですが、それをムリヤリ抜こうとすると、さらに肌を傷つけることになってしまいます。

引用: https://iwiz-chie.c.yimg.jp/im_siggMZl3k9UM1k3GoCMtIjLUmA---x320-y320-exp5m-n1/d/iwiz-chie/que-10174726225

人によっては、この毛が皮膚組織を刺激してしまい、かゆいと感じてしまうことも。抜きたい気持ちは分かりますが、埋没毛については、自然回復を待つのが、肌にとってはベストといえそうです。そして、埋没毛にならないためにも、毛穴を傷つけるような行為は控えたいですね。

引用: https://beauty-life.jp/wp-content/uploads/2015/08/%E3%81%99%E3%81%AD%E6%AF%9B%E3%80%80%E5%87%A6%E7%90%86%E3%80%80%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%81.jpg

むりやりすね毛を抜くと、その刺激や、空きっぱなしの毛穴から細菌が入り込むことにより、炎症を起こすことがあります。毛嚢炎(もうのうえん)と呼ばれるこの炎症は、白いニキビのようにも見え、軽度なら消毒で十分ですが、重度の場合は切開が必要になるなど、おおごとになることもあります。

引用: https://iwiz-chie.c.yimg.jp/im_siggInYUbBCNhfKnxqdazNKCPg---x320-y320-exp5m-n1/d/iwiz-chie/que-1444040884

また、毛穴の皮膚が再生する過程では、肌がかゆいと感じてしまうことも。これは皮膚の再生でふさがってしまった毛穴から、毛が皮膚を突き破るように生えることで起こる現象。すね毛は減っても、かゆい肌が続くのは、あまり良くないですよね。

引用: https://www.akb48cho.jp/xdy3wbgs/wp-content/uploads/2017/10/1a526298ab9e4ebcc4c24a5d6b7ab263_s.jpg

すね毛を無理やり抜くと、その刺激でメラニン色素が生成される場合があります。これが繰り返されると、メラニン色素が沈着してしまい、これがシミにつながります。さきほどの黒ずみ同様、足が汚く見えてしまう原因となってしまうのです。シミがブツブツできた足、ちょっとイヤですよね。

引用: https://mens-cosmetics.jp/wp-content/uploads/2017/11/2-1-2-728x483.jpg

ほかにも、いわば「生きている」毛を無理やり抜くことで、出血したなんて経験をした人も、少なからずいるようです。抜いた後がかゆいからとポリポリ掻くのも、毛穴には決して良くないこと。したがって、毛を抜くという行為は、あまりおすすめできません。

関連記事

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQ9rrHy-RqaN4KA6jPhnAeWX9_nNYjyxzmCF7rYvvVeP8LQQ7Nk

毛を抜くのがNGなら、どう処理したらいいのでしょうか。まずは、女子のようにツルツルにしたい方へおすすめの方法。それが「除毛クリーム」です。

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcR5uNoaSZw-V0V01qYGDp0NSVxLDqpfI_f2hY8cgPYMkgqQo1Wlmw

すねに除毛クリームを塗り、時間が経ったら洗い流すだけ。塗るだけなので痛くないのもポイント。痛いのが苦手という人には、最適といえるのではないでしょうか。

引用: https://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/8/a3df2601d064ac858cd31951cc6143f6ab4e403d.78.1.8.2.jpg

ただし、多くの除毛クリームは、タンパク質でできた毛を溶かすことで、除毛していきます。そのため、同じくタンパク質で構成された肌があれたり、かゆいと感じることもあるかもしれません。あらかじめパッチテストで自分の肌に合うか、確認してから除毛すると確実ですね。

引用: http://i2.wp.com/mojao-datsumou.net/wp-content/uploads/2015/07/Rose_Arm_4tx_8wks.jpg

同じクリームでも、脱色クリームを使うと、すね毛が目立たなくなります。毛の色が薄くなることで、モジャモジャ感が軽減されるのはいいかもしれませんね。こちらも塗るだけで痛くない処理法なので、トライしやすいのもいいですよね。

こちらについても、人によっては使用していてかゆいと感じたり、かぶれてしまうこともあるようです。痛くないのはうれしいですが、自分の肌に合うか、確認してから試してみましょう。

引用: https://i2.wp.com/otonmedia.jp/wp-content/uploads/2017/05/sunegeshori_27.jpg

ツルツルでなくても、毛が薄くなるくらいで十分なら、梳きばさみで梳いてしまうのはいかがでしょうか。髪の毛とは違い、見える場所をカットできるので、誰でも簡単にできます。また、ヘアスタイルのように高度なテクニックも不要なのも、いいですよね。適度に毛量が減り、パッと見てすね毛が薄くなるのが良く分かりますよ。

引用: https://i.ytimg.com/vi/AO4OCaxHkc4/maxresdefault.jpg

また、ハサミを入れるほどではない方には、梳きカミソリもおすすめです。肌に滑らせるようにするだけで、気持ちよくトリミングできるので、楽に処理できますよ。ただ、肌に直接あたるので、あまり強くカミソリを当てると、カミソリ負けしたり、処理後に肌がかゆいと感じることもあるかもしれません。肌が弱い人は、気を付けてくださいね。

関連記事

引用: https://iwiz-chie.c.yimg.jp/im_siggiKcq3UWxNGDoNoNKLkDHKA---x320-y320-exp5m-n1/d/iwiz-chie/que-13150536123

黒い毛ならかっこいいけど、白い毛が生えてきたとなると、ちょっとガッカリですよね。もちろん加齢でも生えますが、白い毛が生える理由はそれだけではありません。

白いすね毛が生えてくるワケ。たとえば、食生活が乱れても、白い毛は生えやすくなります。ミネラルが不足すると、毛を黒くするメラニン色素を作り出すことが難しくなります。また、ストレスでも、白い毛は生えやすいのだとか。健康的な食生活と、健やかな精神で、白い毛とはオサラバしたいですね。

引用: https://mudagebokumetsu.org/wp-content/uploads/2018/04/leg-hair.jpg

異性から好感を持たれるメンズになるには、身だしなみは必須条件。夏に向けて足を出すことが増える季節は、ぜひすね毛にも気を配ってほしいですね。ツルツルのすねも、毛が薄くなる処理でも、あなたの美意識に合わせて、上手にすね毛を処理してくださいね。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://tsukaretaver2.com/wp-content/uploads/2018/06/c7b20290d44cd56baf861826cec0df77_s.jpg