// FourM
Mplnq3kz1jylcfycc4h6

DIY

CATEGORY | DIY

ウッドバーニングストーブを自作しよう!着色の方法や作品例をご紹介!

2018.07.19

皆さんは、ウッドバーニングストーブというものをご存知でしょうか。今回、ご紹介するのは、ウッドバーニングストーブの作り方です。ウッドバーニングストーブは、初心者でも簡単に作ることができるもの。グラデーションによる着色の方法や作品例を参考に自作してみましょう。

  1. ウッドバーニングストーブとは?
  2. ウッドバーニングストーブは自作できる!
  3. ウッドバーニングストーブの作り方①準備するもの
  4. ウッドバーニングストーブの作り方➁穴をあける
  5. ウッドバーニングストーブの使い方
  6. ウッドバーニングストーブをグラデーションに着色
  7. ウッドバーニングストーブの作品例
  8. 市販で購入できるウッドバーニングストーブ①Lixada ウッドストーブ
  9. 市販で購入できるウッドバーニングストーブ➁Docooler ウッドバーニング
  10. ウッドバーニングストーブを自作しよう!着色の方法や作品例をご紹介!のまとめ
ウッドバーニングストーブとは、一体どんなものなのか、皆さんはご存知でしょうか。分からない人のために、ここで少しご説明します。ウッドバーニングストーブとは、簡単に説明すると紙や枝などの木質系燃料を用いて、アウトドアなどでクッキングなどに使用するストーブのことを言います。ウッドバーニングストーブは、アウトドアで大活躍するアイテムとして知られているのです。そんなウッドバーニングストーブは、自分で作ることができます。今回はウッドバーニングストーブの作り方をはじめ、ウッドバーニングストーブのストーブの着色方法、作品例をいくつかご紹介。アウトドアをするときに、必要となるウッドバーニングストーブの作り方を学んで、実際にアウトドアで作ってみてはいかがでしょうか。それでは、早速見ていきましょう。

関連記事

Faahtyko0zp6pqumbkhk
引用: https://www.pinterest.jp/pin/733101645567368914/
ウッドバーニングストーブは、名前からして作るのが難しいと思われるアイテム。ですが、アウトドアが大好きな人からすると簡単に自作できるものとして知られています。そのため、初心者の方でも簡単に作ることは可能。不器用な方でも大丈夫ですので、是非、実行してみてはいかがでしょうか。
Sxeszse5yxdylwhxiiau
引用: https://www.pinterest.jp/pin/643311127999016396/
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/c6/c6efe34b3ab2b3df382e76cfa5f254f3_t.jpeg
まず、初めにウッドバーニングストーブを作るのに必要となる道具を揃えていきましょう。アウトドアをしている最中に必要となってもすぐに作れるものですので、準備するものは、比較的手に入れやすいものばかりです。準備するものは、100均でも購入できるステンカップ。大きさの違うものを2つ用意します。できれば取っ手のついていないものの方が、取っ手を取り外す手間も省けますので、楽に作ることができます。取っ手がついているものは、最初に取っ手をペンチなどで外しておきましょう。あとは、ペンチを準備するだけ。この2つがあれば、ウッドバーニングストーブを作ることができます。
引用: https://yy5zymc9.user.webaccel.jp/wp-content/uploads/2016/11/20150307_14ec66.jpg
それでは、早速ウッドバーニングストーブを作っていきましょう。まず初めに小さなステンカップに、ドリルで穴を開けていきます。穴をあける部分は、底面に複数、上の方に10箇所ほど、中間部分に8箇所ほどです。次に大きなステンカップに穴を開けます。大きなステンカップは、下の部分に8箇所ほどです。穴を開け終わったら、小さなステンカップを大きなステンカップの中に入れます。これで、ウッドバーニングストーブの完成。簡単に作ることができるということが、分かっていただけたでしょうか。穴をあけるのは、ウッドバーニングストーブの特徴である、二次燃焼機能を使用し燃焼力を高めるためのものです。
ウッドバーニングストーブは、ガスやガソリンを使用しなくても、お湯を沸かしたり、調理ができる優れもの。つまり、エコ。というわけで、アウトドアをする人から絶大な人気を得ているものなのです。ですが、作ったはいいものの、どうやって使えばよいのでしょうか。ウッドバーニングストーブの使い方をここで少しご紹介します。ウッドバーニングストーブを使う前にまずは、材料集め。ウッドバーニングストーブは、枝や紙などの木質系燃料を用いて利用するということを上記でお話ししました。そのため、必要となるのは、枝。キャンプ場に、たくさん落ちているためすぐに集めやすい材料です。できるだけ、細くて燃えやすいものを選び、たくさん集めましょう。薪やチップなども木質系燃料ですので使用することができます。次に集めた材料をウッドバーニングストーブの中に入れ、火をつけていきます。これが、ウッドバーニングストーブの使い方。誰でも簡単に手に入れることができる材料ばかりですので、是非、ウッドバーニングストーブで調理を楽しんでみてはいかがでしょうか。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/99/9934c9f2d16ea6b07c9415b173e0e66a_t.jpeg
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2016/03/09/15/22/painter-1246619__340.jpg
続いては、ウッドバーニングストーブに着色をする方法です。ウッドバーニングストーブに着色を行うことで、自分だけのウッドバーニングストーブを作ることが可能。グラデーションをつけたり、自分の好きな色を使用することで、愛着も沸いてくることでしょう。ウッドバーニングストーブに着色するときは金属用のプライマーをつけてから、グラデーションしていきます。金属は、木とは違い色が付けにくい素材。そのため、プライマーをつけることで、グラデーションで着色をすることができようになります。プライマーをつけることは、絶対忘れてはいけない条件です。プライマーをつけたら、ペンキなどでグラデーションしていきましょう。カラフルな色でグラデーションすることにより、おしゃれに仕上げることができます。また、グラデーションで自分だけのウッドバーニングストーブが仕上がります。
Mmvc98urkuvikjdznpw2
引用: https://www.pinterest.jp/pin/643311127999016377/
それではここで、自作した作品例をご紹介します。作り方は、上記で説明したものと基本同じ作り方ではありますが、ポイントは、外につけるステンカップの形。作品例では、上の部分を少し長めに設計しています。そうすることで、風が強い日でも、火が消えにくくなるというコカが期待できます。ちょっとしたことではありますが、アイデア次第で、使いやすいウッドバーニングストーブになったことは間違いありません。作品例のように工夫をしてみることで、一層ウッドバーニングストーブの魅力にはまることができます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61-gWVb7pgL._SL1000_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61mNSAa61XL._SL1000_.jpg
ウッドバーニングストーブにの作り方をご説明しましたが、どうしても自分で作るのは無理という人のために、購入できるウッドバーニングストーブを2つご紹介します。1つ目は、「Lixada ウッドストーブ」。このウッドバーニングストーブは、簡単に組み立てて作ることができる優れものです。分散耐荷重は10キログラム。耐久性もあり、変形しにくいのも特徴です。価格は、1800円ほどと格安の値段。組み立てる時間も10秒と、とてもスムーズに組み立てることができます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/610pMMKV3GL._SL1000_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71hVnunzL6L._SL1000_.jpg
2つ目にご紹介するのは、「Docooler ウッドバーニング」。パネル上にある複数の通気口で、空気の流れをスムーズにし、燃焼の効率を上げてくれる優れもの。クロススタンドで安定感をもたらしました。また、折りたたみをすることができるため、持ち運びも楽に行うことができます。価格も2000円ほどと、とてもリーズナブル。一つ持っているだけで、アウトドアをさらに楽しいものへと変えてくれることは、間違いなしです。

関連記事

Hwgjbgm0jwf09vlxpjgd
引用: https://www.pinterest.jp/pin/643311127999016375/
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2017/08/04/20/04/camping-2581242__340.jpg
ウッドバーニングストーブについて色々とご紹介しました。ウッドバーニングストーブは自作で作ることができるものでもありますが、自作で作れる自信がない人には、購入することもおすすめです。また、自作したウッドバーニングストーブに着色して、グラデーションを作ることにより、シンプルなウッドバーニングストーブがおしゃれなアウトドアアイテムとして生まれ変わります。
アウトドアがもっと楽しめるように、是非、ウッドバーニングストーブを作ってみてはいかがでしょうか。知っているだけでも自慢になります。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://yy5zymc9.user.webaccel.jp/wp-content/uploads/2016/11/20150307_14ec66.jpg