S7sx6kylshefa8uvhnsj

髪型・ヘアスタイル

CATEGORY | 髪型・ヘアスタイル

前髪【男】の切り方|長さ|整え方のベストは?右分けor左分けに流す?

2019.02.17

男で前髪の切り方を知っているという人は案外少ないのではないかと思います。実は、前髪を切る際には、その長さやスタイルによって様々なことに注意する必要があります。今回は、そんな男の前髪の切り方などを、髪の長さやスタイル別にご紹介していきます。

  1. 【男の前髪の切り方】用意するものは?
  2. 【男の前髪の切り方】整え方などのポイントをその髪の長さやスタイル別にご紹介!
  3. 【男の前髪の切り方】整え方などのポイントをその髪の長さやスタイル別にご紹介!①クセ毛
  4. 【男の前髪の切り方】整え方などのポイントをその髪の長さやスタイル別にご紹介!②ぱっつん
  5. 【男の前髪の切り方】整え方などのポイントをその髪の長さやスタイル別にご紹介!③ショート
  6. 【男の前髪の切り方】整え方などのポイントをその髪の長さやスタイル別にご紹介!④アシメ・斜め
  7. 前髪を流すのに右分けや左分けのどちらが良いってどうやって判断するの?
  8. 男の長さ別の前髪の切り方を理解して、右分けや左分けに流すなどの髪形をその整え方やスタイリングの仕方と共に見ていこう!
  9. 男の長さ別の前髪の切り方を理解して、右分けや左分けに流すなどの髪形をその整え方やスタイリングの仕方と共に見ていこう!①センター分け
  10. 男の長さ別の前髪の切り方を理解して、右分けや左分けに流すなどの髪形をその整え方やスタイリングの仕方と共に見ていこう!②七三分け
  11. 男の長さ別の前髪の切り方を理解して、右分けや左分けに流すなどの髪形をその整え方やスタイリングの仕方と共に見ていこう!③M字分け
  12. 男の長さ別の前髪の切り方を理解して、右分けや左分けに流すなどの髪形を楽しもう!
引用: https://arine.akamaized.net/uploads/photo/upload_photo/data/108290/xlarge_1ae952fa-15ed-464c-9364-7fae00536a54.jpeg
そもそも男で前髪を着る際には、何を用意する必要があるのでしょうか?ここでは、そんな前髪を着る際に必要なものについてご紹介していきます。

ハサミ

まず、ハサミです。ハサミは、スキバサミがおすすめです。スキバサミだと、しっかりと量を落とせるのはもちろんのことですが、少しずつ量を落としていくことが出来るので失敗することが少ないです。スキバサミにも様々な種類があるので、自なるばく使いやすいようなコンパクトなサイズ感のものを選ぶようにしましょう。
↓おすすめのスキバサミ

引用: http://room-wear.com/wp-content/uploads/2015/07/kagami02.jpg
前髪を切っていくに当たって、どのくらい切れているのかということを確認する意味でも、鏡は必須です。特に自分で切る際には、大きめの鏡を使ってしっかりと失敗しないように確認しながら切り進めていくことが大事です。お風呂場にある大きな鏡を利用するのも良いですね。

クシ

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSoBQJ4l0iw-_UZ49cxMJOA3jkqjftaBpxhTMAtnse6mNoIbOfkMg
クシを使うことで、前髪をしかkりとバランスよく切ることが出来ます。逆に、このクシが無いと、特に自分で切る際には、切り残しがあったり、髪の流れに逆らって切ってしまったりと何かを問題が起こってしまうことがあります。なので、しっかりとクシを使いながら切っていくようしましょう。

関連記事

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQYyKJJ9ShThV7S_QZ52xiT0D2rxOdBs3FPBA4DiXjgrQfrLZIp
ここからは、男の前髪を切る際にポイントなどをその髪の長さやスタイル別にご紹介していきます。
引用: https://stat2.smartlog.jp/wp-content/uploads/2015/11/50289910/a87d3a9f65011043d9579c82685efe22.jpg
引用: http://mens-beautiful.com/wp-content/uploads/2017/07/5c24c3ee98defd4c3b25a92ba9166f3b.png
難しいと思われがちですが、案外クセ毛の人の前髪を切るのは簡単です。というのも、自然の前髪のカールに合わせた切っていくだけだからです。切る際には、しっかりと自然な状態で前髪を下ろして、乾かした状態で切っていくようにしましょう。
引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/webroot/files/images/IMGDB_HD/65/67/B013496567/B013496567_271-361.jpg
ぱっつんの人は、おそらく髪全体のシルエットが丸っぽい、マッシュヘアのような感じになっているのではないかと思います。その為切っていく際には、まずトップからクシを入れていって、しっかりとトップかか前髪までを1直線にしてから切るようにしましょう。また、髪は必ず乾かした状態で切っていきましょう。
引用: https://www.beauty-box.jp/wp/wp-content/uploads/IMG_59313.jpg
引用: https://stat2.smartlog.jp/wp-content/uploads/2015/09/50289910/33fa843a246539a545932282df1ee6b7.jpg
ショートヘアの場合は、前髪はサイドやバッグとのバランスがとても大事になってきます。ショートなら、サイドなどはバランス的に短めになっていると思うので、切る前には必ず水を使って少し濡らしておくようにしましょう。そして、切る際には、左手にクシを持ってそのクシを使って前髪を取り、その取った髪と垂直になるようにハサミを入れていきましょう。
引用: http://img.beauty-box.jp/2013/11/yam1.jpg
引用: https://cdn.kaumo.jp/element/8e8f5ea1-c30b-4254-824d-a6a04bc9c8ee.jpg?w=360&h=500&t=resize&q=90
アシメ・斜めは、前髪の長さが左右で非対称になっているので、切るのには中々の技術が必要になってきます。このアシメ・斜めは、前髪が短い方から長い方に自然と流れる切り方になってるので、その流れに従って自然とハサミを入れていくことが大事です。なので、まずクシを使って、その流れの方向に、髪を流してかた切っていくようにしましょう。

関連記事

では、前髪を流すのに右に分けるや左に分けるかは、どのように判断すれば良いのでしょうか?実は、これは案外簡単なんです。その方法は、髪全体を濡らして前髪を真っすぐ下ろした時に、必ずどちらかの方向に毛先が向いているかと思います。なので、その方向で髪を分けるのが大事です。これを逆にしてしまうと、せっかく分け目を作って分けても、中々そのスタイルが固まりません。しっかりと意識するようにしましょう。
引用: https://www.beauty-box.jp/wp/wp-content/uploads/2014/03/me1959_a.jpg
ここまでで、髪の長さやスタイル別に、前髪を切る際のポイントについてご紹介していきました。そこで、ここからは、右分けや左訳などの様々な前髪のスタイルをその整え方やスタイリングの仕方と共にご紹介していきます。
引用: https://stat2.smartlog.jp/wp-content/uploads/2016/05/50289910/7570cb6a803fb4091718106096f112b2.jpg
引用: https://i.pinimg.com/originals/29/86/42/2986429e6a6faa9ec22b1c915a323314.jpg
1つ目は、センター分けです。センター分けは、モードでおしゃれな雰囲気を演出することが出来ます。ただ、あまりペタッとしてしまうと男らしさが無くなってしまうので、ピタッとさせずに程よくナチュラルさを出すのが大事です。その整え方としては、まずしっかりと髪を濡らして、その時に分け目を作っておきます。そして、ドライヤーは分け目を固定できるように、上からサイドに、分け目を作るように当てて乾かします。そして、スタイリング剤として、ワックスを毛の中間から毛先にかけて付けて、最後にスプレーを使ってしっかりと固定出来たら完成です。
引用: https://stat2.smartlog.jp/wp-content/uploads/2016/05/50289910/37e41c937c3d21a28382b8dc5a4861ce.jpg
引用: https://stat2.smartlog.jp/wp-content/uploads/2015/08/50289910/f28adab26d1ef1083a1d98ecfd13df5d.jpg
2つ目は、七三分けです。七三分けは、ピシッと分けると誠実で信頼できる印象に、フワッと分けるとおしゃれな印象になります。その整え方としては、まず髪全体をしっかりと水で濡らして、大まかな七三の分け目を作ります。そして、少し水分が残るくらいまでドライヤーを使って乾かして、最後にスタイリング剤としてジェルで固めたら完成です。このようなジェルを使う際に、少し水分を残しておくのは、よりジェルのキープ力を上げるためです。
引用: https://stat2.smartlog.jp/wp-content/uploads/2016/05/50289910/d82792105dc1cc33bf0736e7045da9a3.jpg
引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/webroot/files/images/IMGDB_HD/16/19/B009081619/B009081619_271-361.jpg
3つ目は、M字分けです。M字分けは、とげとげとした束感が特徴的で、個性を最大限に活かすことが出来ます。直毛の人であれば、簡単にスタイリングが出来るのでおすすめです。その整え方としては、まずドライヤーで髪をしっかりと乾かして、スタイリング剤としてハードワックスを手に取ります。そして、そのワックスを髪の根元から先にかけて付けて、しっかりと分け目を作りながら束感を作ります。最後にスプレーを使って、しっかりと固定したら完成です。
引用: https://stat2.smartlog.jp/wp-content/uploads/2016/05/50289910/a14671a035ebc03356e09c7101ac0e0a.jpg
いかがでしたか?今回は、男の長さやスタイル別の前髪の切り方のポイントや右分けや左分けなどの様々な髪形の整え方やスタイリングの仕方についてご紹介してきました。男で前髪を切る際には、その髪の長さやスタイルによってその方法を考える必要があります。今回ご紹介してきたような、切り方のポイントを参考にして、自分でも前髪を切れるようにしましょう。また、今回ご紹介してきた様々な分け目を利用した髪形は、それぞれで様々な印象を与えることが出来ます。自分の髪質はもちろんのことですが、与えたい印象に着目してその髪形を選ぶのも良いですね。それでは、これからも男の長さ別の前髪の切り方を理解して、右分けや左分けなどの髪形を楽しんでいきましょう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://d1wjnekklco6g3.cloudfront.net/photo/X5nUck7jVSYrCNwSFcPIdW4qqkyT7zKD/1/05384c01f1085a8f752172f4394e3ab14f50942aac53bd0ec9b70b4b430cfba3.jpg