Ijkcskz0jhh9zr8c3etc

自転車

CATEGORY | 自転車

自転車で通勤におすすめなのは?適正な距離や服装は?種類別に解説!

2018.07.13

自転車通勤が注目されていることをご存知ですか?自転車通勤は心身ともにリフレッシュできるおすすめの通勤方法です。自転車の種類はロードバイク、クロスバイク、またはママチャリ何が良いのでしょうか。今回は自転車通勤時のおすすめの服装から適切な通勤距離まで解説します。

  1. 自転車通勤が今ブーム?学生時代とのギャップがあっても大丈夫?
  2. 自転車通勤が見直されつつある理由
  3. 自転車通勤がおすすめ出来る移動距離は?ロードバイク、クロスバイク、ママチャリで違う?
  4. 自転車通勤がおすすめ出来る移動距離は?ロードバイク
  5. 自転車通勤がおすすめ出来る移動距離は?ママチャリ
  6. 自転車通勤がおすすめ出来る移動距離は?クロスバイク
  7. 自転車通勤をする前のおすすめ確認ポイント
  8. 自転車通勤を行う時のおすすめの服装(会社で着替える方向け):サイクルウエアを着用しよう
  9. 自転車通勤を行う時のおすすめの服装(会社で着替える方向け):サイクルウエアを着用しよう_ロードバイク向け
  10. 自転車通勤を行う時のおすすめの服装(会社で着替える方向け):サイクルウエアを着用しよう_クロスバイク向け
  11. 自転車通勤を行う時のおすすめの服装(会社で着替える方向け):サイクルウエアを着用しよう_ママチャリむけ
  12. 自転車通勤を行う時のおすすめの服装(会社で着替えが出来ない方向け):アクティブ用のスーツを着用しよう
  13. 自転車通勤に忘れてはいけないおすすめサポートアイテム
  14. 通勤に自転車を積極的に取り入れよう まとめ
小学生から高校生までは自転車で学校まで通っていたけれど、大学生になって車を運転するようになってから自転車に乗る機会が少なくなった方は非常に多いのではないでしょうか?また、通勤時には圧倒的に電車や車通勤の方が多いので、年と共に体力を使う自転車を使わなくなってしまいがちな環境にあるのです。しかし、今また自転車ブームが再加熱しており、車通勤の道を自転車に変えたり、電車に乗るまでの徒歩の道を自転車に変えたりして積極的に自転車を通勤に取り入れようとする方は非常に多くなってきているのです。今回はそんな自転車を通勤に使うための適切な距離や服装についてご紹介をします。
引用: https://i.pinimg.com/564x/3b/e6/3a/3be63ad2e92564d6d62dea89f86d989e.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/90/02/09/90020963f963e209f5408e8ffcd0ad5f.jpg
自転車通勤を積極的に取り入れている人が増えた背景には健康志向の方が増えたことと、人気のTVアニメの影響で自転車の魅力を感じて始めた方が多いのです。自転車と徒歩ではどちらのカロリー消費が多いかと言うと、圧倒的に自転車のほうが多いとされていますし、自転車のペダリングはどうしても足に注目されがちですが、それを支える背筋や腹筋なども身体は多く使っており、全身運動になりやすいのです。社会人ではなかなか運動する時間と言うのは確保しにくいので、朝や夜の通勤時間を運動する時間に変えることで、日ごろの運動不足を解消しようとされていることが非常に多いのです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/3d/06/b8/3d06b85f0c80fc3f8a7d93622854bec8.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/58/35/17/583517199a48d39facc30c4578f9bb87.jpg

関連記事

自転車と一言で言っても種類はいくつかあります。特に街中で一般的に見る自転車というのはロードバイク、クロスバイク、ママチャリの三種類ではないでしょうか?これらの自転車はそれぞれ特徴を持っているので、当然通勤の時におすすめ出来る距離も異なってきます。
引用: https://i.pinimg.com/564x/88/36/6a/88366a5d2c65a245f2e2b12f8187a61e.jpg
ご紹介した三種類の自転車で最もスピードが出る自転車がリードバイクです。ロードバイクは競技用の自転車でどれだけ速いスピードで目的地までたどり着けることが出来るかと言った観点で設計されています。ロードバイクの時速は人によって異なりますが、約30km/hrと言われています。通勤時間確保できる時間が約30min程度であれば、やはり15km程度の距離がロードバイクで通勤することが出来る適切な距離だと言えるでしょう。また、ロードバイクドロップハンドル等、通常の自転車と乗る体勢が異なってきますので、より全身運動に近く消費できるカロリー数も多いでしょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81ktFns80eL._SL1500_.jpg
最もスピードが出ないけれど、乗り心地が良いとされているのがママチャリです。ママチャリに装着されているサドルはロードバイクなどと比較しても非常に柔らかいものが取り付けられています。しかしやはりママチャリはスピードと言う点においては他の自転車よりも劣るのでその分、通勤で使用するときの距離は短くなってしまいます。ママチャリの時速は15㎞/hrと言われていますので、約ロードバイクの半分適度であり7kmぐらいの距離であればマンチャリでも問題なく通勤することができるといえるでしょう。とくにママチャリの場合は自宅から駅までの移動に使われることが多いので、やはり近距離向け自転車ですね。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71LpD1IAcIL._SL1500_.jpg
クロスバイクはロードバイクとママチャリの間に位置する自転車です。最も汎用性の高い自転車と言う意味ではこのクロスバイクが一番ではないでしょうか?また、ママチャリのようなシティーサイクルの形をしておらず、スポーティーなロードバイクやマウンテンバイクのような形をしていますので、クロスバイクであれば、通勤中もおしゃれにキメることが出来ます。ロードバイクとママチャリの間くらいのスピードが出ますので、必然的に通勤として使える距離もその間になります。ポーティーな自転車が良いけどロードバイクまではちょっと、、、と言う方におすすめなのが、クロスバイクです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61F5E%2BstpiL._SL1200_.jpg
自転車通勤を行う前に道順を確認するのは当然ですが、会社に着替えるためのロッカーがあるか?そもそも通勤中はどうしてもスーツの着用をしなければいけないのか?と言ったポイントは事前に確認しておきましょう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/42/e7/6b/42e76b32081f1fa937174f2e255c4de0.jpg

関連記事

完全な自転車通勤を行うのであれば、やはりサイクルウエアの導入を検討しても良いでしょう。自転車は全身運動であり、最も効果的な有酸素運動をすることの出来る運動です。当然春から秋にかけては汗を沢山かきます。サイクルウエアであれば速乾性の高い素材を用いているので、自転車通勤中も快適に過ごすことが出来ます。
引用: https://i.pinimg.com/564x/9e/f0/b7/9ef0b7181565a2c4e1129e1a20238690.jpg
ロードバイクは競技用の自転車なので、服装もしっかりとしたサイクルウエアを着用すると非常に様になります。特に上半身のウエアはピタッとした身体にフィットするタイプのものが人気です。これはロードバイクの様に早い速度を出す自転車に乗ると空気抵抗が大きくなるため、少しでも緩和するためです。また、レーパンにはお尻にクッションが入れられていますので、ロードバイクの様に路面の凹凸をダイレクトに受けてしまうタイプでもお尻が痛くなることはありません。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61I6TU54wqL._SL1000_.jpg
クロスバイクはロードバイクまでも速度を気にする必要はありませんので、ロードバイクよりもカジュアルな恰好で乗る方のほうが非常に多いです。サイクルウエアには少しゆとりのあるタイプのウエアも多く取り扱われていますので、普段着のような装いでクロスバイクになることができます。もちろん、ウエアは自転車用なので、速乾性は間違いありません。
引用: https://i.pinimg.com/564x/a7/1d/c2/a71dc24d44501bb2c30d234d715df0fb.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71vyZNnd0OL._UL1500_.jpg
ママチャリを通勤に使う場合、特に意識して服装を変える必要はありません。しかし、やはり汗は気になりますので、出来るだけインナーには速乾性の高いものを着用しておくと良いでしょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61MxqKk34cL._UL1500_.jpg
自転車に乗るためのスーツと言うものも販売が進められていますので、会社でスーツに着替えることが出来ない方にはおすすめです。特にサマーウールに特殊加工を施して通気性の向上としわの防止、撥水効果を高められており、中に速乾性のインナーを着用するだけといったものも登場してきています。
引用: https://www.aoki-style.com/contents/campaign/act_suit/img/pc/img_21.png
自転車を乗るときに忘れてはいけないのが、その他のアイテムです。自転車は安全のためにヘルメットをきちんと着用する必要がありますし、また、ハンドルから手が滑らない様にするためのグローブ等もあると非常に便利です。また、汗を書いた時のデオドラントスプレーやタオル、ビニール袋持ち運ぶのも非常に大切です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71VJx539-EL._SL1000_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71QN3lNo6cL._UL1500_.jpg
運動不足の社会人が毎日きちんと有酸素運動出来るために非常に有効な自転車通勤。今まで車で通勤していた人にとってはなかなかめんどくさいと思う方いるのかもしれませんが、自転車通勤を行うことで運動不足の身体だけでなく、心もリフレッシュすることが出来ます。今回の記事を参考に是非積極的に自転車通勤を取り入れてみてくださいね。
引用: https://i.pinimg.com/564x/b2/e3/9b/b2e39b9c74617c15c6d5acd07738fc76.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/d5/a3/58/d5a3583b1b09da87549d33c3e407d421.jpg
引用: https://orcarl.com/wp-content/uploads/2018/01/gvbhj.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/e4/67/cb/e467cbc018de518ae7b241ebd0c38f81.jpg