Raz9w7igcjo2bholb52x

インテリア・雑貨

CATEGORY | インテリア・雑貨

観葉植物はガジュマルがおすすめ。育て方/植え替え方/剪定方法を紹介!

2018.07.08

育てている方も多い観葉植物。品種もたくさんありますが、今回はそんな観葉植物の中でも人気のある「ガジュマル」をピックアップ。ガジュマルの育て方・植え替え方・剪定方法やおすすめの肥料などまで徹底解説したいと思います。またガジュマルは風水的にはどうかも併せてご紹介!

  1. 観葉植物
  2. 観葉植物・ガジュマルとは?
  3. 【観葉植物・ガジュマル】育て方
  4. 【観葉植物・ガジュマル】肥料
  5. 【観葉植物・ガジュマル】植え替え
  6. 【観葉植物・ガジュマル】剪定方法
  7. 【観葉植物・ガジュマル】水やり
  8. 【観葉植物・ガジュマル】置き場所
  9. 【観葉植物・ガジュマル】風水
  10. 観葉植物はガジュマルがおすすめ。育て方/植え替え方/剪定方法を紹介!のまとめ
引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/eran/cabinet/2018-1/areka-h95-7.jpg
観葉植物とは、観賞用に作られた植物であるということが、広く知られています。葉の形や色などを楽しみながら、部屋のインテリアとしても利用することができるとあって、多くの人が購入しているのではないでしょうか。葉の形や色を楽しむのはもちろんのことですが、観葉植物は空気をきれいにしてくるといった効果もあります。空気清浄効果もあれば、小さなお子さんがいる家庭でも大助かりです。そういった機能を果たす観葉植物ではありますが、実は、観葉植物は手入れがとても大変な植物でもあります。
引用: https://image.rakuten.co.jp/e-8783/cabinet/00631244/img61540877.jpg
品種によっては様々ではありますが、水やりのタイミング。置き場所、肥料、植え替えといった時期に応じて行わなければならない作業もたくさん。きちんとした手入れをしなければ、観葉植物は、大きく元気に育ってくれないものなのです。ということは、きちんとした手入れを施してあげれば、観葉植物は大きく元気に育てることができるということになります。初めてでも簡単に育てることができる観葉植物も多くありますので、初心者の方には、そういった観葉植物が向いているのかもしれません。そこで今回は、初心者でも気軽に育てることができる「ガジュマル」という観葉植物をご紹介します。ガジュマルはどんな観葉植物なのか、育て方や植え替え、剪定方法など、ガジュマルの魅力を是非、感じてみてください。
引用: https://image.rakuten.co.jp/reiri-kobe/cabinet/shohin/01416202/gajyumaru01.jpg
引用: https://image.rakuten.co.jp/saisyokukenbi/cabinet/recommend/cr100001_100_1.jpg
今回ご紹介する「ガジュマル」とは、一体どのような観葉植物なのでしょうか。ガジュマルは、熱帯地方に分布するクワ科の植物です。沖縄の地方名で、真っ赤な色の髪を持つ子供の姿をした「キジムナー」という精霊が棲むといわれています。このキジムナーが、多くの幸せをもたらしてくれるとことから、多幸の樹とも呼ばれています。素敵な言い伝えもつ観葉植物として、人気急上昇中の観葉植物であるといえます。大切な人へのプレゼントとして贈る人も多いそうです。特徴は、光沢感あふれる鮮やかなグリーンと太い幹。インテリアにもおすすめです。
引用: https://shop.r10s.jp/engeikoubou/cabinet/genteishouhin/03058911/img60847221.jpg
引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/land-plants/cabinet/04773502/imgrc0089033481.jpg?_ex=550x550&s=0&r=1
さて、ここからはいよいよ「ガジュマル」の育て方を見ていくことにしましょう。上記でもお話ししましたが、ガジュマルは、初心者でも簡単に育てることができるおすすめの観葉植物です。長く育てるためにも、ガジュマルの正しい水やりタイミングや肥料、剪定方法や植え替えを学んでいきましょう。
引用: https://shop.r10s.jp/saienlife/cabinet/03784165/imgrc0063957986.jpg
引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/land-plants/cabinet/03391375/imgrc0090969228.jpg?_ex=550x550&s=0&r=1
ガジュマルの肥料として最適な肥料は、どの観葉植物にも利用できる肥料で構いません。観葉植物用の肥料は、マグネシウムが多く含まれており、緩効性のある化学肥料です。そのため、匂いもなく、虫もわきにくいのが特徴。土の上に敷くように肥料を被せていきます。最近では、ハートの形などをした錠剤タイプの肥料も売られています。そういったものを使用することにより、観葉植物のインテリア力がアップします。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71dHPPVG6tL._SL1050_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41Hrf7wkosL.jpg
次に、ガジュマルの植え替え方法をご紹介します。ガジュマルは比較的成長スピードが速い植物。根詰まりを起こす前に行いましょう。準備するものは土、鉢、鉢底ネット、鉢底石です。まず初めに、鉢底ネットを鉢の底に敷きます。その上に鉢底石、土といった順番に鉢の中に入れていきます。この時土は、鉢の3分の1程度に入れておきましょう。次に、ガジュマルを根の状態のまま入れていきます。そして、残りの土を入れていきます。最後に、鉢底から流れ出るくらいの水をたっぷりとあげてください。これでガジュマルの植え替え作業は終了です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41b-2g-NSfL.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51ilfy-YnVL.jpg
次にご紹介するのは、ガジュマルの剪定方法。剪定方法とは、樹木の枝を切って形を整えたり、風通しを良くしてあげたりする方法のことです。ガジュマルが元気に大きく育つためには、大切な作業でもあります。剪定を行う時期は、5月から7月が最適な時期だとされています。少し切りすぎかなと思うくらいがちょうど良いサイズ。剪定方法を行うために準備する道具は、園芸用のはさみ。剪定方法を行うやり方は、太い幹より上の枝を全て切り落とすだけ。たったこれだけの作業で、ガジュマルを元気に保つことができるのです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71MZe%2BrlpcL._SL1500_.jpg
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2017/05/26/08/17/gooseberry-2345496__340.jpg
続いては、ガジュマルの水やり方法です。水やりをするタイピングは、土が乾いてから行います。水やりの量は、たっぷりと。土が湿っている状態で水やりを行ってしまうと、ガジュマルの根が腐ってしまいます。ですので、あくまでガジュマルに水やりをするときは、「土が乾いてから」がベストなタイミングなのです。土が乾いているかどうかわからないときは、土の中に少し指を入れて確かめて見るというのもおすすめの方法。何度も確かめてみることで、何日くらいで水をあげればよいのかということが分かってきて、水やりのタイミングもつかめてくると思います。
引用: http://flower-trivia.com/wp-content/uploads/2017/10/f1824-300x300.jpg
引用: https://image.rakuten.co.jp/longtail/cabinet/05688055/imgrc0071316574.jpg
続いては、ガジュマルを置く場所です。ガジュマルは、春から秋にかけて良く育ちます。この季節には、日の当たる場所に置いてあげるのが場所として最適。たっぷりの日差しを浴びさせて光合成をさせることにより、元気に大きく成長してくれます。また、逆に冬の季節は成長が止まる時期とされています。冬の場合は、気温が5度以下にならないように、温かい場所へ置きましょう。日中、日の当たる場所があればそこへ移動させて光合成をさせてあげてください。夜は、冷気によって窓辺は冷えるので避けましょう。
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2013/07/18/10/56/graph-163509__340.jpg
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2014/08/15/10/44/pair-418697__340.jpg
ガジュマルは、幸せをもたらしくれる植物であるということを上記でお話ししました。風水的にも、ガジュマルを置く場所によっては、良い効果が得られるそうです。まず北に置いた場合の風水では愛情や恋愛運、東に置いた場合の風水では、仕事運や健康運、南に置いた場合の風水では、美容運や決断運、西に置いた場合の風水では、金運となっています。自分の運を高めたい場所に置いて風水を楽しみながら育ててみるというのも、ガジュマルの魅力の一つなのかもしれません。
引用: https://image.rakuten.co.jp/saisyokukenbi/cabinet/recommend/cr100001_100_2.jpg
引用: https://shop.r10s.jp/engeikoubou/cabinet/genteishouhin/03058911/img60847250.jpg
人気の観葉植物でもあるガジュマルの育て方や植え替え、剪定方法や風水についてご紹介しました。ガジュマルは育て方をマスターすれば、初心者でも簡単に育てることができる観葉植物です。温度や水やりなどに最新の注意を払いながら、美しい緑を咲かせるガジュマルを育ててみてはいかがでしょうか。部屋の空間もパッと明るくなること間違いなしです。是非、購入してガジュマルの魅力を肌で感じてみてください。