Gpf1muixp9vm72kyd0ju

バイク

CATEGORY | バイク

バイク中型のおすすめ(250cc~400cc)免許や値段、人気車種など!

2018.08.05

カッコイイバイクに乗ってみたいと思ったら、おすすめは中型。ハーレーはじめアメリカンの人気大型バイクは扱いが難しくしかも大型免許が必要。中型だったら今ある普通免許で運転できるものもあります。250cc~400㏄、中型バイクの人気車種・おすすめ車種、値段をご紹介。

  1. 人気の!おすすめの!中型バイク ~はじめに~
  2. 人気の!おすすめの!中型バイク ①中型バイクの免許について
  3. 人気の!おすすめの!中型バイク ②250ccと400ccはどっちがおすすめか。
  4. 人気の!おすすめの!中型バイク ③中型バイクの値段
  5. 人気の!おすすめの!中型バイク ④バイクのスタイル
  6. 人気の!おすすめの!中型バイク ⑤アメリカンスタイルで乗りやすいバイク
  7. 人気の!おすすめの!中型バイク ⑥メーカー別おすすめ <YAMAHA>
  8. 人気の!おすすめの!中型バイク ⑦メーカー別おすすめ <KAWASAKI>
  9. 人気の!おすすめの!中型バイク ⑧メーカー別おすすめ <HONDA>
  10. 人気の!おすすめの!中型バイク ⑨メーカー別おすすめ <SUZUKI>
  11. 人気の!おすすめの!中型バイク ~まとめ 祈安全運転~
この夏は本格的なバイクで遠乗りツーリングに行ってみたいと思いませんか?
でも、大型バイクでは乗りこなすのが大変ですし、日本の狭い道路では宝の持ち腐れ、維持費もかなりかかるということで不安が多いでしょう。なので、おすすめは中型バイクです。
中型バイクのメリットを余すところなくご紹介します。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/2f/2f4ff7b41f3bf35d102bea967733f4a3_t.jpeg

関連記事

排気量が125cc~400ccまでのバイクが中型バイクになります。
400ccまでは普通自動二輪の免許で運転できるので、中型バイクは比較的手間がかからず乗れるのです。しかも、高速道路を走行することも可能です。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/c0/c0b6b531c4e7a2ca43b699f00fc79a14_t.jpeg
400ccを超える大型バイクでは大型の免許が必要になります。なので、今すぐ乗るのは難しいのです。確かに、高速道路で100km/hを超える高速走行をする場合には若干馬力の差が出てきますが、それ以外、特に街中を走るときには中型バイクの方が操作が楽なのでフットワーク良く動けますよ。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/57/57520c888e69e9c333ba30b67fcc0f79_t.jpeg
中型バイクの排気量は125cc~400ccですが、大きく分けて250ccと400ccが車種も多く選びやすいと思います。
250ccのバイクは排気量が小さい分、スリムですっきりしたスタイルのバイクが比較的多いです。なので、初めてバイクに乗る方や、取り敢えず中型に乗ってみたい場合にはおすすめです。特に、250ccまでは車検が要らないので維持費がかなり安く抑えられます。高速走行時にちょっと苦しくなることがありますが、一般道では特に不便はないでしょう。このクラスに乗ってみて、もっと大きい方が良いかどうか決めると良いでしょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/b3/b3fb43ec0275dfc258ce723bf504b501_t.jpeg
400ccのバイクは、大型との境い目なので見た目も大きめのタイプのバイクもあり、大型に憧れているけど取り回しに自信がないという方にはもってこいと言えます。大型ほど重くなく取り回しが効くうえ大型のような雰囲気で乗れるので、きっと楽しいライディングになると思いますよ。ネックなのは、このクラスは車検があること。当然、排気量が大きいので燃料費がかかることですね。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/20/20e9ee7c2a6740f35a5636981c262edf_t.jpeg
★250cc…中型でもとくに生産台数が多く人気があります。なので、競争が激しい中で製造販売されますから比較的お手頃な値段のバイクが揃っています。 新車の値段はだいたい50万円前後、中古車の値段は数万~数十万円です。 初期費用も燃費も値段的に使いやすく街乗りメインなら250ccで十分満足できると思います。
★400cc…車体が大きいのもありますし、このクラスならいっそ大型バイクに!という方もいて種類はや台数はそれほど多くないです。なのでロットが少ない分が値段に跳ね返るのか、新車の値段は60~80万円、中古車の値段でも20~50万円とちょっと高め。維持費などと合わせると金銭的にはマイナスイメージしかないですが、それを上回る走りの楽しさを味わえれば良しとするのがよいでしょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/70/7017866c14b3d5a61a30e459ea196e93_t.jpeg
ここで代表的なバイクのスタイルをご紹介しましょう。

ネイキッド

エンジンがそのまま外から見えるスタイルのバイクです。ネイキッド=はだかという意味で、エンジンが丸裸ということなのでしょう。シンプルで飽きのこないデザイン。軽量ですっきりした定番スタイルということで根強い人気があるスタイルです。
引用: https://daikore.com/wp-content/uploads/2014/09/or01-556x328.jpg
ネイキッドバイクの中でも、歴史を感じさせるような昔ながらのレトロなスタイルでデザインされたバイクは特にレトロネイキッドあるいはクラシックと呼ばれます。
引用: https://daikore.com/wp-content/uploads/2017/06/bike35.jpg

フルカウル

ネイキッドとは逆にエンジンがカウルでバッチリ覆われているバイクをフルカウルバイクと呼びます。一昔前はゴテゴテしたデザインがいかにもな感じで不人気でしたが、最近は流線形のスタイリッシュで近未来的なデザインがカッコ良く人気が高まっています。
引用: https://daikore.com/wp-content/uploads/2017/06/bike7.jpg
ここ数年、車体の一部がカウルで覆われていて、走行性能が高く、攻撃的なデザインのバイクが出てきて、これらはストリートファイターと呼ばれています。
引用: https://daikore.com/wp-content/uploads/2017/06/bike18.jpg

アメリカン(クルーザー)

アメリカン(クルーザー)バイクとは、ハーレーダビッドソンに代表される大柄でハンドルも大きくどっかり腰を下ろして乗りこなすような重厚なイメージのあるバイクです。
大きめのバイクに乗りたい!と志すきっかけになったのが、このアメリカンタイプだったという方も多いでしょう。ハーレーは大型ですが、中型でも十分その魅力を味わえるバイクがあります。詳しくは後述します。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/04/04b24612798c43989d1be23ad1a8f3e2_t.jpeg

オフロード

文字通り、道なき道を行く荒地を走破する目的で作られたバイクです。オフロードバイクでも一般道や高速道路も走れますし、軽量化されているのでそこそこスピードが出て走りやすいと言われています。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/27/279ad12f72466aa03ea0b7bf9d647a53_t.jpeg

ビッグスクーター

50ccのスクーターをそのまま大きくしたスタイルのバイクです。オートマで安定感がある形状なので乗りやすいです。街中の狭い道を荷物を載せて走るのに便利。日々使いの実用性が高いバイクです。
引用: https://daikore.com/wp-content/uploads/2014/09/hhh.jpg
大型でなくても、十分アメリカンスタイルの魅力を楽しめるバイクはたくさんあります。むしろ中型の250ccや400ccくらいの方が取り回しが楽なので乗りやすいのです。しかも、普通免許で大型っぽいアメリカンに乗れるのはお得な気分になりませんか?
HONDA レブル250 本家アメリカでも小回りの利くスタイルが大人気。
引用: https://moto.webike.net/moto_report/wp-content/uploads/2017/10/re500.jpg
YAMAHA ドラッグスター400 400ccのアメリカンバイクで最大販売数を誇るド定番な一台です。
引用: http://img.bikebros.co.jp/vb_img/photo/topics/160621/img/main.jpg
SUZUKI イントルーダークラシック400 400ccで現行アメリカンの中で最大のボディサイズ。大きくて乗りやすいバイクに乗りたい方におすすめです。
引用: http://www.bikebros.co.jp/vb_img/eimpre/img/153/main.jpg
空冷でスッキリしたデザインが人気です。YAMAHA XJR400
引用: https://img.webike.net/moto_img/v3/1/866/L_c3ba6b7c7337bacb4c659f77e9.jpg
YZF-R3 フルカウルで一見重そうに見えますが、繊細なコントロールが可能なので、思いっきり攻めの走りを極められます。
引用: http://livedoor.blogimg.jp/yoikokko/imgs/f/5/f5bc00fc.jpg
250ccクラスでは最高レベルのパワー、尖がったスタイルが魅力なストリートファイターモデル。KAWASAKI Z250です。フルカウルが人気のNINJAというバイクのカウルをカットしたモデルとなっています。
引用: https://www.drivespark.com/bikes-photos/modelsoverview/600x450/207/kawasaki-z250-review-design-and-style.jpg/3/x.pagespeed.ic.93qZK_WZ1E.jpg
フルカウルタイプの中でも特別のスタイリングが魅力です。NINJA400。1ランク上のボディはツーリングにピッタリで長時間乗っても疲れ知らずという噂です。
引用: https://response.jp/imgs/thumb_h2/1258314.jpg
中型のネイキッドというと誰もがイメージすると言われるのが、このHONDA CB400SFです。それだけ根強いファンの多いモデルということですね。
引用: http://www.rpm421.com/6504Z-980.jpg
引用: https://img1-kakaku.ssl.k-img.com/images/maga/10446/10446_01.jpg?d=201706190855
CBR250RR 攻めの走りに本気で取り組みたい方向けのシャープで流れるデザインが人気です。
400ccでは最強性能と言われる攻めのネイキッドバイクです。SUZUKI GSR400ABS。走ることを純粋に楽しみたい方におすすめです。
引用: http://eos.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2010/07/21/wp01_1280_1024.jpg
GSX250R 250ccに似つかわしくないほど剛性のあるボディと、ハイスペックマシンが多いSUZUKIにしては中低域トルクに重みのあるセットアップが面白い特徴です。スタイリッシュなボディデザインも男性女性問わず人気の高いポイント。
引用: https://moto.webike.net/moto_report/wp-content/uploads/2017/06/20171120_gsx250r_03-680x453.jpg

関連記事

如何でしたか。中型バイクの魅力が少しでも伝わったら幸いです。免許の話など、参考になればと思います。安全運転に気を付けてツーリングを楽しんでください。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/6e/6e5aaf93ab2b269e6df646619b82e327_t.jpeg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/6d/6d0a7bed09ac6930fa9dbd938cd8bcfd_t.jpeg