// FourM
Jnsxolfholoipfqcgvpw

インテリア・雑貨

CATEGORY | インテリア・雑貨

マットレスの洗濯方法と正しい頻度!コインランドリーでの洗い方とは?

2018.07.08

布団の下に敷くマットレスは睡眠時には欠かせないアイテムです。マットレスは定期的に洗濯しないと劣化を早めてしまいます。洗い方は業者に頼みクリーニングをするしかないのでしょうか。そこで本記事ではマットレスの洗濯方法や頻度、コインランドリーでの洗い方をご紹介!

  1. マットレスの洗濯方法と正しい頻度、コインランドリーでの洗い方をご紹介!
  2. クリーニング業者?コインランドリー?マットレスの洗濯方法と正しい頻度、洗い方をご紹介!:マットレスは定期的に洗おう!
  3. クリーニング業者?コインランドリー?マットレスの洗濯方法と正しい頻度、洗い方をご紹介!:マットレスの洗い方その① 素材が綿の場合
  4. クリーニング業者?コインランドリー?マットレスの洗濯方法と正しい頻度、洗い方をご紹介!:マットレスの洗い方その② 素材がウレタンの場合
  5. クリーニング業者?コインランドリー?マットレスの洗濯方法と正しい頻度、洗い方をご紹介!:マットレスの手入れ方法その① ファブリーズを吹きかける
  6. クリーニング業者?コインランドリー?マットレスの洗濯方法と正しい頻度、洗い方をご紹介!:マットレスの手入れ方法その② 掃除機をかける
  7. クリーニング業者?コインランドリー?マットレスの洗濯方法と正しい頻度、洗い方をご紹介!:クリーニング業者はおすすめ!?
  8. クリーニング業者?コインランドリー?マットレスの洗濯方法と正しい頻度、洗い方をご紹介!:マットレスはコインランドリーで洗えるか?
  9. クリーニング業者?コインランドリー?マットレスの洗濯方法と正しい頻度、洗い方をご紹介!:マットレスの洗濯頻度は?
  10. クリーニング業者?コインランドリー?マットレスの洗濯方法と正しい頻度、洗い方をご紹介!:まとめ
引用: https://minnakenko.jp/wp-content/uploads/2015/08/1-%E5%AF%9D%E6%B1%97.jpg
引用: https://mynews23.com/wp-content/uploads/2018/06/%E5%AF%9D%E6%B1%97%E3%81%A8%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88%E5%8A%B9%E6%9E%9C-700x467.jpg
人は睡眠から起床までの時間帯にコップ1杯分の汗をかくと言われています。季節に関係なく平均してコップ1杯分の汗をかくと言われているので、暑い夏の季節にはさらに多くの汗をかくということになります。その汗は布団や枕、そしてマットレスに染み付き、汚れやダニ、カビが繁殖する原因となります。布団を定期的に干すことが必要なのと同じように、マットレスも定期的に洗濯することが必要なのです。しかし、マットレスは素材によって適した洗い方が変わるため、下手に水洗いをしてしまうとマットレスがボロボロになって使い物にならなくなってしまうことも...。今回はマットレスの正しい洗濯方法や頻度、コインランドリーでのマットレスの正しい洗い方をご紹介していきます。マットレスの手入れに苦戦している方はぜひ参考にしてください。

関連記事

引用: https://tkd-cleaning.com/wp-content/uploads/2017/01/teihanpatsum.jpg
引用: https://100tech.me/wp-content/uploads/2017/12/matres-486x290.jpg
布団をクリーニングに出したり定期的に干すことはあっても、マットレスを定期的に洗濯している人はそう多くはないのでは?それどころか「マットレスは洗濯できない」と思い込んでいる方も多いのではないでしょうか。実はマットレスは、素材によってはしっかりと洗濯することが可能なのです。マットレスを長期間洗わずにいると汚れはどんどん蓄積していき、ダニやカビの繁殖を招くだけではなく素材が劣化してマットレスの寿命を早めてしまうことにもつながります。マットレスは定期的に洗濯すれば清潔な状態を保てるだけではなく、寿命も長持ちします。次の項目ではマットレスの洗い方を素材ごとにご紹介していきます。
引用: https://cdn.yourmystar.jp/relivers/wp-content/uploads/2017/02/a198f121d8e00e0158aa65c22778ce6b.jpg
引用: https://cdn.yourmystar.jp/relivers/wp-content/uploads/2017/02/88d43b3d4b4a024277e5acc8c313b794.jpg
マットレスの素材が綿である場合は、水洗いをすることが可能です。まず、マットレスのカバーを外してカバーは洗濯機で洗います。そしてカバーを外したマットレスは浴槽に持って行き、40度のお湯を張った浴槽に洗濯用洗剤を入れてマットレスを浸します。その後はマットレスを手で揉んだり足で踏んだりして良く洗っていきます。汚れが気になる箇所は重点的に洗うようにしましょう。汚れを落としたら洗濯液を流し、浴槽に水を張ってマットレスを手で揉んだり足で踏んだりして洗剤を良く流します。洗剤を流したらマットレスを風通しの良い場所に持って行き、陰干しして良く乾かします。
引用: https://kaimin-times.com/wp-content/uploads/2017/02/s_polyurethane438096007.jpg
引用: https://kaimin-times.com/wp-content/uploads/2017/02/s_LowLesiliencePolyurethanefoam.jpg
素材がウレタンでできているマットレスは原則水洗いすることができません。ウレタンは水に濡れると劣化してしまうので、水洗いは自殺行為となります。ウレタンのマットレスを洗う時はまずカバーを外し、カバーは洗濯機で洗います。そしてタオルとお湯、洗濯用洗剤を用意してお湯で濡らしたタオルに洗剤を付け、汚れている部分を良く拭いていきます。汚れを落としたら、後は綿の時と同様にマットレスを風通しの良い場所に持って行き、陰干しして良く乾燥させます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81QskzToplL._SL1500_.jpg
マットレスは洗濯をせずとも定期的に手入れをすれば十分に汚れ・ダニ・カビなどを除去することができます。最も手軽な手入れ方法にファブリーズがあります。ファブリーズは吹きかけるだけで除菌と消臭を同時に行ってくれる優れもので、マットレスに吹きかけて外で陰干しすればあっという間に手入れが完了します。ファブリーズは様々な香りが発売されているのでお好みのタイプを選んでマットレスに使いましょう。
ファブリーズ 消臭スプレー 布用 くつろぐフローラルブーケの香り 370mL
価格 ¥ 1,179
引用: http://tamkaism.com/wp-content/uploads/2014/02/DSC04749.jpg
引用: http://jiyukenkyusha.com/wp-content/uploads/2016/11/Untitled-11-1.jpg
掃除機もマットレスの手入れにはおすすめの方法の1つです。マットレスに付着したゴミやホコリを効率良く除去することができます。マットレスの縦方向に掃除機をかけたら、横方向にも掃除機をしっかりとかけてまんべんなく掃除しましょう。ゴミやホコリ・臭いが気になる場合は、まず掃除機をかけてその後でファブリーズをマットレスに吹きかけ、陰干しをすればマットレスを綺麗な状態にできます。
引用: https://takuhai.daichi-m.co.jp/image/goods/07201429_l1.jpg
引用: http://www.dustary-tokyo.com/images/img_peculiarity.jpg
汚れがあまりにもひどい場合はクリーニング業者にお願いしてマットレスをクリーニングすることも可能です。マットレスが新品の頃と同じような状態になって手元に戻ってくることでしょう。しかし、クリーニング業者を利用すると非常に多くの費用がかかります。目安としてはシングルサイズのマットレスで8千円〜1万5千円。ダブルサイズのマットレスで1万円〜2万円。さらに大きめのサイズになると2万円以上の費用がかかる場合もあります。新品のマットレスが何かしらの原因で汚れてしまった場合は、クリーニング業者を利用するのも良いかもしれませんが、長年使っているマットレスの汚れがひどくなってきた場合は、思い切って買い替えてしまった方が安く済むこともあります。汚れているお使いのマットレスが古いものであった場合は新品のマットレスの購入を検討しましょう。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DP4vUgKVQAA-iBL.jpg
引用: http://sawachin.com/wp-content/uploads/2017/01/IMG_20170120_085459-530x398.jpg
マットレスは洗濯表示タグに「手洗いマーク」や「ドライマーク」がついている種類はコインランドリーで洗うことはできませんが、これらのマークが付いておらずキルティング加工が施されているマットレスであれば、コインランドリーで洗うことが可能です。コインランドリーでのマットレスの洗い方はマットレスを3つ折りや4つ折りにして畳み、洗濯用ネットに入れた状態で機械に投入して洗う方法がベストです。マットレスの大きさによって洗う時間は変わりますが、だいたい30分を目安にして洗います。その後はマットレスを乾燥させ、30分経過したらマットレスを裏返してさらに30分乾燥させます。最後にしっかりと乾いているかどうか確認して乾いていれば完了です。乾いていない場合はさらに時間を追加してマットレスを乾燥させましょう。
引用: https://www.e-kurashi.coop/shop/cont/4603/21126602/21126602CJ_1.jpg
引用: https://tsute-web.com/wp-content/uploads/2013/06/2013-06-22-10.05.32.jpg
マットレスの洗濯頻度は季節によってある程度変わりますが、月に1〜2回ほどの頻度で洗濯して定期的に手入れを行うようにすると良いでしょう。マットレスの天敵は湿気です。放置している時間が長ければ長いほどマットレスは湿ってカビやダニが繁殖していきます。天気の良い日はマットレスを陰干しして、湿気を逃がすようにするとカビやダニの繁殖を防げます。

関連記事

引用: https://d1d7kfcb5oumx0.cloudfront.net/articles/images/55dc60fc54f6a86d08014f4e/slide_0.png
引用: https://tguchi.s3.amazonaws.com/uploads/topic_item/image/85236/retina_pixta_13612994_S.jpg
マットレスの様々な洗濯方法や、手入れ方法をご紹介しました。夏の暑い季節はマットレスが汚れやすくなります。定期的に手入れや洗濯を行ってマットレスを常に清潔な状態にしておきましょう。マットレスの洗濯に困っている方はここでご紹介した内容を参考にして、マットレスを綺麗にしてみてください。毎日の睡眠がきっと快適になることでしょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://www.thesciencecentermnp.org/img/mat.jpg