O7qz1tpmwrkt9seqlxfb

自転車

CATEGORY | 自転車

サドルバッグおすすめメーカー!ロードバイクへの付け方を解説!

2018.12.20

ロードバイクは超軽量で無駄のない自転車ですが、弱点は収納力が皆無になっていること。そんな時におすすめなのがサドルバッグ。そこで今回は大容量で荷物の持ち運びも簡単になる、サドルバッグメーカーのおすすめからサドルバッグの付け方までご紹介します!

  1. 大容量・持ち運びに便利なサドルバッグのおすすめメーカーは?ロードバイクへの付け方と合わせて解説
  2. 大容量・持ち運びにおすすめのサドルバッグってなに?
  3. 大容量・持ち運びにおすすめのサドルバッグの付け方は?
  4. 大容量・持ち運びに便利なサドルバッグのおすすめメーカーは?
  5. 大容量・持ち運びに便利なサドルバッグのおすすめメーカー【ORTLIEB(オルトリーブ)】
  6. 大容量・持ち運びに便利なサドルバッグのおすすめメーカー【RIXEN&KAUL(リクセン&カウル) 】
  7. 大容量・持ち運びに便利なサドルバッグのおすすめメーカー【REVELATE DESIGNS(レベレイトデザイン) 】
  8. 大容量・持ち運びに便利なサドルバッグのおすすめメーカー【Apidura(アピデュラ) 】
  9. 大容量・持ち運びに便利なサドルバッグのおすすめメーカー【Blackburn(ブラックバーン)】
  10. 大容量・持ち運びに便利なサドルバッグのおすすめメーカー【GORIX ゴリックス】
  11. 大容量・持ち運びに便利なサドルバッグのおすすめメーカー【ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER)】
  12. サドルバッグで快適にロードバイクをたのしもう!
Jaf91czs35fby3ldbbs9
引用: https://www.instagram.com/p/BkXjw0thvXB/?tagged=%E3%82%B5%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%B0
軽量で軽快な走りを特徴とするロードバイクはスポーツとしての人気を集めるほか通勤通学でも便利で爽快感のある乗り物です。
そんなロードバイクは近年アニメの影響もあってかさらに知名度が上がって乗る人も増えていきます。しかしロードバイクには欠点が1つあります。
それは積載量が少ないということ。軽量で頑丈を追求しているため積載する部分と言うのがなく、何かを持ち運ぶためには不向きです。
今回そんな積載に不向きなロードバイクに付けると便利なサドルバッグのおすすめメーカーを付け方と合わせて紹介していきます。
U1mtr8lxyawsxdqtzff1
引用: https://www.instagram.com/p/BkgFGfogX7A/?tagged=%E3%82%B5%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%B0

サドル下に付けられるバッグ

ロードバイクは積載する部分がないため何かを持ち運ぼうとしたらバッグを背負うかカバンを持つかなどをしなければなりません。ただ体に身に着けるものだとどうしても動きが制限されてしまい走りに支障が出ます。
Z0r7ailjgreagyntj1c6
引用: https://www.instagram.com/p/BkZKG_iFSyK/?tagged=%E3%82%B5%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%B0
そんな時に使えるのがサドルバッグであり、これはサドルの下のスペースに取り付けられる小さめのカバンとなっています。
サドルバッグはコンパクトサイズで少ないながらも修理用具や備品、貴重品を入れておくことが出来て走りに影響が出ないので何かと便利なんです。
とは言っても本当に小さなサイズから大容量の持ち運びに対応したものまであるため大きいと足が当たってしまうこともあり支障が出ることも。

関連記事

サドルバッグの付け方に関してはバッグの方式によって異なります。主な違いとしてはサドルに直接取り付けるタイプとシートポストに取り付けるというのもの。
両者の違いとしてはサドルに直接の付け方の場合容量は控えめながら初心者でも簡単に扱いやすくなり、シートポストの付け方だとほんの少しだけ手間がかかるものの大容量に持ち運べるものが多くなってきます。
Fs98jxgd5xrxksimu7h8
引用: https://www.instagram.com/p/BkXcRWChuHE/?tagged=%E3%82%B5%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%B0
いずれにしても付け方はそれほど難しいものではないので心配はありません。ただしサドル下のスペースを確認したうえで十分に取り付けられるスペースが確保できるかどうかの確認は必要です。
続いてサドルバッグを販売しているおすすめのメーカーを紹介したいと思います。
人気のあるメーカーや実際に自転車関連の製品を扱っている中で生み出されたメーカーなど見ていきましょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41wYzPzVyoL.jpg

L スレート

ドイツ鞄メーカーのオルトリーブは高い信頼性を持つサドルバッグを扱っている企業です。創設者が自転車旅行をしている時に大雨に見舞われたことがキッカケで生まれたこのブランドは完全防水のサイドバッグを開発し、以降も常に高い機能性と耐久性を追求した商品を世に送り出して信頼性を獲得してきました。
特にオルトリーブの大容量タイプのサドルバッグが人気でロングライド向けとしてよく使われています。
選べる4色の色が人気を集めるこのサドルバッグは引き裂けに強く軽量なリップストップ生地が使われています。
ORTLIEB(オルトリーブ) サドルバッグ L スレート
価格 ¥ 5,427
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51UX9xspSBL.jpg

マイクロ150

ドイツ生まれのリクセンカウルはスタイリッシュなラインナップを提供するメーカーです。特徴的なのはワンタッチで脱着を可能にする「Klickfixアダプターシステム」を採用した製品を販売していること。
簡単に取り外しができてバッグ自体もショルダーストラップがあればショルダーバッグに出来たりするためツーリングから通勤ショッピキングまで幅広く楽しめます。
RIXEN&KAUL(リクセン&カウル) マイクロSL AS817
価格 ¥ 3,719
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51f55byalQL.jpg

テラピン 8L

アメリカアラスカ州にあるレベレイトデザインはバイシクルバッグを提供するブランドです。ロングライドに対応した大容量のバッグはどんな用途にも対応し、高い堅牢性を持つバッグになっているのが特徴です。
ホルスタータイプでしっかり固定できるバッグは防水仕様まで搭載されるため雨の日でも有効利用することができて安心。サドルレールからタイヤまでのスペースはそれなりに必要ですが多くの荷物を持ち歩きたい方にはおすすめです。
レベレイトデザイン テラピン 8L サドルバッグ ブラック
価格 ¥ 21,750
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51R0SMNfqOL._SL1180_.jpg

バックカントリー

イギリス発の本格的な自転車バッグブランドとなるアピデュラはサドルバッグだけでなく軽量なバッグを数多く展開するメーカーです。
特にバックカントリーは本体生地にハイテク素材「Dimension Polyant VX21」を使用することで高い耐久性と防水性、さらに軽量性を兼ね備えています。
軽量だから容量が少ないということはなく大容量でたくさんの荷物を入れておけるのも嬉しい配慮。数日程度の宿泊ロングライドでもこのカバンの収納力があれば対応可能です。
APIDURA アピデュラ サドルバッグ バックカントリー [並行輸入品]
価格 ¥ 19,500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61rzVCSSGGL._SL1500_.jpg

OUTPOST

1975年にアメリカで生まれたブラックバーンは自転車の世界にインダストリアルデザインを持ち込むことでライダー視点の革新的な製品を開発することに成功したブランドです。
特にこのモデルは大容量11リットルながら防水も出来、荷物の量に合わせてサイズを変えられるのが魅力です。ほとんどの自転車に取り付けられる配慮も魅力的になっています。
Blackburn(ブラックバーン) サドルバッグ 自転車 サイクリング 大容量 防水 バイクパッキング OUTPOST [アウトポストシートパック&ドライバッグ] 7068196
価格 ¥ 11,035
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71YO3o%2Bkv-L._SL1500_.jpg

GX-67702

自転車専門のネットショップを運営する「ごっつプライス」が生み出したオリジナルブランド「ゴリックス」です。
レザーのような高級感のあるデザインにはPEとナイロンが使われていて防水仕様になっており、大容量の8.8リットルながら収納量に応じてコンパクトに持ち運べるのが魅力的になっています。
シートポストとサドルで固定するためサドル下に空きがあるならどれでも簡単に取り付けることが可能。取り外しも簡単なので移動もらくちんです。
GORIX ゴリックス 大容量サドルバッグ 8.8L 収納袋 防水仕様 大型サドルバック GX-67702
価格 ¥ 6,599
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71D%2Ba9LsXkL._SL1500_.jpg

DBS262-BK

おしゃれかつリーズナブルな商品を提供するドッペルギャンガーのこの商品は内部が2部屋設計になっている便利なサドルバッグです。大容量でたくさん入れることができながらも2つの部屋に異なる物を収納したり、壁を取り払えば一つの大きな空間として収納デッキるのが魅力。
反射材のプリントが施されているため夜間の運転でも車に存在感をアピールすることが出来ていつでも快適なライディングを期待できます。
DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) 大容量サドルバッグ 出し入れ便利な2ルーム構造 収納量に応じた可変機構 容量3~13L DBS262-BK
価格 ¥ 3,781

関連記事

ロードバイクに取り付けられるサドルバッグについて、その付け方や大容量でたくさん持ち運びができるおすすめメーカーを紹介しました。快適な収納で快適なロードバイクライフを!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BiCHGK9hQuO/?tagged=%E3%82%B5%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%B0