Aewb6zvduidz3fq4hazg

バイク

CATEGORY | バイク

バイクチェーンオイルの差し方は?メンテ頻度やおすすめオイルも紹介!

2018.06.26

バイクのチェーンオイルの挿し方やメンテの仕方はご存知でしょうか。チェーンオイルのバイクメンテは意外と忘れがちですが意外と劣化しやすくメンテが必要です。そこでチェーンオイルの挿し方や塗り方メンテの頻度、556チェーンルブなどおすすめメーカーをご紹介します。

  1. 【挿し方】バイクのチェーンオイルのメンテを怠ると危険
  2. 【挿し方】バイクのチェーンオイルのメンテを怠ると①チェーンが固着
  3. 【挿し方】バイクのチェーンオイルのメンテを怠ると②錆びが酷くなる
  4. バイクのチェーンオイルの挿し方とメンテ①メンテに必要なものを集める
  5. バイクのチェーンオイルの挿し方とメンテ②チェーンルブやオイルを挿す場所
  6. バイクのチェーンオイルの挿し方とメンテ③タイヤやボディをウェスで覆う
  7. バイクのチェーンオイルの挿し方とメンテ④的確な位置にチェーンオイルをかける
  8. バイクのチェーンオイルの挿し方とメンテの頻度
  9. チェーンルブのおすすめメーカー①556チェーンルブドライ
  10. チェーンルブのおすすめメーカー②ワコーズCHLチェーンルブ
  11. バイクチェーンオイルの差し方は?メンテ頻度やおすすめオイルも紹介!まとめ
引用: https://i.pinimg.com/564x/1b/dd/07/1bdd074f61aa1950c568dfc1e1faa1b5.jpg
バイクのメンテナンスで忘れやすい部分はチェーンです。チェーンは意外と忘れがちですが、チェーンのメンテンナスを怠ると危険アンコとが起こってしまいます。特に長距離ツーリングを好んで行う方は危険です。バイクチェーンのメンテンスを怠るとどうなるかといいますと最終的にはチェーンが切れてます。チェーンが切れると大事故になる可能性もあります。チェーンは見落としがちですが、命がかかっている部分でもあります。チェーンが切れるとギアの変速が効かなくなります。チェーンにカバーが無い場合はチェーンが切れた拍子に足をズタズタに怪我をすることあります。かなり危険なので定期的な正しい方法のメンテナンスを行いましょう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/9e/6c/3f/9e6c3f750435fc9a34c529c059353f0c.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/76/56/fa/7656faca77cd685431eee1caafb4f72e.jpg
チェーンオイルのメンテンスを怠るとチェーンが切れるとご紹介したが切れるまでにどんなことが起こるかをご紹介します。チェーンのメンテンスを怠るとチェーンの油が固着しチェーンがスムーズに動かなくなります。そうなると速度低下の原因やチェーンが切れる原因となってしまいます。そして、チェーンが固着するだけならいいのですが、固着したチェーンの交換となると自身で行うのは難しくなってしまいますので、ショップで交換となってしまいます。ショップで交換となるとチェーン代金に工賃とお金が倍以上にかかってしまいますので固着する前に定期的なメンテナンスを行いましょう。そして、正しい方法を行うようにしましょう。正しい方法で行えていない場合はメンテナンスを定期的に行っていましても固着することがあります。
引用: https://i.pinimg.com/564x/30/e2/47/30e24708da33efe5d5ee1b4c5b10eb9c.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/49/9f/57/499f575b569abb6ed6b40baac2a4abef.jpg
バイクチェーンのメンテナンスを怠ると錆びの原因となります。チェーンオイルなどは錆びを防ぐ効果もあります。定期的にメンテンスを行わないと錆びが原因で走行スピードの低下やチェーンから異常音が鳴ります。また錆が酷くなるとチェーンが切れますので定期的なメンテンスを行いましょう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/b3/24/95/b3249571ab8012d604653251d422fd02.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/d1/bd/af/d1bdaf5873c82c86e312d65baede8d90.jpg
バイクのチェーンのメンテナンスにはチェーンブルだけでなく色々なアイテムが必要となってきます。必要なアイテムがなくては正しいメンテナンスが出来ないため逆にチェーンやそのほかの部品を傷つける可能性もあります。チェーンのメンテンスをするには必ず持って置きましょう。チェーンのメンテンスをするのに必要なアイテムはチェーンルブ、ウェス、チェーン磨きもしくは歯ブラシ、メンテナンススタンド、チェーンルブやクリーナを受けるとる受け皿などが必要です。
引用: https://i.pinimg.com/564x/c5/71/2c/c5712cee9e0d69115628c74e1f625af6.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/ad/76/1c/ad761cd8b512f2d0e7347fba98995a8f.jpg
バイクチェーンのメンテンスの方法をご紹介します。オイルやチェーンルブ塗る場所は外プレート、内プレート、ピン、ブッシュ、ローラーです。この5つの部分にかけるだけで完了です。指す場所はこの5つだけですがバイクチェーンにはシールといわれるゴム製で出来たパーツが含まれていますが、シールには出来るだけかからないようにしましょう。シールはゴムで出来ていますが、ゴムは油に弱くなっていますので、チェーンオイルやルブというのはオイルでシールを溶かしたり破損させたりします。チェーンルブにはシール対策用のものが出ていますが、対策用といってもシールにかかっても必ずいいものではありません。かかってもあまりダメージがないというものなので極力かからないように対策が必要です。
引用: https://i.pinimg.com/564x/60/7e/3a/607e3a628f686e68edfc8010bc9515b3.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/77/c3/58/77c358cc24c420aa28993710f98d6e16.jpg
バイクのチェーンオイルのメンテナンスを行うときにやりがちなのがタイヤやボディに何も保護しないままチェーンメンテンナスを行うことです。チェーンメンテンスを行うと飛び散りやすくタイヤやボディを傷めてしまいます。上記でご紹介したとおりゴムは油に弱いためタイヤは確実に傷つきます。そうならないためにはウェスなどでカバーしましょう。かかるのを極力避けて綺麗にバイクをメンテンナスをします。チェーンルブは飛び散りやすくなっているものが多いですがチェーンルブドライは飛び散りにくいものとなっています。バイクのことを気遣うならチェーンルブドライをおすすめします。チェーンルブドライは呉工業の556がおすすめです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/32/41/9e/32419e0823f84a0744e24a44d0307fd5.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/b9/e4/ba/b9e4baae15e3eb9dd49c31a34eb71a31.jpg
バイクチェーンにチェーンルブやチェーンオイルの塗り方ですがチェーンの外側と内側からピンとブッシュ、ローラーにかけましょう。塗り方は特にポイントなどありませんがシールにかけるのは出来るだけ避けましょう。シールはゴムで出来ていて油には弱くなっています。塗り方を間違えるとシールが劣化したり壊れることがあります。それを避ける塗り方をしましょう。塗り方は色々ありますが、ピンやブッシュ、ローラーに的確にかかるようにすると綺麗にメンテンナスが出来ます。チェーンオイルやチェーンルブの塗り方は以上で終わりです。チェーンメンテンスは難しそうに思えますが、実際やってみると簡単最短で終わります。長距離のツーリング後に行うのは少し苦労ですが、手間をかけることによってバイクの寿命は伸びます。正しい塗り方でバイクを維持しましょう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/c5/fe/61/c5fe61410e7921bc0f357c99de01fbec.jpg

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/38/a1/07/38a107fcbfd51b5e13076d947bf8eeba.jpg
バイクチェーンのメンテンスの頻度ですが走行する距離によってメンテンス頻度が違ってきます。1月に1000kmは知るという方は1月に1回の頻度でメンテするほうがいいでしょう。それ以下の場合は2ヶ月に1回程の頻度がおすすめですが、1月に1000km以上という方は1ヶ月に2回の頻度をおすすめします。メンテンスの頻度はやりすぎはチェーンシールなどを傷めますが適度な頻度で行わないとバイクチェーンが傷つきます。そして、チューンのメンテンスですが、チェーンクリーナーやチェーンルブだけのメンテナンスは1月に1回のペースでもいいのですが、定期的にチェーンをチェーンブラシやハブラシなどで綺麗に磨くようにしましょう。頻度と塗り方はこんな感じでチェーンは守れます。
引用: https://i.pinimg.com/564x/74/06/8c/74068c77e7126d1731cfaf60dbf6f571.jpg
引用: https://m.media-amazon.com/images/S/aplus-media/sota/48677655-2395-412f-a4da-bdaa9a07ef94.jpg
おすすめするチェーンルブのメーカーは呉工業の556です。その中でもおすすめするチェーンルブは「556チェーンルブドライ」です。556チェーンルブドライは飛び散ることが少なく的確に塗りたい部分に乗ることが出来ます。556チェーンルブドライは画像のようにチェーンピン付近に1滴ずつ塗るという手間がありますがっかうじつに保護とメンテンスが行えます。チェーンルブに「556チェーンルブドライ」はいかがでしょうか。
引用: https://m.media-amazon.com/images/S/aplus-media/sota/2950d9f9-8697-4697-ad14-a413f399b700.JPG
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51laRX9tiyL._SL1000_.jpg
チェーンルブのおすすめメーカー「ワコーズCHLチェーンルブ」です。ワコーズCHLチェーンルブはシールを傷めることなく強力洗浄が行えます。シールを傷つけたくない方におすすめのチェーンルブです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/611o%2BKoiH0L._SL1000_.jpg

関連記事

チェーンメンテンスの方法は参考になったでしょうか。チューンメンテンスは正しい方法で定期的な頻度を行わないとチェーンを傷つけチェーンが切れるなどの事故になってしまう可能性があります。そして挿し方は外プレート、内プレート、ピン、ブッシュ、ローラーに的確にかけシールには極力かからないようにしましょう。チェールブのおすすめは556のチェーンルブドライとワコーズCHLチェーンルブです。正しいメンテンスでバイクの寿命を延ばし楽しいバイクライフを送りましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/1b/dd/07/1bdd074f61aa1950c568dfc1e1faa1b5.jpg