Brtdsk6pslwadcg0faa8

ボトムス

CATEGORY | ボトムス

ボルダリングに適した服装や持ち物とは?クライミングウェアは必要?

2018.06.24

最近何かと人気のボルダリングですが2020年東京オリンピックから正式競技になりました。このボルダリングをする時の格好はどのような服装が適しているのでしょうか?本格的なウェアやパンツは必要なのでしょうか。ボルダリングをする時の服装や持ち物を紹介します。

  1. ボルダリングをする時のおすすめのウェアやパンツ等の服装は
  2. ボルダリングをする時のおすすめのウェアやパンツ等の服装は【準備編】
  3. ボルダリングをする時のおすすめのウェアやパンツ等の服装は【格好】
  4. ボルダリングをする時のおすすめのウェアやパンツ等の服装は【動きやすい服装】
  5. ボルダリングをする時のおすすめのウェアやパンツ等の服装は【パンツ選び】
  6. ボルダリングをする時のおすすめのウェアやパンツ等の服装は【どんな感じで登ればいいのか】
  7. ボルダリングをする時のおすすめのウェアやパンツ等の服装は【ウェアはTシャツで】
  8. ボルダリングをする時のおすすめのウェアやパンツ等の服装は【シューズ】
  9. ボルダリングをする時のおすすめのウェアやパンツ等の服装は【筋トレが必須】
  10. ボルダリングをする時のおすすめのウェアやパンツ等の服装は【まとめ】
引用: https://yy5zymc9.user.webaccel.jp/wp-content/uploads/2017/03/13495276_735694223238738_661733060204162268_n.jpg
2020年の東京オリンピックの正式種目となったボルダリングですがボルダリングをする時の格好はどのような感じが良いのでしょうか?男性と女性とでも違ってくると思いますがまずはボルダリングをするときの基本を学んでいきましょう。
引用: https://article-image-ix.nikkei.com/https%3A%2F%2Fimgix-proxy.n8s.jp%2Fcontent%2Fpic%2F20170429%2F96958A9F889DE3E7E6E6EAE4E3E2E3EAE2E6E0E2E3E5E2E2E2E2E2E2-DSXZZO1545234018042017000000-PB1-33.jpg?auto=format%2Ccompress&ch=Width%2CDPR&crop=focalpoint&fit=crop&fp-x=0.5&fp-y=0.5&h=433&ixlib=php-1.1.0&w=650&s=17944bb641e4d0551fe69754e40b99be
まずは男性の持ち物から見ていきましょう。持ち物といっても男性は何もないですね。最低限の格好はトレーニングウェアを来て行いましょう。ボルダリングは人がしてるのを見てると軽く感じますがかなり難しいものです。

関連記事

引用: https://img.activityjapan.com/10/10791/10000001079101_JkDpCk3D_4.jpg?version=1508246953
まずボルダリングをする際に格好からきちんとしていきましょう。ボルダリングは命綱も使うため安心できますが普段がそのような環境で練習できればいいですがさすがに毎日は不可能なものですね。ボルダリングをする前の準備体操は怠らずにきちんとしましょう。ボルダリングをする時にジムへもっていく持ち物はタオルや着替えで普通のトレーニングジム同様の扱いだと思います。
引用: http://dct-sw.com/wp/wp-content/uploads/2018/02/img02-1.jpg
ボルダリングは男女関係なくできるスポーツです。また練習場も女性と男性は一緒で使うものですので練習するにも時間が限られます。男性の方も着替えのトレーニングウェアを活用して頑張りましょう。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRufraqRpsB9trEM0HKrGIr5MWqr03FlKnVv8iCqpCuHsnsJABKPg
ボルダリングをする時は兎に角かっこよく登ってみたい、ぶら下がっ見たいと興味津々ですね。ボルダリングがここまで世の中に広がっている現在では普通の行為ですがボルダリングが広がる前まではどんな格好をしていたかですよね。格好は基本はスポーツなのでトレーニングウェアが望ましいですね。
引用: https://gs-files.japaneast.cloudapp.azure.com/wp-content/uploads/SP-1611-043.jpg
何でもスポーツの格好でしたらかっこいいと思うようになるでしょう。それでは男性のボルダリングを見ていきましょう。男性は筋肉が付きやすいためある程度力がある人もいるかもしれませんがスポーツであり遊びでありという点を頭に入れて頑張っていきましょう。
引用: https://i.ytimg.com/vi/GaeP_JRwVeo/maxresdefault.jpg
次にボルダリングをする時に服装に関してです。服装に関してはどんな格好でむかうかにも  よりますね。ボルダリングは見ている側よりしている方は想像よりも激しい動きをしています。ですのでボルダリングをする格好は動きやすい服装でしてみましょう。特に男性は持ち物をすぐに忘れる方が多いため持ち物は各自管理しないといけないようですね。持ち物は男性の場合はきっちりと始める前から確認しておきましょう。ボルダリングの基本は短パン半袖が基本になります。
引用: https://i.ytimg.com/vi/dt_EY52PVLM/maxresdefault.jpg
ウォーミングアップまでは体が冷えていると怪我する元ですのでジャージを着て行っても構いませんが本格的にクライミングをする時は足や腕が伸びやすいように半袖短パンがおすすめの格好です。
引用: https://www.tokyo-dome.co.jp/spo-dori/bouldering/img/img_index-guide_001.jpg
ボルダリングをする時にパンツ選びも重要です。本格的になればなるほど本格的なパンツを買うことになるでしょう。初心者の場合は基本的にパンツに拘ることは無いと思いますが徐々に慣れてくると足の上り方も良くなっていくと思いますのでパンツ選びも慎重に行いましょう。一番のおすすめは足が良く上がることです。
引用: http://bouldering-style.com/wp-content/uploads/2014/08/2014-08-05_014621.jpg
足が思いっきり挙げてんぼることもあるのですがその時に中途半端なパンツの長さを履いていると引っかかったりして足が上がりにくくなったりもします。ですのでパンツ選びのポイントは動きやすいものを選びましょう。そして同時に足を高い位置にあげられる練習もしていきましょう。柔軟性と力が求められるスポーツでもあります。

関連記事

引用: http://nesta.co.jp/images/bouldering/bouldering-main-img.jpg
ボルダリングを始める前と始めた後でかべを 見ると明らかに壁の違いが分かるようになってきたと思います。最初はボルダリングは子供の遊びでしょ?と思っていた方も多いのではないでしょうか?ボルダリングは東京オリンピックで初めて採用されたため一気に注目されるスポーツになりました。
引用: https://kintorecamp-ivitsqn.netdna-ssl.com/wp-content/uploads/2016/12/dreamstime_s_6437049-e1482281651169.jpg
ボルダリングは見た目よりも激しいスポーツでもありますので簡単にみて油断したりしないようにしましょう。ボルダリングはまずは届く範囲で登ることを繰り返します。すると自ずと力が湧いてきますね。まずはまっすぐでも良いので登ってみましょう。上り下りの繰り返しでボルダリングに必要な握力も付いてきます。
引用: https://hajicolle.smt.docomo.ne.jp/assets_c/2017/08/28719196ce7ebfc8eaa065d01ae8e660bfa75af2-thumb-640xauto-271.jpg
ボルダリングを行う時に迷うのが服装でしょう。パンツに関しては前述で説明しましたが上はTシャツで大丈夫です。TシャツでもロンTとか言われている長いTシャツとかは登る時に邪魔になります。また邪魔になるだけではなく怪我の元にもなります。ボルダリングはジムでは下には安全に考慮してマットを敷いていますが落ちたら危険です。
引用: https://www.climbing-net.com/wp-content/uploads/2014/08/20140808_pekids02.jpg
ですので邪魔にならない動きやすい服装がおすすめです。多くのボルダリングジムでは服装自由とされていますが危ないことに関しては制限がありますので注意しましょう。ボルダリングも慣れてきた頃が一番危険です。これぐらいは大丈夫とかいう油断は危険ですのでボルダリングする際は毎回初心の気持ちを忘れないようにしましょう。
引用: https://yy5zymc9.user.webaccel.jp/wp-content/uploads/2017/02/63be6a2e87265b8d932773a59dba38f7.jpg
ボルダリングは服装は動きやすい服装で良いですがボルダリングをする時には専用シューズがあります。ボルダリングシューズは滑りにくく登りやすい作りでできている専用シューズです。ボルダリングに慣れてきたら足の使い方より腕の使い方がコツになり勝敗を決めることにもなるようですが足もうまく使いこなせるようになっているとタイムレースなどで早いタイムを出すことができるでしょう。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DPsW-4FUMAEI7dl.jpg
ロッククライミングは岩を登っていくスポーツですがボルダリングは人口の壁を登っていくため登れないということはありません。ただ、基礎体力は必要です。ボルダリングをしながら体は鍛えていきましょう。
引用: http://pikajouhou.com/wp-content/uploads/2016/05/5167fc672ed50f9fee88cb913ef5cd17.png
ボルダリングは個人で楽しむために始めても健康的でいいことです。ボルダリングに慣れるためには回数をこなしていくことも重要ですが、回数だけではやはり慣れるまでに時間がかかります。ボルダリングを極めていきたい方は筋トレを行うことをお勧めします。いちばんボルダリングで重要な力は握力です。
引用: http://www.roca-gym.com/news/wp-content/uploads/sites/2/2013/12/1215.jpg
握力が弱いとボルダリングでは致命的ですね。握力を鍛えるところから始めないといけません。握力、腕力、腹筋、背筋と脚力の強化が必要です。簡単そうに見えるボルダリングは実際にやってみると簡単には登れませんね。
ボルダリングは東京オリンピックからオリンピック正式種目になったため世界中が注目している競技です。ボルダリング会ではオリンピックに向けて色々とトレーニング強化も選手は行っているようです。ボルダリングの競技はタイムを競い合います。いかに早く登れるかですね。
早く登った方が勝ちなパターンとその他条件があるやり方で価値のパターンとがあります。ボルダリングはしている人はルールもわかっていると思いますが今からどんどんとルールを広めたりしていかれることでしょう。東京オリンピックではボルダリングは大いに盛り上がることでしょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://yy5zymc9.user.webaccel.jp/wp-content/uploads/2017/02/1d65097ad0b41165cba128c72cfad66c.jpg