Wx4if9nbu09akfdvq57i

バイク

CATEGORY | バイク

バイク 排気量のおすすめは?維持費や免許の違い、見分け方など網羅!

2018.06.26

バイクの排気量でおすすめはや違いは?という方におすすめの排気量をご紹介します。また、バイクの排気量は見分けにくいものなので見分け方や違い、維持意などもご紹介します。最大の排気量、見分け方維持費、免許の観点からご紹介!ちょうどいい排気量のバイクを選んでください。

  1. 使用用途によって変わるちょうどいいおすすめバイクの排気量
  2. 【違い/見分け方】ちょうどいいおすすめバイクの排気量①50cc
  3. おすすめバイク排気量50ccの維持費
  4. 【違い/見分け方】ちょうどいいおすすめバイクの排気量②125cc以下
  5. おすすめバイク排気量125ccの維持費
  6. 【違い/見分け方】ちょうどいいおすすめバイクの排気量③250cc以下
  7. 【違い/見分け方】ちょうどいいおすすめバイクの排気量④400cc以下
  8. 【違い/見分け方】ちょうどいいおすすめバイクの排気量⑤400cc以上
  9. 免許の違いと最大①原付1種
  10. 免許の違いと最大②原付2種
  11. 免許の違いと最大③小型二輪免許
  12. 免許の違いと最大④普通二輪免許
  13. 免許の違いと最大⑤大型二輪免許
  14. バイク 排気量のおすすめは?維持費や免許の違い、見分け方など網羅!まとめ
引用: https://i.pinimg.com/564x/7a/cf/ba/7acfbadf9f3e64aaea196cd318f48f77.jpg
用途に合わせておすすめの排気量が変わっていきます。ツーリングなどを目的として短距離などを好む方は250ccから400ccのバイクがおすすめです。中距離のツーリングを楽しみたいという方は400ccから750ccがおすすめです。長距離のツーリングが楽しみたい方は600ccから1000cc以上の排気量のバイクがおすすめとなってきます。長距離のツーリングでも400cc以下の高速道路に乗れる排気量なら問題なくツーリングが出来ますが、やはり排気量が無いため少し辛いツーリングとなります。ツーリングなど趣味の使用ではなく通勤や通学に使用するという方には50ccから250cc以下の排気量のバイクがおすすめです。街中を走行するのには小回りの効きやすい50ccから250ccのバイクがおすすめです。大きな排気量でも十分走行することが出来ますが、ただ仕事や学校に向かうというだけならあまり大きな排気量はいりません。バイクは使用用途に合わせて選ぶようにしましょう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/63/37/49/63374957bc1861d1cff1d2410d96654f.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/69/a8/d1/69a8d11a6f7274da9d08d4ab682c7c39.jpg
通勤や通学におすすめする排気量は「50cc」バイクです。50ccバイクは通勤や通学に比較的便利で免許も自動車免許証を持っていれば免許取得の必要がない移動手段におすすめのバイクです。50ccバイクのメリットデメリットをご紹介します。50ccバイクのメリットは小回りが効きやすく街中の走行におすすめです。また、バイク自体の価格や維持費が安く購入しやすいのもポイントです。他の排気量よりも燃費が良く軽いため女性でも無理なく乗り回せます。そして、50ccバイクの最大のメリットは車検が無いことです。50ccバイクのデメリットは最高速度30km/lしか出せないことと右側斜線の走行や2段回右折などのがあることです。また、高速道路にも乗れないので一般道でしか走行できません。
引用: https://i.pinimg.com/564x/70/ff/08/70ff084fcbadd35b9206a6ece69a17ce.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/d0/53/fa/d053fa6bb2b744b9961c9222f7febba2.jpg
50ccバイクにかかる維持費は軽自動車税2,000円ガソリン代5,000円その他の保険あわしても30,000円前後で乗ることが出来ます。50ccバイクは税金が安く燃費がとにかくいいので通勤や通学にはちょうどいいバイクです。維持費は年齢によっても少し異なる部分やバイクの燃費性能の違いでもう少しかかってしまうこともありますが、基本的には30,000円前後で済むと覚えていてもいいでしょう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/21/4e/81/214e81b0fa9e53d56d80442e9df1edd4.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/2a/6e/c8/2a6ec8c29073f4c9e78dd3199a18225b.jpg
50ccのバイクよりも幅の広い車種から選びたいというかには「125cc」バイクがおすすめです。125ccバイクは通勤通学におすすめのバイクとなっています。125ccバイクのメリットは50ccバイクと同じ小回りや機動性、操作性のスペックを持っていますが、最高スピードは法廷速度60km/lまで出せるバイクです。また、車検を通す必要が無く二人乗りが可能となっています。125ccバイクのデメリットは高速道路に乗れないことです。125ccバイクは通勤通学に使う程度の使用方法なら全くデメリットの無いバイクです。さすがにツーリングは不可能ですが、街乗りで楽しむ分には十分なスペックです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/5e/ef/0e/5eef0eb6a8b11eecb2268027e8202ae7.jpg
125ccバイクにかかる維持費は軽自動車税2,000円から2,400円ガソリン代5,000円から20,000円前後その他の保険あわしても50,000円前後で乗ることが出来ます。
引用: https://i.pinimg.com/564x/69/c2/f0/69c2f0cc86f683c64c51c7c93d6a020a.jpg
短距離のツーリングにおすすめなのが「250cc」バイクです。250ccバイクは長距離のツーリングは大変ですが、街乗りと短距離のツーリングなら問題なく走ることができます。250ccのメリットは最高速度は車と同じで制限はありません。なので、高速道路にも乗ることが出来ます。そして、400ccのバイクなどに比べると比較的車体も軽く小回りの効きやすい排気量となっています。デメリットは400ccバイクなどに比べるとスピードが物足りないことです。追い越しや右折など少し大変です。また、ロングツーリングは少ししんどいです。街乗り短距離のツーリングに250ccバイクがおすすめです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/06/ec/74/06ec7439f938ff9e6aa67d9fd39ee0d8.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/ad/5e/d2/ad5ed23e490a857a5be6eaa303826357.jpg
中距離のツーリングにおすすめは「400cc」バイクです。400ccバイクはスピードや重量共に問題なく日本国内で乗るバイクに最も適している排気量です。400ccバイクのメリットは250ccバイクよりもパワーがあり日本という狭い道路などに最も適している排気量です。400ccバイクは車種にもよりますが、重量もあまり無く女性でも簡単に扱うことが出来ます。また、パワーもあまりで過ぎるものではないのでMT車のバイクを運転している感を十分に味わうことが出来ます。400ccバイクのデメリットは400cc越えのバイクと維持費があまり変わらないことです。重量税や車検代などほぼほぼ大型バイクといわれる車種と変わりません。
引用: https://i.pinimg.com/564x/b4/02/b8/b402b80c23918efeac78a8ac6839f5e5.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/d0/d6/5e/d0d65e7bd7a89ba8e8711bfd63bc40dc.jpg
パワー、排気量共に満足したい方は400cc以上のバイクがおすすめです。400cc以上のバイクは最大1,500ccまで国内では基本的に生産されている排気量です。400cc越えバイクのメリットはロングツーリングなどでもストレス無く走行することが出来ます。また、パワーも十分ありますので、高速道路では爽快感を1番味わえます。400cc越えバイクのデメリットは維持費が過ごくかかることと日本国内では400cc以上の性能を発揮することが出来ないことです。やはり狭い道路ではアクセルを少しひねると法廷速度に達してしまうの為思う存分堪能は出来ません。
引用: https://i.pinimg.com/564x/24/20/f9/2420f9c81ffceb8005987b407987231e.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/50/76/94/507694ef70f2dd3bea6c6f9b8938dbc6.jpg
免許証には原付1種、原付2種、小型二輪免許、普通二輪免許、大型二輪免許があります。原付1種は16歳から免許が取れ最大2日間で教習が終了します。そして最大排気量は50cc以下のバイクに乗ることが出来ます。原付1種の違いを見分けるにはナンバーです。原付1種は白色のプレートに黒文字で書かれています。
引用: https://i.pinimg.com/564x/78/0c/6a/780c6a9646c86547f5da9de7e0ecc4cb.jpg
原付2種は16歳から免許取得可能でAT限定の125cc以下のバイクに乗ることが出来ます。原付2種は最大3日間あれば免許の取得が可能です。原付1種と原付2種の見分け方は排気量の違いとナンバープレートです。50ccから90cc以下の場合は黄色のプレートに黒文字です。90ccから125cc以下はピンク色のプレートに黒文字です。

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/5a/b9/54/5ab954ce2a89747cd4ac98a03a3276ce.jpg
小型二輪免許は原付2種のMT限定解除版の免許として覚えておくと簡単に覚えられます。小型二輪免許は16歳から取得可能で最大125ccのMT車に乗ることが出来ます。ハンバープレートは原付2種と同じになっています。
引用: https://i.pinimg.com/564x/58/e6/12/58e612bf9a21f42453686835adc2bcb2.jpg
普通二輪免許は最大400cc以下のバイクに乗ることが可能です。普通二輪免許の取得できる年齢は16歳からとなっています。125ccから250ccのバイクの見分け方は白色のプレートに緑文字で書かれています。251ccから400cc以下は緑枠に白色のプレートで緑の文字で書かれています。
引用: https://i.pinimg.com/564x/43/7d/8c/437d8c5af8d15abd4f84e7b828346ad5.jpg
大型二輪免許は最大400cc以上のバイクに乗ることが可能です。大型二輪免許の取得できる年齢は18歳からとなっています。400cc以上のバイクの見分け方は400ccと同じで緑ふちに白色のプレートに緑文字で書かれています。400cc以上からはナンバープレートでは見分けることが出来ませんが400cc以下のバイクとパワーやサイズが明らかに違うので見た目で分ると思います。
引用: https://i.pinimg.com/564x/eb/80/a6/eb80a6f837602da99aad543f99a9ea24.jpg

関連記事

おすすめの排気量は参考になったでしょうか。バイクは用途に合わせて排気量が違っています。通勤通学には50ccから125ccまでの排気量がおすすめです。街のりを楽しみたい方は250ccがおすすめです。中距離のツーリングを楽しみたい方は400ccがおすすめです。ロングツーリングを楽しみたい方は400cc以上のはいきりょうばいくがおすすめです。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/7a/cf/ba/7acfbadf9f3e64aaea196cd318f48f77.jpg