Tj8hzbexgrbnod6ghghs

バイク

CATEGORY | バイク

バイクの保管場所&方法ご紹介|防雨テント/コンテナ/屋外など網羅!

2018.06.23

バイクの正しい保管方法と場所はご存知ですか。雨の日でなくてもバイクは正しい保管方法や場所に置かないと錆びや故障の原因となってしまいます。そうならないために適切な保管方法と保管場所を紹介します。アパート住まいで屋外に保管する場合はどうするのが正しいのでしょうか?

  1. バイクの保管方法や保管場所はあっている?
  2. バイクの保管方法と場所:保管する前に
  3. バイクの保管方法と場所:どこに保管するか
  4. バイクの保管方法と場所:屋外で保管する場合
  5. バイクの保管方法と場所:バイクテントに保管する場合
  6. バイクの保管方法と場所:コンテナに保管する場合
  7. バイクの保管方法と場所:保管期間によって適した保管方法が異なる
  8. バイクの保管方法と場所:地域の気候によって適した保管方法
  9. バイクの保管方法と場所:保管中もケアが必要
  10. バイクのおすすめの保管方法と場所
  11. まとめ
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61g4rfIsQLL._SL1280_.jpg
今あなたがしている保管方法や保管している場所は本当にバイクが綺麗に保管できていますか。見た目は綺麗でも実際は湿気や汚れで保管中もバイクが汚れる可能性もあります。バイクの保管に適していない方法や場所ですと錆びや故障の原因となってしまいます。今保管しているバイクがあるならばメンテナンスして、適した保管方法と場所に収納することをおすすめします。バイクの保管に適した方法や場所をご紹介します。
引用: https://i.pinimg.com/564x/99/0b/91/990b91a2aea05506584f866bcff3733e.jpg

関連記事

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61i8Ge6RfVL._SL1280_.jpg
バイクを保管する前に必ずして欲しいことがあります。この方法をしなければ錆びや故障の原因となってしまいます。1つ目にして欲しいことはガソリンを満タンにしておくことです。なぜ保管するだけなのにガソリンを満タンにしておく必要があるのかと疑問に思う方が多くいると思いますが、バイクのガソリンタンク内は水の浸入の可能性やガソリンタンク内の錆が起こる可能性もあります。そうしてことを防ぐためにガソリンタンクを満タンにしておきましょう。2つ目は保管期間によってことなりますが、長期間保管する場合はバッテリーは取り外すことをおすすめします。保管している間にバッテリーが消耗し、乗りたいときにはバッテリーが上がっているということもあります。バッテリーを外すのは手間ですが保管するには必ずしておきたいことです。3つ目はキャブレターのガソリンを抜くことです。キャブレターとはガソリンと空気が混じる部分です。空気と混じるこtでガソリンが腐りやすいため抜くことをおすすめします。腐ったガソリンがバイクの故障原因となります。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71k0LjHtiML._SL1400_.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/91/5c/1c/915c1cd31c734ac2ac12c83194f82611.jpg
バイクはどこに保管してあるでしょうか。土地が余っているから屋外に保管、バイクのことを思うと屋内に保管という方も色々あると思います。そこで適した保管場所をご紹介します。バイクの保管倍所に1番適しているのは雨風の当たらない室内です。ですが、アパート住みで室内に保管できないとい方にはおすすめの保管方法があります。また、アパート住みで室内保管が難しいいと言う方に屋外で保管する場合やバイクテントで保管する場合、コンテナなどに保管する場合のポイントをご紹介します。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51b1apxwsHL.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71dXjFkWViL._SL1500_.jpg
アパート住みで室内には入れられないという方や屋外の保管しかできないという方に屋外での保管方法をごしょうご紹介します屋外で保管する場合に気をつけたいポイントは雨風です。住んでいる地域によって雨や風の種類が異なりますが、バイクにとって雨や風というのは天敵です。なので、屋外に保管するにしても雨や風に当たらない保管場所必要です。屋外で保管する場合は最低限の保護をしましょう。最低限の保管方法はバイクカバーです。バイクカバーは雨や風を防ぐことが出来ます。そして安価でも購入できるのもポイントです。バイクカバーはバイク全体を包むものから、タイヤ以外を保護するものがありますが、屋外で保管する場合はバイク全体を包めるものがおすすめです。アパートなどの保管する場所がない方におすすめです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71bDAXTaTzL._SL1500_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/619xN9n8AtL._SL1500_.jpg
室内に保管することが出来ない方におすすめする保管方法はバイクテントです。バイクテントはバイクが1台置けるスペースがあれば設置できアパート住みの方でもバイクテントが使えます。バイクテントはバイク1台を入れることが出来るスペースがありバイクカバーよりも雨風を防ぐことが出来ます。ただし、ビニール製などで出来ているのもが多くありますので、湿気が溜まりやすくなっていますので、定期的なメンテナンスが必要となってきます。バイクテントは雨風は防げますが、湿気が原因で故障する可能性がありますので注意しましょう。アパートに住んでいる方には特におすすめの保管方法です。ですが、バイクテントは場所をとるため大家さんや管理事務所に相談が必要です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71sDsDTvjSL._SL1500_.jpg
引用: http://www.lixil-online.com/img/goods/10/21/BA_G_FXN2234HY_31.jpg
アパートなどの住んでいて保管する場所がないという方におすすめする保管場所はコンテナです。コンテナは色々種類がありますが、アパートなどに住んでいて保管する場所がないという方はトランクルームというコンテナ貸し出しをしているところに保管するのがおすすめです。敷地内にコンテナを置けるという方はバイク専用のコンテナを購入するか物置に使用するようなコンテナがおすすめです。トランクルームというコンテナは月額約2,000円程度で借りることがでますので、綺麗に保管したという方にはおすすめです。
引用: http://www.lixil-online.com/img/10/bikegarage/item01.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/2b/e4/45/2be445c939f213bbcecc676e9adc3b54.jpg
バイクの保管といっても保管期間があります。1ヶ月に数回のツーリング程度しかバイクを使わない投下他の保管期間と1年に数回しか乗らないというかの適した保管方法が異なってきます。月に何回か使用するというかたは定期的なメンテナンスを行えるためあまり気にすることはありませんが、夏場や冬場の気候が激しい期間ずっと保管するという方は特に定期てきなメンテンスが必要です。乗らないバイクは知らず知らずの間に呼称していることもありますので本当に乗りたいと思ったときには乗れないということもあります。保管期間に合わせて定期的なメンテナンスをしましょう。メンテナンスにおすすめする期間は1ヶ月に1回はエンジンを作動させるなりチェーンのさびなど無いかなどの目視点検を行うことをおすすめします。
引用: https://i.pinimg.com/564x/31/54/96/31549627eaca433b1eda82a2327f49c2.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/14/b4/5b/14b45bc3b3f08c2b2b4e1d29b4bf6391.jpg
バイクを保管する地域や気候によって適した保管方法がことなります。雨風の少ない地域などはコンテナなどに保管しなくてもいいのですが、海辺に住んでいる方は錆びる可能性が高くなっていますのでコンテナがおすすめです。雪の降る地域の方もバイクにとっても雪が積もるのはおすすめできません。なのでコンテナなどの雪が積もらないスペースに保管が必要です。特に海辺や雪の降る地域の方は気をつけましょう。バイクは車と違いエンジンが剥き出しの状態なのですぐに錆びや故障が起こります。そうならないためにも適した保管場所が必要です。
引用: https://i.pinimg.com/564x/8d/dc/9d/8ddc9dc9b531d6007dc648113964ab41.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/43/b7/38/43b7385b0a2e6549c2071b5c1ccfaa21.jpg
バイクをコンテナなどに保管しているから大丈夫というわけではありません。コンテナやバイクテントというのは湿気の溜まり安い構造になっているため夏場や梅雨時はかなり危険です。なので定期的なメンテナンスを行いましょう。メンテナンス方法はエンジンの定期的な作動とグリスアップやエンジンオイルなどの交換です。バイクはエンジンをかけないことで壊れることが多くあります。乗りたいときに乗れないというのはバイク好きにとって最悪なことなのでバイクは乗らなくても定期的なメンテナンスを行いましょう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/70/b6/d0/70b6d0d3b0eb6902f22a670534c3bb8a.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/aa/58/e8/aa58e8fe48f4642ec434e4c9179a66b4.jpg
バイクの保管期間や住んでいる地域の気候などによっておすすめの保管場所は変わるものですが、どの地域でもおすすめできる1番の保管方法があります。その方法は屋内に収納することです。バイクを屋内に収納するのは難しいという方がほとんどでアパートなんかに住んでいる人はしたくてもできないという方もいます。そこで屋内に似たような管理できる場所をご紹介します。保管場所はトランクルームがおすすめです。トランクルームは月額で契約してコンテナを借りる場所です。バイクを丁寧に保管するにはおすすめの場所です。トランクルームは基本的に月額2,000円あれば借りることが出来ます。ただし、室内といっても湿気など溜まりやすい場合がありますので、定期的なメンテナンスと湿気が溜まらないような対策が必要となってきます。
引用: https://i.pinimg.com/564x/1f/a8/e1/1fa8e112d9ba60d97b3e3a226741ff9b.jpg

関連記事

バイクの保管方法や保管場所は参考になったでしょうか。バイクの保管方法は雨風に当たらないよう場所に保管し湿気のたまらないようにするのがポイントです。雨風というのはバイクにとって天敵ですので対策をしましょう。また、保管場所ですが、最適な場所は室内ですが、それは不可能という方も多いのでバイクテントやコンテナなどをおすすめします。バイクテントやコンテナなどはバイクを雨風に晒すことなく保管できます。保管するときは定期的なメンテナンスを行いましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61g4rfIsQLL._SL1280_.jpg