Pnbgeif0uvbutntnpysy

趣味・ライフスタイル

CATEGORY | 趣味・ライフスタイル

コーヒー豆の保存容器のおしゃれでおすすめなのは?真空保存が良い?

2018.06.24

コーヒーを豆から挽いてコーヒーを飲む人の悩みはコーヒー豆の酸化ですよね。コーヒー豆の保存には真空が良いというのは本当なのでしょうか。状態良く保存するためには保存容器を工夫しないといけません。コーヒー豆の保存に適したおしゃれでおすすめの保存容器を紹介します。

  1. おすすめのコーヒー豆保存容器は真空?
  2. おすすめのコーヒー豆保存容器は真空?【100均】
  3. おすすめのコーヒー豆保存容器は真空?【専用保存瓶の場合】
  4. おすすめのコーヒー豆保存容器は真空?【冷蔵保存の場合】
  5. おすすめのコーヒー豆保存容器は真空?【冷凍保存の場合】
  6. おすすめのコーヒー豆保存容器は真空?【保存容器選びのポイント】
  7. おすすめのコーヒー豆保存容器は真空?【ニオイ】
  8. おすすめのコーヒー豆保存容器は真空?【桐箱で保管】
  9. おすすめのコーヒー豆保存容器は真空?【ステンレス製】
  10. おすすめのコーヒー豆保存容器は真空?【まとめ】
引用: https://pds.exblog.jp/pds/1/201411/26/91/e0318091_1259346.jpg
コーヒーが好きな方は毎日のようにコーヒーを飲んでいる方が多いのではないでしょうか?最近はインスタントコーヒーも増えていており多くの方はインスタントコーヒーを家庭で飲んでいる方が多いでしょう。でも時々喫茶店などでコーヒーを飲むとやはり豆からひいたコーヒーは美味しいと感じて豆からひいて飲みたくなりますよね。でも自宅で豆からひいたコーヒーを買って保存しておくと酸味が強くなったりして美味しくなくなったり感じることがありませんか?それはコーヒー豆の保存方法で変わってきます。
引用: http://www.ippuudou.com/img/img_tenpo_01.jpg
全国的にも有名なスタバのコーヒーは買った時はすぐに使わなくても大丈夫のようにスタバオリジナルのフレバーロックという真空状態で販売しております。スタバで販売しているコーヒー豆はひいてすぐ飲んだ時と変わらない保存方法が真空パックです。スタバで飲んだら美味しいと感じるそのままの香りと味を自宅でも味わえるようにスタバは工夫されているようですね。スタバでおしゃれにコーヒーを飲みたいけど高いと思っている方も飲んでみると納得されます。その風味を殺さずにスタバではフレバーロックという真空パックでスタバのコーヒーを販売されています。

関連記事

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQxNYn6V67KGit-nudUKT-OkQxmJkmFgE6yLtTW7v7zbqhrHrDOIw
おすすめのコーヒー豆の保存方法はどのような容器で保管するとベストなのか?迷いますよね?あまり高額な保管容器を買うと高くつきお店でコーヒーを飲んだ方が美味しくて安く済みますので保管にできればあまりお金はかけたくないですよね。一番身近なのあ100均です。100均でコーヒー豆を保管できる容器があると便利ですね。100均ではどのような容器があるでしょうか。100均で販売している袋に注目です。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRQAw0zWRiwPnSJQPv3d1cjwScrU28obJ4sdxIm9gHz2sS6RFtQ6w
フリーザーパックですね。フリーザーパックは冷凍庫へ冷凍保存する際に小分けしておくと便利に使える袋です。100均のフリーザーパックでコーヒー豆を入れて保存しましょう。100均商品で完全に真空状態には出来ませんがある程度空気を抜くことができ、酸化予防にはなります。100均でもフリーザーパックはアルミでできたタイプがありますので空気が抜きやすくおすすめです。
引用: http://hackcoffeebeans.com/wp-content/uploads/2017/01/aromatic-1868978_1280.jpg
コーヒー豆を保存する方法で一番の理想は真空パックですが家庭でコーヒー豆を使うたびに真空パックにできることは不可能ですね。保存方法には袋や瓶がありますがコーヒー豆を専用瓶で保存するのもおすすめです。保存瓶の場合はおしゃれにみせることができますね。コーヒー豆は外に見せるだけで意外とおしゃれに見えます。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcR3yBsOi9dmi0xTiD3hNYX5USuYUd8McyYjFnVhQxtjVI76SWav
専用便は透明の方が外側からコーヒー豆が見えるためおしゃれに見えますね。専用便の利点はおしゃれに見える点ですが欠点は真空にできないという点です。ですのでなるべく早く消費しないといけません。湿気は乾燥材を入れておくと良いかもしれませんが酸化だけは避けられないですね。酸化予防には真空状態がベストです。
引用: http://blog1.shima-coffee.com/wp-content/uploads/IMG_1223.jpg
コーヒー豆を保存すると味が変わるといった経験は多くの方がされているのではないでしょうか?原因は酸化ですね。コーヒー豆は購入時と同じ状態で日持ちさせるのは難しいです。まず多くの方が袋に入れて保存か瓶に入れて保存ですね。しかし真空状態になっていなければ酸化はしていきます。
引用: http://caffettiera-espresso.com/image/image_g_been_02.jpg
少しでも美味しいコーヒーを維持して飲みたいものですね。コーヒーの酸化を防ぐ方法はまずは冷蔵保存です。専用瓶もしくは袋に保存して冷蔵庫の中で保管しましょう。保存瓶で冷蔵庫の中に保管していると見た目もおしゃれですよね。おしゃれに保管するのも雰囲気作りで大切です。冷蔵保存の場合でも真空ではないため1ヶ月以内には使い切ることがおすすめです。
引用: https://costcotuu.com/wp-content/uploads/coffee.jpg
コーヒー豆を常温で保存する場合は真空パックが原則ですね。しかしご家庭できっちりとした真空パックができるところは滅多にないと思います。ある程度真空に近い状態にはできてもやはり酸素と接触するため徐々に酸化していきますね。冷蔵保存をする場合は1ヶ月以内には消費しないと酸化が進んできますがもし大量にコーヒー豆をもらったなどで小分けにした場合は冷蔵保存ではなく冷凍保存がおすすめです。冷凍保存でしたら酸化防止にもなりますし何といっても長期保存ができます。
引用: http://livedoor.blogimg.jp/remsy/imgs/9/3/9321e3f2.jpg
1ヶ月以上消費するのにかかってしまう方はコーヒー豆を冷凍保存するといいでしょう。1ヶ月以上持つとはいえ冷凍保存の場合は冷凍しすぎると今度は冷凍焼けを起こしてしまうこともあります。水分が飛んでしまったり味が変になってしまうため、冷凍保存をした場合でもなるべく早めに消費する方がおいしくコーヒーをいただけます。

関連記事

引用: https://item-shopping.c.yimg.jp/i/l/lucky-star-foods_c0013_1
コーヒー豆を保存する時に保存容器も色々ありますが保存瓶は外側から豆が見えておしゃれ感がでて雰囲気が良くなりますがコーヒーの保管でコーヒー豆には遮光性があった方がベストです。直射日光はコーヒーの風味を損なわせて日々劣化していきます。
引用: http://3.bp.blogspot.com/-Nt2jppDaGHY/UXvpuNFlqZI/AAAAAAAACrU/CCeXRC_lGBI/s1600/DSC_0836.jpg
ですのでおしゃれに見える保存瓶で置いておきたい気持ちも分かりますが遮光性がある保管容器でコーヒー豆は保管することをおすすめします。もしどうしても保管瓶が透明瓶しかない方はできるだけ 日に当たらない場所で保管しておきましょう。せっかっくのコーヒーの風味がもったいないですよ。
引用: https://ic4-a.wowma.net/mis/gr/115/image.wowma.jp/33417330/ext_cabinet/reupload/kanaemina/cabinet/ma/a002/toskapot_1.jpg
コーヒー豆といえばいい香りがしますね。コーヒーの香りが嫌いな方はあまりいないのではないでしょうか?しかし保管となれば別ですね。もしコーヒー豆を保管する容器がずっとコーヒーしか入れないと決めている方は問題ありませんが普段はインスタントコーヒーでコーヒー豆を頂いたとかで保管する場合は容器にコーヒーのにおいが付きますね。
引用: https://shop.r10s.jp/s-zakka-show/cabinet/item1/imgrc0063665018.jpg
このコーヒーのにおいが付いたらなかなかとれるものではありません。そこでコーヒー豆の保管容器でおすすめの容器はホーロー製の容器です。ホーロー製の容器はニオイがつきにくく調味料などを入れておくのに便利な材質です。このホーロー製であればコーヒーのニオイも付きにくくておすすめです。
引用: https://ic4-a.wowma.net/mi/gr/114/livingut.info/images/maker_sonota5/264440-1.jpg
コーヒー豆を保管するのにつかわれる材質で桐で作られたキャニスターも販売されています。霧といえば桐箪笥が有名ですよね。古くなっても削って磨けば新品同様によみがえることから昔から箪笥を桐で作られて先祖代々から引き継がれているものもあります。その桐箪笥でも有名な桐でコーヒーキャニスターがあります。値段は高めで1万円台ですが密閉性にも優れており何といっても適度な湿度で保管ができるという利点があります。湿度が高すぎても低すぎてもコーヒー豆は劣化していくものです。
引用: https://ic4-a.wowma.net/mi/gr/114/livingut.info/images/maker_sonota5/264441.jpg
あまりコーヒー豆が劣化していくとコーヒーの酸味が強くなり飲んでも美味しくなくなります。ですので保管方法は重要ですね。桐製のキャニスターはそんなコーヒー豆にお弱点でもある直射日光も防いで適度な湿度で保ってくれますのでおすすめです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/612KQFXwfOL._SY355_.jpg
最後におすすめするコーヒーを保管するキャニスターの材質はステンレス製です。ステンレス製はまず直射日光の場所でも日に当たることもなく安心です。また密閉されていますので冷蔵庫に直しておくと日持ちもしますね。ステンレス製のキャニスターはニオイ対策にも強いです。
引用: http://livedoor.blogimg.jp/remsy/imgs/0/e/0ef30c4f.jpg
元々ステンレスが匂い写りしない素材のためコーヒー豆を収納していてもニオイが残ったりはしないのでおすすめですね。またステンレス製も中身は見えませんが保存容器がおしゃれに作られていますね。
コーヒー豆は保管方法は真空冷凍が一番いいですがなるべく早く消費した方が美味しいのでなるべく早めに消費するようにしましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://cdn.macaro-ni.jp/assets/img/shutterstock/shutterstock_326070713.jpg