Jywbkelx2x4budgbo6it

音楽

CATEGORY | 音楽

オーディオテクニカのイヤホンの評価は?ワイヤレスタイプが人気?

2018.07.06

オーディオテクニカのイヤホンは最近若者を中心に愛用している人も多いですよね。特にオーディオテクニカのイヤホンの中でもマイク付きやワイヤレスタイプが好評です。今回はそのようなオーディオテクニカのイヤホンの評価やおすすめのタイプ、そして付け方や修理方法までご紹介!

  1. オーディオテクニカのイヤホンの人気や評価が気になる!
  2. オーディオテクニカとは?
  3. オーディオテクニカのイヤホンの種類はこちら!
  4. オーディオテクニカのイヤホンの種類① CKRシリーズ
  5. オーディオテクニカのイヤホンの種類② CKNシリーズ
  6. オーディオテクニカのイヤホンの種類③ CKSシリーズ
  7. オーディオテクニカのイヤホンの種類④ E(旧:IM)シリーズ
  8. オーディオテクニカのイヤホンのみんなの評価は?
  9. オーディオテクニカのイヤホンでは付け方に迷うタイプも!
  10. オーディオテクニカのイヤホンの修理はどうすればいい?
  11. オーディオテクニカのイヤホンはワイヤレスタイプやマイク付きタイプが人気!
  12. オーディオテクニカのおすすめイヤホンはこちら!
  13. オーディオテクニカのおすすめイヤホン① SOLID BASS ATH-CKS1100
  14. オーディオテクニカのおすすめイヤホン② インナーイヤーヘッドホン スティールブラック ATH-CKR50 BK
  15. オーディオテクニカのおすすめイヤホン③  GLAMORCY カナル型イヤホン ブラウン ATH-CKF77 BW
  16. オーディオテクニカのおすすめイヤホン④ オーディオテクニカ ダイナミック型インナーイヤーヘッドホン ATH-E40
  17. オーディオテクニカのおすすめイヤホン⑤ SOLID BASS インナーイヤーヘッドホン ブラック ATH-CKS770 BK
  18. 【まとめ】オーディオテクニカのイヤホンでおしゃれを演出しながら楽しむ
引用: https://goody8.com/wp-content/uploads/2017/08/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%AA%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%8B%E3%82%AB%E3%83%AD%E3%82%B4%E7%94%BB%E5%83%8F.jpg
皆さんはオーディオテクニカのイヤホンはご存知ですか?最近は若者を中心に人気のオーディオテクニカのイヤホンですが、デザインもおしゃれなだけでなく、高音質の音楽を楽しむことができることから様々なシーンで使う人が多いです。そのような注目されているオーディオテクニカのイヤホンですが、マイク付きやワイヤレスの物も流行っているので、今回はオーディオテクニカのイヤホンの種類やおすすめをご紹介していきたいと思います。
引用: https://img.barks.jp/image/review/1000104563/660.jpg
オーディオテクニカというと、日本を代表する音響関係・映像関係のメーカーです。そのため、しっかりとした高品質なものが多く、クオリティについては満足する人が多いです。ヤマハに続く質の高さは注目している人が多く、今回ご紹介するイヤホンやヘッドホン、AVアクセサリー部門では日本中で絶大な信頼を得ています。

関連記事

引用: http://img.kakaku.com/images/article/pr/10/audio-technica/p01_img05_s.jpg
オーディオテクニカについて簡単にご紹介しましたが、次は最初にもご紹介したようにオーディオテクニカのイヤホンが注目されているため、オーディオテクニカのイヤホンの種類についてご紹介したいと思います。オーディオテクニカのイヤホンの種類はシリーズが存在し、それぞれ魅力的なポイントが異なるので、選ぶ際のポイントとしてご参考いただけたらと思います。
引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20140330/18/e-earphone/81/70/j/o0570038012892104406.jpg?caw=800
まず最初にご紹介するオーディオテクニカのイヤホンの種類はCKRシリーズです。CKRシリーズは「R」が特徴的なシリーズでこの「R」はHigh Resolution・音の再限度を追い求めたシリーズとなっています。そのため、音楽をより高いクオリティで聞きたい時にうってつけのシリーズで、プロなども愛用している人が多いです。
引用: https://www.audio-technica.co.jp/atj/sc/premiumcompact/images/tab_70_on.png
次にご紹介するオーディオテクニカのイヤホンの種類はCKNシリーズです。CKNシリーズの「N」はネクスト・ループサポート・ストラクチャーから来ているとされています。このシリーズの特徴と言えるのが、何と言っても「装着感」を意識して作られているシリーズで、体にしっかりとフィットして耳が痛くなったりすることなく音楽を最後まで楽しむことができます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/519F6mzoSLL._SL1000_.jpg
次にご紹介するのはCKSシリーズです。CKSシリーズは「S」シリーズと訳されることも多いのですが、「S」はSOLID BASSから来ているとされています。そのため、重低音領域に特化しているシリーズで様々な音域のある音楽にまさにうってつけのシリーズで、臨場感を楽しみたい方におすすめのシリーズと言えます。
引用: http://e-earphone.blog/wp-content/uploads/2017/06/E70.jpg
次にご紹介するオーディオテクニカのイヤホンの種類はE(旧:IM)シリーズです。E(旧:IM)シリーズはプロが愛用するように設計されたシリーズで、プロ用モニターイヤホンの製品群として知られています。もちろんプロが愛用するモニターイヤホンだけでなく、日常的に使う分にも大満足しやすい高品質のシリーズとなっています。
引用: https://goody8.com/wp-content/uploads/2017/08/%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97.jpg
オーディオテクニカのイヤホンの種類についてご紹介しましたがみんなの評価も気になると思います。この評価についてですが、シリーズなどもご紹介してわかるように、高品質のイヤホンなので、口コミ評価は極めて高いです。評価が高いことからリピートする人も多く、マイク付きやワイヤレスタイプが特に注目を集めています。
引用: https://www.audio-technica.co.jp/items/contents/101/model/ATH-CP500i/model_img/img_35534.jpg
オーディオテクニカのイヤホンは付け方に迷う人も多いと言われています。デザインもおしゃれなものが多いと共に、上記の画像のような耳にしっかりとフィットするタイプは少し特殊なデザインなので付け方に迷ってしまいがちですが、付属の説明書などを見ながら装着すると付け方は分かりやすいです。
引用: https://www.audio-technica.co.jp/items/contents/101/model/ATH-CP500i/images/detail.gif
付け方がどうしてもイメージできない方は上記の画像をご参考いただけたらと思います。耳の穴にサウンド部分をセットして、そこから上部にかけて固定していくものとなっています。オーディオテクニカのイヤホンはなめらかにフィットしやすいので、付け方が間違ってもいたくなりにくいですが、極力高品質の音を楽しむためにも付け方はしっかりと行うようにしましょう。
引用: http://blog-imgs-51.fc2.com/d/e/n/den2repairer/130516_204134.jpg
オーディオテクニカのイヤホンは高品質なのですが、繊細危機でもあるので雨などに濡れてしまった際になどには故障してしまう可能性があります。その際は修理はオーディオテクニカのメーカーに修理委託か店頭に持って行くような修理方法となっています。修理は少し値段が張ってしまいがちですが、綺麗になって返ってくるのでイヤホンの定期的な修理もおすすめです。この中では修理委託での修理が特におすすめです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61S3XnQduTL._SL1500_.jpg
途中でも少し触れましたが、オーディオテクニカのイヤホンではワイヤレスタイプとマイク付きやワイヤレスタイプが特に人気です。ワイヤレスタイプだとシンプルなデザインとなるので、余分なコードなども邪魔ではなく、使い勝手がいいと好評です。マイク付きの場合は電話などをする際に使い勝手がいいので、運転する際などにマイク付きの物を愛用する人も多いです。
オーディオテクニカ SOLID BASS Bluetooth ワイヤレスステレオヘッドセット ATH-CKS55XBT
価格
引用: https://image.biccamera.com/img/00000003105275_A01.jpg?sr.dw=320&sr.jqh=60&sr.dh=320&sr.mat=1
先ほどの画像はワイヤレスタイプのイヤホンについてご紹介しましたが、上記の画像はマイク付きのイヤホンとなっています。ワイヤレスタイプは比較的シンプルですが、マイク付きイヤホンもかなりシンプルです。どちらも使い勝手がいいのでおすすめと言えます。
引用: https://www.audio-technica.co.jp/items/contents/101/model/ATH-CKS77X/model_img/img_38366.jpg
オーディオテクニカのイヤホンの種類や付け方修理などについてご紹介しましたが、次は実際にオーディオテクニカのおすすめイヤホンについてご紹介していきたいと思います。どのイヤホンもかなり人気でお勧めなので、イヤホンを新しく買い替えようと考えている方はぜひご参考いただけたらと思います。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51-N0cSZBlL._SL1000_.jpg
まず最初にご紹介するのはSOLID BASS ATH-CKS1100です。価格はやや高めの物となっていますが、臨場感をしっかりと楽しむことができるイヤホンとして人気です。特にDVD鑑賞時におすすめで、好きな映画やLIVEDVDなどを楽しむ際にしっかりとした音を楽しめるので大絶賛です。
オーディオテクニカ SOLID BASS ATH-CKS1100
価格 ¥ 16,780
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31zxBgLEoeL.jpg
次にご紹介するのはインナーイヤーヘッドホン スティールブラック ATH-CKR50 BKです。インナーイヤーヘッドホン スティールブラック ATH-CKR50 BKはブラックカラーがおしゃれでかっこいいと好評のイヤホンですが、もちろん音質もハイクオリティな点が人気です。さらに、コスパに優れていることから多くの人が手が出しやすいのが魅力的と言えます。
オーディオテクニカ インナーイヤーヘッドホン スティールブラック ATH-CKR50 BK
価格 ¥ 3,929
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71yO6yyRbvL._SL1500_.jpg
次にご紹介するのはGLAMORCY カナル型イヤホン ブラウン ATH-CKF77 BWです。GLAMORCY カナル型イヤホン ブラウン ATH-CKF77 BWはデザインがおしゃれだと好評で、特にブラウンカラーが人気です。重低音もしっかりと楽しむことができることから幅広い音域を楽しむことができるのでおすすめです。
audio-technica GLAMORCY カナル型イヤホン ブラウン ATH-CKF77 BW
価格 ¥ 2,390
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/7187jRDonFL._SL1500_.jpg
次にご紹介するのはオーディオテクニカ ダイナミック型インナーイヤーヘッドホン ATH-E40です。ATH-E40は耳にしっかりとフィットすることから人気なのですが、しっかりとした音質を楽しめることから注目されています。臨場感のある音を楽しむことができ、音の解像度に優れているのが魅力的なイヤホンと言えます。
audio-technica オーディオテクニカ ダイナミック型インナーイヤーヘッドホン ATH-E40
価格 ¥ 12,700
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/513jWsVQRHL._SL1000_.jpg
次にご紹介するのはSOLID BASS インナーイヤーヘッドホン ブラック ATH-CKS770 BKです。ATH-CKS770はしっかりとしたフィット感ももちろんですが、重低音が好評のイヤホンでもあります。ロック系の音楽を聴きたい方に好評で、高音もしっかりと楽しめるので音楽好きにはおすすめです。
オーディオテクニカ SOLID BASS インナーイヤーヘッドホン ブラック ATH-CKS770 BK
価格 ¥ 4,850

関連記事

引用: http://ascii.jp/elem/000/001/062/1062293/top%20(1)_588x.jpg
今回はオーディオテクニカのイヤホンについてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。オーディオテクニカのイヤホンはどのシリーズを選んでも満足いくものがほとんどで、やはり日本を代表するメーカーと言えます。音楽だけでなくDVD鑑賞にも使われることが多いので、サウンドをしっかりと楽しみたい方におすすめです。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://gigaplus.makeshop.jp/gcom1420/CategoryPage/maker/audio_technica.jpg