Qrvnuz4io0gfueppjwte

帽子

CATEGORY | 帽子

帽子のかぶり方まとめ!定番のキャップやニット帽もおさらい。

2018.06.20

帽子のかぶり方にはさまざまあるもので、なかなか知られていないかぶり方も結構あります。今回はキャップ、ニット帽、キャスケット、サンバイザー、バケットハットについて、それぞれのおしゃれな帽子のかぶり方を解説していこうと思います。

  1. はじめに:帽子のかぶり方は人それぞれ!自分なりのかぶり方をしてみよう!
  2. 【キャップ、ニット帽、キャスケット、サンバイザー、バケットハットのかぶり方!それぞれの帽子の良さは?】キャップ①前髪を下ろす
  3. 【キャップ、ニット帽、キャスケット、サンバイザー、バケットハットのかぶり方!それぞれの帽子の良さは?】キャップ②前髪を上げる
  4. 【キャップ、ニット帽、キャスケット、サンバイザー、バケットハットのかぶり方!それぞれの帽子の良さは?】キャップ③後ろかぶり
  5. 【キャップ、ニット帽、キャスケット、サンバイザー、バケットハットのかぶり方!それぞれの帽子の良さは?】ニット帽①前髪を下ろす
  6. 【キャップ、ニット帽、キャスケット、サンバイザー、バケットハットのかぶり方!それぞれの帽子の良さは?】ニット帽②前髪を上げる
  7. 【キャップ、ニット帽、キャスケット、サンバイザー、バケットハットのかぶり方!それぞれの帽子の良さは?】キャスケットはどうかぶる?
  8. 【キャップ、ニット帽、キャスケット、サンバイザー、バケットハットのかぶり方!それぞれの帽子の良さは?】サンバイザーはどうかぶる?
  9. 【キャップ、ニット帽、キャスケット、サンバイザー、バケットハットのかぶり方!それぞれの帽子の良さは?】バケットハットはどうかぶる?
  10. まとめ:キャップ、ニット帽、キャスケット、サンバイザー、バケットハットは自分なりのかぶり方でおしゃれにかぶろう!帽子は最早おしゃれだ!
引用: https://img.fril.jp/img/116648691/m/329956501.jpg?1513963052
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61Byki%2Bn%2BXL._UX385_.jpg
帽子のかぶり方についてはあまり知らない方も多いのではないのでしょうか。オーソドックスなかぶり方は知っていても、それ一種類は知っていても他のかぶり方を知らない、なんて意見は結構多いはずです。今回は色々な帽子についてかぶり方を解説していきたいと思いますが、今回紹介するのはキャップ、ニット帽、キャスケット、サンバイザー、バケットハットの5種類に絞ります。「こんなかぶり方があったのか!」というようなかぶり方もあるので、いくつか見ていきましょう。

関連記事

引用: https://img1.kakaku.k-img.com/images/tasclapicv/450/000/000/1/1929/tasclapimage_1929_11_1.jpg?d=20180316174301
引用: https://img1.kakaku.k-img.com/images/tasclapicv/450/000/000/1/1929/tasclapimage_1929_12_1.jpg?d=20180316174301
まずは前髪が少し長めの方に向けたキャップのかぶり方ですね。このかぶり方は前髪の効果が相まって少し小顔効果が見込まれ、さらに少しおしゃれな印象を与えることができます。例えば前髪が少しななめに流せる方はエッジ感が出るので非常におしゃれですし、カールしている前髪を露出させるのであれば、少し外国人スタイルに近いスタイルを作ることができます。キャップはつばを前にしても後ろにしても良いですが、トレンドに則ったスタイルを作るのであれば前かぶりが良いでしょう。
引用: https://img1.kakaku.k-img.com/images/tasclapicv/450/000/000/1/1929/tasclapimage_1929_10_1.jpg?d=20180316174301
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51WHJBSvZ2L.jpg
では前髪が短い方、もしくは帽子をかぶる上では前髪を上げたい方へのおすすめのかぶり方ですね。前髪を上げるスタイルはかなりきれいめスタイルといわれており、顔回りがスッキリして清潔感がアップします。襟足が長い方に関しては前髪を上げるとワイルド感もアップさせることができるため、長身な方などには結構おすすめのスタイルであることが多いです。つばは少し短めのものをチョイスし、スッキリとかぶってみましょう。かなり印象は変わることかと思われます。
引用: https://img1.kakaku.k-img.com/images/tasclapicv/450/000/000/1/1929/tasclapimage_1929_8_1.jpg?d=20170712171851
引用: http://lymph-beautycare.com/wp-content/uploads/2017/05/x165d680fb04fb6fb16279c8073d2c9a8.png.pagespeed.ic.DWqO_q1qej.jpg
少し幼さやあどけなさが出る後ろかぶり。幼さが出てしまう故にあまり大人のかぶり方としては推奨されないことが多いですが、キャップのデザイン次第ではかなりおしゃれに見せることができます。ポイントは「つばの短い帽子で後ろかぶりをすること」です。つばが長い帽子で後ろかぶりしてしまうと少年のような印象がどうしても抜けないので、つばが短い帽子で行うことでスッキリとし、前髪も上げてかぶることで程良く幼さの残るスタイルに仕上げることができるのです。またキャップのデザインはシンプルなものを選ぶことも重要ですよ。
引用: https://img1.kakaku.k-img.com/images/tasclapicv/450/000/000/1/1851/tasclapimage_1851_117_1.jpg?d=20171117132554
引用: https://cdn.thumb.shop-list.com/res/up/shoplist/shp/__basethum900__/rockste/35/618992_4.jpg
前髪を出すニット帽のスタイルはかなりトレンドに則ったカジュアルなスタイルを確立することができます。キャップの時もそうでしたが、帽子をかぶるうえで前髪を下ろすことはおしゃれなスタイルに自ずと近づいていきます。また見た目が非常におしゃれで、髪にカラーを入れている方なんかは是非とも下ろしてかぶった方がおしゃれですね。ニットは浅めにかぶるか、深めにかぶるか、という意見ですが、前髪を下ろす場合は少し浅めにかぶって、シルエットを大きく見せるとカジュアル感が増して良い感じのスタイルになりますよ。
引用: https://img1.kakaku.k-img.com/images/tasclapicv/450/000/000/1/1851/tasclapimage_1851_118_1.jpg?d=20171117132554
引用: https://i0.wp.com/sakidorico.s3.amazonaws.com/wp/wp-content/uploads/2016/04/5708d9b94771a.jpg?fit=500%2C600&ssl=1
こちらはニット帽の中に前髪をしまいこんでしまう形ですね。やはりキャップと同じで前髪を上げるスタイルはかなりきれいめスタイルに近づいていきます。このかぶり方はかなりオーソドックスなようで実は王道、ニット帽をかぶるなら前髪はしまいこんだ方が絶対に良いという方までいるほどです。さらに眼鏡やサングラスをかけたうえでニット帽をかぶる方は、確実にこちらのスタイルの方が良いと言えます。顔回りがスッキリするかぶり方なので、そうしたオプションアイテムを邪魔な感じにさせないためにも前髪はしまいこんでかぶりましょう。

関連記事

引用: https://monde.jp/blog/image/corde/2017.01.27/6.jpg
引用: https://i1.wp.com/store.14plus.jp/img/item/casquette_cap/icas0080/14-icas0080-ka3.jpg
キャスケットは少しシルエットの大きくなる帽子で、あまりかぶっているメンズは少ないかもしれませんが、それ単体でも非常におしゃれ度が高い帽子です。シルエットが大きい帽子ということで、少し丸顔が気になるメンズはキャスケットをかぶってみるとそのコンプレックスは払拭させることができるかもしれません。すなわち輪郭の形で結構似合うかどうかが決まってしまい、顔が細い方にはあまりおすすめできません。しかし似合う方となればどのようなかぶり方をしても合うのがキャスケットの魅力。つばは必ず真正面にして、きれいめな感じにかぶってあげましょう。
引用: http://ban-afiriman.com/wp-content/uploads/2016/02/sunvisormens.jpg
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/153/7490153/7490153B_1_D_500.jpg
スポーツ等の場面ではかなり生きるサンバイザー、実は最近はカジュアルな服装にも似合うサンバイザーが出てきているので、純粋なおしゃれとしても人気が出ています。サンバイザーは基本的につばは真正面、そして前髪は上げるのが一般的です。前髪を上げてすっきりかぶることによって、帽子によるスッキリ感、そして顔回りのスッキリ感と、二の矢つがえでスッキリとした印象を出すことができます。服装はスッキリとした夏服が似合い、ポロシャツやハーフパンツを合わせることによって、夏場に映えるアクティビティなスタイルにすることができます。
引用: https://monde.jp/blog/image/corde/2017.03.09/17.jpg
引用: https://img08.magaseek.com/images/details/20150909/001627146069_13.jpg?sr.dw=700
近年流行の波が始まったバケットハット、少し涼しめのシーズンや夏場にはかなり映える帽子となっています。このバケットハットはかなりお汎用性が高いうえに、帽子特有の髪の崩れやつぶれの心配があまりないので、今のメンズにはかなりおすすめの帽子です。こちらもキャップやニット帽と同じく、前髪を下ろすか上げるかの違いで大きく印象が変わるものになっており、前髪を上げればきれいめ、下せばカジュアルといったような印象操作をすることができます。スポーツデザインのバケットハットが多いので、かぶる際にはスポーティな服装が良いかと思われがちですが、実は結構カジュアルな服装にも似合います。アウトドアの服装などには抜群に似合うでしょう。
キャップ、ニット帽、キャスケット、サンバイザー、バケットハットのかぶり方をいくつか解説させていただきましたがいかがだったでしょうか。かぶり方というのは実は人それぞれ、あなたが知っているかぶり方が全てではない、ということを理解しておきましょう。最近メンズがかぶる帽子というのは、帽子の基本的な用途からは少し外れていることが多く、日よけ、防寒などの目的じゃなしに、おしゃれの一環でかぶることが多いです。皆様も日頃のコーディネートに帽子を加え、その服装に似合うようなかぶり方を研究してみてください。
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51WHzO2snSL._AC_UL260_SR200,260_.jpg
引用: https://i2.wp.com/belle-cheveux.org/wp-content/uploads/2017/09/77a9a2cee398fc12977c584f3a2f0e57.png?fit=640%2C387&ssl=1
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://img1.kakaku.k-img.com/images/tasclapicv/300/000/000/1/1929/tasclapimage_1929.jpg?d=20180316191800