Tetbh3mymc56b5cywjpa

バイク

CATEGORY | バイク

バイク レギュレーター特集|寿命/交換頻度/構造/故障の原因/費用など!

2018.06.24

レギュレーターは、バイクだけではなく、四輪の車にもついている電圧を安定させる構造の装置です。レギュレーターは、故障が発生すると、交換・修理が必要になります。ここでは、バイクレギュレーターの故障原因や寿命、交換・修理の方法やその費用についてご紹介します。

  1. バイクのレギュレーターとは!?
  2. バイクのレギュレーター交換!①バイクレギュレーターの構造
  3. バイクのレギュレーター交換!②バイクレギュレーター故障の症状とは!?
  4. バイクのレギュレーター交換!③バイクレギュレーター故障の原因とは!?
  5. バイクのレギュレーター交換!④バイクレギュレーターの寿命はどれくらい!?
  6. バイクのレギュレーター交換!⑤バイクレギュレーターの修理費用はどれくらい!?
  7. バイクのレギュレーター交換!⑥バイクレギュレーターは自分で修理できる!?
  8. バイクのレギュレーター交換!⑦バイクレギュレーターのパーツをご紹介!レギュレーター編
  9. バイクのレギュレーター交換!⑧バイクレギュレーターのパーツをご紹介!バッテリー編
  10. バイクレグレーター交換のまとめ
バイクや四輪の車は、動かす(走る)ことで、動力による電力が発生(発電)し、その電力をバイクや四輪の車に供給していく仕組みになっています。しかし、そこで発生した電力は、バイクや四輪の車が直接使うことは、できないのです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71VPluvXItL._SL1500_.jpg
電力には直流と交流がありますが、バイクなどが動力によって得られる電力は交流です。しかし、この交流の電力は、そのまま使うことができません。そこでレギュレーターを通して電力を直流に変換し、発電された電気を使える状態にしているというわけです。
○直流の波形
引用: https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/8/8f/Current_rectification_diagram.png
直流の場合、流れる方向や大きさが変化しません。
○交流の波形
引用: https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/6/6f/Waveforms.png/800px-Waveforms.png
交流は、周期によって大きさや向きが変化します。

関連記事

まず、バイクのレギュレーターの構造は、四輪の車とは違うということを知っておいてください。四輪の車の場合、レギュレーターとレクチャファイヤに分けられていますが、バイクのレギュレーターの構造では、これが一体化されており、正式にはレギュレートレクチュファイヤと呼ばれています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41kVQ73oX8L.jpg
中の構造はいくつかの配線によって構成されており、それ程複雑な構造ではありません。また、サイズ的にも大きいものではありません。しかし、単純構造でもレギュレーターの役割は非常に重要で、バイクの構造上、これがないと走ることができません。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/414svLSXw0L.jpg
バイクのレギュレーターが故障してしまうと、バイクにとってどのような症状が出るのでしょうか?分かりにくい場合や、明らかにおかしいといった症状もあります。そこで、バイクのレギュレーターが故障したときに出る症状をご紹介しますので、自分のバイクをチェックしてみてください。
・頻繁にライト類の球が切れる。
・ライト類の明るさが一定でない。
・バッテリーが液漏れを起こす。
引用: https://publicdomainq.net/images/201704/21s/publicdomainq-0008276tkg.jpg
このような症状が出ていて、ライト類の電球を交換しても症状が変わらない場合は、レギュレーターの故障を疑ってみてください。また、灯火類の証明の不安定、アイドリングの不安定、エンジンの始動苦なども、レギュレーター故障の前兆として見られる症状です。
・エンジンの始動・停止時に電圧の変化がない。
・バッテリーの充電不足によるエンスト
・エンスト後、セルは回るがエンジンがかからない。
・エンジンの押しがけをしても、エンジンが始動しない。
後半の4つの症状については、バッテリーがダメになったときと症状が似ていますので、バッテリーを充電・交換しても改善しない場合は、レギュレーターの故障によるものと考えられます。但し、この症状はあくまでもレギュレーターの故障を疑うものです。
引用: http://farm5.static.flickr.com/4046/4439722880_844a58043c.jpg
実際には、テスターによる計測を行わないと判断できません。実際には、20km程度の走行で前述した症状が出たり、エンジンがかかっているときにバッテリーのマイナス側を抜くとエンスト(エンジンストップ)を起こすなどの症状で確認できます。
バイクも四輪の車もそうですが、走ることによって当然熱を持つことになります。この熱というものは非常に厄介なもので、電子機器類だけでなく、消耗品等にも少しずつ影響を及ぼしているというのは事実です。そんな熱によって、レギュレーションが不具合を起こす原因となります。
引用: http://pictkan.com/uploads/converted/15/07/11/419385790-motorcycle-552787_1920-lYjV-1920x1280-MM-100.jpg
このバイクが発する熱は、レギュレーターが故障する一つの原因となりますが、急激に壊れるものではありません。バイクが発する熱によってレギュレーターの熱も徐々に上がり、結果的にレギュレーターを徐々に劣化させる原因となり、結果的にレギュレーターの故障の原因となるのです。
引用: http://gahag.net/img/201511/19s/gahag-0027232771-1.jpg
もちろん前述の他にも、経年変化による劣化や、衝撃によるものも故障の原因となります。熱による劣化が大きな原因となりますが、使用環境や使用条件によることも故障の原因となる場合もあるので、症状が出たら、レギュレーターを疑ってみてください。
バイクのレギュレーターの寿命といっても、使用条件や使用環境、走行距離や年数によっても変わってきますので、一概にここが寿命というのは困難です。例えば年数で考えると、5年でダメになるもの、10年経っても平気なものがあり、使用環境や使用条件によっても違いが出ます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/719LyGxbQHL._SL1500_.jpg
また、走行距離でも寿命は決めがたく、頻繁に乗ることで長寿命になったり、逆にあまり乗らないことで不調を招き、結果寿命を短くしてしまうなど、走行距離による寿命も決めがたいのです。ですから、一概に寿命と決めつけず、定期的に確認することが大切です。
では、実際にレギュレーターを修理すると、どれくらいの費用が掛かるのでしょう?バイクの車種によっても費用は変わってきます。また、交換するレギュレーターの価格によっても費用は変わってきます。加えて、バッテリーなど、周辺パーツの交換が必要になれば、さらに費用は高くなってしまいます。
○バイクレギュレーターの価格:約2000円~
○バイクレギュレーター交換工賃:約1000円~
○バイク用バッテリー:約2000円~
引用: http://gahag.net/img/201606/03s/gahag-0092666360-1.png
工賃は簡単に交換できるものであれば、それ程は掛からないようですが、作業が困難になればなるほど工賃が上がり、費用は高くなります。また、レギュレーター自体も1万円以上するものもあるので、実際の費用については、ショップに確認してみましょう。
引用: http://www3.suzuki.co.jp/bikeshop_data/5967/1926/73570_L.jpeg
バイクのレギュレーター交換の費用を抑えるためには、自分でやるということも一つの方法です。しかし、レギュレーターの付いている場所によっては、外すのも困難なものもあるようですので、まずはレギュレーターの位置を確認してください。
引用: https://job-images.com/material/176-occupation-illustration.jpg
レギュレーターの接続は、カプラーオンで簡単に接続できますが、自分のバイクに合うレギュレーターを購入する必要がありますので、しっかりと調べてから購入してください。また、確実にレギュレーターの故障であることを、確認してください。
引用: https://publicdomainq.net/images/201712/13s/publicdomainq-0016699sin.jpg
バイクのレギュレーター交換にあたって、レギュレーターをいくつかご紹介しますので、今後購入する際の参考にしていただければと思います。
○レギュレーター 散熱対策済み ネット価格:1230円~
引用: https://item-shopping.c.yimg.jp/i/j/topsense_10000775
○交換用レギュレーター ネット価格:1490円~
引用: https://item-shopping.c.yimg.jp/i/l/tokutoyo_m127420l
○レギュレーター熱対策交換用 ネット価格:1706円~
引用: https://item-shopping.c.yimg.jp/i/l/tokutoyo_m122440d
レギュレーターの異常により、バッテリーもダメになったなんていう話も耳にします。ということで、バイクのバッテリーもご紹介しておきます。
○台湾ユアサ YTX7A-BS ネット価格:2100円~
引用: https://item-shopping.c.yimg.jp/i/n/bike-parts-center_11-06a_1
○GSユアサ YT4L-BS ネット価格:2195円~
引用: https://item-shopping.c.yimg.jp/i/n/sonic-speed_gs-yt4l-bs

関連記事

バイクにとってレギュレーターは、非常に重要なパーツの一つです。小さなパーツでありながら、バイクへの影響は絶大なものです。定期的なメンテナンスと定位的なチェックで、愛車のコンディションを維持することが大切です。レギュレーターはバッテリーにも影響を及ぼす可能性もありますので、しっかりとチェックしてください。
引用: http://farm5.static.flickr.com/4137/4773947771_5c82bb784a.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://gahag.net/img/201512/13s/gahag-0035984247-1.jpg