Ssmkfunxz2v8o4lq62ag

CATEGORY | 車

洗車のコーティングの頻度|順番|仕方は?スポンジなどおすすめを比較

2018.06.20

洗車の順番やコーティングの頻度を存知ですか。今回はスポンジで行う洗車のコツや水洗いの仕方を紹介します。また洗車を自分、プロ、洗車機で行う比較も解説します。この記事を参考に比較検討して正しい頻度と方法で洗車・コーティングをしてください。

  1. 洗車のコツや仕方比較や頻度水洗い順番コーティング方法をご紹介
  2. 洗車のコツや仕方比較や頻度水洗い順番コーティング方法①洗車する天候に注意
  3. 洗車のコツや仕方比較や頻度水洗い順番コーティング方法②水圧で汚れを落とす
  4. 洗車のコツや仕方比較や頻度水洗い順番コーティング方法③強くこすらない
  5. 洗車のコツや仕方比較や頻度水洗い順番コーティング方法④タイヤはしっかりと
  6. 洗車のコツや仕方比較や頻度水洗い順番コーティング方法⑤洗車時のふき取りに雑巾はNG
  7. 洗車のコツや仕方比較や頻度水洗い順番コーティング方法⑥コーティングはどうする
  8. 洗車のコツや仕方比較や頻度水洗い順番コーティング方法⑦洗車場か洗車ショップ
  9. 洗車の頻度
  10. まとめ
引用: https://i.pinimg.com/564x/7f/a0/57/7fa057f140a003e4ee0ea6208ec85516.jpg
車を持つ方なら誰しも1度は洗車をしたことがあると思います。洗車は車をきれいに保つためには欠かせないことですが本当の正しい仕方をご存知でしょうか。分からない方法で洗車をしてしまうと綺麗にするはずが逆に汚してしまったり車を傷つけることになってしまいます。そうならないためにも戦車に必要な順番や方法などを戦車にかかわる注意事項などをご紹介します。
引用: https://i.pinimg.com/564x/44/34/44/443444b21f111535417ddd41a1e8880a.jpg

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/81/64/3b/81643be22782ff1b913b89c02a70ac3b.jpg
洗車をし始める前に気をつけることをご紹介します。洗車をするときは夏の暑い時期にやるというのがイメージにあると思いますが、そのイメージは間違った洗車の方法を与えたイメージです。戦車を真夏の暑い太陽がガンガン照りつける中で行いますと車は高温になりかけた水も蒸発し洗っている最中の泡も蒸発しそれが水垢となってしまい洗っても結果汚れただけとなってしまいます。また、水や泡だけでなくスポンジも乾燥しますのでスポンジで車を傷つけることもありますので注意しましょう。そうならないためにも暑い時期にするのではなく少し涼しい季節や陰のある場所での洗車をおすすめします。
引用: https://i.pinimg.com/564x/84/a2/50/84a250f5ca658403d925864f5da5e42b.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/be/e9/0c/bee90ce4560a4b2f37b0e1163eec8792.jpg
洗車するときにはまずは大量の水と水圧で汚れを落とすことをおすすめします。洗車をするときにスポンジと泡で汚れを落とすイメージのある方が多いですが、実はスポンジと泡だけでは汚れは落とせません。汚れを落とすには先に汚れを水圧で落とします。そうすることで洗剤の使用量も減らすことが出来ますので、掛けすぎでないかと思うぐらい水をかけることをおすすめします。そうすると汚れも落ち安くなります。この方法は1度騙されたと思ってやってみてください。
引用: https://i.pinimg.com/564x/e6/5b/97/e65b97b30c66799c73973234ffea511a.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/cb/18/22/cb18228b6e89ed3cf34d6eaf501037b2.jpg
洗車時に良くやりがちなので強くこすることですが、実は車の汚れは強くこすることだけでは汚れは落ちません。その代わり強くこすることで傷は残ります。せっかくの洗車で車を傷つけたくなりませんよね。傷つけずに洗う方法は易しく大量の泡で洗うことです。こうすることで傷付くのを抑えることが出来ます。そして、車の汚れはスポンジと市販洗剤だけでは落ちない汚れもあります。いくら頑張ってもおちない汚れは無理にこすらず戦車のプロなどにお願いすることをおすすめします。
引用: https://i.pinimg.com/564x/43/86/7c/43867cb326a168a9060c073eeff91f3b.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/31/09/33/31093309b00edc07fe8395811a54d925.jpg
洗車をするときに意外と忘れがちで汚れが激しいタイヤはしっかりと洗いましょう。車のボディよりも汚れが酷く洗車よりもタイヤを集中的に洗うことをおすすめします。タイシやホイールは側面部分は綺麗に見えますが内側はとても汚れています。なのでホイールを洗うようにボディ用とは違うのスポンジを用意することをおすすめします。タイヤなどは黒ずみが激しいのでその汚れたスポンジでボディは洗わないようにしましょう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/69/d9/00/69d9002ba8217e914fc296c6608e100b.jpg

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/80/41/74/8041742b9c82e5d573fa0177d3f34b31.jpg
洗車し終わった後に拭きますがこのときに使用する布を確認してください。最近ではあまり見かけなくなりましたが車の洗車後に雑巾を使用してふき取る方です。雑巾は記事が荒く手で触るだけでもその荒さは分かるほどです。雑巾で車を拭いてしまうと微細な傷でなく大きな傷となっていしまいますので車の洗車には適したものでふき取ることをおすすめします。
引用: https://i.pinimg.com/564x/df/c7/c8/dfc7c8ff9a71f2105165e174f9554107.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/1b/56/4b/1b564ba6466096ed44116bd1f6a2b4dd.jpg
洗車後に必ず行うのがコーティング作業ですが、ここでも悩む場所があります。こーティングを自分で行うかお店で行うかです。コーディングは自分でも出来ますが、確実にコーティングしたいという方はお店にお願いする方が確実に綺麗に仕上がります。お店で使用するこーティング剤は市販で売られていないものを使用するため上品な仕上がりとなり光沢ある車となります。自分でも出来ますが、お店でお願いしたような光沢はなくとりあえずコーティングしていますといった仕上がりとなってしまいます。コーティングは自分でするかお店でするかは個人の自由ですが、どちらがおすすめかと言いますとお店でのコーティングをおすすめします。
引用: https://i.pinimg.com/564x/2d/1d/bd/2d1dbdd2b2ed36ed6449bb81bcd23cb6.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/bb/7d/fc/bb7dfc8aa3a4fb3be792b3af2da647cd.jpg
洗車するときに第一に悩むのが自分でするか洗車機に通すか洗車のプロにお願いするかです。自分でする場合のメリットデメリットはます、メリットとして自分でこと細かく自分の加減で洗車でき車好きは洗車の時間も楽しめます。また、洗車洗剤やスポンジなどこだわれるのもポイントです。デメリットはなんと言っても素人の技術と装備では汚れを落とせるには限界があることです。いくら綺麗にしたと思っても水垢がすいていたりとショックになります。そして、洗車には時間がかかることです。早くても1時間時間をかけると2時間から4時間はかかってしまいます。
引用: https://i.pinimg.com/564x/93/0a/bb/930abb0d50160e6479ffdeedb5fbc6b3.jpg

【比較】洗車機のメリットデメリット

引用: https://i.pinimg.com/564x/e9/4f/ad/e94fad0e1b7cfc7cb3494d4c45f95851.jpg
洗車機に通すときのメリットは低価格でしかも時短で洗車が行えとてもラクに車を綺麗にすることが出来ます。また、洗車する機械も色々あるため自分の車に合った洗車機を選ぶことが出来ます。洗車機のデメリットは手洗いじゃないため隅々まで洗うことが出来ず洗えない所が出てくることです。また、洗車後は水をふき取ることがないのでそのまま車に乗って帰ってしまうと水滴が水垢の原因となってしまいます。洗車機で洗うことでふき取るという手間がかかってしまいます。洗車機で楽する分色々メリットデメリットがあります。
引用: https://i.pinimg.com/564x/7f/16/89/7f168943e76f227b203fd9b5a6c75ddb.jpg

【比較】洗車のプロにお願いするときのメリットデメリット

戦車のプロにお願いするときのメリットデメリットをご紹介します。戦車のプロにお願いする場合のメリットは機械や素人では洗うことが出来ない技術と機械で車の隅々の汚れまで落としてくれることです。そして洗車時間も車のサイズにもよりますが1時間かからない作業スピードで完了します。そして、洗車ショップによってはサービスでコーディング作業もありラクができ綺麗になります。洗車ショップでのデメリットはなんと言っても費用がかかることです。洗車代金は意外と高額で車が汚れるたび行っているとお金が持ちません。コーティングなんかも洗車時に加えますと2万円を超える金額となります。
引用: https://i.pinimg.com/564x/cd/3d/ef/cd3def85807614476795c5355d197901.jpg
洗車の頻度は使用頻度や天候によって変わってきます。雨の続くときは雨が終わって晴れの日が続いた日に行いましょう。アウトドアなどにいた時は帰ってその日にすることをおすすめします。雪の日や積雪地域の場合は雪が降らなくなった時期がおすすめです。雪は白く汚れていないイメージですがかなり汚れが付いています。車の汚れは長い間置くことで落ちにくくなります。そうならないためにも洗車の頻度は気をつけましょう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/cd/3c/fe/cd3cfefb1a4698d845694288428ff176.jpg
洗車に関することは参考になったでしょうか。戦車は車を綺麗にすることで必ず必要なことですが、間違えた方法や手順を踏んでしまうと逆に汚したり車を傷つけることになってしまいます。そうならないためにも正しい方法を身に付けることが必要です。洗車のことに自信がない方は費用はかかりますが、洗車のプロなどにお願いするのもおすすめです。メリットデメリットを考えて上手に車と付き合いましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/7f/a0/57/7fa057f140a003e4ee0ea6208ec85516.jpg