// FourM
Catnnp740m3muurm10n6

趣味・ライフスタイル

CATEGORY | 趣味・ライフスタイル

恩田陸おすすめ書籍ランキング!直木賞蜜蜂と遠雷やドミノなど!

2018.06.20

恩田陸を知らないという方におすすめ書籍ランキングをご紹介します。直木賞作家でもある恩田陸の代表作には『夜のピクニック』『蜂蜜と遠雷』『ドミノ』『Q&A』がありますが、恩田陸のおすすめ書籍ランキングはどうなっているのでしょうか。

  1. 【おすすめ書籍ランキング】恩田陸とは
  2. 【おすすめ書籍ランキング】恩田陸の作風や特徴
  3. 【おすすめ書籍ランキング】恩田陸の受賞歴
  4. 恩田陸のおすすめ作品ランキング
  5. 恩田陸のおすすめ書籍ランキング5位六番目の小夜子
  6. 恩田陸のおすすめ書籍ランキング4位Q&A
  7. 恩田陸のおすすめ書籍ランキング3位ドミノ
  8. 恩田陸のおすすめ書籍ランキング2位夜のピクニック
  9. 恩田陸のおすすめ書籍ランキング1位蜂蜜と遠雷
  10. まとめ
引用: https://i.pinimg.com/564x/ef/d0/b3/efd0b3db61ce1b6a0744a01c531dd680.jpg
恩田陸は1964年に青森県青森市に生まれた作家。恩田陸は父親の仕事の影響により幼少期から住む場所を点々とする生活を送ります。恩田陸の出身地は現在実家がある宮城県仙台市と言われています。恩田陸は大学卒業後生命保険会社に勤めるが激務のため入社2年目で入院する。退院後読んだ作品である酒見賢一の「後宮小説」を読み、いつか作家になろうと志すも仕事が多忙なため作家活動が出来ず作家という夢のため4年目にして退社し作家活動に入る。退職後に描いた作品「六番目の小夜子」を第3回日本ファンタジーノベル大賞最終候補作に残り翌年「六番目の小夜子」という作品で作家デビューを果たします。
引用: https://i.pinimg.com/564x/1c/ad/88/1cad88eca289580a0b829380604c9b9f.jpg

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/bb/16/c9/bb16c98e6fb51bbcd6dc29cf932e4e17.jpg
恩田陸の作風や特徴をご紹介します。恩田陸の作風はデビュー作品である「六番目の小夜子」ファンタジー作品ですが、ミステリー、SF、ホラー、青春小説、冒険小説、音楽小説などジャンルを問わず幅広い作品を手がけている作家です。デビュー作はファンタジー作品ですが、恩田陸の作品で人気あるものは青春小説です。恩田陸の青春小説の中でも1番人気で恩田陸を知る上で欠かせないのが直木賞を受賞した「蜂蜜と遠雷」です。そのほかにもジャンルに囚われず恩田陸のおすすめ作品はありますので、恩田陸のファンとなった方は色々と読んで見てはいかがでしょうか。
引用: https://i.pinimg.com/564x/22/41/07/22410704685a4b8abec07bafc14cb760.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/34/50/d1/3450d1faa3287a6b1122627c348bc4b6.jpg
恩田陸の受賞歴をご紹介します。恩田陸が初めて受賞した作品は2004年刊行の「夜のピクニック」です。夜のピクニックは第26回吉川英治文学新人賞を受賞し、第2回本屋大賞を受賞した作品です。自身初の受賞でダブル受賞した作家は珍しいものです。2006年には「ユージニア」で第59回日本推理作家協会賞を受賞します。2007年には「中庭の出来事」で第20回山本周五郎賞を受賞。2017年には「蜜蜂と遠雷」で自身初の第156回直木賞を受賞し、第14回本屋大賞でも受賞しました。恩田陸の作品はジャンルに囚われず色々なジャンルで受賞を果たしている作家としてはすごい才能の持ち主です。そこで恩田陸のおすすめ作品をランキング形式でご紹介します。
引用: https://i.pinimg.com/564x/b3/5b/fd/b35bfda04fabcbb736ca3f2d6120b463.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/8f/18/f6/8f18f6ca6e96d258fdfa7b11a66fe545.jpg
恩田陸のおすすめ作品をご紹介します。恩田陸の作品はジャンルに囚われずファンタジー作品、ミステリー、SF、ホラー、青春小説、冒険小説、音楽小説などで活躍し作家としての作品は340作品以上とかなりの作品数を持ちどの作品も人気作品となっている。340作品以上の中でおすすめする作品は恩田陸のデビュー作となった「六番目の小夜子」ミステリー小説として人気ある「Q&A」連載中の作品の前作である「ドミノ」恩田陸が作家人生で初めて第26回吉川英治文学新人賞を受賞し、第2回本屋大賞を受賞した「夜のピクニック」自身初となる第156回直木賞を受賞した「蜂蜜と遠雷」です。
引用: https://i.pinimg.com/564x/2c/27/ad/2c27ad635416fcd044fc2c229a4f566b.jpg

関連記事

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51NAGKK9PFL._SX335_BO1,204,203,200_.jpg
恩田陸のおすすめ書籍ランキング5位は「六番目の小夜子」です。六番目の小夜子は1992年に発表し入賞はしませんでしたが、第3回日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作にまで残り恩田陸がデビューとなる作品です。六番目の小夜子はファンタジー作品です。六番目の小夜子はある学校が舞台となる作品で、学校で行われる行事が作品の物語をすすめていきます。そして、この作品はファンタジー作品でもありますがホラー作品の顔を持つ作品として有名で読み手によっては六番目の小夜子はファンタジー作品ではなくホラー作品という方もいます。この作品はジャンル分けするのが難しい作品となっていますが、どちらの要素としても楽しめる作品となって慰安す。六番目の小夜子はテレビドラマ化しますが、テレビドラマ化した作品は原作と異なる部分が多くありますので、原作とテレビドラマは別作品として考えて見ることをおすすめします。
引用: https://i.pinimg.com/564x/e3/42/df/e342dfe69bcaaf4b43716ee4965efefa.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51QK540623L._SX317_BO1,204,203,200_.jpg
恩田陸のおすすめ書籍ランキング4位は「Q&A」です。Q&Aは2004年に刊行した作品で恩田陸の読んでおきたい1作品に選ばれるほど人気ある作品です。Q&Aは主人公という人物は設定されておらずタイトル通りQ&Aとして質問者、回答者とのやり取りで進められる作品となっています。Q&Aは大型商業施設で起こった原因不明の事件を巡って質問者と回答者の手に汗握る緊張感の伝わってくる作品となっています。このQ&Aは人気作であり恩田陸の必ず読んでおきたい作品となっています。恩田陸のファンという方は必ず手にとっておきましょう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/6a/6e/ab/6a6eabf9e938d65a08a12b05a565b684.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51D03JHFKWL._SX331_BO1,204,203,200_.jpg
恩田陸のおすすめ書籍ランキング3位は「ドミノ」です。ドミノは2001年に刊行された作品です。ドミノは群像劇作品ですが、普通の群像劇のの人数とは違い「ドミノ」にでてくる人物たちは27人と1匹から繰り出される物語です。子の登場人物の多さに驚かされ読み手を困らせる作品となっていますが、登場人物27人と1匹の紹介があります。紹介があるぶん読みやすくなっている作品といえます。ドミノは恩田陸の作品の中でも珍しいコメディ作品となっています。また、ドミノは現在連載中の作品ドミノ2というシリーズ作品となっています。ドミノを読むならドミノ2も必ず読んで起きたい作品となっています。
引用: https://i.pinimg.com/564x/7d/71/dd/7d71dd027be9f11b2c730bdae57d3b20.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41Nry8WpMLL._SX349_BO1,204,203,200_.jpg
恩田陸のおすすめ書籍ランキング2位は「夜のピクニック」です。夜のピクニックは2006年に刊行した作品で第26回吉川英治文学新人賞を受賞し、第2回本屋大賞を受賞した人気作品であり読んで後悔の無い楽しめる青春小説となっています。夜のピクニックは学校行事でもある「走行祭」と呼ばれるものが舞台となる作品です。走行祭は朝8時から翌朝の8時までに80キロ先のゴールを目指すという学校行事です。その学校行事で繰り広げられる青春ストーリーをみて青春を思い出してみてはいかがでしょうか。また、こうした青春を贈って見たかったと感じてみるのも作品を楽しめる方法の1つかもしれません。夜のピクニックは小説だけでなく映画化にもなった作品なので小説を楽しんだ後に映像として見て見るのも楽しめる方法です。
引用: https://i.pinimg.com/564x/64/8a/68/648a68fe52ffa1498019efad2fc3d3c1.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61O3yV2bFWL._SX340_BO1,204,203,200_.jpg
恩田陸のおすすめ書籍ランキング1位は「蜂蜜と遠雷」です。蜂蜜と遠雷は第156回直木賞を受賞した作品であり第14回本屋大賞を受賞します。この直木賞と本屋大賞をダブルで受賞するのは史上初といわれ驚きを与えました。そして、「蜂蜜と遠雷」は直木賞と本屋大賞だけでなく第5回ブクログ大賞で小説部門大賞を受賞している作品であります。蜂蜜と遠雷は音楽コンクールを舞台にしたさくひんで恩田陸は今作品を作り上げるのに5年の歳月がかかったといわれる作品です。蜂蜜と遠雷は清秋小説と音楽小説の2つの顔を持つ作品です。直木賞を受賞した蜂蜜と遠雷は恩田陸を知るには必ず読んでおきたい作品です。
引用: https://i.pinimg.com/564x/c0/f9/94/c0f9948051cad41a21ded1ffc6d446fb.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/ef/d0/b3/efd0b3db61ce1b6a0744a01c531dd680.jpg
恩田陸のおすすめ作品ランキングは参考になったでしょうか。恩田陸の作風はファンタジー作品、ミステリー、SF、ホラー、青春小説、冒険小説、音楽小説などジャンルに囚われずに色々な作品を出している作家です。そしてジャンルに囚われることなくどの作品も人気あるものです。ここで紹介しましたものを見て作品選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。
引用: https://i.pinimg.com/564x/1c/ad/88/1cad88eca289580a0b829380604c9b9f.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/af/7e/b7/af7eb793407ea5242858342bd96d5f63.jpg