// FourM
Uhdxokslrpritkwjj9ve

趣味・ライフスタイル

CATEGORY | 趣味・ライフスタイル

有島武郎の代表作品おすすめ|或る女、一房の葡萄、星座、親子など!

2018.06.19

有島武郎の代表作品おすすめといえば、或る女や一房の葡萄、星座、親子などガあります。いずれも、繊細な人物描写が特徴であり、難しくないため、読めば読むほどのめりこんでいます。今回はそんな有島武郎の代表作品おすすめを紹介していきます。

  1. 有島武郎おすすめ代表作品は?
  2. 或る女、一房の葡萄、星座、親子など!有島武郎おすすめ代表作品:或る女
  3. 或る女、一房の葡萄、星座、親子など!有島武郎おすすめ代表作品:一房の葡萄
  4. 或る女、一房の葡萄、星座、親子など!有島武郎おすすめ代表作品:小さきものへ生れ出づる悩み
  5. 有島武郎おすすめ代表作品は見ごたえあり
明治時代から大正時代にかけて活動していた小説家の有島武郎。彼の代表作といえば、ある女や一房の葡萄を始め、男女の恋愛や夢や希望などをテーマにした作品が多く、しかもその舞台として北海道が舞台となっていることも特徴のひとつです。有島武郎自身が札幌農学校に在籍していたということもあり、北海道にゆかりのある人物としても知られています。北海道を舞台にしており、その文章からは繊細な人物描写や優しさ、読んだだけで情景が浮かび上がるような言い回しなどが当時としてはセンセーショナルであり、多くの人が彼の世界観に酔いしれて生きました。そんな有島武郎の代表作品をいくつか紹介していきます。
引用: https://kotobank.jp/image/dictionary/daijisen/media/105186.jpg
引用: https://kotobank.jp/image/dictionary/nipponica/media/81306024000490.jpg

関連記事

美しく才もあり、それでいて男をとりこにするための言葉も知っている女性が主人公の作品が、この或る女です。有島武郎の代表作でもあるため、ある程度作品を読んだ人にこそ読んでほしい作品です。若い頃は男を手玉に取っていた主人公ですが、ある男に嫁ぐためにアメリカに行くことを決意しますが、その道中に知り合った別の男に恋をすることから始まり、今まで優位に立っていた主人公が、年をとるに連れて焦燥感が高まっていき、それにあわせてさらに美しくなっていく妹たちなどを見て、挙句の果てには子悪魔と呼ばれていたその女性は小悪魔ではすまない事態になってしまうという、そんな作品となっています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51eOs8YV-VL._SX349_BO1,204,203,200_.jpg
引用: https://image.slidesharecdn.com/jnxasekotdovebzfsnxw-signature-fcb41101ce928789d05161a3f34d072120d04056e02d066522dc877c02c14620-poli-151004120447-lva1-app6892/95/-7-638.jpg?cb=1483509683
他の作品とは違い、子供をメインとした作品集が、この一房の葡萄です。こちらは幼少期に呼んだことのある人も中にはいるはずです。子供向けであるため、有島武郎の作品をはじめて読むという方にもおすすめの作品です。子供というのは、どうしても他人がもっていたり使用しているものを見るとうらやんでしまうものです。その子供の素直な真情の変化や行動がまた子供らしく、大人が読んでも非常にほほえましく感じるものです。子供向けとはいえ、大人が読んでもまったく子供向けという感じはなく、むしろ、自分ももしかしたらこの子のような子供だったのかもしれないという懐かしさを味わうかもしれません。
引用: https://pds.exblog.jp/pds/1/201302/14/62/a0299862_2029867.jpg
引用: http://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/9/38e1bbecfd8ead90366b1585c18a338b272bdc34.50.2.9.2.jpeg
先に紹介した或る女と同じくらい人気のある作品が、この小さきものへ生れ出づる悩みという作品です。主人公が作家であり、そんな主人公に、知り合いでもないとある画家を志している青年が尋ねてきて絵の感想を求めるところからこの作品は始まります。また絵を描いてくると約束してから、その青年は消息がわからなくなりますが、それからしばらくするとその青年から手紙が来て会いに行くことになりますが、たずねたときその青年は北海道で漁師として活動していました。若者が夢にあこがれて活動し、その中でも自信のなさと葛藤し、気がついたら現実を見てその夢を諦めてしまう、若者ならではの悩みが描写されています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41SQW8rNGSL._SX353_BO1,204,203,200_.jpg
引用: https://auctions.c.yimg.jp/images.auctions.yahoo.co.jp/image/dr000/auc0312/users/0/3/4/9/rosenote55-img976x826-1513750645oabezc27151.jpg

関連記事

いかがでしたか。有島武郎の代表作品は、非常に見ごたえがあることがわかったと思います。どうしても明治時代や大正時代に書かれた作品というのは、当時では主流となっている言葉の言い回しなどがあり、中には読みづらい作品もありますが、有島武郎の作品の場合、そのようなことがないため、かなり前の作品であるにもかかわらず非常にわかりやすく、読みやすくなっています。また、彼の優しさからくるその情景をイメージしやすい文章は、読書に苦手意識を持っていても気軽にその作品の世界観に没入することが出来ます。
引用: http://bensei.jp/images/large/books/06065_LRG.jpg
引用: https://cdn.4travel.jp/img/tcs/t/album/src/10/91/74/src_10917422.jpg?1408203032
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://www.shinchosha.co.jp/images_v2/writer/680.jpg