// FourM
Nkgqheu2ghsrjrqru6h2

趣味・ライフスタイル

CATEGORY | 趣味・ライフスタイル

海野十三のおすすめ代表作|獏鸚、蠅男、火星兵団、敗戦日記など!

2018.06.20

海野十三を知らない方のためにおすすめの作品や代表作をご紹介します。海野十三は小説家として活躍する作家ですが、作家だけでなくいろいろな分野に携わる人物です。海野十三のおすすめ代表作である『獏鸚』『蠅男』『火星兵団』『敗戦日記』『十八時の音楽浴』を紹介します。

  1. 海野十三とは
  2. 海野十三のおすすめ代表作①獏鸚
  3. 海野十三のおすすめ代表作②蠅男
  4. 海野十三のおすすめ代表作③火星兵団
  5. 海野十三のおすすめ代表作④敗戦日記
  6. 海野十三のおすすめ代表作⑤十八時の音楽浴
  7. まとめ
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71NG7Ox5PGL.jpg
海野十三は1897年に徳島県徳島市安宅町で生まれ、1928年に探偵小説である「電気風呂の怪死事件」で作家デビューします。海野十三のデビュー作はミステリー作品ですが、その後の作品はミステリー作品というよりもSF作品の要素が強くなり、海野十三は日本SF作家の元祖として言われています。海野十三はSF作家としてだけでなく推理小説、漫画家、科学解説家として有名です。幅広いジャンルで活躍する海野十三の作日は今もなお人気ある作品が多くあります。そこで海野十三の代表作から現在でも人気のある作品をご紹介していきます。今回紹介する作品は「獏鸚」「蠅男」「火星兵団」「敗戦日記」「十八時の音楽浴」の5つの作品です。この5つの作品は海野十三が好きな方なら外せない作品です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71NG7Ox5PGL.jpg
海野十三のおすすめ代表作は「獏鸚」です。獏鸚は短編小説作品集作品です。海野十三の作品はSF系要素の強い作品が多くありますが、獏鸚はSF系要素を含む作品はなく、ミステリー作品です。獏鸚は現在あるミステリー作品と比べますとミステリー要素はあまり強くないため現在あるミステリー小説と比べますと楽しめませんが、海の十三の作品としてなら十分に楽しめる作品となっています。ミステリー小説としては期待しない方がいい作品ですが、楽しめる作品となています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71QGoujMgaL.jpg
海野十三のおすすめ代表作は「蠅男」です。蠅男は海野十三の代表作品といえるもので、ミステリーとSF要素が入り混じる作品です。蠅男は1930年代の大阪を舞台にした作品で、シャーロックホームズの名前をもじった名探偵帆村荘六が怪人蠅男に挑むミステリーとSFを楽しめる作品です。蠅男はまじめなシーンもありコミカルなシーンもあり物語として楽しめる作品となっています。海野十三の代表作品「蠅男」はいかがでしょうか。
引用: https://i.pinimg.com/564x/b3/5b/fd/b35bfda04fabcbb736ca3f2d6120b463.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/718NB0ACdHL.jpg
海野十三のおすすめ代表作は「火星兵団」です。火星兵団は1939年に発売された作品です。火星兵団は海野十三らしいSF作品となっています。火星兵団は火星人と地球人の戦いを描いた作品となっています。この作品は少し子供向けの作品といえるものですが、大人でも十分に楽しめます。海野十三の代表作品「火星兵団」はいかがでしょうか。
引用: https://i.pinimg.com/564x/21/11/29/21112928543b4ab28305ef07cb74540b.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41FZDKV2YTL.jpg
海野十三のおすすめ代表作は「敗戦日記」です。敗戦日記は日本が戦火の中生き残る市民が残した日記です。戦時中に日記を残すが多く、色々な年代や立場から描かれ戦争に対する考えや思いは異なるものが多くありますが、敗戦日記もそのひとつの作品として見ておきたい作品です。敗戦日記は慰安の平和ボケした日本だからこそ読みたい作品です。海野十三の作品はミステリーやSF作品が多いのですが、こうした創作物で事実を書き残した作品は海野十三の作品として残して生きたいものです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/d4/6b/97/d46b97b0a8c17fa4c8a390bd3e046c37.jpg
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51mwcstsfZL.jpg
海野十三のおすすめ代表作は「十八時の音楽浴」です。十八時の音楽浴は1937年の作品です。この作品はSF作品として有名で今では聞いても違和感のない「人工肉」「アンドロイド」「性転換」などの言葉ですが、この言葉が1930年代には存在してあったというのには驚きます。十八時の音楽浴は今だからこそ人気があり読みやすい作品です。海野十三のSF作品に「十八時の音楽浴」はいかがでしょうか。
引用: https://i.pinimg.com/564x/da/06/df/da06df804c06008ac94ebe331908901d.jpg

関連記事

海野十三のおすすめ代表作は参考になったでしょうか。海野十三は元祖SF作家として有名な人物であり海野十三が各作品は今の時代になっても読みやすく楽しめる作品となっています。SF作品に海野十三はいかがでしょうか。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71NG7Ox5PGL.jpg