// FourM
Q9knyrcedxsjmlwri43l

趣味・ライフスタイル

CATEGORY | 趣味・ライフスタイル

泡坂妻夫おすすめランキング|しあわせの書、ヨギガンジーなど!

2018.06.19

泡坂妻夫おすすめランキングといっても、彼の作品は、しあわせの書、ヨギガンジー、蔭桔梗、迷蝶の島などがあります。また、マジックの世界では、奇術家でもある一面が作品の中にあります。今回はそんな泡坂妻夫のおすすめ作品をランキング形式で紹介します。

  1. 泡坂妻夫のおすすめランキングとは
  2. しあわせの書、ヨギガンジー、蔭桔梗、マジックの世界、迷蝶の島など!泡坂妻夫のおすすめランキング第3位:蔭桔梗
  3. しあわせの書、ヨギガンジー、蔭桔梗、マジックの世界、迷蝶の島など!泡坂妻夫のおすすめランキング第2位:ヨギガンジーの妖術
  4. しあわせの書、ヨギガンジー、蔭桔梗、マジックの世界、迷蝶の島など!泡坂妻夫のおすすめランキング第1位:天井のとらんぷ
  5. 泡坂妻夫のおすすめランキングは読んでおくべき
泡坂妻夫といえば、泉鏡花賞では折鶴、直木賞では蔭桔梗と、人情物の作品を主に書いている人であるという印象が強いのですが、実は違います。彼のメインは、ミステリーです。特に彼のミステリー小説は、内容もさることながら、その作品の本そのものにも仕掛けが仕掛けられていたりと、内容以外にも楽しむことが出来るための要素が多く含まれている作品が多くあります。それは、彼が作家であると同時に、奇術愛好家であり奇術師でもあったためです。残念ながら2009年に死去してしまい、多くの作品は絶版となっていますが、中には復刊したものもあるため、木になる人は読むことをおすすめします。
引用: http://mysterytuusinn.up.n.seesaa.net/mysterytuusinn/image/A3B3.jpg?d=a1
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcR9MHA2VujzAZTko-hU8wlW84NaxWDhroLuFNToFSbmtG4J8k8I

関連記事

先ほどの部分でも少し触れたとおり、この蔭桔梗は、直木賞を受賞した作品であり、数少ない人情物の作品です。物語は、紋章上絵師の章次に、かつて惹かれあっていた女性から20年前と同じ蔭桔梗の紋入れをして欲しいと以来が入ります。しかしその以来は、20年前は事情があり下職に回された依頼でした。そんなかつて依頼された依頼と同じ依頼が来たことをきっかけにこの作品は進んでいきますが、この蔭桔梗はそのほかにも複数の話が収録されているという、いわゆる短編集のようなものとなっています。いずれも、江戸の情緒溢れる人情や、大人の恋愛など、温かみのある作品が多く収録されています。
引用: https://auctions.c.yimg.jp/images.auctions.yahoo.co.jp/image/dr000/auc0309/users/8/1/7/9/karurabooks-img1200x900-1506255656yeoxi031553.jpg
引用: https://auctions.c.yimg.jp/images.auctions.yahoo.co.jp/image/dr000/auc0405/users/a92145972d59cb78d1c742ddfed7f12f423b2c56/i-img1200x900-1527050083ocsvns939188.jpg
名前がかなりぶっ飛んでいますが、その内容や主人公もまたぶっ飛んでいます。泡坂妻夫が送り出した大人気ミステリーシリーズであるヨギガンジーシリーズ。その第一作目である作品が、このヨギガンジーの妖術です。主人公のヨギガンジーは、ドイツ人とミクロネシア人と大阪人の血を引き継いだ人物であり、少々変態であるヨガと奇術の達人です。そんな彼が正体不明の謎の探偵として、ヨガの極意や心霊術力術、分身術、予言術といった妖しげな術を駆使して犯罪に挑むという、この文章だけでは何がなんだかよくわからないような、そんなカオスなさ区品となっています。
引用: http://yamaneko-bookstore.com/modules/zox/images/yogi.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51MAHH0D3EL._SX333_BO1,204,203,200_.jpg
泡坂妻夫のミステリー作品の多くは、探偵が主人公であることがかなり多いです。それもただの探偵ではなく、奇術を使用したり、はたまた色々な人種の血を受け継いだわけのわからないヨガの達人であったりと、どれもかなり個性的です。そんな彼の生み出した探偵の一人である曾我佳城が活躍する曾我佳城シリーズの第一作目が、この天井のとらんぷです。美しい元女流奇術師であり、豊富な財力と弟子たちを駆使して事件を解決していくという内容であり、この作品には、泡坂妻夫が20年以上かけて作り上げた大きな仕掛けが施されており、彼の奇術好きが大いに炸裂している作品でもあります。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51Pn9rXTLNL._SX351_BO1,204,203,200_.jpg
引用: https://auctions.c.yimg.jp/images.auctions.yahoo.co.jp/image/dr000/auc0401/users/3/8/3/0/kosyo_jinya-img1200x457-1516522968qyepag14151.jpg

関連記事

いかがでしたか。泡坂妻夫のおすすめ作品は、ミステリー作品が多いことがわかったと思います。通常のミステリーといえば、推理小説のような、頭で考える謎解きのようなものが多いのですが、彼の場合はヨガの極意や奇術など、頭で考えるというよりマジックを見せられているような、そんなエンターテイメント性がかなり強いミステリー作品が多いです。特にヨギガンジーのシリーズのひとつであるしあわせの書は、本自体に仕掛けがされており、非常に面白いです。一時期は絶版となっていたものの、最近では復刊したとして再び話題を呼んでいます。そんな奇術が盛り込まれた独創的なミステリー小説を読んでみてはいかがでしょうか。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/516p9FU4eqL._AC_UL320_SR226,320_.jpg
引用: https://scontent-ort2-1.cdninstagram.com/vp/10ef0856ad9de45762967d425832bc29/5BA90D14/t51.2885-15/s480x480/e35/33545829_156914061830718_2146856359436484608_n.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://www.shinchosha.co.jp/images_v2/writer/687.jpg