Uajy65m8nqc9uvv756ne

CATEGORY | 車

マツダのマークの意味は?昔のロゴとの違いや簡単悪魔カスタムも紹介!

2018.06.29

マツダの黒のフライングMのマーク・ロゴには意味があることをご存知でしょうか。昔はロゴマークを悪魔などにアレンジするのが流行っていましたが今になってはダサいのでしょうか。。今回はマツダのマーク・ロゴの意味や由来を紹介します。

  1. マツダのマークやロゴって意味や由来があるの?昔の黒い悪魔ロゴはダサい!!
  2. マツダのマークや昔の黒い悪魔ロゴはダサい?意味や由来がある歴史をチェック①由来
  3. マツダのマークや昔の黒い悪魔ロゴはダサい?意味や由来がある歴史をチェック②昔の文字マーク
  4. マツダのマークや昔の黒い悪魔ロゴはダサい?意味や由来がある③かもめマークをチェック!
  5. マツダのマークや昔の黒い悪魔ロゴはダサい?意味や由来がある④悪魔ロゴをチェック!
  6. マツダのマークには意味がある!悪魔ロゴ以外のマークやロゴを紹介!①エンジェル
  7. マツダのマークには意味がある!悪魔ロゴ以外のマークやロゴを紹介!②クラブ
  8. マツダのマークにも意味があるけど、ほかのロゴにも変えたい!①ロゴマークの付き方
  9. マツダのマークにも意味があるけど、ほかのロゴにも変えたい!②ロゴマークの外し方
  10. マツダのマークにも意味があるけど、ほかのロゴにも変えたい!③ロゴマークを外すときの注意点
  11. マツダのマークにも意味があるけど、ほかのロゴにも変えたい!④ロゴマークの付け方
  12. マツダのマークにも意味があるけど、ほかのロゴにも変えたい!⑤ロゴマークの塗装
  13. マツダのマークやロゴには長い歴史と深い意味がある!
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSRL_sql6_9oCFUZWYYibDm6t0l7R4gTp_LTP1p7rNfjHBRgHIAYQ
車メーカーの中でも代表的なブランドの一つにマツダがありますよね。マツダは最近もアクセラ、デミオのような車がどんどんヒットしており、人気を博しています。そのマツダのマークやロゴには意味があることをご存知でしょうか。そこにはマツダの歴史からくる、マツダのマーク・ロゴの意味がしっかりとあるのです。今回はそういったマツダのマーク・ロゴの意味を紹介していきます。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTf5XULFUm-Wjk4Dc7HRQv-_PnOCRhHahR-_6KKTpuSLEK2mlqf6w
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTOl13HM_9xsLki2LthZLBU5IquEttPi4f8wu-wRU9an6BpK2MbMw
マツダを英語にしたときの表記を皆さまはご存知でしょうか。マツダは、MATSUDAとローマ字表記しているのではなく、MAZDAになっています。これには、もともとのマツダという社名の由来に迫っていくと意味がわかります。マツダという社名は、松田重次郎の名前からも由来になっているのですが、もう一つ由来があるんです。それが、アフラ・マズダーです。叡智・調和の神といわれている、アフラ・マズダーを東西文明の起源としてマツダはとらえており、アフラマズダー英語表記にすると、MAZDAになるのです。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSgKb6Z4EuL7dETRXcCRt230cEXqKbii83LYotskht1zf3reFON
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQyGYkhOKSA5vYs2KejJbvvtgCAYkTA9iEWBZMmjYDSvrl7osX0
もともとの昔のマツダのロゴマークは、文字をそのまま使われているマークになっていました。MAZDAの文字をモダンな印象にアレンジしたものになっていたのです。これが、1997年に、現在定着しているフライングMと呼ばれているかもめマークになったんです。続いてはかもめマークについて紹介していきます。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSIutXgeZ-lXjXMNBhoWDLk45nxyq5_GGuNKKGJkYkjN_33gXilnQ
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSiIYI1i3uD_wlZyiwf8CwXsEtAxyTYCz3HLGcTy4WVn8oT_f-O
マツダのかもめマークの由来をみなさんはご存知でしょうか?いま、現在は黒を基調としたものになっており、かもめマークは「フライングM」と呼ばれています。フライングMは、もともと1997年に制定されたものになっています。どういった由来になっているのかというと、未来に向けて羽ばたくMの形の象徴として使われているそうです。ですので、マークの形は羽を伸ばしているように見えるんですね。そして、現在使われているのは、黒を基調としており、書体に関しては変更をすることなくプレミアムな印象を与えるデザインになっています。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSbkXKAgmPibaZ1E8OeT6KZvBUkzuLLWS0YV-KOQgBYY9VvmF-C
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSTy7H8vb_cDMWTwKmWji59zDb80E4JsvK3lIV_23DpRKWMZGdwEQ
世の中の車には、マツダのロゴにアレンジを加えて、自分好みにしている人もいることをご存知でしょうか?その一つが悪魔ロゴです。マツダのフライングMに対して、ステッカーなどを使うことで、かわいらしい悪魔をかたどっているロゴがあります。人によってはダサいというイメージを持たれているみたいですが。悪魔のロゴ以外にもたくさんのマークがあります。例えば、フライングMに対して羽を付けると、天使のマークになります。また、フライングMのマークの下に目と口をつけると、ヒーローのようなマークに様変わりします。こうして、自分なりにアレンジをすることで自分好みのロゴを作っていくことができるので、ぜひアレンジしてみてください。

関連記事

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSTy7H8vb_cDMWTwKmWji59zDb80E4JsvK3lIV_23DpRKWMZGdwEQ
先ほど、昔ではなく、最近のマツダのフライングMを使って悪魔のロゴを作ることができることを紹介しました。悪魔ロゴは、ダサいというよりは可愛い印象のほうが強いですよね。そして、悪魔のマーク以外にも、様々なマークがあります。フライングMに羽を付けると天使のロゴになりますよね。これも悪魔のロゴとは対比の意味ですが、可愛い印象を与えます。
マツダのフライングMはアレンジするとほかにも様々なアレンジを加えることで、エンジェルや悪魔のロゴにすることもできますし、ほかにも可愛いマークがあります。それが、クラブです。カニのマークにも簡単にすることができるので、いかつい車のロゴがカニになっていると可愛さがありますよね。

関連記事

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSf5FNbpVZlU6rFXv8vtJ9sX5WReZa_g68ssjC1puSMcxxv5ZgC
車のマークやロゴには様々なものがあることを紹介しましたが、実際にロゴをアレンジするにはどうしたらよいのかということになりますよね。昔も今も比較的ロゴの着き方には、差がなくて簡単に外すことができることは意外と知られていないのではないでしょうか。実は、車のロゴは、両面テープで付けられています。もっとしっかりと付けられているという印象だったのではないでしょうか。しかし、これなら外すことができそうですよね。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQtnCaGzGZemUkeHliDAgrXV80Nr42HFwBr3278DebDGqpT6vZCJA
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRMsCRsneyldbYWrEGEt2s9PoNFQ3O3BIVGbljM7VUcjAQHBJEq
今も昔も似たような付き方をしているということで、ロゴマークが両面テープでついていることを紹介しました。となると、両面テープであれば、自分の力でも外すことができますよね。しかし、車についているということである程度はしっかりとした粘着力がある両面テープを使われています。その両面テープを外すとなると、かなりの力が要りますし、無理に力を入れてしまうと、ロゴを壊してしまうことになったり、車の車体に傷をつけるようなことになってしまいます。そういったことは避けたいですよね。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSYrXaLOLuQOdLzkVemxAE3VsYUcdvazA3zYhG_2F3LID8DqDPuTA
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcR9ts3aKZkd4rC1svG31RpS0yYDdKCzFU0K-2pohT_uNTwRyBPkDQ
ロゴマークが両面テープでついていて、力づくで外すとなると、車体などにキズがついてしまう可能性があるとき、そういったときの対処法を紹介します。両面テープの粘着力は熱によって変化するようになっています。つまり、ドライヤーなどを使って両面テープの温度を暖めてあげましょう。そうすると、両面テープの粘着力は弱くなり、簡単にロゴマークを取り外すことができます。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTfhAaGzJQk3-lILwDqlNR0Rq6Xpgw9wkMfy_ij3-_hjwFM09uu1A
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRzQJVl60yLx-ugkyvS1GiSnxPnj5SSA4LJl5pcshgmJsjdt0Tr
昔のロゴマークを取り外したら、次のマークの取り付け方について紹介していきます。しかし、ロゴマークを付ける前にしっかりと確認しておかないとならないことがあります。それが、新しく買ったロゴマークが昔のロゴマークの位置にきちんと取り付けることができるのかということです。ここのサイズをしっかりと確認しておかないと、せっかく買ったのに、形が合わないということになり、見た目もダサくなります。付け方はシンプルで、昔のロゴマークがついていたように、両面テープを使用しましょう。車用品店に行くと、強力な接着の両面テープがあるので、それを使うと良いです。しっかりと位置取りをして装着することができると完成です。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRQGPUoqq_lMjrEGCXC1Mu3PjQElnhReofxVWsVke0tg8SdtwSAdQ
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQSGhoZShsulrkJxodTV6RtoEZ1BK17LMCprLZ5zzCvaf1GOOp51g
車のロゴマークにさらにこだわりたいので、塗装をしたいという方もいるかもしれないですよね。そういった時に、気をつけるべきなのが、ロゴマークがついてまま塗装をしてしまうということです。ここで横着してしまうと、せっかくおしゃれなロゴマークにしたいのに、綺麗さが半減してしまいます。ぜひ、塗装をするときはロゴマークを外した状態で行いましょう。また、塗装するときは、新聞紙などをひいて塗装するようにしてください。自分の想像以上に広範囲にわたって、スプレーだとかかってしまうので、そういった部分にしっかりと配慮をして行うことをおすすめします。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSrSFJzhUrUK_WHDvUdQLM9bz38g4l0QnlwyJs5yF1donwSyaIo
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSbaJThw8s3uCmdH7U-AXJQxfe46G2V-_rrvvEkG4kz9fJm6JZogQ
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQPYs6QQlIVocofD0gG3LXQ_LF-VTqhAkLNJvXLnHmh69YhgKRm
マツダのマークのことや、車を持つことにおけるメリット、デメリットについて紹介してきました。車というのは、メリットデメリットを知ったうえで購入することが一番よいでしょう。安い買い物ではないですし、自分にとってはかけがえのない財産になるからです。また、マツダのマークについても、より未来に向けて羽ばたいていくという意味があることを紹介しました。ぜひ、車を購入する際は、そういった背景もあるのだということも含めて検討してみてはいかがでしょうか。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRewQh_6VB0BP-BuCsfp2C2G3IUcoiYsbgI6uF37ACGnO9LkHCC
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcT4fTcaRP7zJjeKC_OGlCDpPYjbJLzL3MwZwMbfxdGZZ1RNkTu_