// FourM
O2n1luoo8lso6uo2dvkc

趣味・ライフスタイル

CATEGORY | 趣味・ライフスタイル

岡本綺堂おすすめ代表作|玉藻の前、怪談選集、白髪鬼など多数!

2018.06.20

岡本綺堂のおすすめ代表作をご存知でしょうか。岡本綺堂は1872年生まれの人物で怪談物語で有名な作家です。そこで、岡本綺堂のおすすめ代表作として『玉藻の前』『怪談選集』『白髪鬼』『中国怪奇小説集』『歌舞伎談義』をご紹介します。

  1. 【おすすめ代表作】岡本綺堂とは
  2. 【おすすめ代表作】岡本綺堂の作風や特徴
  3. 【おすすめ代表作】岡本綺堂の受賞歴
  4. 岡本綺堂賞とは
  5. 岡本綺堂のおすすめ代表作
  6. 岡本綺堂のおすすめ代表作①玉藻の前
  7. 岡本綺堂のおすすめ代表作②怪談選集
  8. 岡本綺堂のおすすめ代表作③白髪鬼
  9. 岡本綺堂のおすすめ代表作④中国怪奇小説集
  10. 岡本綺堂のおすすめ代表作⑤歌舞伎談義
  11. まとめ
引用: https://i.pinimg.com/564x/21/11/29/21112928543b4ab28305ef07cb74540b.jpg
オアkも説きどうという作家はご存知でしょうか。岡本綺堂を語zんじでないという方に岡本綺堂に関することをご紹介します。岡本綺堂は1872年に東京高輪に生まれます。岡本綺堂はイギリス公使館に書記として勤めた父の教育があり幼少期から英語を学び高等学校に進学したときには劇作家を志していました。そして作家としては珍しく大学に進学せず1890年に東京日日新聞に入社します。そこから24年間新聞記者として活躍する人生を歩みます。1891年に東京日日新聞に小説「高松城」を発表し作家デビューします。そして、1896年に「歌舞伎新報」に処女戯曲「紫宸殿」を発表します。そして「維新前後」や「修禅寺物語」が人気となり成功します。このことによって岡本綺堂は劇作家として開花します。後に歌舞伎座では「綺堂物」という言葉も誕生するようになりました。そして、1913年以降には作家として専念し作家としての才能も開花していきます。
引用: https://i.pinimg.com/564x/d4/6b/97/d46b97b0a8c17fa4c8a390bd3e046c37.jpg

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/d8/3d/6f/d83d6f0946f2a6e9432d8dc346aecc2a.jpg
岡本綺堂の作風や特徴をご紹介します。岡本綺堂の作風はシャーロック・ホームズに影響されたとも言われており日本初の刑事物語を作成します。また、幼少期から歌舞伎を身近に感じる環境下だったことから歌舞伎系の物語も多数あります。そして、今でも人気で読み続けられているのが階段物語です。岡本綺堂は日本の階段物語から中国の階段物語まで色々な作品を多く扱っている作家です。岡本綺堂の作品は意外と難しく時代というものを感じ今では読みにくい作品といえますが、読んでおいて損はない作品が多くあります。
引用: https://i.pinimg.com/564x/da/06/df/da06df804c06008ac94ebe331908901d.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/e2/50/62/e25062c886d78895a451bade6c38ee1c.jpg
岡本綺堂の受賞歴をご紹介します。岡本綺堂の受賞歴は実は1つもありません。実は芥川龍之介賞や直木三十五賞などは1944年から開始されたもので1944年には岡本綺堂はなくなっていますので、受賞などの経験はありません。芥川龍之介賞や直木三十五賞がもし岡本綺堂が生きているうちにあったのならば必ず受賞しているといわれています。岡本綺堂自身作家活動としては遅いものでしたが作品数は242作品とかなり多くの作品をこの世に残しています。岡本綺堂自身は受賞することはありませんでしたが岡本綺堂賞というものが存在しいます。
引用: https://i.pinimg.com/564x/9b/8e/97/9b8e9785b799d3241b12587f36a9c15a.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/fd/ff/6e/fdff6ecd78f3069f8896de6a8900f92d.jpg
岡本綺堂自身受賞はありませんが、岡本綺堂賞というものが存在します。岡本綺堂賞は日本文学報国会が主催するもので受賞対象者は会員や一般からの推薦または自提出も含む作品を対象としている賞です。この岡本綺堂賞は/1943年昭和18年から1944年昭和19年まで開催された今はない賞です。ここで受賞した作品をご紹介します。第一回岡本綺堂賞には該当者なしと受賞者はいませんでした。第二回岡本綺堂賞は矢田弥八の「北の潮」と「野の人」この2つの作品です。
引用: https://i.pinimg.com/564x/2c/27/ad/2c27ad635416fcd044fc2c229a4f566b.jpg

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/8f/18/f6/8f18f6ca6e96d258fdfa7b11a66fe545.jpg
岡本綺堂のおすすめ代表作をご紹介します。岡本綺堂は1913年以降から本格的な作家活動を行っています。そして、作家活動をしている間に242作品という量の作品を残しています。そこで岡本綺堂のおすすめ代表作をご紹介。1つ目におすすめする作品は1917年大正7年の作品今でも読み告がれる人気代表作「玉藻の前」です。2つ目の作品は階段物語として17の短編小説を楽しめる階段ホラー小説「怪談選集」、3つ目のおすすめ代表作は階段選集と同じく階段ホラー作品「白髪鬼」です。4つ目におすすめする代表作は中国の階段物語をまとめた作品「中国怪奇小説集」です。5つ目におすすめする作品は「歌舞伎談義」というあまり知られていない作品です。あまり知られていない作品ですが岡本綺堂の代表作といえるものです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/b3/5b/fd/b35bfda04fabcbb736ca3f2d6120b463.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/34/50/d1/3450d1faa3287a6b1122627c348bc4b6.jpg
大正岡本綺堂のおすすめ代表作をご紹介します。岡本綺堂のおすすめ代表作は「玉藻の前」です。玉藻の前は1917年7年に発行された作品です。玉藻の前は平安時代の陰陽師と九尾の物語です。玉藻の前という作品はタイトルは違いますが他の作家も多く書いている内容のものですが岡本綺堂が書くと岡本綺堂の独特の雰囲気を味わえる作品となっています。玉藻の前は陰陽師と九尾の物語ですが、陰陽師と九尾が戦うわけではなく駆け引きをおこなうものがたりとなっています。玉藻の前の見所としては陰陽師と九尾の駆け引きが面白くのめり込めるシーンではないかと思います。岡本綺堂を知るには玉藻の前は欠かせない作品となっています。
引用: https://i.pinimg.com/564x/22/41/07/22410704685a4b8abec07bafc14cb760.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/bb/16/c9/bb16c98e6fb51bbcd6dc29cf932e4e17.jpg
岡本綺堂のおすすめ代表作は「怪談選集」です。怪談選集は2009年に刊行されたもので岡本綺堂の怪談物語を集めた読みやすい作品となっています。この怪談選集は今の時代のホラー作品とは怖さが違い怪談選手に収録されている作品は怖さで言えば物足りない気もしますが、内容としてはしっかりした物語です。怪談選集に収録されている物語は全部で13話が収録されています。1つの単行本で13話もの作品を楽しめるのは読み手としても楽しいことです。ここに収録されている物語は「猿の眼」「利根の渡」「蛇精」「蟹」「清水の井」「一本足の女」「笛塚」「白髪鬼」「影を踏まれた女」「妖婆」「鰻に呪われた男」「兜」「くろん坊」です。どの作品もやはり昔の書き方なので読みにくい部分があると思いますが、読みなれれば楽しくすすめる作品です。怪談選集は岡本綺堂の作品を集めた読みやすい作品です。怪談物語に岡本綺堂の「怪談選集」はいかがでしょうか。
引用: https://i.pinimg.com/564x/1c/ad/88/1cad88eca289580a0b829380604c9b9f.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/ef/d0/b3/efd0b3db61ce1b6a0744a01c531dd680.jpg
岡本綺堂のおすすめ代表作は「白髪鬼」です。白髪鬼は1989年に発行された怪談選集のような怪談物語が13話収録された作品です。白髪鬼は2006年にも新版として発売されていますので、比較的購入しやすい作品となっています。白髪鬼には「こま犬」「水鬼」「停車場の少女」「木曽の旅人」「西瓜」「鴛鴦鏡」「鐘ヶ淵」「指輪一つ」「白髪鬼」「離魂病」「海亀」「百物語」「妖婆」の13話のタイトルが所収されています。こま犬は男女が不明死をとげ掘り起こされたのがこま犬という展開、離魂病という作品は今で言うドッペルゲンガーのお話、海亀はお盆の海に言ってはいけないと思わされてしまう作品です。岡本綺堂の作品は現代の作品のような怖さはありませんが楽しめる作品です。
引用: https://i.pinimg.com/564x/e3/42/df/e342dfe69bcaaf4b43716ee4965efefa.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/6a/6e/ab/6a6eabf9e938d65a08a12b05a565b684.jpg
岡本綺堂のおすすめ代表作は「中国怪奇小説集」です。中国怪奇小説集は1935年昭和10年に初版された作品です。中国怪奇小説集は2006年に新装版も発売している作品なので比較的手に入りやすい作品となっています。中国怪奇小説集の作品は中国に伝わる怪談を集めたもので420ページありますが、1つの作品は1ページから2ページで読みきってしまえるほどの手軽な作品となっているため読み応えあるものです。中国の長い歴史あるもので、中国怪奇小説集は六朝時代から清朝時代の怪談を集めた作品です。中国怪奇小説集は読みやすく読み応えのある作品はいかがでしょうか。
引用: https://i.pinimg.com/564x/c0/f9/94/c0f9948051cad41a21ded1ffc6d446fb.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/7d/71/dd/7d71dd027be9f11b2c730bdae57d3b20.jpg
岡本綺堂のおすすめ代表作は「歌舞伎談義」です。歌舞伎談義は1931年昭和6年に刊行されたものです。歌舞伎談義は現在再版されてものがなく購入するのも難しい作品です。歌舞伎談義が読みたい方は本を図書館などで借りるかもしくはヤフーオークションなどで落札するしか方法はないようです。歌舞伎談義は作品としては岡本綺堂の代表作といえる作品ですが、なんと言っても再版をしていないため情報など手に入れるのは難しい作品です。歌舞伎談義は1章から6章で構成された作品で、短編小説といえる作品です。
引用: https://i.pinimg.com/564x/64/8a/68/648a68fe52ffa1498019efad2fc3d3c1.jpg
岡本綺堂の作品は参考になったでしょうか。岡本綺堂の作品は難しいものが多く、そして作品としてまだまだ新装版が発行されていませんので岡本綺堂作品を全て目魅するのは難しいと思いますが、必ず読んでおきたい作家です。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/22/41/07/22410704685a4b8abec07bafc14cb760.jpg