// FourM
Lldscd0lkbkodyulgcxg

おすすめ

CATEGORY | おすすめ

岡本かの子代表作品おすすめ!鮨、桜、生々流転、金魚など!

2018.06.20

岡本かの子を知らないという方におすすめの代表作品をご紹介します。このページを期に岡本かの子の作品を手にとって読んでみてはいかがでしょうか。岡本かの子のおすすめ代表作品として『鮨』『桜』『生々流転』『金魚』『仏教人生読本』を紹介します。気になる方は参考にどうぞ。

  1. 【おすすめ代表作】岡本かの子とは
  2. 【おすすめ代表作】岡本かの子の作風と特徴
  3. 【おすすめ代表作】岡本かの子の受賞歴
  4. 岡本かの子のおすすめの代表作
  5. 【おすすめ代表作】岡本かの子の作品①鮨
  6. 【おすすめ代表作】岡本かの子の作品②桜
  7. 【おすすめ代表作】岡本かの子の作品③生々流転
  8. 【おすすめ代表作】岡本かの子の作品④金魚撩乱
  9. 【おすすめ代表作】岡本かの子の作品⑤仏教人生読本
  10. まとめ
引用: https://i.pinimg.com/564x/e3/42/df/e342dfe69bcaaf4b43716ee4965efefa.jpg
岡本かの子という人物はご存知だろうか。岡本かの子はあまり有名な人物ではなく1人の母としての方が有名な人物ともいえます。そこで、あまり知れていない岡本かの子についてご紹介します。岡本かの子は1889年に東京府東京市赤坂区青山南町(現在:東京都港区)に生まれました。作家としては活動しだしたのは1936年からという作家活動としては遅くそして短い期間だけの活動となります。岡本かの子は作家としての活動よりも1人の母として有名であり、仏教研究かとしても有名な人物です。岡本かの子は彫刻家で有名な「芸術は爆発」などと名言を残した岡本太郎の母親でもあります。岡本かの子はまた旦那である岡本一平と奇妙な夫婦生活を送っていました。その奇妙な夫婦生活とは3人婚という生活です。この3人婚については有名な話で同性2人と異性1人が同じ受託で生活する関係です。岡本かの子は旦那である一平を愛せなくなり堀切茂雄と3人で同棲生活を開始しました。
引用: https://i.pinimg.com/564x/6a/6e/ab/6a6eabf9e938d65a08a12b05a565b684.jpg

3人婚とは

引用: https://i.pinimg.com/564x/e2/50/62/e25062c886d78895a451bade6c38ee1c.jpg
岡本かの子、岡本一平、堀切茂雄が行った今の世の中でも世界的にも珍しい3人婚をご紹介します。3人婚とは同性2人と異性1人もしくは同性3人で同じ住居で暮らすことです。3人婚は世界的にも珍しいことですが、実は日本でも正式に認められていることです。今現在でも珍しいことで世界を賑わかすことですが、大正昭和の時代で行っていた岡本かの子、岡本一平、堀切茂雄はすごい人物たちだったことをいえます。
引用: https://i.pinimg.com/564x/9b/8e/97/9b8e9785b799d3241b12587f36a9c15a.jpg

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/7d/71/dd/7d71dd027be9f11b2c730bdae57d3b20.jpg
岡本かの子の作風と特徴をご紹介します。岡本かの子の作風や特徴となるベースのものは「仏教研究者」としての顔です。仏教研究者としての独特な雰囲気を持つ小説は他の作家とは対を見ない作品を世に送り出している。岡本かの子は短い作家活動でしたが慰安でも評価される作品は多く残っています。
引用: https://i.pinimg.com/564x/64/8a/68/648a68fe52ffa1498019efad2fc3d3c1.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/c0/f9/94/c0f9948051cad41a21ded1ffc6d446fb.jpg
岡本かの子は作家として歌人としてとても優秀な人物で色々な作品を送り出してきた人物でもありますが、実は受賞歴がありません。その理由としては岡本かの子生前のころには岡本かの子としての作品はあまり世に出されることなく死後に多く未出版作品が発見されたからです。また、作家歴が短く岡本かの子自身51歳という若さでなくなったことで作家として多く出版されるはずが世には残らなかったことが理由に挙げられます。岡本かの子は作家というものを早く見つけ取り組むことで今よりも多く支持され尊敬されていた人物になっておいたと考えられます。
引用: https://i.pinimg.com/564x/ef/d0/b3/efd0b3db61ce1b6a0744a01c531dd680.jpg

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/1c/ad/88/1cad88eca289580a0b829380604c9b9f.jpg
岡本かの子のおすすめする代表作をご紹介します。岡本かの子は作家として活動するのが遅く亡くなるのが早あったため多くの作品はありませんが、岡本かの子の独特な雰囲気を味わえるおすすめ作品をご紹介します。1つ目に紹介する作品は1939年に老妓抄という作品の中に収録された作品「鮨」です。2つ目におすすめする作品は1924年に中央公論野に収録され1999年に刊行された「愛よ、愛」にも収録されている「桜」です。3つ目におすすめする代表作は1人の少女の成長を見守る作品「生々流転」です。4つ目におすすめする代表作は金魚がキーワードとなる「金魚撩乱」です。最後におすすめする代表作は岡本かの子の作品としては欠かせない「仏教人生読本」です。
引用: https://i.pinimg.com/564x/bb/16/c9/bb16c98e6fb51bbcd6dc29cf932e4e17.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/22/41/07/22410704685a4b8abec07bafc14cb760.jpg
岡本かの子の作品をご紹介します。まずはじめにご紹介する作品は「鮨」です。鮨は鮨というタイトルの小説ではなく老妓抄という作品の中に含まれる短編詩です。鮨は老妓抄二収録されるs区品で1939年に刊行しました。そして、鮨は岡本かの子全集5という作品にも収録されている作品となっています。鮨は人気の作品で岡本かの子を知るには欠かせない作品とも言えるものです。鮨は短編詩といいましたが、かなり読み応えのある作品なので現代の小説に疲れた方は1度岡本かの子の「鮨」を読んで見ることをおすすめします。
引用: https://i.pinimg.com/564x/b3/5b/fd/b35bfda04fabcbb736ca3f2d6120b463.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/34/50/d1/3450d1faa3287a6b1122627c348bc4b6.jpg
岡本かの子のおすすめ作品は「桜」です。桜は鮨と同じく単行本として刊行されたものではなく、初めて発表されたのは1924年大正13年に発行された中央公論野中に掲載された作品です。そして、桜は1976年昭和51年に発行された「岡本かの子全集 第八卷」にも収録されている短編詩です。また、最新版といってはなんですが、1999年平成11年に発行された「愛よ、愛」にも収録されています。「桜」は短編小説とご紹介しましたが、短編なのに奥の深い作品となっています。桜は短編小説で読みやすくなっています。そして、岡本かの子を語るに「桜」は欠かせない作品です。
引用: https://i.pinimg.com/564x/8f/18/f6/8f18f6ca6e96d258fdfa7b11a66fe545.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/2c/27/ad/2c27ad635416fcd044fc2c229a4f566b.jpg
岡本かの子のおすすめ作品は「生々流転」です。生々流転は1940年に刊行された作品です。生々流転は岡本かの子の少ない作品の中でも優れた作品です。生々流転は人によっては読みにくく少し違和感を覚える方もいると思うような作品となっています。生々流転また、時代的にも今とは違うものがあリますのです。生々流転は蝶子という少女の成長物語でありますが、物語の展開はあまりスムーズに続かず淡々と物語が進みます。こうしたところが人によっては読みにくい索引といわれる部分でもありますが、生々流転は岡本かの子を語るには欠かせない作品です。読みにくいといわれる作品ですが、生々流転は読んでおく価値のある作品です。
引用: https://i.pinimg.com/564x/21/11/29/21112928543b4ab28305ef07cb74540b.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/d4/6b/97/d46b97b0a8c17fa4c8a390bd3e046c37.jpg
岡本かの子のおすすめ作品は「金魚撩乱」です。金魚撩乱は1937年に発行された作品です。金魚撩乱は2012年に青空文庫から出版されています。この物語は崖の下に住む金魚屋の倅の男性と崖の上の資産家の娘の物語です。資産家の娘に金魚屋の男子絵は幼少期からちょっかいをだし嫌がらせをしていた関係でしたが、年齢を重ねるごとに資産家の娘は令嬢となり金魚屋の倅を見下していくようになります。この2人は結ばれることはなく資産家の娘は結婚し身ごもった、しかし結婚して身ごもった資産の娘は金魚に夢中になる。一人の女性を一途に愛する男性の物語です。
引用: https://i.pinimg.com/564x/da/06/df/da06df804c06008ac94ebe331908901d.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/da/06/df/da06df804c06008ac94ebe331908901d.jpg
岡本かの子のおすすめ作品は「仏教人生読本」です。仏教人生読本に1934年に発行された作品です。そして2015年にも刊行されています。仏教人生読本は岡本かの子が仏教研究者だったことから独特の雰囲気を感じれる作品となっています。また、仏教人生読本は1つの小説ではなくエッセイをまとめた作品となっています。仏教人生読本は短編ものから長編ものの物語が収録されており仏教研究者として仏教を分かりやすく紹介した作品となっています。仏教人生読本は仏教に興味のある方から仏教に興味がないという方も楽しめる作品となっています。仏教人生読本は岡本かの子を知るには欠かせない作品です。
引用: https://i.pinimg.com/564x/d8/3d/6f/d83d6f0946f2a6e9432d8dc346aecc2a.jpg
岡本かの子については参考になったでしょうか。岡本かの子は岡本太郎の母親であり作家として活躍し仏教研究者として顔を持つ女性です。岡本かの子の作品は短編ものの作品が多くあり読みやすくなっていますので現代の作品と一味違った作風を楽しんで見るときにおすすめ作品です。また、何回読んでも飽きない作品がおおく楽しめる作品となっています。岡本かの子はあまり知られていない作家でもありますが、実力のある人物です。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/d8/3d/6f/d83d6f0946f2a6e9432d8dc346aecc2a.jpg