Yifurqtvylzbhpgs5lku

CATEGORY | 車

洗車でのタオル|スポンジの使い方/洗い方のコツは?おすすめ商品も紹介

2018.06.16

洗車後にタオルなどで水滴を拭くと思いますが、自分の使い方や洗い方が正しいのか疑問に思ったことはありませんか?正しい使い方をしないとボディーに傷をつけてしまう恐れも。今回は洗車でのタオルの使い方や洗い方のコツ、吸水性の高いセームクロスやスポンジなどを紹介します。

  1. 洗車でタオルを使う際の選ぶポイント
  2. 【洗車でのタオル/スポンジの使い方や洗い方のコツ】タイヤから先に洗う
  3. 【洗車でのタオル/スポンジの使い方や洗い方のコツ】同じ物は使わない
  4. 【洗車でのタオル/スポンジの使い方や洗い方のコツ】水はルーフからかける
  5. 【洗車でのタオル/スポンジの使い方や洗い方のコツ】乾燥する前に必ず拭き取る
  6. 【洗車でのタオル/スポンジの使い方や洗い方のコツ】汚れた状態で洗わない
  7. 【洗車で洗い方や使い方をする際におすすめしたいタオル】シュアラスター マイクロファイバークロス
  8. 【洗車で洗い方や使い方をする際におすすめしたいタオル】プラスセーヌ
  9. 【洗車で洗い方や使い方をする際におすすめしたいタオル】激吸水スーパークロス
  10. 【洗車で洗い方や使い方をする際におすすめしたいタオル】プレミアム吸水セームクロス
  11. 【洗車で洗い方や使い方をする際におすすめしたいタオル】シュアラスターセーム
  12. 【洗車で洗い方や使い方をする際におすすめしたいタオル】洗えて拭け~るセーム
  13. 【洗車で洗い方や使い方をする際におすすめしたいタオル】プラスセーヌプレミアム
  14. 【洗車で洗い方や使い方をする際におすすめしたいタオル】キーパークロス
  15. 洗車でのタオル|スポンジの使い方/洗い方のコツは?おすすめ商品も紹介のまとめ
引用: https://i.pinimg.com/564x/a6/5f/02/a65f028cf0e97ecb15359862f23febb3.jpg
洗車をする際には基本的にスポンジとタオルを使いますが、そのタオルを使う際にはボディーに傷をつけない為にも、洗車に合った適切なタオルを選ぶことが大切です。そんなタオルを選ぶ際のポイントを先ずを紹介してきますので、是非参考にしておいて下さい。

吸水性に優れた物

引用: https://i.pinimg.com/564x/93/c1/b3/93c1b361e34c4ae7f17bd554113ea6cf.jpg
一つ目のポイントとして、洗車をするタオルは吸水性に優れたものをおすすめします。吸水性に優れたタオルで、拭かないと水滴が残ってしまいそこから水あかとなることがあるんです。また水滴をとる為に何度も拭いてしまうと、ボディーに傷がついてしまうこともあるので、必ず吸水性に優れたものを選ぶようにしましょう。

柔らかい素材の物

引用: https://i.pinimg.com/564x/fa/27/11/fa27113ca61d2ae426630e9914a09d0f.jpg
次のポイントとして、吸水性に優れたタオルも大切ですが、できるだけ柔らかい素材のタオルを選ぶようにしましょう。柔らかい素材のタオルで拭かなければ、たとえ吸水性に優れていたとしても、拭くだけで傷がついてしまうこともあるので気をつけなければいけないのです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/34/dc/66/34dc66058302df2b64991152670069e7.jpg
洗車でのタオルやスポンジの使い方や洗い方のコツとして、必ず足回りのタイヤなどから洗うことをおすすめします。タイヤなどの足回りは最も汚れている部分でもあるんです。最初に洗っておくことで、最後にブレーキダストの汚れなども一緒に洗い流すことができるのです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/80/41/74/8041742b9c82e5d573fa0177d3f34b31.jpg
またタオルやスポンジの使い方や洗い方のコツとして、同じ物は使わない事をおすすめします。特に汚れが付着している足回りを洗ったタオルやスポンジで、ボディーを洗ってしまうとそれが原因で傷をつけてしまうことがあるので注意が必要です。
引用: https://i.pinimg.com/564x/7a/d0/94/7ad0945a02bf9bfe2422908f9d04dd5a.jpg
上記でもお伝えしたように基本的には足回りから洗うのですが、水はルーフからかけることをおすすめします。汚れといっても油分やほこりなどがあり、油分であればタオルやスポンジなどで、シャンプーを使って汚れを落としますが、ほこりなどの汚れであれば水だけで洗い流すことができます。
引用: https://i.pinimg.com/236x/54/85/c0/5485c0b096fe0a9cab724cbd499bce21.jpg
また必ず乾燥する前に、タオルを使って拭き取ることも大切です。拭き取らないで自然乾燥させてしまうと、せっかく洗車したのに水あかがついてしまい、汚れているように見えてしまうこともあるのです。特に暑い時期であれば、すぐに乾燥してしまうこともあるので、自然乾燥させないように注意して水をふき取ることが大切なポイントです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/72/fb/1d/72fb1d7f3ffefe56278c964516d83b94.jpg
タオルなどを使ってボディーの水をふき取る際には、たとえ一度洗ったとしても汚れがボディーに付着していることもあり、その汚れをふき取るとタオルも汚れてしまうとおもいますが、その状態のタオルで洗わない事も大切です。汚れた状態のタオルで洗ってしまうと、先ほどもお伝えしたようにボディーに傷をつけてしまう原因になることもあるのです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51mGpfi457L.jpg
洗車で洗い方や使い方をする際におすすめしたいタオルの一つ目は、こちらのマイクロファイバークロスをおすすめします。このタオルは、吸水性に優れているだけでなく、カーコーティングの塗り込みにも使いこなすことができるおすすめのアイテムになっています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/419ODFfdepL.jpg
次におすすめするタオルは、こちらのプラスセーヌです。このタオルはセーヌの中でも、拭き取りに特化したデザインが施されており、摩擦抵抗を比較的に軽減させ傷の予防に繋げることができるんです。また拭きのこしがないほどの吸水性にも優れており、用途によって使い分けることができるおすすめのアイテムになっています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71O4qNn8AsL._SL1102_.jpg
次におすすめするこちらのタオルは、薄手でありながらも吸収力に特化したアイテムとなっており、水滴を残すことなくふきあげることができるタオルとなっています。また細かい部分でもスムーズに拭くことができ、汚れも綺麗に落とすことができるおすすめのアイテムとなっています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91FF4h5IPRL._SL1500_.jpg
こちらのタオルは、コーティング車対応のセームとなっており、柔軟性と吸水性に優れたデザインが施されています。柔らかな肌さわりがありながらも、ボリュームがありふと拭きで水滴を残すことなく綺麗にすることができるセームとなっています。またきめ細かい繊維から作り出されており、キズをつけることなく洗車することができるおすすめのアイテムでもあります。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61cYplKv9WL._SL1000_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71iZ%2B5yMmhL._SL1378_.jpg
次におすすめするこちらのタオルは、セームタイプのタオルとなっており、摩擦抵抗に少ないだけでなく吸水性にも優れたアイテムになっています。また比較的安価な価格帯で提供されているので、コスパも良いおすすめのタオルとなっています。これ一枚で様々な用途にも使いこなせる万能アイテムとなっていて、高い排水性もある洗車におすすめのタオルとなっています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41qMNNBaMXL.jpg
次におすすめするこちらのタオルは、洗車をする際に拭くだけでなく、このタオルを使って洗うこともできる便利アイテムとなっています。摩擦抵抗も比較的に少ないので、キズをつける事なく安心して洗車することができます。また吸収力にも優れているので、ふきあげする時間を短縮することもできます。セームタイプと質感が近く、スムーズに使いこなせるおすすめの便利アイテムとなっています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61Dp5j7Nl8L._SL1052_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/416guIDcWCL.jpg
こちらのタオルもセームタイプとなっており、先ほど紹介したプラスセームよりもワンランク上の機能を誇ったアイテムになっています。吸収性と排水性に優れているだけでなく、摩擦抵抗もほとんどないので、コーティング車でも安心して使いこなすことができます。また水滴が残りやすいガラスでも、キレイに水滴をふきあげることができる抜群の性能を誇ったおすすめのタオルとなっています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/513oEjnoPTL.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61yT004ORdL.jpg
最後におすすめするこちらのアイテムは、洗車のプロも愛用しているほどのタオルとなっています。コーティング車の洗車のふきあげにも最適で、汚れまで綺麗に拭くことができるおすすめのセームタオルです。また洗車だけでなく、車内の清掃まで使いこなせ、様々な用途に合わせて活躍してくれるおすすめのアイテムになっています。
引用: https://i.pinimg.com/564x/b3/e8/1d/b3e81da3c3dda62e5352ef3f51df1070.jpg
タオルの使い方や洗い方のコツ、洗車におすすめのアイテムなどはいかがでしたか?今回は様々な洗車タオルがある中でも、厳選して吸収性と耐摩擦性に優れたアイテムを紹介してきました。そんなタオルを参考に、洗車する際にはボディーに傷をつけないように気を付けて綺麗にふきあげてやって下さい。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/be/e9/0c/bee90ce4560a4b2f37b0e1163eec8792.jpg