// FourM
Wpxkhk51r4nfnsxa90mz

おすすめ

CATEGORY | おすすめ

奥泉光おすすめ|新刊行きの階や滝、東京自叙伝、葦と百合など!

2018.06.20

奥泉光を知らないという方におすすめの作品や新刊をご紹介します。奥泉光は様々な文学賞を受賞している実力作家です。そこで奥泉光のおすすめ作品と新刊として『雪の階』『滝』『東京自叙伝』『鳥類学者のファンタジア』『葦と百合』を紹介します。

  1. 【おすすめ作品/新刊】奥泉光とは
  2. 【おすすめ作品/新刊】奥泉光の作風や特徴
  3. 【おすすめ作品/新刊】奥泉光の受賞歴
  4. 奥泉光のおすすめ作品と新刊
  5. 【おすすめ作品/新刊】奥泉光著書①雪の階
  6. 【おすすめ作品/新刊】奥泉光著書②滝
  7. 【おすすめ作品/新刊】奥泉光著書③東京自叙伝
  8. 【おすすめ作品/新刊】奥泉光著書④鳥類学者のファンタジア
  9. 【おすすめ作品/新刊】奥泉光著書⑤葦と百合
  10. 【おすすめ作品/新刊】奥泉光著書⑥桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活
  11. まとめ
引用: https://i.pinimg.com/564x/22/41/07/22410704685a4b8abec07bafc14cb760.jpg
奥泉光という作家はご存知でしょうか。奥泉光は山形県東田川郡三川町で生まれ育ちました。奥泉光は埼玉県立川越高等学校を卒業し国際基督教大学 (ICU) 教養学部人文科学科卒します。奥泉光は元々作家志望の人ではなく研究者を志していました。1986年に「地の鳥天の魚群」という作品をすばる文学賞に応募しますが、最終候補まで残ります。そして、それを期にすばるで作家としてデビューすることになりここから奥泉光の作家活動が始まります。現在奥泉光は作家としてだけでなく近畿大学文芸学部教授としても活躍する人物です。奥泉光は作家としてだけでなく趣味ではフルートを吹くという趣味があり都内で路上演奏なども行っている多趣味な人物です。
引用: https://i.pinimg.com/564x/34/50/d1/3450d1faa3287a6b1122627c348bc4b6.jpg

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/b3/5b/fd/b35bfda04fabcbb736ca3f2d6120b463.jpg
奥泉光の作品の作風や特徴をご紹介します。奥泉光の作品は作中で徐々に問題点や謎の形などを変更していくのが特徴で物語の虚実のあいまいな表現で読み手も落とし込むといった読み手も十分楽しめる作品となっています。また、奥泉光の作品はミステリー小説としても人気で作家として評価の高い人物です。奥泉光の特徴でもある曖昧な表現と作中で徐々に変わる問題点や謎の形など楽しむのにおすすめする作品は「「吾輩は猫である」殺人事件」です。この作品は「吾輩は猫である」デおなじみの夏目漱石の作品の中に登場する猫が生きていたらという物語です。このほかにもまだまだ奥泉光の独特な雰囲気を楽しめる作品があります。奥泉光を知るには色々な作品を読んで楽しんでいきましょう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/8f/18/f6/8f18f6ca6e96d258fdfa7b11a66fe545.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/2c/27/ad/2c27ad635416fcd044fc2c229a4f566b.jpg
ここで有名作家奥泉光のこれまで受賞してきた作品を詳しくまとめたご紹介します。奥泉光が作家として初めて受賞した作品は1993年に刊行された「ノヴァーリスの引用」です。ノヴァーリスの引用は野間文芸新人賞と瞠目反・文学賞で受賞を果たしました。そして、同年1993年には「石の来歴」で芥川龍之介賞を受賞しています。2009年平成21年に「神器 軍艦「橿原」殺人事件」で第62回野間文芸賞を受賞。2014年平成26年には東京自叙伝で第50回谷崎潤一郎賞を受賞しています。作家活動歴としては短くそして近畿大学文芸学部教授として活躍する中で5つの重唱をするのはとても実力のある人物です。そして受賞歴だけでなく奥泉光は過去に何度も候補に上がる作品が多くあります。受賞だけでなく候補に上がるのは作家としてすごく評価できます。
引用: https://i.pinimg.com/564x/fd/ff/6e/fdff6ecd78f3069f8896de6a8900f92d.jpg

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/9b/8e/97/9b8e9785b799d3241b12587f36a9c15a.jpg
奥泉光のおすすめ作品と新刊をご紹介します。奥泉光は作家だけでないのにもかかわらず作家歴32年という間で著書は短著、共著、翻訳など含めますと175作品という多くの作品を残している人物です。その中でもおすすめするのが、奥泉光が2018年2月に刊行した最新刊「雪の階」や第3回三島由紀夫賞や第103回芥川龍之介賞などの候補にもなった「滝」、2014年に話題となり第62回野間文芸賞を受賞した、現代の色々な事件をまとめた「東京自叙伝」、第55回日本推理作家協会賞の候補作品にもなった長編SF作品「鳥類学者のファンタジア」、奥泉光の代表作ともいえるミステリー作品「葦と百合」、テレビドラマ化もされた人気作品「桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活」などご紹介します。
引用: https://i.pinimg.com/564x/e2/50/62/e25062c886d78895a451bade6c38ee1c.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/d8/3d/6f/d83d6f0946f2a6e9432d8dc346aecc2a.jpg
奥泉光のおすすめ作品は2018年2月刊行の新刊でもある「雪の階」です。雪の階は1930年代を舞台にした物語でミステリー要素を含んだストリートなっている。この新刊「雪の階」は奥泉光の独特な雰囲気を楽しめるストリートなっていて奥泉光ワールドを楽しむには欠かせない作品といえます。雪の階はまだまだ新しい作品でこれからどんどん人気となる作品といえます。人気となる前に雪の階を読んで来ましょう。また、奥泉光のファンの方はこの雪の階は欠かせなき作品となっています。
引用: https://i.pinimg.com/564x/21/11/29/21112928543b4ab28305ef07cb74540b.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/da/06/df/da06df804c06008ac94ebe331908901d.jpg
奥泉光のおすすめ作品は「滝」です。滝は1990年に刊行した作品で 第3回三島由紀夫賞や第103回芥川龍之介賞の候補にもなった作品で奥泉光を語るにはこの「滝」という作品は欠かせない作品となってきます。滝はミステリー作品で、滝という作品自体には「その言葉を」という作品と「滝」という物語2つが収録されています。その言葉を自体面白い作品ですが、滝は作品自体奥泉光の若々しさが出来ている作品で読みだと止まらないミステリー作品となっています。滝の物語は山岳清浄行を行っている少年たちが極限状態の中本章があらわになっていくという読みやすく引きこまれる作品で、作品のラストは意外な展開がまっています。
引用: https://i.pinimg.com/564x/d4/6b/97/d46b97b0a8c17fa4c8a390bd3e046c37.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/e3/42/df/e342dfe69bcaaf4b43716ee4965efefa.jpg
奥泉光のおすすめ作品は「東京自叙伝」です。東京自叙伝は2014年に刊行された作品であり第50回谷崎潤一郎賞を受賞した作品です。東京自叙伝は明治維新や第2次世界大戦、バブル崩壊、地下鉄サリン事件、秋葉原通り魔殺人、東北大震災など様々な事件の端緒を「私」という人物が関与しているという物語です。東京自叙伝には「私」という主人公がいて「私」という人物がキーワードとなる物語です。東京自叙伝は読みやすく奥泉光の独特な雰囲気を楽しめる作品となっています。奥泉光の作品を語るのに「東京自叙伝」は欠かせない作品となっています。
引用: https://i.pinimg.com/564x/6a/6e/ab/6a6eabf9e938d65a08a12b05a565b684.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/7d/71/dd/7d71dd027be9f11b2c730bdae57d3b20.jpg
奥泉光のおすすめ作品は「鳥類学者のファンタジア」です。鳥類学者のファンタジアは1998年から2000年まで文芸雑誌すばるで連載されていた作品です。そして連載当時のタイトルは鳥類学者のファンタジアではなく「フォギー 憧れの霧子」というタイトルで掲載されています。鳥類学者のファンタジアは第22回日本SF大賞や第55回日本推理作家協会賞に候補作品として上がった作品です。鳥類学者のファンタジアは奥泉光の作品では珍しい長編SF作品となっています。鳥類学者のファンタジアは受賞候補だけでなく2008年には漫画家望月玲子に漫画化された作品です。鳥類学者のファンタジアは読みやすく楽しい作品となっています。鳥類学者のファンタジアは小説としても読みやすいですが、漫画としても楽しく読める作品です。
引用: https://i.pinimg.com/564x/64/8a/68/648a68fe52ffa1498019efad2fc3d3c1.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/c0/f9/94/c0f9948051cad41a21ded1ffc6d446fb.jpg
奥泉光のおすすめ作品は「葦と百合」です。葦と百合は1991年に刊行した作品でデビュー作「地の鳥天の魚群」から数えると3作品目の作品です。葦と百合は第4回三島由紀夫賞の候補にも挙がった作品です。葦と百合は現在と未来、未来と現在が入り混じるミステリー作品となっています。葦と百合は奥泉光の特徴でもある曖昧さと物語の移り変わりで読み手もだまされる作品です。葦と百合はミステリー小説というよりもミステリー要素の濃くない作品となっています。また、構成など難しく慣れるまでは読みにくい作品ですが、慣れるとどんどん進み止らなくなるストーリーです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/ef/d0/b3/efd0b3db61ce1b6a0744a01c531dd680.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/1c/ad/88/1cad88eca289580a0b829380604c9b9f.jpg
奥泉光のおすすめ作品は「桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活」です。桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活はテレビドラマ化されたほどの人気作品となっています。桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活は1巻で終わる作品ではなくシリーズものとして楽しめる作品となっています。
引用: https://i.pinimg.com/564x/bb/16/c9/bb16c98e6fb51bbcd6dc29cf932e4e17.jpg
奥泉光のおすすめ作品は参考になったでしょうか。奥泉光は作家だけでなく大学教授もこなす人物で作家歴32年という短い間で5回もの受賞歴のあり作品としては奥泉光の独特の雰囲気を楽しめるものとなっています。奥泉光のファンであってもファンでなくても1冊は読んでおきたいものです。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/22/41/07/22410704685a4b8abec07bafc14cb760.jpg