// FourM
Djxqh82fhtekrdpekksr

キッチン収納

CATEGORY | キッチン収納

コーヒーフレッシュの成分やカロリーとは?他のもので代用できる?

2018.06.16

コンビニのコーヒー屋さんや喫茶店、家にも置いているかもしれないコーヒーフレッシュ。何気なく摂取しているものだが、その成分はどのように構成されているのだろうか?砂糖も使用するコーヒーなので、カロリーや成分も気になるところ。代用も聞くコーヒーフレッシュを解説。

  1. コーヒーフレッシュはどんな成分?代用もありミルクとして使えるコーヒーフレッシュとは?
  2. カロリーや成分が気になる固まるコーヒーフレッシュの定義とは?
  3. カロリーも気になる!固まるコーヒーフレッシュの成分をチェック?
  4. 代用も利く?コーヒーフレッシュに含まれる成分その1:植物油脂
  5. 代用も利く?コーヒーフレッシュに含まれる成分その2:乳製品
  6. 代用も利く?コーヒーフレッシュに含まれる成分その3:砂糖
  7. 代用も利く?コーヒーフレッシュに含まれる成分その4:カゼインNa
  8. 代用も利く?コーヒーフレッシュに含まれる成分その5:乳化剤
  9. 代用も利く?コーヒーフレッシュに含まれる成分その6:ph調整剤
  10. 代用も利く?コーヒーフレッシュに含まれる成分その7:香料
  11. 代用も利く?コーヒーフレッシュに含まれる成分その8:カロチン色素
  12. コーヒーフレッシュのカロリーとは?
  13. 固まる価格の安いコーヒーフレッシュは、ミルクとは全く違う成分。摂取のし過ぎに注意しよう!
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51E7ckhROgL.jpg
豆で挽いた香り高いコーヒーを頂くときに、一緒に入れたいのが砂糖とミルク。古めかしい喫茶店や、コンビニのコーヒーコーナーに置いてある、独特のパッケージがされているコーヒーフレッシュは、ミルクの代用として使用できて、コーヒーの味をマイルドにしてくれる。白い液体ではあるが、見た目も味も、ミルクとは違うのはお気づきのことだろう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/34/79/4c/34794c5c71ce4fb13eab99d20a1379f1.jpg
いつも何気なく使うコーヒーフレッシュにも賞味期限があり、成分が固まることもある。ミルクとは明らかに違うコーヒーフレッシュだが、その成分はどのような構成になっているのだろうか?砂糖と一緒に使うコーヒーフレッシュだが、そのカロリーはどれくらいなのか?知っているようで知らないコーヒーフレッシュについてチェックしてみよう!
引用: https://image.freepik.com/free-photo/cup-of-coffee-near-crop-woman_23-2147830540.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51tAp7JwEoL.jpg
コーヒーフレッシュ(和製英語: coffee fresh、英語: creamer)は、コーヒーなどに加える小型のクリームを意味するポーションクリーム(和製英語: portion cream)で、食品分類上の区分は「植物性油脂食品」や「植物油脂クリーミング食品」である。単にフレッシュとも称される。 粉末タイプの商品については「クリーミングパウダー」を参照 日本以外では粉末タイプと液体タイプは区別されずに「クリーマー(英語版)」「coffee whitener」などと称される。

引用: https://shop.r10s.jp/tsujimoto/cabinet/00522574/imgrc0064642207.jpg
子供のころから販売されているコーヒーの相棒であるコーヒーフレッシュ。性質上固まることもあるが、コーヒーを飲む際に重宝してきた。しかしながら、コーヒーフレッシュの成分を調べてみると、その分類は「植物性油脂食品」となっている。フレッシュといえば大体は液体タイプのものをよく見る。
引用: https://askul.c.yimg.jp/img/product/3L1/457874_3L1.jpg
見た目は完全に白いクリームのようなコーヒーフレッシュだが、ミルクが油脂食品という分類の食品でないことから、フレッシュはまったく別のものであるということが言える。では、固まるコーヒーフレッシュとはいったい何なのか?コーヒーフレッシュの成分表から、何が使われているかをチェックしてみよう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/411gj010RQL.jpg
コーヒーフレッシュの成分表から、コーヒーフレッシュがどんなもので構成されているかをチェックしてみよう。中には聞いたことのない食品添加物がみられるかもしれないが、その一つ一つをチェック。いつも口にするコーヒーフレッシュなので、しっかりと成分を把握しておこう!
引用: https://image.freepik.com/free-photo/milk-background-with-drop-falling_23-2147608435.jpg

関連記事

引用: https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d1/Tongari_Corn_Kogashi-bataa-shouyu-aji.jpg
植物から採取した油脂の総称。動物油脂に対する。常温で液体のものを植物油,固体のものを植物脂といい,前者はさらに乾燥性の強弱により乾性油,半乾性油,不乾性油に分けられる。乾性油は主として塗料,印刷インキなどの原料に,半乾性油,不乾性油は主として食用,潤滑油,薬品材料などに用いられる。植物脂にはやし油,木ろうなどがある。

油脂の乾燥性によって大別される植物油脂。乾きやすい植物油脂は、インキなどにつかわれるのだそう。工業用途でも使われる植物油脂だが、コーヒーフレッシュにも含まれるとすれば、あまりいいイメージは持てない。また、環境などによって固まるのも、成分の油によるもの。
引用: https://i.pinimg.com/564x/09/39/ec/0939ec167a8774725c7def0e64dcd19b.jpg
乳製品(にゅうせいひん)とは、動物の乳、特に牛乳を加工して作られる製品の総称。乳製品を製造することを製酪または製乳という。

引用: https://image.freepik.com/free-vector/vector-illustration-of-a-realistic-style-white-bowl-with-sour-cream-yogurt-with-sliced-green-onions_1441-525.jpg
コーヒーフレッシュにも、一応使われている乳製品。どういった加工なのかは定かではないものの、ヨーグルトなどの乳製品にはこの表示がある。
引用: https://pixnio.com/free-images/2017/09/21/2017-09-21-06-36-18-1100x619.jpg
コーヒーフレッシュに微量の砂糖が成分として入っているのはご存じだっただろうか。もちろん、その製品にもよるものの、砂糖が使用されている。コーヒーフレッシュの使用頻度が多い人ならば、カロリーなども気になるところだ。
引用: https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/0f/L-Monosodium_Glutamate.svg
「カゼインNa」のカゼインは牛乳などに含まれるたんぱく質の一種です。製品中でコーヒーとミルクが混ざり合った状態を保つために使用しています。(カゼインを水に溶けやすく加工されたものが「カゼインNa(カゼインナトリウム)」です。)

カゼインナトリウムは、近年、ほかのコーヒー飲料などにも頻繁に使われている成分。β-ラクトグロブリンという、カゼインに含まれている成分が、乳製品に対するアレルギー症状を誘発する可能性があると言われており、大量の摂取は避けたい。
引用: https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/5/58/Sakuma_Ichigomilk_Candy_2011.jpg
乳化剤(にゅうかざい、英: Emulsifier)は、乳化や起泡・消泡などの目的で使用される薬剤の総称。界面活性剤と概ね同義であるが、食品用として使用されるものでは界面活性剤と表記されることは稀である。

乳化剤は、混ざり合わない水と油を、他方に分散することで一緒にする作用があり、植物油が使われているコーヒーフレッシュには乳化剤が使われている。乳化剤は、自然由来成分のものが使われている場合が多いと言われている
引用: https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4d/Colors_of_bromothymol_blue.jpg
pH調整剤(ピーエッチちょうせいざい)とは、食品添加物のひとつ。 食品における腐敗防止や変色防止の目的で加工食品などに含有されている食品添加物の総称。酸性またはアルカリ性の度合を調整するために用いられる。 「ph調整剤」という表記は特定の物質を指すのではなく、クエン酸、クエン酸ナトリウム、リン酸などを一括表示したもの。食品のphを4から5の酸性に保つことで変色防止、腐敗防止の効果に作用している。

いわゆる防腐剤の役割を果たすPH調整剤。食品のペーハーをアルカリ性ではなく、酸性に保つことで、腐敗するのを防ぐ役割を果たす。
引用: https://c.pxhere.com/photos/c7/48/spices_market_bazar_colorful_color_trading_post_food_spice-1113426.jpg!d
香料(こうりょう、flavor)は、食品に香りと味の一部を付与する食品添加物(フレーバー)と、食品以外のものに香りを付けるフレグランス(香粧品香料)に大別される。 一般に香料は、様々な植物や一部の動物から抽出された天然香料(てんねんこうりょう)、あるいは化学的に合成された合成香料(ごうせいこうりょう)を多数調合して作られる。

コーヒーフレッシュも、それらしくするために香料が使われている。こちらも食品添加物として認識されるフレーバーだ。天然香料と化学香料の2種類が存在している
引用: https://pbs.twimg.com/media/AvPDGX-CEAAfq7z.jpg
カロチノイド色素とは、食品添加物に指定されている色素、つまり着色料です。 具体的な色は、赤、黄色、オレンジと、それに準ずるもの。明るくて、鮮やかなものがほとんどですね。 ちなみに、カロチノイド色素の”カロチノイド”とは、微生物を含む動植物から作られる色素のことです。

数々の清涼飲料に使われるのがカロチン色素。こちらは、色素のある植物から採取されて使われている。コーヒーフレッシュにも使われていることが多い。

関連記事

引用: https://image.freepik.com/free-photo/crop-hands-holding-donut-and-apple_23-2147792996.jpg
味の調整のために、砂糖も入っているコーヒーフレッシュ。カロリーは、メーカーにもよるが、1個あたり12~15kcalが目安のようだ。コーヒーフレッシュはミルクに似せているが、実際のところミルクではない。もし、ミルクを使った場合は、カロリーが増える傾向がある。
引用: https://i.pinimg.com/564x/18/39/59/183959004841434cb6a46fc93df49b0b.jpg
ミルクのほうが砂糖が使われているフレッシュよりもカロリーが高い。おいしいコーヒーを飲むなら、断然ミルクを使用したほうが良いが、カロリーが気になるならフレッシュも使える。ただし、食品添加物が多用されているので、摂取のし過ぎには注意しよう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/bc/9d/30/bc9d30fc0f84ae2a7b922230c9a2bad9.jpg
食品添加物が多用されていて固まるコーヒーフレッシュは、ミルクとは全く違う成分であることが分かった。カロリーは低めだが、頻繁に使うのをさけている人もいるようだ。食品添加物の摂取のし過ぎはアレルギーや、体への影響も考えらえる。ミルクとは全く違うので、摂取のし過ぎに注意しよう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://askul.c.yimg.jp/img/product/LL1/2851085_LL1.jpg