// FourM
Nnqa6mbs3bl4hhpejkyc

自宅

CATEGORY | 自宅

宇能鴻一郎のおすすめ小説!代表作むちむちぷりん、鯨神など多数!

2018.06.16

宇能鴻一郎は佐賀県出身で官能小説が中心の小説家です。おすすめ作品は官能小説だけではありません。推理小説も嵯峨島昭と名前を変えて出版されています。代表作の鯨神やむちむちぷりん、金沢八景など、梅雨時、自宅で読むのに最適な宇能鴻一郎と嵯峨島昭のおすすめ小説をご紹介。

  1. 宇能鴻一郎のおすすめの小説。代表作『むちむちぷりん』『鯨神』など
  2. 宇能鴻一郎のおすすめの小説。代表作『むちむちぷりん』『鯨神』など【むちむちぷりん】
  3. 宇能鴻一郎のおすすめの小説。代表作『むちむちぷりん』『鯨神』など【鯨神 】
  4. 宇能鴻一郎のおすすめの小説。代表作『むちむちぷりん』『鯨神』など【自宅と別荘】
  5. 宇能鴻一郎のおすすめの小説。代表作『むちむちぷりん』『鯨神』など【まとめ】
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTwx9YtJ4odSm5ETjwErtmw8Kmnj_cW-uz6VQyxIWKGfr7Xn-QQ
まずは宇能鴻一郎とはどのような人物でしょう。宇能鴻一郎は官能小説家で嵯峨島 昭という名前では推理小説を書いて出しています。宇能鴻一郎は2つの顔をもっている小説家であり代表作は「むちむちぷりん」です。他のも代表作は官能小説でたくさんありますがジャンルが官能小説ということもあり代表作もあまり興味がない方には知られていないようですね。
引用: https://kotyoudou.ocnk.net/data/kotyoudou/product/kotyou2_627.jpg
むちむちぷりん は伝説的な官能小説ともいわれており官能小説ファンの方にはとても話題となっている小説です。他にもたくさんの作品がありますがむちむちぷりんは話題になりましたね。

関連記事

引用: https://kotyoudou.ocnk.net/data/kotyoudou/product/kotyou1_780.jpg
宇能鴻一郎の代表作でもあるむちむちぷりんは「あたし、◯◯なんです」というフレーズで女性の告白調がわだいとなり官能小説ファンからは大きく支持されており、ファンも多数いらっしゃいます。また宇能鴻一郎は芥川賞も受賞している官能小説家で東京大学出身である。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71o2GZbGFAL._SY445_.jpg
むちむちぷりんは自分がいけない女ですというような感じで話がなっており女性の隠れた気持ちが表向きになっているような感じの表現を出しているところもあり、くぎ付けになっているファンもいるようです。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQr11z6mzVq7P4FR48MqeEXwaoYGnApOyR6BVWj38XN6UzDtg8h
宇能鴻一郎のおすすめの小説で代表作でもある鯨神は芥川賞受賞作品です。芥川賞はなかなか取りたいと思ってとれるものでもなく官能小説作家としての才能があったのでしょうね。部隊が捕鯨組織中心の話の小説でクジラについてのあこがれも強かった宇能鴻一郎は東京大学在学中に「鯨神」に全精力をつぎ込んでとりくんだ結果が芥川賞受賞という素晴らしい賞を受賞することができた。
引用: https://item-shopping.c.yimg.jp/i/i/disk-kazu-saito_g61855
物語中の男女の官能シーンは多いと思われるかもしれないが実は鯨神はほんの数行しか官能シーンは描かれていないようでした。官能小説ファンには何回呼んでも面白い、のめり込むという人も多くおすすめの小説とも言えますね。
引用: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/sutendo/20130218/20130218120149.jpg
宇能鴻一郎の自宅といえば鎌倉です。鎌倉の自宅は落ち着きのある空間です。また宇能鴻一郎は軽井沢にも別訴を持っており横浜市の金沢八景の敷地600坪も別荘があり各パーティーなどを開いて多くの方々を招待したりして楽しまれていることもあるようですね。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTnb4pOLEZ5I0Es5Uxtl8h_FzyXXlss3PpJ6FHFfVwQUzzKpzTz
また宇能鴻一郎は自宅と金沢八景の別荘と行き来したりもしていますが仕事のオンオフを分けて使い分けて執筆もおこなっているため官能小説は官能小説、推理小説は推理小説と書く時に切り替えができるようですね。また、切り替えるためにも1972年以降に嵯峨島 昭として推理小説の執筆もできているのでしょうね。

関連記事

宇能鴻一郎は嵯峨島 昭と同一人物ではあるが全く違うジャンルの小説を書いている。官能小説は宇能鴻一郎で嵯峨島 昭の時は推理小説でしているようですね。名前を別名でしたきっかけは当時は覆面作家ということもあり中江からも色々と推理できるように招待を探しましょうってことで広げているようです。
また金沢八景の別荘は小説を書く時の気分転換にもなっているようですね。金沢八景は日本国内でも優れた風景で横浜市金沢区にありますがなかなかこの立地で別荘は持てないものです。人気の観光名称ともなっており日本国内でも街並みの景色が非常によく文化的遺産となっているようです。このような貴重な場所に別荘をたてて官能小説や推理小説を執筆していたのですね。宇能鴻一郎が東京大学在籍で芥川賞受賞したとかの経歴があり素晴らしい小説家ですね。官能小説、推理小説と色々と話題になっている作品も多くあります。是非読んでみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://livedoor.blogimg.jp/sakumaru40-ryokufudo/imgs/3/3/33b7e02c.jpg