Ifqbnjz2nymeext9yw58

インテリア

CATEGORY | インテリア

アロマオイルの使い方は?部屋や職場、玄関で使い方は違うの?

2018.06.19

アロマオイルを使いますか?アロマオイルはリラックス効果からあらゆる人に支持されていますが正しい使い方をしていますか?今回は、アロマオイルについて部屋や玄関、職場など場所別の使い方の解説をします。100均でも手に入れることができるのでぜひ始めてみてください。

  1. アロマオイルってどのような使い方があるの!?
  2. アロマオイルの使い方!玄関や職場・部屋でも使える方法①精油の使い方
  3. アロマオイルの使い方!玄関や職場・部屋でも使える方法②ハンカチの使用
  4. アロマオイルの使い方!玄関や職場・部屋でも使える方法③マグカップ
  5. アロマオイルの使い方!玄関や職場・部屋でも使える方法④アロマポット
  6. アロマオイルの使い方!玄関や職場・部屋でも使える方法⑤アロマランプ
  7. アロマオイルの使い方!玄関や職場・部屋でも使える方法⑥アロマファン
  8. アロマオイルの使い方!玄関や職場・部屋でも使える方法⑦アロマディフューザー
  9. アロマオイルの使い方!玄関や職場・部屋でも使える方法⑧アロマ加湿器
  10. まとめ
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/618ozStqQkL._SY355_.jpg
それでは早速アロマオイルの使い方について話をしてまいります。詳細に話す前にまずは、アロマオイルはどのような使い方があるのか、簡単に解説をしていきます。そもそもアロマオイルと混同されやすいものに、精油があります。これはそもそも違ったものになるので、このあと詳しく話をしていきます。アロマオイルの原料には様々な植物が使われます。これらの植物を、水蒸気蒸留法という方法で精油を取り出すことから始まっていきます。当然その取り出した物質の中には、その植物独自の匂いであったり成分がたくさん凝縮されているのです。精油は直接皮膚等に当ててしまうと、人体に害を与える事があるので、基本的には直接何かするということはしません。そのため、水等と混同させることで希釈をして、アロマセラピー等々によく使われることになります。このように作られたものが、アロマオイルになるのです。抽出する植物により、匂いは当然のことながら、中に含まれる成分が違ってくるので、体に与える影響も違ってくるので、今自分が一番欲している効能や匂いのアロマオイルを選ぶことから初めていきます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/619sv35isZL._SL1000_.jpg

関連記事

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51igyW2MZ%2BL._SY606_.jpg
それでは早速ここからは、アロマオイルの使い方等に触れていきます。まず最初に紹介するのは、精油についてです。精油の使い方は、まず専用の容器に入っているので、その容器のキャップをはずします。精油に使われている容器は、基本的には1滴1滴出るような仕組みになっているので、出し過ぎを気にする必要がありません。出方は精油の容器や濃度によって変わってきますが、基本滴には1滴1滴出てくるので、焦らないようにしましょう。精油1滴の量は0.05mlぐらいが目安となっており、5mlの容器のものであると約100滴くらいは出る計算になります。今では100均等でも買う事ができるので、お手軽に楽しむ事ができます。一応使用期限はあるので、古いものには気をつけましょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61XUObnD4FL._SY355_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71tYtcrUPuL._SY355_.jpg
それでは続いてアロマオイルの使い方について見ていきましょう。次はハンカチになります。アロマオイルの使い方の中でも、もっとも簡単んでお手軽にできる方法と言えるでしょう。使い方はいたって簡単です、ティッシュもしくはコットン類、そしてキッチンペーパーにアロマオイルを染み込ませるだけでいいのです。簡単でしょう!その中でもおすすめなのが、ハンカチを使った方法です。先ほどのは使い捨てになりますが、ハンカチであればずっと使い続ける事ができます。ハンカチにアロマオイルを2滴くらいたらします。そしてハンカチを鼻近くに持ってきて、深呼吸をするだけです。使う場所も多岐に渡る事ができ、外出中や就寝前といった場所でも使う事ができるため、気分を入れ替えたいときに持ってこいの使い方と言えるでしょう。ただし、行う前は注意点があり、ハンカチにアロマオイルを垂らす場合は、アロマオイルの種類によってはシミになる可能性があるので、できるだけシミになってもいいようなハンカチを使うようにしましょう。今では100均等でも買う事ができるので、お手軽に楽しむ事ができます。一応使用期限はあるので、古いものには気をつけましょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71tC75mwYZL._UX522_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41VREipSbqL._SY355_.jpg
それでは続いてアロマオイルの使い方について見ていきましょう。次はマグカップになります。これも簡単な方法で、マグカップに80℃前後くらいに熱した熱いお湯を入れましょう。入れたらアロマオイルを2滴ほど垂らして完成です。こちらも、お湯とマグカップさえ用意できればどこでも実行する事が可能なので、仕事中や勉強中などの気分転換をしたいときにとか、とてもおすすめな方法になります。今では100均等でも買う事ができるので、お手軽に楽しむ事ができます。一応使用期限はあるので、古いものには気をつけましょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81vxjmumODL._SX355_.jpg
引用: https://izilook.com/izilook/uploads/2017/06/aromapot_style01.jpg
それでは続いてアロマオイルの使い方について見ていきましょう。次はアロマポットになります。アロマポッドは書いて字のごとく、アロマオイル専用の器になります。使い方としては、アロマポットの上皿に水を貼りましょう。そしてその上に、アロマオイルをお好みで垂らしていきます。アロマオイルの下には、キャンドルを入れる部分があるので、下からゆっくりと熱していくと、アロマオイルの香りが充満する仕組みになります。これはアロマオイルの匂い的なものと、キャンドルの視覚的なものの癒し効果があるので、ゆっくりと癒されたい人には、とてもおすすめな方法と言えます。これは火を使うので、そこだけ注意して火傷等をしないようにしましょう。今では100均等でも買う事ができるので、お手軽に楽しむ事ができます。一応使用期限はあるので、古いものには気をつけましょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41tbCPfRSYL._SY355_.jpg

関連記事

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71Ur5BJXuXL._SY450_.jpg
それでは続いてアロマオイルの使い方について見ていきましょう。次はアロマランプになります。こちらも書いて字のごとく、アロマオイル専用の器具になります。先ほどのものと違い、こちらは電球の熱でアロマオイルを温める仕組みになります。温められると、アロマオイルが充満する仕組みになります。こちらは電球の温度で温めるため、先ほどと違いやけどの危険等はあまりありません。今では100均等でも買う事ができるので、お手軽に楽しむ事ができます。一応使用期限はあるので、古いものには気をつけましょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/411RVlP4KVL._SY450_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81iQZinzq1L._SX355_.jpg
それでは続いてアロマオイルの使い方について見ていきましょう。次はアロマファンになります。こちらはあまり聞きなれない人も多い事でしょう。使い方としては、専用のマットにアロマオイルを垂らします。そしてそこに扇風機の風を当てて、香りを充満させる仕組みになります。今までの方法とは違い、熱を全く必要としないので、安全にアロマオイルを楽しむ事ができます。今では100均等でも買う事ができるので、お手軽に楽しむ事ができます。一応使用期限はあるので、古いものには気をつけましょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81Bbvxn8oYL._SY355_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41x%2BbVgK61L._SY355_.jpg
それでは続いてアロマオイルの使い方について見ていきましょう。次はアロマディフューザーになります。このアロマディフューザーもあまり聞きなれない人が多い事でしょう。こちらは専用の、電動式エアポンプの空気圧や、超音波を使って、アロマオイルを全体に広がらせる仕組みになります。先ほどのアロマファン同様に、一切熱を使わないので、やけど等の心配は一切ありません。今では100均等でも買う事ができるので、お手軽に楽しむ事ができます。一応使用期限はあるので、古いものには気をつけましょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71xB22nxPyL._SY355_.jpg
引用: https://assets.media-platform.com/roomie/dist/images/2018/02/810VowoB7gL._SL1500_.jpg
それでは続いてアロマオイルの使い方について見ていきましょう。次はアロマ加湿器になります。最近では、加湿器にアロマ機能を搭載しているものが多くあり、身近なものになっておりますね。アロマオイルの匂いを楽しむだけではなく、乾燥を防いでくれるので一石二鳥です。夏等の湿気が強い時期にはあまり向いてはいませんが、秋や冬等の乾燥しがちな時に使えば、風邪の予防にもなるので、免疫面でも優れております。今では100均等でも買う事ができるので、お手軽に楽しむ事ができます。一応使用期限はあるので、古いものには気をつけましょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41We2z908sL._SX355_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61uiYPoyKcL._SY355_.jpg
いかがでしたでしょうか?以上が今回の記事、「アロマオイルの使い方は?部屋や職場、玄関で使い方は違うの?」になります。どのアロマオイルの使い方も、今にでも始められるものばかりです。器具がなくても最近では、100均で十分に購入できるものばかりなので、是非買ってみてはいかがでしょうか?
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61rn-gKH3bL._SY355_.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41GdEayFAlL.jpg