Ar6ch06sqyjmpkg3a1db

バイク

CATEGORY | バイク

オフロードバイクのおすすめ&最強決定戦【400cc,250cc,125cc】

2018.06.17

バイクはバイクでも、遊び心満載といえば、オフロードバイクではないでしょうか?そんなオフロードバイクにも種類があります。おすすめオフロードバイクはどれなのでしょうか。おすすめ最強オフロードバイクを排気量ごと(125cc,250cc,400cc)にご紹介します。

  1. オフロードバイクとはどんなバイク!?
  2. おすすめオフロードバイク!最強は!?①125cc ホンダCRF125F
  3. おすすめオフロードバイク!最強は!?②125cc ホンダTL125
  4. おすすめオフロードバイク!最強は!?③125cc ヤマハDT125R
  5. おすすめオフロードバイク!最強は!?④125cc スズキ ジュベル125
  6. おすすめオフロードバイク!最強は!?⑤125cc カワサキKLX125
  7. おすすめオフロードバイク!最強は!?⑥125cc カワサキKX125
  8. おすすめオフロードバイク!最強は!?⑦250cc ホンダCRF250L
  9. おすすめオフロードバイク!最強は!?⑧250cc ホンダCRM250R
  10. おすすめオフロードバイク!最強は!?⑨250cc ヤマハ セロー250
  11. おすすめオフロードバイク!最強は!?⑩250cc ヤマハWR250R
  12. おすすめオフロードバイク!最強は!?⑪250cc スズキ ジェベル250XC
  13. おすすめオフロードバイク!最強は!?⑫250cc カワサキKLX250ファイナルエディション
  14. おすすめオフロードバイク!最強は!?⑬400cc ホンダXR400モタード
  15. おすすめオフロードバイク!最強は!?⑭400cc ヤマハXT400
  16. おすすめオフロードバイク!最強は!?⑮400cc ヤマハWR400F
  17. おすすめオフロードバイク!最強は!?⑯400cc スズキDR-Z400S
  18. おすすめオフロードバイク!最強は!?⑰400cc スズキDR-Z400SM
  19. 最強おすすめオフロードバイク決定!
  20. おすすめオフロードバイクまとめ
オフロードバイクといえば、山道を走ったり、土で作られたコースを走るオフロード競技などを想像しませんか(昔、ファミコンにあったエキサイトバイクとか・・・)?そんなことから、オフロードバイクは、オンロードバイクと違ってカウルなども少なく、シャープな作りが特徴です。
引用: http://gahag.net/img/201601/29s/gahag-0050848572-1.jpg
オフロードバイクはデザインだけではなく、タイヤもオフロード用になっており、サスペンションなども、それにあったセッティングがされているサスペンションが組み込まれています。また、最近では競技専用車両も販売されてます。
引用: http://gahag.net/img/201510/30s/gahag-0020216553-1.jpg
オフロードバイクでは競技規定にのっとった現行モデルが多いことから、排気量が400ccクラスは実質なくなっており、450ccになっているというのも一つの特徴です。また、競技車両の場合、公道使用を目的外とすれば、免許がなくても乗ることができます。
引用: https://c.pxhere.com/photos/d9/c2/motocross_enduro_motorcycle_cross_motorsport_motocross_ride_motorcycle_sport_sand-1410343.jpg!d

関連記事

ホンダのCRF125Fは、空冷4ストロークエンジンで、排気量を125ccとしたオフロードバイクで、台数限定で受注が再開されました。特徴は、全域での力強い走りに加え、中低速時の扱いやすさと粘り強さも特徴となっているオフロードバイクです。
引用: http://www.honda.co.jp/CRF/crf125f/common/img/pic-color01.jpg
セルフスターターを搭載しているほか、フロントにディスクブレーキを採用したことによって、本格派オフロードバイクに仕上がっています。また、本格的なオフロードデザインのスタイルは、まさに本格派。オフロード競技を目指す方には、おすすめできる125ccの一台です。
引用: http://www.honda.co.jp/CRF/crf125f/img/pic01.jpg
○ホンダCRF125F
エンジン:空冷4サイクルOHC単気筒 最高出力:-
排気量:125cc
新車販売価格:税込30万7800円(100台限定)
ホンダのTL125は、排気量125ccクラスのバイクで、1988年に発売されました。すでに誕生から約30年が経過したバイクですが、ツーリングに加え、トレッキング走行やトライアル走行も考えられた作りのバイクでした。また、市街地での走行にも配慮されている点が特徴となっています。
引用: http://picture.goobike.com/850/8500025/J/8500025B3018012400100.jpg
軽量とスリムを兼ね備えた車体は、走りを軽快なものにしました。また、乗車位置を変えることが可能なロングシートに加え、静寂性をアップ。このTL125トレッキング・スポーツバイクは、オフロードからオンロードまで、幅広い走りを目的として乗ることができます。
引用: http://picture.goobike.com/850/8500025/J/8500025B3018012400104.jpg
○ホンダTL125
エンジン:空冷4サイクルOHC単気筒 最高出力:9.3ps
排気量:125cc
中古車価格:16万円~42万8000円
ヤマハのDT125Rは、1985年にDT125のフルモデルチェンジモデルとして誕生しました。元々パワフルなエンジンを持っていたのが特徴で、1988年に車種コードが34Xから3WFに変更されると、オフロードバイクらしいスタイルに変貌を遂げており、現在は、非常に希少価値の高い125ccモデルです。
引用: http://picture.goobike.com/850/8501586/J/8501586B3018031200100.jpg
ヤマハDT200Rの姉妹車の125㏄モデルとして誕生したこともあり、DT200Rと同じデザインでしたが、1991年にマイナーチェンジが実施されると、デザインにも若干変更が加えられます。ヘッドライトは大きめになり、リアキャリアも搭載されたことから、ツーリングにも配慮されたタイプのバイクとなりました。
引用: http://picture.goobike.com/850/8501586/J/8501586B3018031200106.jpg
○ヤマハDT125F
エンジン:水冷2サイクル単気筒 最高出力:22ps
排気量:125cc
中古車価格:40万円
スズキのジュベル125が誕生したのは、約25年前の1993年のことでした。SX125をバースにしたオフロードバイクで、125ccで低価格なことからも注目のオフロードバイクでした。当時は低価格に加え、諸経費の安さも魅力で、「最も優れたコストパフォーマンスを持つバイク」と最強のコスパを持っていました。
引用: http://picture.goobike.com/820/8200145/J/8200145B3018032700400.jpg
基本設計は、ジュベル200と同様でした。しかし、スイングアームの長さや材質、リヤホイールのリムサイズ、チェーンサイズ、ギヤ数など、ジュベル200と比較すると変更されていました。残念ながら、当時強化された排気ガス規制法と加速騒音規制に対応できなかったことから、販売は終了されてしまいます。
引用: http://picture.goobike.com/820/8200145/J/8200145B3018032700401.jpg
○スズキ ジュベル125
エンジン:空冷4サイクル単気筒 最高出力:14ps
排気量:125cc
中古車価格:23万7600円~29万9000円
カワサキのKLX125が発売されたのは、2015年のことでしたが、現在の生産は終了されており、在庫による新車販売のみとなっているオフロードバイクです。排気量を125ccとした空冷シングルエンジンが搭載されており、5速ミッションにペタルディスクブレーキにより、優れた制動力を発揮しました。
引用: https://www.kawasaki-motors.com/mc/img/klx125/img_01-01.jpg
デジタルスピードメーターにパーグラフ式タコメーター、時計やセルフスターターなども搭載しており、普段使いも考えられた設計から、ツーリングも快適です。テレスコピックフォークに前輪19インチ、後輪16インチのホイールを採用するなど、走破性にもこだわった125ccモデルです。
引用: https://www.kawasaki-motors.com/mc/img/klx125/img_01-02.jpg?1529116491536
○カワサキ KLX125
エンジン:空冷4サイクル単気筒 最高出力:10ps
排気量:125cc
新車販売価格:税込34万8840円
カワサキのKX125は、オフロードの競技専用モデルでした。競技専用モデルということから、競技規則にのっとった作りになっており、ヘッドライトやウィンカーは装備されていませんでした。代わりに、高い運動性能を持っており、オフロードではその性能をいかんなく発揮することができました。
引用: http://picture.goobike.com/820/8201653/J/8201653B3018010800100.jpg
現在は生産終了モデルとなており、購入には中古車市場を探すことになりますが、競技専用モデルということで、中古車市場でも品簿モデルとなっています。それでも125ccクラスでは、最高のオフロード性能を発揮します。
引用: http://picture.goobike.com/820/8201653/J/8201653B3018010800104.jpg
◯カワサキKX125
エンジン:4サイクル単気筒DOHC 最高出力:-
排気量:125cc
中古車価格:22万8000円

関連記事

ホンダのCRF250Lは、現行モデルとなる250ccのオフロードバイクです。フルグラフィックスを採用したデザインは、躍動感抜群!そのデザインにタフなパワーユニットを搭載することで、高レベルのパフォーマンスを演出します。これに左右が独立して機能するサスペンションである倒立フォークによって、安定した走りを披露します。
引用: http://picture.goobike.com/850/8501123/J/8501123B3017062300100.jpg
また、数々の装備を備えることで、日常での走りも快適なものにしています。大径ヘッドライトと、視認性の高いデジタルスピードメーターを採用することで、ツーリングも快適なものにしています。オフロード、ツーリングと、まさに現行モデル最強のオフロードバイクといえるモデルです。
引用: http://picture.goobike.com/830/8300175/J/8300175B3017032800104.jpg
◯ホンダCRF250L
エンジン:水冷4サイクル単気筒DOHC 最高出力:24ps
排気量:250cc
新車販売価格:税込49万7880円
ホンダのCMR250Rは、1989年に誕生し、1996年まで販売された250㏄クラスのオフロードバイクです。フルサイズの2ストロークエンジンを搭載し、公道走行用として開発されたモデルなので、公道でも使用可能なことから、ツーリングにも使用できる、250ccのオフロードバイクでした。
引用: http://picture.goobike.com/870/8702229/J/8702229B3017082400100.jpg
エンジンは2サイクルエンジンで、37psを発揮。しかし、1991年にフルモデルチェンジを実施すると、電子制御化されたバルブ、点火時期に加え、排気系を変更したことにより、排気量を250ccのまま最高出力を40psにアップします。スポーツ性能にも特化した、公道走行用モデルでした。
引用: http://picture.goobike.com/870/8702229/J/8702229B3017082400104.jpg
◯ホンダCMR250R
エンジン:水冷2サイクル単気筒 最高出力:40ps
排気量:250cc
中古車価格:19万8000円~34万円
ヤマハのセロー250といえば、四半世紀に渡って販売され続けた、250ccクラスのオフロードバイクのロングセラーモデルです。リアサスペンションには軽量のアルミ製シリンダーを採用し、フロントに2ポッドキャリパー、リヤにディスクブレーキを採用することで、高い操作性と扱いやすさを実現しました。
引用: https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/serow/img/serow_color_001_2016_001.jpg
ヘッドライトに加えて、LEDフォグランプキットも装備すれば、夜間のツリーングも安心して乗ることができます。スポーツ性能に加え、日常的なツーリングにも配慮された設計は、公道でも山道でも活躍する、最強クラスといえるオフロードバイクです。現在も多くの支持を集める点が、それを証明しています。
引用: https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/serow/img/serow_color_001_2016_003.jpg
◯ヤマハ セロー250
エンジン:空冷4サイクル単気筒SOHC 最高出力:18ps
排気量:250cc
新車販売価格:税込50万7600円(在庫限り)
ヤマハのWR250Rは、YZF-R1をコンセプトに開発された、250cc本格プレミアムオフロードスポーツなっています。リンク式リヤサスペンションは、路面の状況に応じて調整することが可能で、現水力調整機構を備えている点も、高いスポーツ性能を表しています。これによって、細かい調整も可能になっている点も特徴です。
引用: https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/wr250r/img/wr250r_color_001_2016_001.jpg
フューエルインジェクションを搭載したエンジンは、力強い走破性も実現しており、悪路でもその力を発揮することが可能となっている点も、スポーツ性の現れです。鋳造・鍛造のアルミで構成されたボディフレームは、軽量でありながら高い剛性を実現しています。まさにオフロードに適した250cc最強オフロードバイクです。
引用: https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/wr250r/img/wr250r_color_001_2016_004.jpg
◯ヤマハWR250R
エンジン:水冷4サイクル単気筒DOHC 最高出力:31ps
排気量:250cc
新車販売価格:税込72万1440円(在庫限り)
スズキのジェベル250XCは、1992年に販売されたジェベル250のモデルチェンジモデルでした。ビッグライトや17ℓ燃料タンクを搭載したことで、ロングツーリングにも十分対応できる、オフロードタイプのスポーツバイクでした。2007年の排気ガス規制法によって油冷式エンジンの動向が注目されるも、生産中止となってしまいます。
引用: http://picture.goobike.com/850/8500116/J/8500116B3016072200200.jpg
ジェベルは、もともと悪路走行なども考えて作られたデュアルパーパスタイプのバイクでしたが、ジェベル250でツーリング向けに換装された派生モデルとして誕生しました。当時はスズキ独特の油冷エンジンが踏査されていたことも注目されていた、250ccクラスのバイクです。
引用: http://picture.goobike.com/850/8500116/J/8500116B3016072200203.jpg
◯スズキ ジェベル250XC
エンジン:油冷4サイクル単気筒DOHC 最高出力:30ps
排気量:250cc
中古車価格:21万4900円~49万5700円
カワサキのKLX250は、250ccで気軽にオフロードが楽しめるということを目指して誕生した、デュアルパーパスモデルででした。その最終モデルとしてカラーやデザインをグラフィックし、最近のバイク事情の流れも組んで誕生したのが、KLX250ファイナルエディションでした。
引用: https://www.kawasaki-motors.com/mc/img/klx250/img_04-01.jpg
もちろん、デュアルパーパスモデルですから公道での使用も可能となっており、ツーリングもこなすことができる最強バイクのひとつです。優れた減衰力を発揮するフロントフォーク、ブレーキにはペタルブレーキを作用するなど、スポーツ性とコントロール性を実現した、250ccオフロードバイクです。
引用: https://www.kawasaki-motors.com/mc/img/klx250/img_04-03.jpg?1529167746431
◯カワサキKLX250ファイナルエディション
エンジン:4サイクル単気筒DOHC 最高出力:24ps
排気量:250cc
新車販売価格:税込56万4840円(在庫限り)

関連記事

ホンダから2005年に発売された400ccクラスのバイク、XR400モタードでした。XR400モタードは、オフロードバイクならではの名張づより走りに、オンロードにも対応できる味付けがされたことから、オフロード、オンロードの両方で活躍できるバイクとなりました。
引用: http://picture.goobike.com/850/8503110/J/8503110B3016111300100.jpg
もちろん、オンロードの味付けもされているバイクですから、ツーリングでも活躍する一台です。最高出力は30psとなっていますが、アクセルをひねるとその加速力はピカイチ。コントロール性の高いブレーキも搭載しており、万能に近いバイクだといえそうです。
引用: http://picture.goobike.com/850/8503110/J/8503110B3016111300101.jpg
◯ホンダXR400モタード
エンジン:空冷4サイクルOHC 最高出力:30ps
排気量:400cc
中古車価格:29万8000円~44万9300円
ヤマハのXT400は、オフロード、オンロードの両方に対応できる、400ccクラスのデュアルパーパスモデルです。もちろん公道での使用も可能となっているbikeですから、ツーリングにも活躍することができる一台となっています。しかし誕生したのが1982年と、誕生からすでに35年以上も経過しました。
引用: http://picture.goobike.com/850/8503253/J/8503253B3017092300100.jpg
XT400のベースは、輸出用のXT550で、空冷4サイクルSOHCエンジンは29psを発揮。当時のモデルとしては高い走破性と走りを持ったバイクでした。すでに古いバイクということは否めませんが、古いだけに希少価値も高くなています。
引用: http://picture.goobike.com/850/8503253/J/8503253B3017092300103.jpg
◯ヤマハXT400
エンジン:空冷4サイクルSOHC 最高出力:29ps
排気量:400cc
中古車価格:35万5000円
ヤマハのWR400Fが誕生したのは、世紀末と騒がれた1999年のことでした。ヤマハのモトクロッサーであるYZ400Fをベースとして開発荒れたモデルで、そのデザインはまさにモトクロスバイクでした。これにより、オフロードでも高い性能を発揮するモデルでしたが、公道での使用も可能でした。
引用: http://picture.goobike.com/870/8700214/J/8700214B3017063000200.jpg
メインフレームは優れた特性を持高張力素材が採用され、リヤフレームはアルミ合金を採用することで、軽量化も促進されました。その他、剛性アップや走破性能の向上なども図られたことから、高い運動性能を発揮する、400ccクラスのバイクとなりました。
引用: http://picture.goobike.com/870/8700214/J/8700214B3017063000205.jpg
◯ヤマハWR400F
エンジン:水冷4サイクルDOHC 最高出力:58ps
排気量:400cc
中古車価格:59万800円
スズキのDR-Z400Sは、市販のレーサーモデルであったRMをベースとした、オフロードやスポーツ向けに開発された、400ccのバイクです。しかし、2008年の排気ガス規制法により、日本国内での販売は、終了してしまいます。現在、北米仕様は継続生産されていますが、日本国内で新車購入は、困難となっています。
引用: https://img.webike.net/moto_photo/21274/1207489/L_0.jpg
すっきりとした、スポーツ性の高いデザインが特徴の400ccバイクで、水冷4サイクルのエンジンは40psを発揮し、高い走破性を持っています。ブレーキには、前後シングルディスクが採用されていることも、スポーツ性の高さの表れとなっています。ツーリングにもオフロードにも適した一台です。
引用: https://img.webike.net/moto_photo/21274/1207489/L_6.jpg
◯スズキDR-Z400S
エンジン:4サイクル単気筒DOHC 最高出力:40ps
排気量:400cc
中古車価格:46万8000円~52万8100円
2003年に開催された第37回東京モーターショーに出品されたのが、スズキDR-Z400SMでした。これは400ccのDR-Z400Sの改良型スーパーモタード仕様のバイクで、オフロードからオンロード向け仕様になったため、オフロードよりもオンロードの方が適するバイクとなりました。
引用: http://picture.goobike.com/870/8700201/J/8700201B3017091800100.jpg
しかし、スーパーモタードの枠にとらわれない仕様は、様々な状況下で使用されるバイクとなり、ツーリングやジムカーナにも使用されました。オンロードでもオフロードでも、競技でも使用できることから、400ccクラスでは人気を集め、DR-Z400Sを超える人気車種となりました。
引用: http://picture.goobike.com/870/8700201/J/8700201B3017091800105.jpg
◯スズキDR-Z400SM
エンジン:4サイクル単気筒DOHC 最高出力:40ps
排気量:400cc
中古車価格:37万5900円~79万9900円

関連記事

オフロードバイクといっても競技専用であったり、販売が終了していたりと、様々な理由もついて回ります。特に400㏄は競技規定により、450㏄がメインなど、環境も様々です。そのあたりも考慮して、オフロードバイク最強を決めさせていただきます!今回、私が独断で最強としたのは、「ヤマハ セロー250」です!
引用: http://picture.goobike.com/880/8800585/J/8800585B3017112700300.jpg
引用: http://picture.goobike.com/880/8800585/J/8800585B3017112700301.jpg
ヤマハ セロー250は、ロングセラーモデルであり、長い期間販売されていながらも高い支持を集めてきました。現在は販売が終了していますが、後継モデルも開発されているということもあり、今後も人気を集めるということと、安定した性能を持っていることから、選ばせていただきました。
最強おすすめオフロードバイクとしていくつかバイクをご紹介しましたが、最強となるバイクは、個人によっても変わってきます。最終的には、自身が好きなメーカーの、自分が気に入ったモデルこそが自身にとって最強です。自身が気に入ったオフロードバイクを見つけて、楽しいバイクをライフを送ってください。
引用: https://c.pxhere.com/photos/31/a0/motorcycle_man_sport_bike_helmet-35836.jpg!d
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://haisai43.com/photographs/images/DSC00057.jpg