// FourM
Iibomzaem4x8znkvljjy

おすすめ

CATEGORY | おすすめ

井上荒野のおすすめ|結婚・ベーコン・そこへ行くなど多数ご紹介!

2018.07.06

井上荒野といえば「結婚」という作品が代表作品。キャベツ炒めに捧ぐのキュウリいろいろもセンター試験に出たことで話題に!タイトルが独特な作品が多いことからも注目されている井上荒野のおすすめを知りたい方向けに、結婚やそこへ行くななどの井上荒野のおすすめ作品をご紹介!

  1. 井上荒野は結婚以外にもおすすめ作品が多い作家!
  2. 井上荒野とは?
  3. 井上荒野の代表作品はやはり「結婚」
  4. 結婚だけじゃない!井上荒野は直木賞受賞者でもある!
  5. 井上荒野の作品キュウリいろいろがセンター試験に登場!
  6. 結婚等・作品のタイトルが斬新と話題にもなっている!
  7. 結婚をはじめとした井上荒野のおすすめ作品はこちら!
  8. 井上荒野のおすすめ作品① 結婚
  9. 井上荒野のおすすめ作品② 切羽へ
  10. 井上荒野のおすすめ作品③ そこへ行くな
  11. 井上荒野のおすすめ作品④ だれかの木琴
  12. 井上荒野のおすすめ作品⑤ ナナイロノコイ
  13. 井上荒野のおすすめ作品⑥ キャベツ炒めに捧ぐ
  14. 井上荒野のおすすめ作品⑦ ベーコン
  15. 【まとめ】結婚のような素敵な作品はまだまだ出る可能性大!
引用: https://koza.asahiculture.jp/SCHOOL_CACHE_PERM/acc/upload/2017/ca06b274-44d9-cecc-7fcd-58f46d12a4aaareno.jpg
皆さんは井上荒野をご存知ですか?小説を普段から読む人などはご存知の方も多いと思いますが、作品「結婚」が特に有名で、映画化されるほどの実力のある作家です。そのような作家が現在注目を集めており、多くの方から人気となっています。今回はそのような井上荒野の結婚をはじめとしたおすすめ作品をご紹介していきたいと思います。
引用: https://article-image-ix.nikkei.com/https%3A%2F%2Fimgix-proxy.n8s.jp%2Fcontent%2Fpic%2F20170914%2F96958A88889DE0E2EAE7EAE2E6E2E2E5E2EBE0E2E3E5E2E2E2E2E2E2-DSXZZO2097337011092017000000-PB1-3.jpg?auto=format%2Ccompress&ch=Width%2CDPR&crop=focalpoint&fit=crop&fp-x=0.5&fp-y=0.5&h=433&ixlib=php-1.1.0&w=650&s=ffab5f0c6bb050c5b902affc1feb4716
井上荒野は東京在住の作家です。いのうえこうやと読んでしまいがちですが、いのうえ「あれの」が正しい読み方となっています。恋愛系の作品が多いのですが、他の小説の作品にはない独特な魅力が多くの人を魅了し、ついつい読んでいると続きが気になるような作品を手掛けています。先ほどもご紹介したように、井上荒野の代表作は結婚がよくあげられやすいです。

井上荒野の父親も小説家「井上光晴」

引用: https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/6f/46/b2350a2bc6628a90d67eb95f7b55234b.jpg
井上荒野は現在注目を集めている著作家・小説家でも有名ですが、井上荒野の父親も小説家でした。父親の名は井上光晴で、全身小説家が特に有名です。全身小説家は現在もDVDにて販売されているのですが、独特な世界観は多くの人を魅了しています。戦後文学の代表格ともされる小説家で父親もすごかったことが十分にわかるかと思います。
引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20170615/23/soleil-couchant88/64/ed/j/o0540096013961546123.jpg?caw=800
父親・娘ともにすごい小説一家の井上家ですが、井上荒野の代表作品といえばやはり結婚が挙げられます。結婚は2017年に映画化され、豪華俳優にて演じられましたが、多くの方が足を運び大人気となっています。現在はDVDも発売されていますが、井上荒野が作る結婚の世界観は多くの人を物語の世界へと引き込みます。

井上荒野原作の映画「結婚」にはディーンフジオカや貫地谷しほりが!

引用: https://cdnx.natalie.mu/media/news/eiga/2017/0321/kekkon_201703_01_fixw_730_hq.jpg
井上荒野が原作という事でも人気だった結婚ですが、さらに井上荒野の作品「結婚」の知名度を飛躍的に挙げたのが先ほども触れた豪華キャストです。主演には今を時めくイケメン俳優ディーンフジオカや女優では貫地谷しほりが出演し、ベテラン俳優たちによって物語をさらに魅力的なものへとしました。多くの方がご存知のキャストですが、豪華キャスト関係なしに物語に集中してしまうほど濃密な話なので、DVDで観るのもおすすめです。
引用: https://news.mynavi.jp/article/20080715-a056/images/001.jpg
井上荒野は結婚が最も有名なのですが、第139回芥川賞・直木賞では「切羽へ」で直木賞を受賞しています。結婚などの作品が映画化されることからもわかるように、他の作品でもその凄さ、魅力は認められており、多くの人を感動させています。一度井上荒野の作品にハマれば二度三度と繰り返して最初から読んでしまい、さらに奥の深い世界にハマっていく人も多いです。

関連記事

引用: https://resemom.jp/imgs/p/85E-uQits26mttRV9UEgGNNFxkioS0pNTE9O/191095.jpg
井上荒野の作品では最近キュウリいろいろが有名になりました。キュウリいろいろは作品キャベツ炒めに捧ぐの章タイトルなのですが、キュウリは国語のセンター試験問題にも登場しました。センター試験ではキュウリ・キャベツ炒めに捧ぐのような他の小説も採用されることが多く、センター試験でも苦戦する人が多いとされています。センター試験に採用されるほどの内容なので、その話の深さは十分に伺えます。
引用: https://scontent-atl3-1.cdninstagram.com/vp/e80b7eab8df09dd67a12e10e72a59f1d/5BA5153E/t51.2885-15/e35/34351893_452028375257634_3645820067662266368_n.jpg
井上荒野の作品はタイトルも斬新だと注目されています。というのも、先ほども登場しましたが、井上荒野の作品にはキャベツ炒めに捧ぐやベーコン、そこへ行くなといったなかなか小説のタイトルにつかなそうな作品名が並びます。そのような点からも興味を惹かれる人が多く、実際に読んでみると井上荒野のファンになる人が多いです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51qraJP98GL._UX250_.jpg
井上荒野の魅力にはまる人は多いことをご紹介しましたが、次は実際におすすめの井上荒野の作品についてご紹介していきたいと思います。センター試験に登場したキュウリことキャベツ炒めに捧ぐや、そこへ行くな、直木賞を獲得した切羽へなども簡単にご紹介しますので、興味がある方はぜひチェックしていただけたらと思います。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51frlyaYwvL._SX351_BO1,204,203,200_.jpg
まず最初にご紹介する井上荒野の作品は結婚です。結婚は今回何度もご紹介していますが、映画化にもなったほどの作品です。結婚と聞くと幸せな家庭をイメージする方も多いと思いますが、この井上荒野の作品での結婚の物語は「結婚詐欺師」の物語となっています。結婚について再度考える人も多いほどの作品なのでおすすめです。
結婚 (角川文庫)
価格 ¥ 648
引用: https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/2b/08/43843390b3c6f43c06a3aefb763060a2.jpg
次にご紹介するおすすめの作品は切羽へです。切羽へは途中でもご紹介したように、井上荒野の作品の中でも直木賞に輝いたほどの作品です。切羽へも恋愛系の小説なのですが、自分の好きだったはずの旦那以外の人物に恋をしていく物語となっています。切なさに満ちた恋愛小説としても人気で、少し読むだけで物語に入り込むことができる内容となっています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41qXf2KckTL._SX349_BO1,204,203,200_.jpg
次にご紹介するおすすめの作品はそこへ行くなです。そこへ行くなも斬新な作品名の一つとして挙げられることが多いのですが、そこへ行くなは人間の裏側を顕著に表した作品として人気です。平和な日常を過ごしていた中に1本の秘密を告白する電話から少しずつ生活が一変し、変貌していく物語となっています。そこへ行くなは多くの大人をも唸らせるほどの作品で、そこへ行くなを好きだという人もかなり多いです。
そこへ行くな (集英社文庫)
価格 ¥ 670
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51q%2BsK6OaCL.jpg
次にご紹介するおすすめの作品はだれかの木琴です。だれかの木琴は人間の心理について深く書かれた作品です。こちらもついついページをめくってしまうような内容となっているのですが、一人の主婦が気にある人をストーカーしてしまうことから物語が始まります。ちょっとしたことが人生の歯車を狂わせることがしっかりと書かれており、人間の闇の部分を感じさせてくれるような作品です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51A2A1KE3ZL._SX343_BO1,204,203,200_.jpg
次にご紹介するおすすめの作品はナナイロノコイです。ナナイロノコイは一部韓国映画にもなったほどの作品で、こちらも恋愛小説としても有名です。恋の難しさについて書かれた小説で、誰もが経験したことがある恋愛だからこそ多くの方に馴染みやすい小説と言えます。
ナナイロノコイ (ハルキ文庫)
価格 ¥ 535
引用: https://static-mercari-jp-imgtr2.akamaized.net/thumb/photos/m64080422247_1.jpg?1528624158
次にご紹介するおすすめの作品はキャベツ炒めに捧ぐです。キャベツ炒めに捧ぐは途中でもご紹介したように、キュウリいろいろがセンター試験にも登場したほどの作品です。センター試験に出たキュウリいろいろが注目されていますが、全体のキャベツ炒めに捧ぐも面白いと人気です。恋愛とご飯と家族という形を上手に表現した作品です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/515VeFHT7PL._SX333_BO1,204,203,200_.jpg
最後にご紹介するおすすめの作品はベーコンです。ベーコンもキャベツ炒めに捧ぐ同様に食べ物の作品名ですが、ベーコンは料理・食べ物と恋愛が絡んだ作品となっています。ベーコンは多くの方もなじみ深い食品であると思いますが、一食のベーコンが物語を動かし始める作品となっています。
ベーコン (集英社文庫)
価格 ¥ 534

関連記事

引用: http://www.webdoku.jp.s3.amazonaws.com/rensai/sakka/assets_c/2014/02/145inoue_face_yoko-thumb-200x150-5311.jpg
今回は井上荒野のおすすめ作品についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。井上荒野の作品はどれも物語性が深いものばかりで多くの大人がその世界にハマるほどの内容です。一度読んだら次が気になるほどの面白い作品ばかりなので、ぜひ皆さんもチェックしていただけたらと思います。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.suruga-ya.jp/database/pics/game/bn59202.jpg