Nsiux69yu4doqwvyoksb

CATEGORY | 車

ハリアーのフルモデルチェンジの時期は?デザイン|レビュー|寸法|大きさは?

2018.08.09

フルモデルチェンジが噂されるハリアー。今年2018年や、来る2020年がフルモデルチェンジの時期?気になるデザインや大きさは?本記事ではハリアーのフルモデルチェンジの時期と、それに伴う寸法やデザイン変更、機能性の改良点など、レビューを踏まえて解説します。

  1. ハリアーのフルモデルチェンジの時期やデザイン、大きさを予想!
  2. 【ハリアー】フルモデルチェンジの時期はいつ?2018年?2020年?デザインは?寸法・大きさは?現行モデルのレビューもご紹介!:ハリアーのフルモデルチェンジの時期は?
  3. 【ハリアー】フルモデルチェンジの時期はいつ?2018年?2020年?デザインは?寸法・大きさは?現行モデルのレビューもご紹介!:新型ハリアーに搭載されるエンジンは?
  4. 【ハリアー】フルモデルチェンジの時期はいつ?2018年?2020年?デザインは?寸法・大きさは?現行モデルのレビューもご紹介!:新型ハリアーの機能性は?
  5. 【ハリアー】フルモデルチェンジの時期はいつ?2018年?2020年?デザインは?寸法・大きさは?現行モデルのレビューもご紹介!:新型ハリアーのエクステリアデザインは?
  6. 【ハリアー】フルモデルチェンジの時期はいつ?2018年?2020年?デザインは?寸法・大きさは?現行モデルのレビューもご紹介!:新型ハリアーのインテリアデザインは?
  7. 【ハリアー】フルモデルチェンジの時期はいつ?2018年?2020年?デザインは?寸法・大きさは?現行モデルのレビューもご紹介!:ハリアーの現行モデルレビューその① デザインについて
  8. 【ハリアー】フルモデルチェンジの時期はいつ?2018年?2020年?デザインは?寸法・大きさは?現行モデルのレビューもご紹介!:ハリアーの現行モデルレビューその② 性能について
  9. 【ハリアー】フルモデルチェンジの時期はいつ?2018年?2020年?デザインは?寸法・大きさは?現行モデルのレビューもご紹介!:ハリアーの現行モデルレビューその③ 燃費について
  10. 【ハリアー】フルモデルチェンジの時期はいつ?2018年?2020年?デザインは?寸法・大きさは?現行モデルのレビューもご紹介!:まとめ
引用: https://i2.wp.com/xn--o9jy06g0wf78i643dpwj.biz/wp-content/uploads/2016/10/gg-640x371.jpg
引用: http://arata-takuya.com/wp-content/uploads/2017/03/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88-2017-03-05-9.10.57.jpg
ハリアーは2017年6月にマイナーチェンジが行われました。3代目となったハリアーのフルモデルチェンジはいつ頃になるのでしょうか。公開されている情報はほとんどありませんが、現行モデルのハリアーの機能性を元に新型ハリアーの発売日や機能性を予想していきましょう。

関連記事

引用: https://toyota.jp/pages/contents/harrier/003_p_007/image/top/carlineup_harrier_top_pic_06_01_sp.jpg
引用: https://toyota.jp/pages/contents/harrier/003_p_007/image/grade/top/carlineup_harrier_grade_top_pic_01.jpg
ハリアーはこれまでにフルモデルチェンジとマイナーチェンジを繰り返してきましたが、だいたい3〜4年ごとに行われているので、2017年にマイナーチェンジが行われたことを考えるとフルモデルチェンジが行われる時期は2020年頃と推察されます。2020年には東京オリンピックが行われるので、それに関連して何かしらのイベントが行われる可能性も否定できません。
引用: https://i0.wp.com/carbikenews.xyz/wp-content/uploads/2017/06/toyota_new_25L_012s.jpg?w=546&ssl=1
引用: https://www.suv-freaks.jp/wp-content/uploads/2018/01/har1706_41-1024x870.jpg
新型ハリアーは現行のノンターボ、ターボ、ハイブリッドの3種類エンジンを好みで選べる体制を引き継ぎつつ、新たに「ダイナミックフォースエンジン」を搭載する確率が非常に高いと考えられます。ダイナミックフォースエンジンは2018年7月に発売される「カムリ」の新型に搭載されるエンジンで、熱効率の数値が非常に大きくガソリンエンジンでは40%、ハイブリッドエンジンでは41%と驚異的な数値を叩き出しています。この熱効率の数値により燃費が大きく上昇。そして動力性能も大きく向上しています。
引用: https://toyota.jp/pages/contents/harrier/003_p_007/image/exterior/top/carlineup_harrier_exterior_top_pic_01_01_pc.jpg
引用: https://toyota.jp/pages/contents/harrier/003_p_007/image/exterior/top/carlineup_harrier_exterior_top_pic_04_01_pc.jpg
新型ハリアーは現行のプリウスから採用された「TNGAプラットフォーム」を搭載するのではないかと言われています。軽量化が施され耐久性の高い車体に加えて低重心による安定した走行性能と、コーナリング性能を実現したこのプラットフォームを新型ハリアーに採用することで、性別問わず安全に運転が出来るような新しい車が誕生するのではないでしょうか。
引用: https://toyota.jp/pages/contents/harrier/003_p_007/image/exterior/top/carlineup_harrier_exterior_top_pic_08_01_pc.jpg
引用: https://toyota.jp/pages/contents/harrier/003_p_007/image/grade/tur_progress/carlineup_harrier_exterior_carviewer_item_tur_progress_3Q3_angle02.jpg
現行モデルのハリアーではすでに流れるような光がスタイリッシュな「シーケンシャルウィンカー」や、LEDランプを採用したヘッドライトなど最新機能が搭載された仕様となっているのでさらに改良を加えることはないかもしれません。しかし、フロントグリルやエアロパーツなどの細かな部分に関してはデザインが改良されるかもしれませんね。
引用: https://toyota.jp/pages/contents/harrier/003_p_007/image/interior/top/carlineup_harrier_interior_top_pic_07_01_pc.jpg
引用: https://toyota.jp/pages/contents/harrier/003_p_007/image/interior/top/carlineup_harrier_interior_top_pic_05_03.jpg
新型ハリアーのインテリアデザインは現行モデルの本革を使ったシート、スタイリッシュなカラーデザインなどを継承しつつより上品で高級感溢れるインテリアへと昇華させることが予想されます。3列シートが採用されるなど形状に大きな変更が加えられた場合は、それに合わせてインテリアにも大きな変更が加えられるかもしれません。
引用: https://toyota.jp/pages/contents/harrier/003_p_007/image/interior/comfort/carlineup_harrier_interior_comfort_pic_06.jpg
引用: https://toyota.jp/pages/contents/harrier/003_p_007/image/interior/comfort/carlineup_harrier_interior_comfort_pic_15.jpg
【エクステリア】 ブラックで購入しましたが、本当に素晴らしい。若干フロントノーズが横に膨らんでいることを除けばテールも含めてスタイリッシュに仕上げられてカッコいいです。 妻がこれに乗っている姿を見ると惚れ惚れしてしまいます。 車のサイズが普通乗用車サイズなので、女性の体格に丁度よく似合うように思います。 【インテリア】 本革仕様、ステアリングも含めて言うことはありません。最高の仕上がりです。 本当に内装と外装を求める方はこの価格でこの車を買えば間違い無いと断言していいです。

ハリアーのデザインに関して最高の賛辞を送っている方のレビューです。外装と内装、共に不満点がほとんどないとのこと。ハリアーの高級感溢れるデザインは人気の理由の1つですが、新型のハリアーは現行モデルのハイセンスなデザインをさらに超えてくるのか期待したいところです。
引用: https://toyota.jp/pages/contents/harrier/003_p_007/image/interior/comfort/carlineup_harrier_interior_comfort_pic_33.jpg
引用: https://toyota.jp/pages/contents/harrier/003_p_007/image/interior/comfort/carlineup_harrier_interior_comfort_pic_12.jpg
【エンジン性能】 前車のセレナに比べてですが、格段に良いです。 過去の口コミなどで、NAのパワー不足の書き込みを見ますが、私は全くパワー不足を感じません。 高速道路も何度か走行しましたが、坂道でもトルク不足は感じませんでした。 【走行性能・乗り心地】 これも前車のセレナに比べてですが、格段に安定してます。 休憩なしで高速を2時間走行しても、疲れないです。シートの作りが抜群に良いです。 高速でのふらつきも全く無く、一般道での段差なども今まで気になっていたのが、ほぼ気にならなくなりました。

ハリアーの性能に関してのレビューです。座り心地の快適なシート、性能の高いエンジンから生まれる加速力、安定感のある走行性能、ハリアーは機能性においても高い評価を獲得していることが分かります。新型のハリアーが最新最高の技術を凝縮して作られることは間違いないので、現行モデルをいかに昇華させた機能を搭載させるのか楽しみですね。
引用: https://toyota.jp/pages/contents/harrier/003_p_007/image/performance/top/carlineup_harrier_performance_top_pic_10.jpg
引用: https://toyota.jp/pages/contents/harrier/003_p_007/image/performance/top/carlineup_harrier_performance_top_pic_4.jpg
一般道で10km/㍑ 高速道で12~13/㍑程度です。 意外と高速の燃費が伸びません。60km~80km/hの速度が一番燃費がいいのではないかと思います。 速度域にも依ると思いますが,レーダークルーズコントロールでの 走行ですと,前車がいる,いないの影響でややきつめの減速したり,やや急な加速をするのも燃費が伸びない理由かもしれません。自力のアクセルワークならもっと伸びるかもしれません。

ハリアーの燃費に関してのレビューです。燃費に関しては個人によってかなりばらつきが生じるので一概には言い切れませんが、レーダークルーズコントロールの機能が実燃費に影響しているのでは?という興味深いレビューを見つけたのでご紹介しました。急な減速・発進を繰り返すと実燃費は悪くなってしまいます。

関連記事

引用: https://toyota.jp/pages/contents/harrier/003_p_007/image/safety/top/carlineup_harrier_safety_pic_8.jpg
引用: https://toyota.jp/pages/contents/harrier/003_p_007/image/exterior/top/carlineup_harrier_exterior_top_pic_06_01.jpg
ハリアーのフルモデルチェンジの時期や機能性について予想してみました。現行モデルのハリアーはSUV車の中でも相当な人気となっているので、新型ハリアーの発売はハリアーのドライバーの方のみならず、業界全体が注目している話題と見て良いでしょう。最高の機能性とデザインを誇るハリアーの新型モデルはいったいどうなっていくのか、これからも目が離せませんね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://tk.ismcdn.jp/mwimgs/1/d/1140/img_1da4d1d1be5c0bbfa8c3869b41d87ecc176646.jpg