R3xn0rzjptaxmytusclp

インテリア

CATEGORY | インテリア

マットレスは敷布団の下に重ねる必要はある?おすすめの布団の敷き方!

2018.06.12

マットレスの上に敷布団を重ねる方もいるのでは?マットレスの本当の意味を知っていると必要のないことだと思う人もいますが、実はマットレスに敷布団を重ねて使っている方たちにはちゃんと意味が?そこで必要・いらない理由やおすすめの重ねる順番などについてご紹介します。

  1. マットレスに敷布団を重ねる理由
  2. 間違った敷布団とマットレス使い方や理由①マットレスの汚れを防ぐ
  3. 間違った敷布団とマットレス使い方や理由②腰痛対策
  4. 間違った敷布団とマットレス使い方や理由③マットレスのそもそもの意味を知らない
  5. マットレスには敷布団が必要なものと不必要なものがある
  6. 敷布団とマットレスを重ねて使用しない方がいい理由
  7. マットレスが汚れるために敷布団を使う方への対策
  8. 腰痛を防ぐためにマットレスに敷布団を重ねる人の対策
  9. マットレスに敷布団を重ねたい人へ
  10. マットレスと敷布団の順番
  11. まとめ
引用: https://i.pinimg.com/564x/de/cd/5f/decd5f6afcdbacc889ffadb5457d28b1.jpg
敷布団を重ねて使用する方法でマットレスを使用すると、マットレスの使い方を知っている方が見ると頭を抱えてしまう光景ですが、敷布団を重ねる必要があると思い重ねている方が多くいます。マットレスには大きく分けて2種類あり種類によっては敷布団が必要ですが、いらないものもあります。マットレスに敷布団を重ねる方たちの意見としては主に3つの意見があります。1つ目は「マットレスの汚れ防止に敷布団を敷く」2つ目は「腰痛を防ぐために敷布団を敷く」3つ目は「マットレスの意味や使い方をそもそも知らない」といったものです。そこでマットレスと敷布団について詳しくご紹介していきます。
引用: https://i.pinimg.com/564x/e4/65/90/e46590e644fb126a8deedb9934ac1e46.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/dd/95/34/dd9534e8373a04d7a5c2008424a3e6bb.jpg
間違った敷布団トマトtレスの使い方をしている方の意見として1つ目は「マットレスの汚れ防止に敷布団を敷く」です。この考えは正直分からなくもないことです。マットレスは敷布団と違い洗うことが出来ないもので、清潔にするとしても布団クリーナーやノミ、ダニの駆除しか方法がありません。汚してしまっては汚れが落ちにくく最悪は買い換えるしか選択がなくなってしまうので、敷布団を重ねて使用するという考えには納得いかなくもありません。ただし、このマットレスと敷布団の使用方法は間違っているので、今このような使用方法をしている方は避けた方がいい使い方です。
引用: https://i.pinimg.com/564x/bc/9f/cd/bc9fcddfc66bdb15d1cdbdf63cca3112.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/e4/27/41/e427410143c70ced7c68a6c28cd280e8.jpg
マットレスと敷布団の使い方で間違った使用方法として2つ目は「腰痛の防ぐために敷布団を重ねる」といったものですが、この意見も快眠を取るには間違っているとは言いにくい意見です。マットレスは使用し始めは腰痛や寝違いなど起こりやすいものです。特に日本人はマットレスを使用するとこういったことがおきやすくなっています。この理由としては今まで安定している敷布団で寝て育ってしまうと体が敷布団の硬さに慣れてしまいます。そうなると、マットレスの柔らかさや変な硬さに慣れず腰や寝違いを起こしてしまします。腰痛対策に敷布団を使用する野間腰のことを考えると間違いではありませんが、マットレスの使い方としてはいらないものです。腰のことを考えるのならなれないマットレスよりも敷布団だけの使用をおすすめします。
引用: https://i.pinimg.com/564x/7a/33/31/7a3331e92d5c9f28dd9b828433a7af99.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/9a/fa/a4/9afaa470e4bfd182ac06c24bd385991f.jpg
間違ったマットレスと敷布団お使い方として3つ目は「マットレスの使い方がそもそも分からない」という方です。この意見は意外と多く特にマットレスに馴染みのない30代以降の方たちに多い意見です。日本は昔からマットレスがあったわけでなく、マットレスが普及しだしたのもごく最近で30代以降の方はあまりマットレスに馴染みがありません。若者は意外と敷布団で寝るというよりも小さなころからベッドで寝るという生活が慣れれいますので、使い方を知っています。マットレスを使用するときはただし使い方をして快眠を取れるようにしましょう。ただしいマットレスと敷布団の使い方ができていないと快眠は取れません。
引用: https://i.pinimg.com/564x/d4/7d/79/d47d79833ce25a2bc8c543bd6f1c6f2d.jpg

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/b8/9a/49/b89a49fb02e6da4fe395d421f03d56e2.jpg
マットレスに実は敷布団を敷くように出来ているタイプと敷布団のいらないタイプがあります。マットレスに10cm以下のものと10cm以上のマットレスがあり10cm以下のマットレスには敷布団をしくように設計されています。10cmい所のものはマットレスだけで敷布団のいらない設計となっています。マットレスには2つの種類があるため使い方と理解したうえで敷布団がいるいらないを決めた方がいいです。10cm以下のマットレスはあくまでも敷布団の補助的な役割しか持っていませんので、必ず敷布団が必要です。
引用: https://i.pinimg.com/564x/a9/14/d3/a914d3883cf2117cbd1e053b19717121.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/e6/6f/ce/e66fce222cd6ae1ea09d899909080fef.jpg
マットレスと敷布団の使い方には正しい使い方が必要です。上記でマットレスの種類をご紹介しましたが、敷布団をマットレスに重ねて使用する方のほとんどが10cm以上ある重ねる必要のない方に重ねています。10cm以上のマットレスはそのまま寝転ぶことを設計されておりマットレスに寝た状態を考え睡眠のとりやすいつくりです。なので、間違った使い方をしていると睡眠の質が悪くなることがあります。マットレスは元々睡眠の質を上げるために試行錯誤して完成したものなので正しい方法で使用しましょう。睡眠にいらないものは省くことをおすすめします。
引用: https://i.pinimg.com/564x/fc/fc/05/fcfc052cec346ee9cd640c1f22c0a46c.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/9b/fc/8b/9bfc8ba0f94e3d8ed92fb92bf91c7e9a.jpg
マットレスが汚れるのを防ぐために敷布団を使用している方に敷布団を使わなくてもいいおすすめ方法をご紹介します。マットレスに敷布団を使用して今までは汚れ防止としていましたが、その必要はいりません。基本的にマットレスはマットレスカバーが付いているため汚れるのを前提としている設計です。マットレスはカバーがあることで汚れを防ぎますので、汚れた場合はカバーを洗えば問題は解決します。カバーの汚れがどうしても落ち合いという方はカバーの買い替えがおすすめです。マットレスの上に敷布団を重ねてしまうと逆にカビやノミ、ダニが発生しやすくなっていますのでマットレスと敷布団の重ねて使用する方法はおすすめできません。
引用: https://i.pinimg.com/564x/17/ca/13/17ca134342c19705c59e0e16b3bfc7d2.jpg

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/2d/e4/36/2de436b0992bd5692d90dc4a7de653e8.jpg
腰痛を防ぐためにマットレスに敷布団を重ねている方の対策としては、マットレスがそもそも身体に合っていないのが原因で腰痛を起こします。なので、1番簡単な対策としてはマットレスの買い替えがおすすめです。マットレスが柔らかすぎて腰がいたい方や硬すぎて腰が痛い人によって腰に好い硬さがありますので、マットレスの買い替えか敷布団で睡眠をとることをおすすめします。寝にくく不調の起こる寝具で寝ていても睡眠の質は改善されません。いらないものは買い換えて身体にいいものを使用しましょう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/ee/88/64/ee8864a26a37710cb0f8f55f2d68f618.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/a0/8c/21/a08c21fea35079daf398bce3482414b9.jpg
どのマットレスを使用しても寝にくく敷布団では硬すぎるという方でどうしてもマットレスと敷布団を重ねた寝方のほうが快眠を得れるという方は無理してマットレスか敷布団を選ぶ必要はありません。ですが、ダニやカビなどが発生しやすいので重ねる順番や定期的なクリーニングをおすすめします。重ねる順番というのはマットレスが上に来ることはありませんが、正しい使い方が必要です。そして、カビやダニなどが発生しないようにしなければなりません。マットレスは洗濯できないので、日に当てカビやダニの発生を押さえダニやノミの糞など吸い込まないようにするためにも定期的な掃除が必要です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/513NIS4PT3L._SL1000_.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/26/60/f3/2660f389ea3c9df9ccb5ff34557852d5.jpg
マットレスと敷布団をどうしても重ねたいという方におすすめの順番をおすすめします。基本的に重ねる順番はマットレスを下に敷き敷布団を重ねるというのが順番ですが、マットレスと敷布団の間は畳に敷布団を敷くよりも蒸れやすいため蒸れ防止になるものをマットレスと敷布団の間に挟むという順番がおすすめです。後は定期的な掃除をしていれば重ねても問題はありません。
引用: https://i.pinimg.com/564x/01/34/c3/0134c3252bd9441d81f05c62b477aa7e.jpg
マットレスと敷布団の関係は参考になったでしょうか。マットレスに敷布団がはいらないといわれていますが、マットレスには2種類ありいるタイプといらないタイプがあります。そして重ねる順番はマットレスをしたに敷き蒸れないような物を挟み敷布団を重ねます。マットレスは選択が出来ないため必ず定期的なお掃除を行うようにしましょう。