El6wik0lnpewoghvrznq

眉毛

CATEGORY | 眉毛

メンズ眉毛の手入れ方法!流行りの形や長さは?メンズも眉毛を書く?

2018.06.14

今回はメンズの眉毛特集。髪型と同じで見た目の印象に大きな変化を与える「眉毛」ですが、きちんと手入れしているでしょうか?雑草のように鬱蒼とした状態のメンズの眉毛は清潔感が少しも感じられません。今回、流行りの形や長さ、書く方法などを紹介します。

  1. メンズ眉毛の手入れ方法!流行りの形や長さは?メンズも眉毛を書く?
  2. メンズも眉毛を書く?眉毛の手入れ方法!流行りの形や長さについて①:長さ
  3. メンズも眉毛を書く?眉毛の手入れ方法!流行りの形や長さについて②:形
  4. メンズも眉毛を書く?流行りの形や長さは?眉毛の手入れ方法①:必要な道具は?
  5. メンズも眉毛を書く?流行りの形や長さは?眉毛の手入れ方法②:ハサミとコームで濃さを調節
  6. メンズも眉毛を書く?流行りの形や長さは?眉毛の手入れ方法③:毛抜きを使って仕上げ
  7. 眉毛の手入れ方法!流行りの形や長さは?メンズも眉毛を書くか問題①:基本的には地毛で大丈夫!
  8. 眉毛の手入れ方法!流行りの形や長さは?メンズも眉毛を書くか問題②:どうしても書く必要がある場合
  9. 流行りの形や長さは?メンズも眉毛を書く?眉毛の手入れおすすめアイテム
  10. メンズ眉毛の手入れ方法!流行りの形や長さは?メンズも眉毛を書く? まとめ
引用: https://www.atpress.ne.jp/releases/54269/img_54269_1.jpg
一時期「太めの眉毛」が流行ったこともありましたが、太めであれ細めであれ清潔感があるのにこしたことはありません。眉毛は髪型と同様、もしくは髪型以上に見た目の印象の変化に左右するので、これまで手入れをしたことがなかった方はやり方を覚えてみてください。
引用: http://mbpod.cheerup.jp/wp-content/uploads/2015/09/Eyebrow-1200x900.jpg
眉毛といえば「切る」という方法の他にも「書く」という選択肢があります。女性には同じみ工程ですが男性が眉毛を書くのはどうなのでしょうか?また眉毛のお手入れ初心者にもおすすめなアイテムも紹介するので、ぜひ最後までお読みいただければと思います。
引用: http://siraga-taiken.com/wp-content/uploads/2017/09/2017-09-15_09h44_06.png
ここからは具体的に眉毛についての説明に入っていきます。眉毛の形や長さにも髪型のように流行があります。しかし、流行は時間とともに古くなってしまうもの。よって今回は「どんな時代でも古くならない王道の眉毛の形」を紹介します。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSTOjRQ58z6iN1YrnjGKMb6qwUrtb2R6_IHxNufWwN8gDkBmfQzhA
まずは長さから、眉毛は基本的には「◯cm」ならおしゃれ、もしくはダサい、とはなりません。基準となるのは眉毛周辺にある自分の顔のパーツ。ここではわかりやすく「小鼻」と「目尻」を目印にしていきます。眉毛の長さを決めるのは「眉頭」「眉尻」です。
引用: http://www.plus8.bz/wp-content/uploads/2017/11/gallery02_after.jpg
「眉頭」は鼻の中心から見て小鼻がはじまっている部分の延長線上にくるのが理想です。また「眉尻」については小鼻の輪郭部分の外側と目尻を結んだ延長線上にあればちょうどいいと言われています。これは個人によって鼻や目の大きさが変わってきますので、それぞれ違って当然です。自分の顔をきちんと見て「眉頭」と「眉尻」を決めてください。
引用: https://d2oe4hwshyef6j.cloudfront.net/production/uploads/image/post_body_picture/image/257651/picture_pc_607db3d576286e57b9ddcf5bdab4a1ee7404c950
「眉尻」と「眉頭」の位置が把握できたことで眉毛全体の長さをどれくらいにしたらいいのかわかったと思います。長さの次に決めなければならないのが「形」です。眉毛の形をつくるのに重要なのは「眉山」の位置。「眉山」とは眉毛のなかで最も高い位置にある部分です。
引用: http://www.plus8.bz/wp-content/uploads/2017/11/gallery02_after.jpg
「眉山」の位置は眉尻側につくるのが大前提。そして眉毛の長さ全体の3分の1となるところを最も高くすると全体的にバランスがよくなると言われています。とって眉毛全体の長さ、つまり「眉尻」と「眉頭」の位置をきちんと決めておかないと「眉山」の長さが決まりません。形云々のまえに、まずは長さを決めておく必要があるのです。

関連記事

引用: http://mayu.nanacollect.com/wp-content/uploads/2016/12/25.jpg
眉毛の「長さ」「形」のイメージはなんとくついたでしょうか?それができたら「眉頭」「眉尻」「眉山」を結ぶ直線からはみ出ないように眉毛をカットしていけば眉毛上部は整ったものになります。下部については「シャープ」や「アーチ」といったバリエーションもありますが気にしすぎると「細眉」になってしまう危険性があるため自然な状態から無理やり形を変えようとするのではなく、自然な状態からムダ毛や大まかなライン上からはみ出ている毛をカットする程度で十分です。
引用: http://mayu.nanacollect.com/wp-content/uploads/2015/05/150515-0017.jpg
眉毛の手入れで必要な道具は全部で3つ眉毛専用の「コーム」「ハサミ」、そして「毛抜き」です。これらがない場合は眉毛カットをしないでください。コームもハサミも眉毛カットがしやすいように作られたもの失敗したくない場合にはなおさら専用のものを使うべきです。また毛抜きも先端が薄く細くなっているものを使うことで眉毛1本1本を抜くことができますので、そちらをおすすめします。
引用: https://imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/4/6/4/9/0/6/201608081716/pixta_960855_M.jpg
では実際に眉毛をカットする方法を説明していきます。まずはコームとハサミを使っていきます。最初はコームを眉毛の上から通し、コームからはみ出ている毛を少しずつ丁寧にカットしていきます。全体的にカットできたら、次は下からコームを通します。そして同じ要領で眉毛をカットしていきましょう。
引用: https://www.dinos.co.jp/kp/defaultMall/images/goods/RDB/2000/etc/DK1365c1.jpg?Mode=main1s
眉毛全体の濃さをコームとハサミを使って調節できたら次は全体の長さや形をつくっていきます。前もって決めておいた「眉頭」「眉尻」「眉山」を結ぶ上部のライン、自然な形のまま大まかにとった下部のラインからはみ出している毛はどんどんカットします。しかし初心者の方はここあまり神経質になると「切りすぎ」の原因になりますので気をつけましょう。
引用: https://fashion-basics.com/wp-content/uploads/2017/01/eyesbrows.jpg
カットが終わったら「毛抜き」を使った仕上げをしてお手入れは完了です。毛抜きはカットしてもなお、ラインの外に生えている毛を中心に使っていきます。眉毛であっても毛を抜くという行為は少なからず痛みをともなうので、少量で大丈夫です。
引用: http://btv.fracora.com/magazine/uploads/9ebacbf84c8b5c84747480f8f7450df2082bb0f2.jpg
毛抜きはあくまでも仕上げですので、毛抜きがメインにならないようカットの工程をきちんと行うようにしていきましょう。なお、セルフカットの場合眉毛を左右均等に揃えるのは指南の技。しかし凝った形にするならともかく、今回紹介している王道の長さ・形は比較的揃えやすいものですので、丁寧に行っていけば問題ないでしょう。

関連記事

引用: http://siraga-taiken.com/wp-content/uploads/2017/09/2017-09-15_09h44_06.png
ここからは「メンズでも眉毛を書くのか問題」について取り上げていきます。ファンデーションなど顔に化粧品を使うことのない多くのメンズの方の場合には「眉毛を書く必要はありません」。もともとある地毛を今回紹介して方法を使ってお手入れをしていただければ十分です。
引用: https://www.atpress.ne.jp/releases/54269/img_54269_1.jpg
不慮の事故などで片方だけ眉毛がなくなってしまった、という場合以外には自分の立派な眉毛を整えることに力をそそぎましょう。
引用: http://n-coozy.com/wp-content/uploads/2014/03/mayuge.gif
不慮の事故にあってしまった方でも好奇心からでもなんでも構いませんが「どうしても眉毛を書きたい」という方はどのようにすればいいのでしょうか?
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41pVB4sB4vL.jpg
その場合には女性用だけでなく、メンズ用のアイブロウペンシルが販売されていますからそちらをご利用ください。眉毛は生まれつき薄かったり、短かったりするものです。書くだけでコンプレックスが解消されるなら安いものでしょう。なお眉毛を書く場合、女性のメイクと同様に「すっぴん」という状態ができてしまいますので、書かない場合よりも意識を高く持つ必要があることを覚えておいてください。
引用: http://assault-lifelog.com/wp-content/uploads/2015/08/%E3%82%AE%E3%83%A3%E3%83%84%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%885.jpg
最後に眉毛のお手入れ初心者の方におすすめなアイテムを紹介します。それが「GATSBY(ギャツビー)」の「アイブロウキット」です。ギャツビーのアイブロウキットには今回紹介した「コーム」「ハサミ」「毛抜き」の3つすべて入っています。
引用: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/h/ham29/20160909/20160909235243.jpg
また価格が1000円以下、ネット通販だともっと安く手に入れることができるため非常にコストパフォーマンスに優れた商品です。メンズであれば、これを購入しておけば他を買い足す必要はありません。おすすめです。
引用: http://mayu.nanacollect.com/wp-content/uploads/2016/12/25.jpg
メンズ眉毛特集いかがでしたか?「髪型さえキマッていれば大丈夫」なんていう時代はもう終わりました。髪型に加え、眉毛やヒゲなどにも手入れが必要です。最初からすべて完璧にする必要はありませんので、まずはできるものからはじめてみましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://mayu.nanacollect.com/wp-content/uploads/2016/12/25.jpg