// FourM
Dcd2j6esq6ilcwdp6p4k

CATEGORY | 車

ハイエース盗難の手口は?対策/盗難率が高い理由や防止策を徹底解説!

2018.06.14

ハイエースは頑丈で走行性が良くさらに移住性も備えた車が故にハイエースの盗難が多く発生しています。そこでハイエースの盗難手口や対策防止法などを紹介します。ハイエースの盗難手口や盗難に遭う理由、GPSなどを利用した盗難防止対策は必ず行っておきたい管理方法です。

  1. 【盗難手口対策】ハイエースの盗難率
  2. 【盗難手口対策】ハイエースが盗難にあう理由
  3. 【盗難手口対策】ハイエースの盗難手口は
  4. 【盗難手口対策】ハイエースの盗難手口対策は
  5. 【盗難手口対策】ハイエースの盗難防止対策①鍵を抜く
  6. 【盗難手口対策】ハイエースの盗難防止対策②GPS
  7. 【盗難手口対策】ハイエースの盗難防止対策③倉庫に保管
  8. 【盗難手口対策】ハイエースの盗難防止対策④盗難防止アイテム
  9. 【盗難手口対策】ハイエースの盗難防止対策⑤車内に貴重品を置かない
  10. まとめ
引用: https://toyota.jp/pages/contents/hiacevan/005_b_017/image/gallery/carlineup_hiacevan_gallery_3_01_pc.png
ハイエースは移住性、走行性、頑丈といった車に必要といわれるような性能が全て揃ったといっていいほどの車ですが、実はハイエースの盗難がかなり多く2007年から7年間盗難率ワースト1という残念な結果を持っていた車です。ハイエースは日本だけでなく海外にも人気のある車なので盗難率が上がるのも分からなくもないことですが、盗難率が7年連続ワースト1位というのは問ううナンする側の問題が1番ですが、7年連続で盗難率ワースト1位になるトヨタにもかなりの問題があると考え方もできます。
引用: https://toyota.jp/pages/contents/hiacevan/005_b_017/image/gallery/carlineup_hiacevan_gallery_3_02_pc.png

関連記事

引用: https://toyota.jp/pages/contents/hiacevan/005_b_017/image/gallery/carlineup_hiacevan_gallery_3_03_pc.png
ハイエースがなぜ盗難にあうのかと言いますと、ハイエースは移住性、走行性、頑丈といったことで人気があり海外では手荒な運転をしても全く壊れない、20万キロ30万キロ走るのは当たり前という外も中も頑丈な作りから人気のある車です。そして、海外では、ハイエースは高額な車で高値で売ることが出来るのも盗難率ワースト1位になる慰留であり、なによりもこのご時勢に性能がいいものに対してのトヨタ側の盗難対策などほんどなく、盗難犯からすると盗みやすい車ということで盗難率ワースト1位となったのです。テレビニュースでたまに海外でテロ組織たちがハイエースを使用している映像が映し出されることがあるのはご存知でしょうか。実はあそこに映し出される車は全て盗難車と言われています。なのであそこに写るハイエースは日本で盗まれたものです。
引用: https://toyota.jp/pages/contents/hiacevan/005_b_017/image/gallery/carlineup_hiacevan_gallery_3_04_pc.png

ハイエースの盗難理由は

引用: https://toyota.jp/pages/contents/hiacevan/005_b_017/image/gallery/carlineup_hiacevan_gallery_3_05_pc.png
ハイエースの盗難理由は大きく分けて3つあります。1つ目の理由は海外に売りさばく為の盗難、2つ目の理由はハイエース内に積まれている物が目当て、3つ目理由は解体しパーツを売りさばくためなどです。どれも海外に売るのが目的となっているため盗難車を日本国内で探し出すのは不可能となります。また、解体されパーツとして売られてしまうと警察も捜す手立てがなくってしまいます。
引用: https://toyota.jp/pages/contents/hiacevan/005_b_017/image/gallery/carlineup_hiacevan_gallery_3_07_pc.png
引用: https://toyota.jp/pages/contents/hiacevan/cp/img/style/hiacevan_cp_style_03_pc.png
ハイエースの盗難手口はいたってシンプルな方法です。工具を使いドアをこじ開けエンジンを始動させ走り去る。といったなれた盗難犯ならものの5分もかかることなく盗むことが出来るのです。とても簡単なものだったので盗難率ワースト1位となっていました。現在は盗難対策がトヨタ側でも行われイモビライザーが標準取り付けされました。ですが、犯人も抜け穴を知っていますので、イモビライザーカッターといったものを使用していまだに盗難は相次いでいます。手口はイモビライザーが搭載されても尚変わりません。ハイエースの盗難は今では7年連続ではなくなりましたが、実はワースト2位です。そして今盗難数が1番多いのはトヨタプリウスとなっています。
引用: https://toyota.jp/pages/contents/hiacevan/cp/img/style2/hiacevan_cp_style2_11_pc.png

窃盗の穴

引用: https://toyota.jp/pages/contents/hiacevan/cp/img/style/hiacevan_cp_style_18_pc.png
盗難が相次ぐ窃盗の穴は、今までは盗難防止策が弱かったため盗まれ続けていましたが、今の抜け穴は盗難対策としての穴を利用することです。盗難対策の穴というのはイモビライザーの性能の穴です。イモビライザー自体の性能は高性能ですが、それを上回る製品が登場しているからです。
引用: https://toyota.jp/pages/contents/hiacevan/cp/img/style/hiacevan_cp_style_25_pc.png

盗難車が多いメーカーはトヨタがダントツ

引用: https://toyota.jp/pages/contents/hiacevan/cp/img/style2/hiacevan_cp_style2_07_pc.png
上記では現在の盗難ワースト1位はプリウスとご紹介しましたが、実は1位から4位までは2014年から変動がないのです。盗難ワースト1位からご紹介します。盗難率1位を4年間守り続けているのがトヨタプリウスです。2位はおなじみハイエース、3位は少し変動がありますがランドクルーザー、4位はアクアとなっています。3位と4位になるアクアとランドクルーザーは年度によって順位が変わりますが、3位と4位が入れ替わるだけで盗難率は変わっていません。そして、5位はレクサス、クラウン、セルシオと年度ごとに入れ代わりがありますがこの3台が必ず5位にいます。トヨタは走行性などはかなりいいものですが、盗難対策は最悪といったものです。トヨタ車を購入するなら新車、中古車関係なく盗難対策が必要となってきます。
引用: https://toyota.jp/pages/contents/hiacevan/cp/img/style2/hiacevan_cp_style2_13_pc.png

関連記事

引用: https://toyota.jp/pages/contents/hiacevan/cp/img/style2/hiacevan_cp_style2_20_pc.png
ハイエースの盗難手口の対策をご紹介します。トヨタ社の盗難対策としてイモビライザーが標準取り付けされていますが、イモビライザーカットといった盗難アイテムを使用して盗難されます。盗難対策として気をつけたいのが、イモビライザーなどの電子機器の対策よりも1番効果的で盗難犯を困らせ四苦八苦させるのは物理的に運転駅なくさせる盗難グッズです。イモビライザーなどの電子機器は盗難対策には最適で盗難使用と考えている犯人からすると音というのは1番嫌がるものですが対策されてしまえば怖いものはありません。なので、物理的に効果のあるグッズで対策を行い、盗まれにくい場所での保管が必要です。

盗難した車はどこへ?

引用: https://toyota.jp/pages/contents/hiacevan/005_b_017/image/interior/seat/carlineup_hiacevan_interior_seat_01_pc.png
盗難された車はいったいどこに行くのかと言いますと、遭難された車は倉庫に持ち込まれそこで解体されてパーツ担った状態でコンテナに入れられます。そして解体されたハイエースはコンテナに入れられたまま海外に売られ解体されたハイエースを組み立てて売りさばかれます。なので、防犯対策としてGPSなどつけていても解体されるまでに見つけださなければGPSの意味がなくなっています。
引用: https://toyota.jp/pages/contents/hiacevan/005_b_017/image/interior/indoor_space/carlineup_hiacevan_interior_indoor_space_3_07_pc.png
引用: https://toyota.jp/pages/contents/hiacevan/005_b_017/image/interior/indoor_space/carlineup_hiacevan_interior_indoor_space_2_17_pc.png
対策として必ず行っておきたいのが車の鍵を抜き忘れないことです。鍵の付いた車は犯人からすると興味のない車でも盗んでしまいたいようなものです。鍵を抜き忘れることなんてないでしょと考える方もいますが、実際は多くいて敷地内に車を保管する、近くまで荷物を取りに行くからといったちょっとした木の緩んだ穴に漬け込み盗みます。犯人はいくら昼間でも鍵の付いている車なら持ち主がいても持っていきます。なので、敷地内に止めたとしても、少しの間車から離れるとしてもどんな理由があっても鍵だけは抜くようにしましょう。
引用: https://toyota.jp/pages/contents/hiacevan/005_b_017/image/grade/carlineup_hiacevan_grade_3_44_lb.png
ハイエースの対策としてはGPSがおすすめです。ハイエースの盗難方法としてはドアをこじ開けエンジンをかけて走り去るという方法ですが、盗難された車は解体され売られますが、解体されるまでには時間があります。そして、追跡など出来るので、盗まれない対策は必ず必要ですが、盗まれた後どこに向かうのかなど確認できるアイテムがおすすめです。解体されてしまえば車を探し出すのは困難となります。
引用: https://toyota.jp/pages/contents/hiacevan/005_b_017/image/grade/carlineup_hiacevan_grade_3_36_pc.png
ハイエースといった盗まれやすい車を保管する場合は野ざらしになる場所ではなく倉庫や鍵を開けて保管できる場所に止めておくことをおすすめします。ハイエースは意外と高級車ですが、見た目からして高級車としての扱いはされずに野ざらしにされることが多くありますが、保管する場合はしっかりとした場所で保管するようにしましょう。倉庫といっても離れた場所で人気のない場所での保管はやめましょう。自分のいる近くに止める場所を作り倉庫のロックも厳重にして置く必要があります。
引用: https://toyota.jp/pages/contents/hiacevan/005_b_017/image/grade/carlineup_hiacevan_grade_3_30_pc.png
引用: https://toyota.jp/pages/contents/hiacevan/005_b_017/image/grade/carlineup_hiacevan_grade_3_24_lb.png
盗難アイテムグッズで対策を行いましょう。盗難対策グッズはハンドルキーパーやGPS、タイヤロックなどがあります。ハンドルキーパーヤタイヤロックといったものは物理的に走行させないといったもので1番盗難対策としてはいいのではないかと思います。上記でもご紹介しましたGPSは盗まれた後に大切なものとなってきます。車を絶対に盗まれたくないという方は「ハンドルキーパー」「タイヤロック」「GPS」この3点は必ず付けておきたいものです。
盗難犯はハイエースを売るための理由で盗む訳ではありません。ハイエースを盗む理由にはハイエースの中に詰まれている物を目当てに盗むケースがあります。ハイエースは色々な機材を積み込むことが出来ます。工事用の機械や高級な機材など保管しやすい車なのでハイエースの盗難理由が多くあります。盗難されやすい車ですので、外から積んであるものが見えないようにしなければなりません。ハイエースは盗まれ解体されます。そして海外に売られるため積んであるものも海外で売りさばかれます。
ハイエースの盗まれる理由や盗まれないための対策は参考になたでしょうか。ハイエースは盗まれやすい車となっていてなれた犯人なら簡単に盗んでしまいます。盗まれないためにも防犯対策と盗まれた後のGPS対策が必要となってきます。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://toyota.jp/pages/contents/hiacevan/005_b_017/image/gallery/carlineup_hiacevan_gallery_3_01_pc.png