Bmb2rbjpstimhkguuq4y

家電

CATEGORY | 家電

一人暮らしに炊飯器は必要?おすすめの大きさは何合?置き場はどこ?

2018.06.13

一人暮らしに炊飯器は必要なものでしょうか。また、もし使用するのであればどのくらいの大きさで何合炊きのものがいいのか。置き場は部屋のどの部分が良いのでしょうか。そんな疑問を今回は、一人暮らし用のおすすめ炊飯器と一緒に解説したいと思います。

  1. 炊飯器とは
  2. 一人暮らしに炊飯器は必要?
  3. 炊飯器の種類
  4. 一人暮らしにおすすめの炊飯器の大きさとは?
  5. 一人暮らし炊飯器は何合が妥当?
  6. 一人暮らし炊飯器の置き場は?
  7. 【一人暮らしにおすすめの炊飯器】NEOVE 単機能炊飯ジャー 3合
  8. 【一人暮らしにおすすめの炊飯器】アイリスオーヤマ 炊飯器
  9. 【一人暮らしにおすすめの炊飯器】タイガー マイコン 炊飯器
  10. 一人暮らしに炊飯器は必要?おすすめの大きさは何合?置き場はどこ?のまとめ
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41nfTCz2QxL.jpg
引用: https://image.rakuten.co.jp/serios/cabinet/kaden/kaden01/imgrc0063190363.jpg
炊飯器とは、言わずと知れたご飯を炊く家電のことです。日本人の主食であるご飯は、やはり一人暮らしでもいただきたいものです。ですが、一人暮らしで炊飯器を使用している人はどのくらいいるのでしょうか。また、一人暮らしで使用するには一体どれほどの大きさが妥当なのか、何合炊きが良いのか、購入した場合、どの置き場に置けばよいのかなど、一人暮らしの炊飯器事情についてご紹介していきます。是非、参考にして、炊飯器の購入を考えてみてはいかがでしょうか。
引用: https://image.rakuten.co.jp/serios/cabinet/kaden/kaden01/imgrc0063190331.jpg
まず初めは、炊飯器は一人暮らしに本当に必要なのかどうか。一人暮らしを始めるときというのは、きっと多くの人が社会人一年生や大学生一年生です。家賃や光熱費など安い給料やバイト代で支払っていくため、お金も必要。一人暮らしを始めて行う人の中には、その時まで料理なんてほとんどしたこともないという人も多くいるはずです。ですが、外食すればお金がかかる。ただでさえお金がないのに外食なんてもったいないです。そんな時はやはり自炊をするしかありません。自炊と言えば米はとても重要というより、食べたくなります。そこで登場するのが炊飯器。炊飯器があるだけでおいしいご飯を食べることができ、節約にもつながります。そういった理由を含めて、やはり一人暮らしには「炊飯器」必要なのかもしれません。
引用: http://img1.kakaku.k-img.com/images/productimage/fullscale/K0000976974.jpg
引用: http://img1.kakaku.k-img.com/images/guide/kaden/2125/item_02.jpg
現在売られている炊飯器には、色々なものがあります。まずは機能性。ご飯だけでなく、調理もしてくれる便利機能を備えたものから、パンが焼けるものまで、その種類は多種多様。炊飯器一つで色々なお料理を作ることが可能になりました。そして、内釜。土鍋窯やアルミ窯など、使用されている素材によって価格も多き違ってきます。もちろん、良い素材を使っていれば価格は高く、その分美味しいご飯をいただくことができるということになります。

関連記事

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/9c/9c6f2d75224bb5a80fce193b504bc463_t.jpeg
引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/city2/cabinet/shohin03/ea48-0041_02r.jpg?_ex=350x350&s=0&r=1
では、一人暮らしにはどのくらいの大きさの炊飯器が妥当なのでしょうか。炊飯器の大きさの種類には、3合炊き・5合炊き・8合炊きといったように、多くのサイズがあります。たくさん炊けるということはその分やはり、炊飯器も大きくなり、場所も取ります。現在、多くのメーカーが一人暮らしでも活躍する大きさの炊飯器を出しています。一人暮らしなら、やはりコンパクトなサイズがピッタリ。では、何合炊きが適切でしょうか。
引用: https://tshop.r10s.jp/e-akari/cabinet/jishahin8/274015_3-e.jpg?downsize=320:*
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61LThWTwnTL._SL1000_.jpg
一人暮らし用に妥当な炊飯器は、3合炊きがピッタリです。3合炊きは、炊飯器の中でも一番コンパクトな造りとなっており、場所も取りません。また、3合炊きであれば、突然友達が来ても、一緒にご飯がいただける量でもあります。朝・昼・夜、家でご飯を食べても3合炊きであれば、ちょうど一日でなくなってしまうくらいの量です。3合炊きの炊飯器は、一人暮らしの人だけではなく、最近では、年配の夫婦で利用する家庭も多いそうです。自分の食べる量によって若干ご飯を炊く量というのは違ってくるとは思うので、何合炊きが自分にピッタリなのか考えてみるのも良いでしょう。
引用: https://cdn.iecolle.com/img/2d210482e8b470c/ci/-/375x375/s/www.instagram.com/p/BYrlRVyh25g/media?size=l
引用: https://cdn.iecolle.com/img/42eb5f91a9cbead/ci/-/375x375/s/www.instagram.com/p/BdupmVAlaTi/media?size=l
では、炊飯器の置き場はどの位置が良いのでしょうか。ものを置く置き場は色々あるとは思いますが、炊飯器は一人暮らし用だ、ととてもコンパクトであるということをお話ししました。ですので、例えば、キッチンの棚の上、レンジ台の上、ワゴンの上など、コンセントが届く位置であれば置き場はどこでも関係ありません。ですが、床にそのまま置くことは避けましょう。衛生的にあまり良くない気がします。

関連記事

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61Ha6eoWouL._SL1150_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/517SDpOhEWL._SL1000_.jpg
それでは、ここからは一人暮らしにおすすめの炊飯器をご紹介していきます。まず初めは、「NEOVE 単機能炊飯ジャー 3合」。この炊飯器で炊けるご飯は、3合です。デザインはいたってシンプル。開閉しやすいボタンと、自動保温機能。1合であれば、最短20分でご飯を炊くことができます。また、内窯にはフッ素を加工しているため、手入れも楽に行うことができます。「ザ・炊飯器」といった感じのシンプルで使いやすい炊飯器です。価格は、3000円とリーズナブルな価格設定です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81v34mFZ-5L._SL1500_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/711q5mfuUxL._SL1000_.jpg
次にご紹介する炊飯器は、「アイリスオーヤマ 炊飯器」。この炊飯器の特徴は、何といっても炊き分け機能がついていることです。炊き分け機能とは、お米の銘柄に合わせてご飯の仕上がりを変えてくれる機能のこと。お米の粒の大きさや粘りなどに合わせて、そのお米が一番おいしくいただけるように火力や蒸し時間を自動で調整してくれます。ご飯が大好きな人には、打ってつけの炊飯器です。また、この炊飯器ではお粥を作ることも可能。病気で寝込んでしまった時などには、とても便利な機能と言えます。価格は、6000円ほどとなっています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61k%2B5oOSxYL._SL1477_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61RIwHzeeIL._SL1378_.jpg
続いてご紹介する炊飯器は、「タイガー マイコン 炊飯器」。この炊飯器の特徴は、ご飯と一緒におかずを作ることができるということにあります。どういうことかというと、この炊飯器には、釜だけでなくクッキングプレートもついているからです。米を入れた釜を炊飯器に入れ、その上に、料理の材料をクッキングプレートに入れるだけで、ご飯と一緒に炊飯器の中で蒸らし、同時にご飯とおかずを仕上げてくれるという構造になっています。この方法であれば、時短にもなり、無駄なガスや電気を使用する必要がありません。一石二鳥といった炊飯器です。お料理が苦手な方でも、すぐに調理ができるように、40種類以上のメニューを記載したクックブックもついています。自炊にチャレンジしたい人には、おすすめの炊飯器です。価格は、6500円ほどとなっています。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/c5/c5a36471a2512daae61f44db7cf97ce6_t.jpeg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71CcPTMp7LL._SL1500_.jpg
一人暮らしに炊飯器は必要なのか、一人暮らしにはどのくらいの大きさの炊飯器が妥当なのか、何合炊きがベストなのかという疑問についてご紹介しました。炊飯器は、日本の心である白米を炊くには、欠かせない家電です。現在、多くの炊飯器が出回っており、機能性や使用されている素材も様々です。柔らかいご飯が好きな方、硬いご飯が好きな方など、お米によって炊きあがる硬さや好みはありますが、水の量や米の品種によって、自分の好みのお米が炊けるようになる炊飯器も色々あります。また、米の品種の品種によって、その米の味を最大限に引き出してくれる便利な機能や、料理が苦手な方でも炊飯器一台で、おいしいおかずを作ってくれるものなど、炊飯器は日々進化しています。今回ご紹介した一人用の炊飯器はごく一部のもの。この記事を読んで炊飯器は、やはり必要なのかもと思ってくれた方がいるのであれば、幸いです。家電製品というのは、炊飯器にかかわらず、掃除機や冷蔵庫など、私たちの生活をより豊かにしてくれるように、どんどん便利なものへと開発がすすめられています。便利なものは便利に使用しなければ意味がありません。安い炊飯器でも十分すぎるくらい役割を果たしてくれます。今現在一人暮らしをしていて、炊飯器を持っていないという人がいれば、是非、炊飯器購入してみてはいかがでしょうか。毎日おいしいご飯をいただくことができるようになること、間違いなしです。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81v34mFZ-5L._SL1500_.jpg