// FourM
Dihqotjlrmpj5kfxtsso

雑貨

CATEGORY | 雑貨

パターンブロックとは?どんなタスクカードや問題があるの?遊び方は?

2018.06.13

パターンブロックとは一体どんなものなのか、ご存知でしょうか。今回は、パターンブロックのご紹介です。謎に包まれたパターンブロックのタスクカードや、遊び方・問題などを徹底解説します。またおすすめのパターンブロックも載せています。興味のある方は、是非購入してみてください。

  1. パターンブロックとは?
  2. パターンブロックの問題とは?
  3. パターンブロックのブロック
  4. パターンブロックの遊び方①積み上げる
  5. パターンブロックの遊び方➁タスクカードを使う
  6. パターンブロックは何歳からがおすすめ?
  7. 【中古から新品まで】おすすめのパターンブロックタスクカード遊び方①PATTERN BLOCKS+
  8. 【中古から新品まで】おすすめのパターンブロックタスクカード遊び方➁くもん 図形モザイクパズル
  9. 【中古から新品まで】おすすめのパターンブロックタスクカード遊び方➂アントンシーマー社 ASパターンブロック
  10. パターンブロックとは?どんなタスクカードや問題があるの?遊び方は?のまとめ
引用: https://shop.r10s.jp/morinokobito/cabinet/02990282/imgrc0061633481.jpg
引用: https://shop.r10s.jp/morinokobito/cabinet/02990282/imgrc0061633478.jpg
まず初めは、パターンブロックがどんなものであるかという説明から致しましょう。パターンブロックとは、知育玩具としてアメリカで開発された学習材です。日本でも、学大系の附属小学校を中心に使用されおり、算数や数学の知能を向上させるものとして注目を浴びています。やはり、子供というのは、遊びながら学習するものです。楽しく学習することができるのであれば、パターンブロックが、全ての学校で使用されればよいのですが。そんなパターンブロックについて、色々とご紹介していきます。では、早速見てみましょう。
引用: https://shop.r10s.jp/justforkids/cabinet/seihin_import/imgrc0070191147.jpg
引用: https://shop.r10s.jp/justforkids/cabinet/seihin_import/imgrc0070191148.jpg
パターンブロックは、小学校の学習材で使用されているということを上記でお話ししました。そのため、出される問題も遊びの延長上として行えるような内容の問題になっています。子供だけでなく大人も一緒に楽しむことができるため、親子の時間を過ごすことも可能です。ですが、意外と難しい問題が出現することもあります。大人でもちょっぴり難しい問題でも、子供がすらっと解いてしまうこともあるのだとか。ゲーム感覚で学べるという点にとっては、子供の学習能力にもつながりますし、問題を解くことで得られる充実感も、子供に感じさせることができます。問題を解くことを覚えた子供は、もっともっと難しい問題へと進んでいくことでしょう。大人も負けずに、パターンブロックの問題を解いてみてはいかがでしょうか。
引用: https://d3imh5q5dnm5ub.cloudfront.net/press_component/images/000/045/818/9986267ba950056a5dcea0a2ee31bad058ccb408.jpg?1526495674
引用: https://d3imh5q5dnm5ub.cloudfront.net/press_component/images/000/045/820/aef748efa15b7d8d2cfb266ff8bf4ffa594e483f.jpg?1526495675
パターンブロックで使用されるブロックは、正三角形・等脚台形・正六角形・正方形、そして2種類のひし形を含めた計6種類です。それぞれの角が30度・60度・90度・120度・150度といった、30度の倍数になっているというのが特徴でもあります。ブロックのカラーはとてもカラフルで形ごとに色分けされています。

関連記事

引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/sun-wa/cabinet/babykid/as7001.jpg
引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/sekaiya/cabinet/03203354/6184-01.jpg
それでは、実際にパターンブロックを使用した遊び方を見ていきましょう。まず初めは、ブロックのみを使用した遊び方です。ブロックと言えば、だれでも子供のころに遊んだことがありますよね。昔の言葉で言うと「積み木」と言った方が、パターンブロックには、近い気がします。一つ目の遊び方は、パターンブロックをただただ単純に重ねていくという遊び方です。色々な形や色の組み合わせで、動物や車など、色々なものを作っていく。そうすることで、どのパターンブロックを使用して、どの場所に置けば、自分の想像するものになるのかということを考えます。その「考える」ということが、想像力が豊かになる方法なのかもしれません。パターンブロックは、あくまでも遊びの延長として楽しむもの。楽しまなければ意味がないのです。
引用: https://shop.r10s.jp/book/cabinet/8163/9784491028163.jpg
引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/opporoppo/cabinet/3-4year/ha06559-2.jpg
続いては、タスクカードを使用したパターンブロックの遊び方です。タスクカードとは、図形が描かれたカードのこと。そのタスクカードに描かれた図形の上に、図形と同じ形をパターンブロックを乗せて作っていく遊び方です。タスクカードに描かれている図形は種類も多数あり、利用するパターンブロックも様々です。思考を凝らしながらタスクカードに向き合い、パターンブロックを並べていく子供の姿は、どことなくかっこよく、見ている親もついつい応援したくなります。最初の方は、簡単な問題が続きますが、そこはやはり学習材。進むにつれて問題も難しくなっていきます。
引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/nicoly/cabinet/t5940.jpg
パターンブロックの適正年齢は、2歳から年中さんまでが楽しく遊べる内容です。小さなお子さんですと、ただ単にパターンブロックを積み上げていく遊びをしますが、年中さんになると、タスクカードを使用した遊びへと変化させていくこともおすすめ。成長に合わせた遊び方を変えることで、学ぶことも多くなりよりパターンブロックン効果を実感できるようになるはずです。そういったことを踏まえると、やはり学習は小さいころからさせた方が良いのではないかと思えてきます。

関連記事

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51P2whpxghL.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91novCglORL.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81gpqdhlO0L.jpg
では、ここからは、おすすめのパターンブロックを見ていくことにしましょう。まず初めにご紹介するのは、「PATTERN BLOCKS+」。このパターンブックは、東洋館出版社のオリジナル商品です、セット内容は、木製のパターンブロック150ピースとタスクカード。たくさんのブロックが詰め込んであるため、何種類ものパターンブロックの組み合わせを楽しむことができます。価格は、5600円ほど。アマゾンで中古も販売しています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91e7FfYrw9L._SL1500_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81KxGdQwsXL._SL1500_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81i839MZhSL._SL1500_.jpg
続いてご紹介するおすすめのパターンブロックは、「くもん 図形モザイクパズル」。くもんは、「読む」「学ぶ」「遊ぶ」をコンセプトとした学習のプロフェッショナルです。この商品のセット内容は、四角と三角のピースを合わせて48ピース、ガイドボード20枚、盤が1つ入っています。解説書には、61通りの動物や乗り物の絵が描かれており、それを参考にしながら、パターンブロックとして遊ぶというわけです。マグネットタイプのブロックで、盤にくっつくようになっているため、ピースをなくすことを防いでくれると共に、4歳から大人まで、一緒に楽しめる内容となっています。価格は、3000円ほど。中古で購入しても変わらない価格です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91IYjSRLVVL._SL1500_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81h8fxZ92CL._SL1500_.jpg
続いてご紹介するおすすめのパターンブロックは、「アントンシーマー社 ASパターンブロック」。アントンシーマー社は、ドイツにある木のおもちゃの専門店です。この商品のセット内容は、計250個のブロックと遊び方ガイドのみ。他のパターンブロックセットに比べて少ないセット内容ではありますが、この「アントンシーマー社 ASパターンブロック」は、厚みのあるブロックが特徴で、平面造るブロック作品よりも、立体的に見えるブロック作品を作ることができます。価格は、8000円ほどと少し高め。中古品は販売されていないようです。
引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/japan-ds/cabinet/1715/148967.jpg
パターンブロックとは、一体どんなものなのかについてご紹介しました。パターンブロックとは、何種類もの形や色をしたブロックを、ただ単に積み重ねたりして遊んだり、タスクカードに沿ったやり方で遊んだりと、知育をはぐくむ上でのトレーニングとしても利用できる学習材です。子供は、長時間同じことを集中して行うことを嫌います。ですが、好きな遊びや夢中になれる遊びとあれば、何時間でも集中して行うもの。パターンブロックは、子供の集中力を鍛えらがら、楽しく学習に励むことができる最高の学習材です。勉強だとは思わず、楽しく遊ぶといった気持ちの方が子供には大きいのかもしれません。楽しく遊べば、また次もやりたくなる。問題が解ければ、次の問題へ進みたくなる。子供も学ぶ気持ちと楽しさを持ち合わせたパターンブロック、使わない手はないです。また、パターンブロックで何かを覚える、何かを想像するということを学べば、その子供にとっても、創造性が養われたり、覚えるという力も付いていきます。そういったことを学ばべる学習材であれば、パターンブロック自体、あまり高いと感じなのではないでしょうか。もちろん、中古品も出ています。ですが、長く使用してもらいたいのであれば、やはり中古より新品がおすすめ。是非、子供のために購入を検討してみてはいかがでしょうか。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://d3imh5q5dnm5ub.cloudfront.net/press_component/images/000/045/820/aef748efa15b7d8d2cfb266ff8bf4ffa594e483f.jpg?1526495675