Eheh2mwbimmtyundiuk8

雑貨

CATEGORY | 雑貨

万年筆はモンブランがおすすめ!値段や評価は?146・149が人気?

2018.06.13

高価な印象のある万年筆。男性が持っていると「かっこいい」というイメージがあります。そんな万年筆を今回は、有名ブランドでもある「モンブラン」からご紹介。モンブランの万年筆でもおすすめの146・149をお値段や中古品を紹介!

  1. モンブランの万年筆
  2. 【モンブランの万年筆】種類
  3. おすすめのモンブラン万年筆:マイスターシュテュック ル・プティ・プランス ル・グラン
  4. おすすめのモンブラン万年筆:マイスターシュテュック ル・プティ・プランス ソリテール ル・グラン
  5. おすすめのモンブラン万年筆:マイスターシュテュック ソリテール ジオメトリック ディメンション ル・グラン
  6. おすすめのモンブラン万年筆:マイスターシュテュック プラチナコーティング 149
  7. おすすめのモンブラン万年筆:マイスターシュテュック レッドゴールドコーティング 149
  8. おすすめのモンブラン万年筆:マイスターシュテュック オマージュ・ア・W.A.モーツァルト プラチナライン
  9. おすすめのモンブラン万年筆:マイスターシュテュック ユニセフ ドゥエ クラシック
  10. 万年筆はモンブランがおすすめ!値段や評価は?146・149が人気?のまとめ
引用: http://www.montblanc.com/content/dam/mtb/products/writing-instruments/115/097/115097/211618-ecom-retina-01.png.adapt.1500.1500.png
引用: http://www.montblanc.com/content/dam/mtb/products/writing-instruments/112/666/112666/213198-ecom-osis-sq-02.png.adapt.750.750.png
高級な万年筆を販売しているブランドとして有名な「モンブラン」。万年筆と言えば「モンブラン」というくらい、世界中の人から愛されている人気ナンバーワンのブランドでもあります。そんな、モンブランには、一体どんな素敵な万年筆が作られているのでしょうか。モンブランは、1924年に誕生しました。長い歴史の中で作り上げられてきた万年筆は、今なお、愛用している人も多くいます。それはもちろん日本でも。最高級の万年筆は、素材もデザインも最高級。是非、大切な人へのプレゼントとして贈ってみてはいかがでしょうか。また、中古の値段であれば、比較的手に入れやすいです。
引用: http://www.montblanc.com/content/dam/mtb/products/writing-instruments/106/514/106514/190894-ecom-retina-01.png.adapt.500.500.png
引用: http://www.montblanc.com/content/dam/mtb/products/writing-instruments/106/522/106522/28467-ecom-osis-sq-03.png.adapt.450.450.png
まず初めは、モンブランが販売している万年筆の種類からご説明します。モンブランが取り扱う万年筆の中でも、定番となっているのがシリーズがあることをご存知でしょうか。それは、マイスターシュテック。このマイスターシュテックには、主に4つのデザインがあります。その4つというのは、「149」「145」「146」「114」です。145は、クラシックとショパンという名が付けられているデザインのこと。146は、ル・グランという名が付けられているデザインのことです。そして、114は、モーツァルトという名が付けられています。この数字は、万年筆の長さを表す数字だそうです。同じシリーズではありますが、それぞれ、違った特徴とデザインを持っています。では、一体どのデザインがどんな万年筆なのか、中古の値段も一緒にご紹介していきましょう。
引用: http://www.montblanc.com/content/dam/mtb/products/writing-instruments/118/052/118052/247735-ecom-retina-01.png.adapt.1500.1500.png
引用: http://www.montblanc.com/content/dam/mtb/products/writing-instruments/118/052/118052/248231-ecom-osis-sq-03.png.adapt.750.750.png
まず初めにご紹介るのは、「マイスターシュテュック ル・プティ・プランス ル・グラン」。この万年筆は、146のデザインデす。全体的に宇宙をイメージしたデザインが特徴で、キャップを開けて目に飛び込んでくるのは、可愛らしい「星の王子さま」。外側のデザインだけでなく、内側にもおしゃれなデザインを施した、遊び心あふれる万年筆でもあります。ペン先に18金を使用しているため、値段は、200000円ほどと高額な価格となっています。中古では、70000円ほどで販売されています。正規品が無理なら中古に注目してみてください。
引用: http://www.montblanc.com/content/dam/mtb/products/writing-instruments/118/065/118065/247690-ecom-retina-01.png.adapt.500.500.png
引用: http://www.montblanc.com/content/dam/mtb/products/writing-instruments/118/065/118065/249816-ecom-osis-sq-03.png.adapt.750.750.png
続いてご紹介するのは、「マイスターシュテュック ル・プティ・プランス ソリテール ル・グラン」。こちらの万年筆も、146のデザインデす。前述の「マイスターシュテュック ル・プティ・プランス ル・グラン」と同じように、こちらもペン先には、星の王子様を刻印。クリップ部分には、星をあしらい、細かい部分にまでこだわりを持たせています。値段は、200000ほどとこちらもかなりの高額です。
引用: http://www.montblanc.com/content/dam/mtb/products/writing-instruments/105/990/105990/190836-ecom-retina-01.png.adapt.1500.1500.png
引用: http://www.montblanc.com/content/dam/mtb/products/writing-instruments/105/990/105990/207529-ecom-osis-sq-03.png.adapt.750.750.png
続いてご紹介するのは、「マイスターシュテュック ソリテール ジオメトリック ディメンション ル・グラン」。こちらも146のデザインです。この万年筆の特徴は、何といっても洗練されたデザイン。キラキラ光るデザインは、女性でも使いやすいデザインです。キャップを外して現れるのは、モンブランのシンボルマーク。さりげないおしゃれさと、上品さを併せ持つ逸品です。値段は、180000円ほど。中古では100000円ほどのため、中古でも問題なく利用できます。

関連記事

引用: http://www.montblanc.com/content/dam/mtb/products/writing-instruments/114/229/114229/209933-ecom-retina-01.png.adapt.1500.1500.png
引用: http://www.montblanc.com/content/dam/mtb/products/writing-instruments/114/229/114229/213177-ecom-osis-sq-03.png.adapt.750.750.png
続いてご紹介するのは、「マイスターシュテュック プラチナコーティング 149」。この万年筆は、149のデザインです。黒をベースにゴールドあしらったデザインは、品もある落ち着いたデザイン。年代を問わず愛されているモンブランならではの逸品です。ペン先には、ちょっとゴージャスなデザインを刻印。キャップを取るたびに華やかさをプラスしてくれます。値段は、100000円ほどと、モンブランの中では、安い値段設定です。中古では、80000円ほどの値段となっています。
引用: http://www.montblanc.com/content/dam/mtb/products/writing-instruments/112/666/112666/211526-ecom-retina-01.png.adapt.1500.1500.png
引用: http://www.montblanc.com/content/dam/mtb/products/writing-instruments/112/666/112666/211525-ecom-osis-sq-03.png.adapt.750.750.png
続いてご紹介するのは、「マイスターシュテュック レッドゴールドコーティング 149」。こちらも149のデザインです。上記の「マイスターシュテュック プラチナコーティング 149」と同様のデザインで、ゴールドではなく、レッドゴールドをあしらいました。そのため女性らしいデザインとなっています。ペン先には、モンブランのシンボルマークを刻印。値段は、100000円ほどとなっています。
引用: http://www.montblanc.com/content/dam/mtb/products/writing-instruments/107/706/107706/191038-ecom-retina-01.png.adapt.1500.1500.png
引用: http://www.montblanc.com/content/dam/mtb/products/writing-instruments/107/706/107706/207466-ecom-osis-sq-03.png.adapt.750.750.png
続いてご紹介するのは、「マイスターシュテュック オマージュ・ア・W.A.モーツァルト プラチナライン」。こちらは、114のデザインです。黒をベースにプラチナで仕上げたスタイリッシュなデザインが特徴で、マイスターシュテックシリーズの中でも、一番小さい万年筆が114の特徴でもあります。値段は、60000円ほどとなっています。

関連記事

引用: http://www.montblanc.com/content/dam/mtb/products/writing-instruments/116/079/116079/240667-ecom-retina-01.png.adapt.1500.1500.png
引用: http://www.montblanc.com/content/dam/mtb/products/writing-instruments/116/079/116079/240933-ecom-osis-sq-03.png.adapt.750.750.png
続いてご紹介するのは、「」。こちらは、145のデザインです。この万年筆には、世界各地の子どもたちが最初に学ぶ文字をがデザインしています。世界の文字を知るという斬新なアイデアは、世界中の人から愛されているモンブランだからこそ生まれたアイデアではないでしょうか。値段は、120000円ほどとなっています。
引用: http://www.montblanc.com/content/dam/mtb/products/writing-instruments/115/094/115094/211648-ecom-retina-01.png.adapt.500.500.png
引用: http://www.montblanc.com/content/dam/mtb/products/writing-instruments/106/522/106522/207674-ecom-osis-sq-02.png.adapt.450.450.png
大人気の高級ブランド「モンブラン」からおすすめの万年筆をご紹介しました。マイスターシュテックシリーズにある、149の特徴を挙げるとすれば、太くて長いというのが、最大の特徴です。また、146は万年筆の定番ともいえるスタイリッシュな形が特徴です。145は、146や149に比べて値段が安いというのが特徴です。114は、何といってもコンパクトなサイズが特徴ではないでしょうか。同じシリーズでも、それぞれ異なった長さとデザインで、どれを選ぼうか迷ってしまうほどの魅力さがモンブランの万年筆にはあります。安い値段のものでは、40000円ほど、高い値段では300000円を超えるものまで、幅広く用意し、万年筆の世界を彩っています。また、モンブランは、最高級の筆ブランド。万年筆だけでなく、ボールペンやペンシルまで、あらゆる筆記用具を販売しています。万年筆は、使用方法によっては、長く利用できなくなる繊細なもの。使用しないときは、必ずキャップを閉めたり、インクも万年筆によって違ってきたり、定期的にメンテナンスをする必要があります。万年筆は、中古でもとても高価なもの。長く愛用するために、万年筆の保存方法や使用し方を学んでから、お気に入りの万年筆を探すことをおすすめします。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://www.montblanc.com/content/dam/mtb/products/writing-instruments/118/065/118065/247690-ecom-retina-01.png.adapt.500.500.png