// FourM
Uwemj7nhhzn51wurp97l

趣味・ライフスタイル

CATEGORY | 趣味・ライフスタイル

伊坂幸太郎のおすすめランキング!映画化作品や代表作を徹底紹介!

2018.06.14

伊坂幸太郎と聞くと何を思い付きますか?伊坂幸太郎は推理小説を得意とする作家ですが、数多くのヒット作を生み出しており、映画化された作品も多いです。伊坂幸太郎のおすすめ小説をランキング形式でご紹介します。今回はおすすめ小説ランキング7位でまとめました。

  1. 伊坂幸太郎のおすすめ小説
  2. 作家:伊坂幸太郎ってどんな人?
  3. 【作家:伊坂幸太郎おすすめ作品ランキング1位】映画にもなった代表作!ゴールデンスランバー
  4. 【作家:伊坂幸太郎おすすめ作品ランキング2位】映画にもなった代表作!陽気なギャングが地球を回す
  5. 【作家:伊坂幸太郎おすすめ作品ランキング3位】映画にもなった代表作!重力ピエロ
  6. 【作家:伊坂幸太郎おすすめ作品ランキング4位】映画にもなった代表作!アヒルと鴨のコインロッカー
  7. 【作家:伊坂幸太郎おすすめ作品ランキング5位】映画にもなった代表作!死神の精度
  8. 【作家:伊坂幸太郎おすすめ作品ランキング6位】代表作!砂漠
  9. 【作家:伊坂幸太郎おすすめ作品ランキング7位】映画にもなった代表作!フィッシュストーリー
  10. 【作家:伊坂幸太郎おすすめ作品ランキング】まとめ
“重力ピエロ”や“ゴールデンスランバー”と言う作品タイトルを聞いたことがあるのではないでしょうか? これらは伊坂幸太郎の作品で、伊坂幸太郎は推理小説を得意とする小説家で、出版した作品の中からは多くの作品が映画化されています。 今回はそんな伊坂幸太郎の代表作や映画化された人気の作品の魅力をご紹介します。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/511F26U21lL._SX298_BO1,204,203,200_.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/b1/08/4c/b1084cb01d3c19771e605767a3590ef9.jpg
伊坂幸太郎は1971年5月25日に千葉県で生まれました。 伊坂幸太郎の作風は上村春樹に似ているとよく言われますが、高校時代から大好きであった島田荘司からの影響の方が大きかったそうです。「島田作品はとても好きで、島田荘司がいなかったらプロの作家になろうとは思わなかった」と多くのインタビューで語るほどのようです。 推理小説を得意とし、伏線の張り方、回収の仕方が絶妙で、パズルのピースのように最後はピタッとハマり1つになる爽快感がたまりません。 代表作品は“重力ピエロ”と“ゴールデンスランバー”ですが、他にも“陽気なギャングが地球を回す”や“アヒルと鴨のコインロッカー”“死神の精度”など多くのヒット作、映画化作品を世の中に送り出しています。
引用: https://i.pinimg.com/564x/1d/92/e7/1d92e781dd0b416fe1723504afb0910e.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/ef/59/7a/ef597a6d955b633c0ccd0ba6d97512e1.jpg
2007年に出版された“ゴールデンスランバー”は2008年本屋大賞と第21回山本周五郎賞の2つを受賞し、このミステリーがすごい!2009年の1位を取り、さらに2010年に映画が公開された人気の作品です。 本作品の主人公である青柳雅春が首相暗殺の濡れ衣を着せられ、2日間の逃亡劇を描いた内容となっています。 個性豊かな登場人物と共に多くの伏線のはられたとても濃い内容となっていて、読み始めたら読むのが止まらないスリリングな作品となっています。 この作品には親子の愛や信頼など、人間が生活する上で一番重要なのは人との繋がりや、信頼なのではないかという作者の思いが込められています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/711JlHEYdXL.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81qflEMh9RL._SL1500_.jpg

関連記事

2003年に出版された“陽気なギャングが地球を回す”は10万部以上を売り上げたベストセラーとなっています。 人を気づ付けない事をモットーにした銀行強盗4人が主人公の作品です。 4人は嘘を見抜く名人、天才スリ、演説の達人、精確な体内時計を持っているなど、それぞれ特殊能力を持っている魅力的なメンバーが登場します。 完璧だったはずの4人が思わぬところで誤算が生じ、逃走中の現金輸送車強盗犯に横取りされてしまい、彼等の奪還を描いた作品となっています。 伏線の張り方が上手いのはもちろん、ユーモアセンス抜群なんです。読みながらニヤついてしまう事も。 陽気なギャングたちの虜になってしまった方も多い様です。 2006年には映画化もされています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81u6TYkBlSL.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51N1EW0bJpL.jpg
2003年出版された“重力ピエロ”は第129回直木賞候補作品、第57回日本推理作家協会賞長編及び連作短編集部門候補作品、第1回本屋大賞ノミネート作品、2004年版このミステリーがすごい!第3位に選ばれました。 二人の兄弟が仙台の街を舞台にした連続放火事件の謎解きに挑戦します。 放火現場の近くには必ず残される奇妙なグラフィティアートの謎を解き明かしたとき、何が見えてくるのかドキドキハラハラの作品となっています。 2009年に映画も公開されました。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/914opNZ2CAL.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41cKx0o9-cL.jpg
“アヒルと鴨のコインロッカー”は伊坂幸太郎の5本目の長編として2003年に出版されました。 第25回吉川英治文学新人賞受賞作です。 椎名という大学生の現在の物語と琴美という女性の2年前の物語が同時に描かれる、カットバック形式の小説となっています。 読み進めるうちにパズルのピースの様にそれぞれが繋がるところがあり、最後にひとつの話として完成したときの気持ちの良さが伊坂幸太郎作品の魅力です。 2007年に映画化され、映画の評価も高い作品です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41GVO9IaxHL.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/517yGuXEeSL.jpg

関連記事

“死神の精度”は2005年に出版された短編小説です。 主人公である死神が7日間の調査の後に対象者の死を見定める、6つの人生で構成された小説です。 第57回日本推理作家協会賞短編部門を受賞し、2006年本屋大賞第3位にランクインした人気作です。 クールでどこか奇妙な死神が主人公の物語ですが、人間と死神の感覚の違いなど個性豊かに描かれているなど細かいユーモアがちりばめられており、魅力的なキャラクターが多く描かれています。また、生と死の物語ですが暗くなりすぎず、登場人物の心境の変化などが楽しめる作品となっています。 2006年にはNHK-FMの青春アドベンチャーにてラジオドラマ化。2008年には“Sweet Rain 死神の精度”というタイトルで映画化されました。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51dDxuzMsaL.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51hlmFt-R6L.jpg
2005年に出版された“砂漠”は、伊坂幸太郎の青春小説です。 5人大学生が主人公で自分達にも何か出来るのではないかと、充実した大学生活を送るべく、奮闘し成長して行く純粋な青春小説となっています。 楽しかった学生生活を思い出す事が出来たり、そんな青春を体験させてくれる様な軽快な作品となっています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71hyssTlP6L.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/93/18/ed/9318ed361557cfdc8659ef61d713e89f.jpg
2007年に出版された“フィッシュストーリー”は“動物園のエンジン”、“サクリファイス”、“フィッシュストーリー”、“ポテチ”の4つの短編作品からなる短編小説です。 中でも3つ目の“フィッシュストーリー”は人気が高く、最後の声が未来へと時空を超えて、奇蹟を呼ぶ。伊坂幸太郎得意の爽快感のある作品となっています。 他にもこれまでの作品の登場人物がところどころに出てきますので、以前の作品を読んだことがある方はとても楽しめる作品となっています。 また、2009年には“アヒルと鴨のコインロッカー”を手がけた中村義洋監督を筆頭に、同じ制作スタッフにより映画化もされています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/510sd7P8evL.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81ult5no6fL._SL1500_.jpg
伊坂幸太郎のおすすめ小説をランキング形式でご紹介しましたがいかがでしたでしょうか? 代表作7作をご紹介しましたが、このほかにもたくさんの素晴らしい作品があります。 まだ読んだことがない人はもちろん、既に読んだことがある人もまた読み返したくなったのではないでしょうか? また、映画化された作品も多くありますので、小説は読んだことがあるけど映画はまだの方や、逆に映画を観たことがあるけれど小説は読んだことが無い方は、それぞれ読んだり観たりする事で、違う方向から見ることが出来、新たな発見もあるかもしれません。 また、今回はランキング形式で7位までと順位を付けましたが、どれも素晴らしく、また読み手の好みもあると思いますので是非、多くの作品を読んでみて下さい。伊坂幸太郎の世界を覗けばきっと、その見事な伏線の張り方や、キャラクターの魅力、爽快感にハマること間違いなしです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81kBNZ4lAhL._SL1500_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/5181BF5ZJ1L.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/512Wzyx0iSL.jpg