G98g14oxcjxqnnrmh3dv

お酒

CATEGORY | お酒

ウィスキーとチョコの相性が抜群!おすすめのつまみやカクテル。

2018.06.05

お酒を楽しむなら、その味を引き立ててくれるおつまみもポイント。ウイスキーにはチョコレートがよく合うと言われています。ウイスキーの飲み方はカクテルも含めて多様です。相性のいいおつまみならうれしいですよね。ウイスキーを飲むときに最適なおすすめチョコについてご紹介!

  1. 飲み方とつまみで相性抜群。ウイスキーに合うチョコとは?
  2. ウイスキーとおつまみのチョコが相性抜群。どうして相性がいい?
  3. つまみとして相性抜群のおすすめチョコ。カクテルにも合うチョコの種類とは?
  4. ウイスキーのおつまみ。おすすめチョコの基本的な種類その1:ビターチョコ
  5. ウイスキーのおつまみ。おすすめチョコの基本的な種類その2:ホワイトチョコ
  6. ウイスキーのおつまみ。おすすめチョコの基本的な種類その3:ミルクチョコ
  7. ウイスキーのおつまみ。おすすめチョコの基本的な種類その4:フルーツチョコ
  8. ウイスキーとチョコ。おつまみのチョコを食べるのは「飲む前」か「飲んだ後」か?
  9. 飲み方もそれぞれ。ウイスキーやカクテルに合うおすすめチョコその1:リンツ(Lindt) エクセレンス・99% カカオ 50g
  10. 飲み方もそれぞれ。ウイスキーやカクテルに合うおすすめチョコその2:ハーシー キスチョコ 1.58kg
  11. 飲み方もそれぞれ。ウイスキーやカクテルに合うおすすめチョコその3:森永製菓 白いダース 12粒×10箱
  12. 飲み方もそれぞれ。ウイスキーやカクテルに合うおすすめチョコその4:ROYCE'(ロイズ) 生チョコレート
  13. 飲み方もそれぞれ。ウイスキーやカクテルに合うおすすめチョコその5:イーグル製菓 ひとりじめスイーツ ビターチョコレート
  14. 相性抜群のウイスキーとチョコを探求して、ベストなコンビネーションを発見しよう!
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61qUuZ4kvqL._SY355_.jpg
お酒を飲むなら気にしたいのがおつまみ。おつまみ次第で、お酒を飲むペースや味が大きく変わってくる。適当におつまみを食べながらお酒を楽しむことももちろん可能だが、できることならお酒の味に合うおつまみを選ぶことで、その場をもっと楽しみたい。ウイスキーによく合うと言われているのがスモークチーズやチョコ。その中でも、チョコは手軽でウイスキーとの相性抜群といわれている。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/610wggCM6EL._SY355_.jpg
豊潤で味の深いウイスキーと相性のいいチョコ。一度試してみれば、たしかに香りも味もウイスキーと合う。しかし、なぜチョコレートがウイスキーとの相性抜群なのだろうか?また、ウイスキーや、違った飲み方として、ウイスキーを使ったカクテルに合うチョコなどはあるのだろうか?チョコの種類と、ウイスキーとの相性抜群のチョコなどをご紹介しよう!

関連記事

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81EpTsHdAxL._SL1500_.jpg
ウイスキーボンボンに代表されるチョコの加工品。加工品になるくらいなので、ウイスキーはチョコに合うのだろう。しかし、どうしてウイスキーとチョコなのか?その秘密は味の特徴にある。一見、甘くてビターなチョコレートはウイスキーに合うとは思えない。しかし、ウイスキーの特徴とチョコの風味が意外にもマッチする。飲み方次第でおいしくいただけるのだ。
引用: https://i.pinimg.com/564x/b8/86/bb/b886bb27ca5cc464739d01b797fa98f5.jpg
スモーキーでビターなチョコの味わいと、豊潤で深い味わいのウイスキーが相性抜群なのもうなずけるだろう。また、ウイスキーにもチョコレートに近い風味のものもあり、カクテルにすればおいしい。まるで色と色を合わせるときのように、味に関しても、同じ種類、同じ系統の特徴を持っているものはぴったり合うのだ。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71iPfkZDtCL._SY355_.jpg
一口にチョコレートといっても、数々のラインナップがあるのはご存知の通り。さて、ウイスキーに合うチョコレートは、基本的にはどんなラインナップがあるのだろうか?味の特徴はそれぞれだが、すべてウイスキーと合うのが面白い。あとは、甘みなどの個人的な好みによってチョイスをすれば、ウイスキーもカクテルも一緒に楽しめるだろう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/14/49/b9/1449b93213a33adcd7666014f4849030.jpg
ビター系のチョコは大人の味としてのキャッチコピー通り、子供やチョコ慣れしていないひとはお菓子やおつまみとして選ぶことは少ないだろう。甘みが抑えられてあり、チョコ独特のカカオの風味を楽しめる。そんなビターチョコはウイスキーとの相性が抜群にいい。特に、中でもスモーキーといわれるピートの強いものが相性がよくおすすめだ。
引用: https://i.pinimg.com/564x/26/df/00/26df004045e70c9e5dc6705d5bcfc0e9.jpg
香りの強い、または個性の強いウイスキーにぴったりハマるのがホワイトチョコ。ホワイトチョコは、精製されるときにチョコの苦み成分を省いた形で作られる。それゆえに、チョコ独特のビター感がなく、ほんのりとした甘みとチョコの味わいを楽しめる。逆にビター感がないホワイトチョコなので、個性的な香りの強いウイスキーが相性抜群といわれている。
引用: https://i.pinimg.com/564x/b1/d4/e4/b1d4e4fbb8bc5da5a3382694e065282e.jpg
定番であり、みんながお菓子として口にするミルクチョコレート。ミルクチョコは口当たりも優しく、チョコの風味も存分に楽しめるおつまみ。甘みが強いので、そんなミルクチョコには甘みの少ないウイスキーが相性がいい。ミルクチョコの優しい口当たりに、パンチのあるバーボンウイスキーは相性がよさそうだ。
引用: https://i.pinimg.com/564x/10/49/a1/1049a1ab6fd8cc3d89473101551ba6c6.jpg
ドライフルーツをそのままチョコでコーティングしたチョコや、フルーツがチョコと一緒にミックスされたチョコなど、フルーツチョコには様々なラインナップがある。甘みとフルーツの酸味がウイスキーにぴったり。チョコの中では一番個性的な味がする。こうしたフルーツ系チョコは、個性が強すぎなくて、口当たりがやさしく飲みやすいウイスキーがぴったり。
引用: https://i.pinimg.com/564x/00/74/06/007406058323283745fe997f64d2b991.jpg
ウイスキーとチョコをいただく時は、ウイスキーを飲む前か、飲んだ後か、それとも口の中で同時にいただくか、どれが一番ベストなのだろうか?その答えは、やはりその人それぞれの好みとしか言いようがない。しかし、チョコを食べるタイミングを考察すれば、よりおいしくおつまみとしていただけるのも事実。

ビターチョコ

ビターチョコは甘みが無いか、ほんのり薄い甘みを楽しめるチョコ。カカオのビターな味と香りが特徴なので、ウイスキーを飲んだ後に口にしてはどうだろうか?甘みの少ないウイスキーを口で楽しんだ後に、ビターチョコを食べることで、ビターチョコのほんのりとした香りと甘みをよりはっきり認識することができるだろう。それにより、チョコとウイスキーの相性を楽しむこともできる。

ミルク・ホワイトチョコ

甘みが強く、チョコの風味も楽しめるミルクチョコとホワイトチョコは、ウイスキーを飲む前、もしくはウイスキーとチョコを同時に楽しむことができる。口の中のチョコの甘みと、ウイスキーの豊潤な香りがマッチして、同時にいただくことでウイスキーならではの風味とチョコの甘みと風味が混ざり合って美味しく、いい香りが鼻から抜けるだろう

フルーツチョコ

フルーツチョコは甘みと香りが特徴のチョコレート。チョコレート独特の甘みと果物の皮などの香りが味わえるので、ウイスキーを飲む前でも飲んだ後でも、一緒に楽しんでもいいだろう。しかし、いつ食べるかはあくまでも好みの範囲になってくるので、自分なりのタイミングを見つけてトライしてみよう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71lMifZtSqL._SL1500_.jpg
リンツ(Lindt) エクセレンス・99% カカオ 50g
価格 ¥ 648
リンツのメートル・ショコラティエが厳選した最高のカカオ豆から生み出したカカオ分99%の究極のチョコレート。 リンツ社は1845年スイスで創業したチョコレート専業メーカーです。

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/615KF-AHDBL._SL1000_.jpg
ハーシー キスチョコ 1.58kg HERSHEY'S KISSES
価格 ¥ 3,490
ご存知ハーシーのキスチョコ。甘みが強くて、チョコの風味も楽しめる。いろんなウイスキーと合わせてみたいミルクチョコだ。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61jOlu8kGGL._SL1024_.jpg
森永製菓 白いダース 12粒×10箱
価格 ¥ 1,573
こちらもおなじみのダース。ダースのミルクチョコレートは、甘みとカカオのバランスが考えられており、美味しく食べられるホワイトチョコのひとつだ。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51u%2BQ8Hu-NL.jpg
[冷蔵便] ROYCE'(ロイズ) 生チョコレート [オーレ]
価格 ¥ 777
よく冷えたウイスキーに合う、生チョコレート。チョコの持つクリーミーな味わいが、ロックや水割りなどの冷えたウイスキーと相性がいい。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41IOEjMbnEL.jpg
イーグル製菓 ひとりじめスイーツ ビターチョコレート 贅沢オランジェ 72g×6袋
価格 ¥ 2,100
リキュール漬けのオレンジピールを 贅沢に混ぜ込んだビターチョコレートです。

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/ab/e0/82/abe082506289f4e10d784f6fa4b65edf.jpg
伝統的であり、味も豊潤なウイスキーと、チョコレートのおつまみがよく合う。ウイスキーを飲むときは、ぜひおつまみもマッチしたものを選びたい。ウイスキーも多種多様だが、チョコレートのラインナップもそれを上回る多種多様さを見せてくれている。相性抜群のウイスキーとチョコを探求して、ベストなコンビネーションを発見しよう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/6c/00/61/6c0061c3ddc20035236a752a8404b644.jpg