F5mvxf2hng7z0sdoowpp

CATEGORY | 車

エクストレイルの車中泊に必要なグッズ!マットやベッドのおすすめは?

2018.06.03

エクストレイルはSUVであるため、車中泊には丁度良いサイズとなっています。とはいえ、マットやカーテンなどのグッズを充実させると、さらに快適な睡眠をすることが可能となります。根幹はエクストレイルの車中泊に必要なマットやカーテンなどを紹介します。

  1. エクストレイルで車中泊は出来る?
  2. マットやカーテン、ベッドや網戸、目隠しなど!エクストレイルの車中泊に必要なもの:少し狭い?
  3. マットやカーテン、ベッドや網戸、目隠しなど!エクストレイルの車中泊に必要なもの:フラットにならない?
  4. マットやカーテン、ベッドや網戸、目隠しなど!エクストレイルの車中泊に必要なもの:頭上注意
  5. マットやカーテン、ベッドや網戸、目隠しなど!エクストレイルの車中泊に必要なもの:マットは必需
  6. マットやカーテン、ベッドや網戸、目隠しなど!エクストレイルの車中泊に必要なもの:アンダースペース
  7. マットやカーテン、ベッドや網戸、目隠しなど!エクストレイルの車中泊に必要なもの:目隠しは自作
  8. マットやカーテン、ベッドや網戸、目隠しなど!エクストレイルの車中泊に必要なもの:簡易電源
  9. マットやカーテン、ベッドや網戸、目隠しなど!エクストレイルの車中泊に必要なもの:荷物は最低限
  10. エクストレイルの車中泊は屋根に注意
フォレスターなどのSUVと同じく、エクストレイルもアウトドアのアクティビティ向けの車であるとされています。とはいえ、フォレスターと比べると車内がどうしても狭く、装備に関してもあまり充実しているとはいえません。そのため、車中泊に向いていないのではと心配する方も多いですが、決して車中泊が出来ないということではありません。工夫を凝らしたりすると何とか車中泊はできるようになります。しかしだからといってグッズなどをそろえてしまうと、今度は収納場所などが限られてしまうため、あまりグッズなどをそろえることも良くありません。今回はエクストレイルでの車中泊の注意点などを中心に書いていきます。
引用: https://motor-fan.jp/images/articles/10001901/big_main10001901_20171202185423000000.JPG
引用: https://picture1.goo-net.com/7001300103/30171104/J/70013001033017110400200.jpg
エクストレイルは他のメーカーのSUVと比べても比較的小さいため、どうしても車内が狭くなってしまいます。そのため、複数人で車中泊をする際はどうしても窮屈なものとなってしまいます。そのため、リアゲートを閉めた状態であると、人によっては足を伸ばして寝ることが出来なかったり、マットによっては社外に少しだけはみ出してしまうということもあります。しかし、エクストレイルも電動リアゲートが装備されているため、いざという場合は車内からリアゲートを開けることが可能となります。もし足を伸ばしてゆっくりと寝たいという場合は、あえてリアゲートを開けるということもひとつの方法です。
引用: https://www.nissan-cdn.net/content/dam/Nissan/jp/vehicles/x-trail/1805/exterior_interior/x-trail_1707_top_photogallery_010.jpg.ximg.l_full_m.smart.jpg
引用: https://i.ytimg.com/vi/Qk7RVKdX05E/maxresdefault.jpg
エクストレイルの問題点のひとつとして、2列目を倒した際にどうしてもフラットにならないという問題があります。中には完全なフラットでなければどうしても眠れないという人にとってはなかなか厳しいものです。また、2列目のシートの倒し方が少々手間がかかるため、車中泊をするための環境づくりも一苦労してしまいます。さらに、2列目を倒しただけではどうしてもスペースとしては狭いです。そのため、2列目を倒した際は、前の座席を前にスライドさせておいたほうがおすすめです。こうすることで少しかスペースも確保できるため、少しでもスペースを確保したい場合は必ず行いましょう。
引用: http://minizaras.com/wp-content/uploads/2016/07/xt10.png
引用: https://www.mzspeed.co.jp/new_car/up_images/compuser759-0.jpg
エクストレイルをはじめとするSUVの多くは、ミニバンのような快適性は余りありません。特にエクストレイルの場合は、頭上に注意しましょう。エクストレイルの車内の高さは845mmであり、そのため不用意に起き上がると屋根に頭をぶつけることとなります。どうしても寝起きにしっかり起き上がりたいという人がほとんどであり、寝起きの状態は注意力がかなり低下しているときでもあるため、頭をぶつけやすいです。頭をぶつけることで一気に目が覚めるということもありますが、だからといって寝起き一発目に頭をぶつけることは、決して良い気持ちがしません。車中泊をする際は頭上に注意しましょう。
引用: https://i0.wp.com/carvel.xyz/wp-content/uploads/2017/01/seatArrange_2seat_01.ximg_.l_12_m.smart_.jpg?fit=750%2C396
引用: https://green.xgoo.jp/cdn/column/upload/img/article/camphack/wp-content/uploads/2018/05/49ef72b19c9b2addea8db508ca9b00b7-6.jpg
先にも書きましたが、エクストレイルは完全なフラットにはなりません。とはいえ、大きく斜めになるということはありませんので、マットを敷くと完全なフラットになります。マットといってもさまざまな種類があり、さまざまなメーカーからマットが出ていますが、もし快適な睡眠をしたいという場合は、オンリースタイルというブランドのマットがおすすめです。車中泊専用のマットとして売られているため、しくだけでかなり快適な睡眠が可能となります。また、バルブを開けるだけで自動で膨らませることが出来るため、女性でも簡単に膨らませることが可能となります。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/615OcsEJZuL._SX355_.jpg
引用: http://www.rakuten.ne.jp/gold/onlystyle/carmatrev/nissan/elgrand/777.jpg

関連記事

エクストレイルの特徴のひとつであるアンダースペース。あまり収納力が無いとはいえ、まったく使い物にならないというわけではありません。寝るとき以外はマットなどのものを入れておき、寝るときはちょっとした小物を入れておくと、いざというときにもすぐに出せるため、使い方によっては非常に便利なスペースです。大きなものの場合は、前の座席の部分や車の近くに寄せ集めておけば問題ありません。また、右側には仕切りが設置されているため、小物を右側に集めておき、用途別に整理整頓をしてしまっておけば、いざというときにもわかりやすくなります。工夫次第ではアンダースペースは大活躍です。
引用: http://car-moby.jp/wp-content/uploads/2016/07/4ab4d84d57eed3c92313c57c62541930.jpg
引用: https://www.mzspeed.co.jp/products/body-kit/images/223/x-trail-f7.jpg
目隠しや網戸、サンシェードについては多くの場合、オプション装備として用意されていません。しかしその代わり、汎用のものもあれば、車種別に販売されているものもあります。とはいえ、車種熱のものとなるとつくりが良いのは良いことですが、収納性が悪かったり、何より費用が高くなってしまいます。そのようなときにおすすめの方法が、自作などのDIYです。最近では100均のグッズだけでカーテンも作成することが可能となっています。特にカーテンは、リアゲートを開けておく場合においてはおすすめのアイテムです。リアゲート周辺のプライベート対策にもなりますが、見た目がかなりおしゃれに仕上がります。
引用: http://www.istay.jp/wp/wp-content/uploads/2015/11/2015110505.png
引用: https://cdn.snsimg.carview.co.jp/minkara/note/000/001/815/701/1815701/p1.jpg?ct=3aaef40b37bc
フォレスターには電源ソケットやUSB電源口が設置されていますが、エクストレイルにはそのようなものはありません。だからといって常にキーをまわしている状態でシガーソケットにつないでる状態だと、ガソリンを消費したりバッテリーが上がってしまったりと、環境にもお財布にもあまりやさしくありません。そういうときに便利なアイテムが、簡易電源です。こちらは自作でも作成することが可能ですが、専門の知識などが必要でありなかなか大変です。最近では、車中泊専用マットと一緒に、簡易電源セットも付いてきたセットで販売されているものもあるため、マットを購入する際にはそのようなものを購入するとかなり良いです。
引用: http://www.a-phys.eng.osaka-cu.ac.jp/hosoda-g/site1/Battery_Box2.JPG
引用: http://www.a-phys.eng.osaka-cu.ac.jp/hosoda-g/site1/Battery_Box1.JPG
エクストレイルは他のSUVと比べてもラゲッジスペースが広くありません。アンダースペースも使用することは可能となりますが、あまり大きなものをつむとなるとどうしてもトランク部分に積まなければいけません。また、荷物が大きければ大きいほど、社中は句をする際の準備なども非常に大変となります。さらには荷物の置き場所なども別で必要になったりと、色々大変な部分が出てきてしまいます。グッズは多ければ多いほど車中泊は快適なものになりますが、あまり多すぎるとかえって大変となりますので、最低限に抑えることがおすすめです。時には物を制限したほうが良いこともあります。
引用: http://livedoor.blogimg.jp/takeda_katsuya/imgs/e/5/e5db1e3c.jpg
引用: http://livedoor.blogimg.jp/ttatsukawa/imgs/b/3/b33d8a38.jpg

関連記事

いかがでしたか。エクストレイルは車内が狭いといわれますが、工夫しだいでは車中泊をすることが可能であることがわかったと思います。エクストレイルの場合は、どうしても屋根が低いため、起き上がる際には頭をぶつける可能性がかなり高くなります。また、ラゲッジスペースもあまり広いとはいえないため、張り切って多く荷物を持っていくとかえって大変な思いをしてしまいます。皆さんももしエクストレイルで車中泊をする際は、荷物は最低限に抑え、そして朝起きるときは頭上に注意しましょう。
引用: https://www.nissan-cdn.net/content/dam/Nissan/jp/vehicles/x-trail/1708/function/xtrail_autobackdoor.jpg.ximg.l_6_m.smart.jpg
引用: https://www.nissan-cdn.net/content/dam/Nissan/jp/vehicles/x-trail/1805/function/luggage_01.jpg.ximg.l_12_m.smart.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://car-moby.jp/wp-content/uploads/2016/05/b8c3d863bf0e23993c442f231117f6981.jpg